--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #601-602 IOP

2008年12月30日 11:43

いつの間にやら、毎年恒例のボーネンダイブ

今年は、再びボーネンダイブが出来ることを心から嬉しく思う
去年は心の中で、「っざけんなぁ~!!!」と叫びたい海の神様だったけど(笑)、今年は「ありがとうございました」とお礼を言わなくちゃ


夏の間のスノーケルも、復帰ダイブも、ここまで無事にこれて感慨もひとしお
また一年後に何が起こって、どんなことになっているかわからないけれど、海と伊豆がなくちゃ姐の人生始まらない(笑)


さぁ、2008年最後のダイビングっす~!!!



601st Dive
ポイント:IOP
エントリー:ビーチ
EN:11:43
Under the water:36min.
Under the water in my life:497h41m
Ave. Depth:--
Max. Depth:19.4m
気温:15℃
水温(水底):17℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:30m


11月に600本を迎えてから、一ヶ月以上ぶりのダイビング。
お天気もよく、気持ちいい

復帰プログラムを始めてから、例の水中結婚式以外では、まだ普通にバディ達とダイビングをしていなかった。それは、時間や水深に制限のある姐は、みんなと一緒に潜るには申し訳ないと思っていたし、また、もし何かあった時に他の人を巻き込むのがイヤだったのもあって、“大丈夫かな?”と思えるまでは、別枠で潜らせてもらっていた。

去年は潜れなかった恒例のボーネンダイブ。
今年のボーネンダイブのメンバーが決まって、その面々が身内バディ達(笑)と知って、姐は「皆と一緒でお願いしますっ」とショップに伝えていた。何本かの復帰ダイブで、自信とまではいかないけど「結構、大丈夫かも?」と思えてきていたのも事実。


いつものように(?)くだらない話をしながら、海へ向う。
みんなと一緒のワゴンで。そんな小さな事が嬉しい


ブリーフィングの前に、ガイドAGがこっそり聞いてくれる。

「姐さん、今回の復帰はみんなで“姐さんの復帰、イエーッイ!!”って盛り上がっていきますか?それともひっそりで??

ガイドAGは、事前に何度も時間や水深を確認してくれ、申し訳なかったり、ありがたかったりだったのに・・・そんなことまで。泣かせるうふふ。
ガイドAGのこういうところが好き

もちろん、

「全然、ひっそりで

なのだけど(笑)


そして、エントリー


ちょっと・・・ドキドキしていた。
“大丈夫かな”とか、“皆に迷惑かけないかな”とか、そんなことを考えていたように思う。

ブイに集合し、他のバディを見る。“こんな大人数なの久しぶり”と思う。

潜行してバディ達が集合しガイドさんが、一人ひとりに「OK」と聞く。

ここまでは、いつもの風景。


姐は・・・ドキドキしていた。
ものすごく

「あれ・・・この先、いけるかな、アタシ・・・」

そう思ったら、ガイドAGの合図にを出した。大きく深呼吸を何度もする。
ガイドAGが近づいてきてくれて、深呼吸の合図をしてくれる。
バディSUさんを探すと近くにいてくれている。
周りにいてくれるバディは、いつものメンバー。

ど、どうしよう・・・

何だか、レギュレーターからの呼吸が苦しかった。
こんなのは初めて。

するとガイドAGがスレートに書いた文字を見せてくれた。

「いつでも上がれますよ!!


いつでも上がれる・・・はずはない。
いや、いつでも上がれるけど、すぐに上がれる訳じゃない。あれやってこれやって・・・

そんな風に冷静に考えたとき、落ち着いてきた。
「よし、大丈夫!」と思えた。


OKサインを出して、皆にごめんね、をして泳ぎ始めた。
その後は、落ち着いて潜ることが出来たし、海もキレイで楽しかった

去年は見ることが出来なかった季節はずれのクリスマスツリー。
ちょっとばかり、感慨深かったな~
DSCF2141.jpg

DSCF2143.jpg


間もなく水深を上げる。

そして、念願の~「●#%$※*☆◎◆」を自分で発見!!!


「キャー!!!戻ってきたわ~、伊豆にっっ!!!

と大感激のそれは・・・


アオウミウシ」(笑)
DSCF2151.jpg


前回、アオを探せなかったスーパーガイドによれば、「偶数日にしか出ない」らしい
んなことあるかっ!!!(笑)


みんなと潜れて、姐にとっては、とっても楽しくて嬉しい1本だった

だけど、それでなくても姐がいるせいで時間も短いし潜る範囲に制限があるのに、エントリーで時間を取ってしまった・・・ みんなに本当に申し訳ないな・・・という事が気になる。

みんなと普通に潜れるようになるには、メンタル的にはまだ先なのかもしれない・・・・とあらためて思った1本でした。


魚たちとの出逢い
・クリスマスツリー
・ニザダイ
・クチグロ(イシダイ老成魚)
・アオウミウシ
・メガネスズメダイ

・アジの群れ
DSCF2148.jpg



602nd Dive
ポイント:IOP
エントリー:ビーチ
EN:14:12
Under the water:41min.
Under the water in my life:498h22m
Ave. Depth:--
Max. Depth:12.6m
気温:--℃
水温(水底):17℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:30m


2本目の姐は、復帰プログラムによると、最大10mしか行けないため、途中で一旦別れて待ち合わせすることに

一の根の上の方でガイドAGやバディと別れ、バディSUさんと2人皆を待ちながら10mダイビングを楽しむ。

透明度がよくお天気もいいので、気持ちがいい。
DSCF2174.jpg

みんなは、クエやオオモンイザリbabyを楽しんだみたい

その間、姐は・・・イソギンチャクエビ大群と戯れていた(笑)
サラサエビに見守られるトラウツボをじっくり観察してみたり。
DSCF2170.jpg


1本目の、皆に対して申し訳ないな・・という気持ちに比べると、なんとなく気が楽だ

また海に潜れることが嬉しい、今はそれだけで充分なんだな~
だから水深を下げていく皆を、海の中で見送ることにネガティブな感情はない。のんびりのんびり、じっくりと一ノ根を攻める(笑)

・・・って、これと言って何もなかったのだけど


下の方からバディYNが手を振ってくれてる

やがて、皆が戻ってきて合流。“おくり出し”でヒメユリハゼの群れにうっとりしつつ、エグジットへ。


2008年の潜り納めも無事終了。
DSCF2189.jpg


ちょっとした姐的ハプニングもありつつも、冬の海のクリアな青さを思い出した楽しい2本でしたっ


魚たちとの出逢い
・ワカウツボ
・ミサキウバウオ
・キンギョハナダイ
・オハグロベラ♀幼魚
・イソギンチャクエビ
・トラウツボ
・サラサエビ
・キビナゴ
・カブトクラゲ
・イナズマベラ
・ヒメユリハゼ
・トウシマコケギンポ
・ツノダシ


☆Night Dive in 麺づくし☆

年末の、ボーネンダイブの後と言えば・・・・そう!年越しそば
うっかりパスタマシンを買うハメ(ハメ?)になった富戸界隈(のみ?)では超有名な某蕎麦処のお師匠さんと女将さんが来て、今年も皆でそば打ち大会!

姐ソバはもちろん、漁港ソバありーの、顎ソバありーの、猿ソバありーの、一体何杯食べたのでしょうかっ(笑)
みんなの愛情たっぷりのお蕎麦、美味しかったです
DSCF2194.jpg


それから、まったりとログ付けをし、今年一年を振返り・・・
一人帰り、二人帰り・・・と三々五々散って行きました。

そして、最後に残ったメンバーで“何となくお腹空いたね~”と言いながら寄ったお店はラーメン屋(笑)どんだけぇ~っっっ(古。?)
DSCF2197.jpg


という事で、無事、2008年の潜り納めを完了!!!
2008年万歳!ボーネン万歳っ!!


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ボーネン出来て、よかったね」などと思ってくれ
たら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #598 IOP

2008年11月03日 12:59

水中結婚式で大騒ぎだった翌日は、少しのんびりした後、IOPでスノーケリング
水中結婚式のログ自体は水深もそんなに深く、特別長いものではないけれど、まだ、2日続けて潜るのは避けてる

2日の夜は、久しぶりにのんびりホテルで「シラス(白子)パーティ」と称し、バディ達4人とお酒を“嗜む程度”に飲んだりして
前日の怒涛のパーティとはまた一味違って、楽しかった
バディ達とはつい海でもバタバタしがちで、イベントともなるとなかなかゆっくり話す機会も無かったりするので、たまにはこういうのもいい。
大きな声じゃぁ言えないけれど、炊○器を持ち込み、実際に○飯してくれたバディの皆さま・・・ありがとうでした!

っつーか、いたずらっ子な大人の集団、めっちゃ、楽しかったぁ(笑)
またやりましょう



そんなパーティの翌日は、午後からのんびり1本。
復帰プログラムには設定がないけれど、まぁ、入れる時にのんびりってことで

久しぶりのIOP、姐のリクエストは、これぞ伊豆の象徴!!

「アオウミウシ」

これを見ずして、伊豆に帰ってきたとは感じられまい・・・
さぁ、見られるのでしょうか??



598th Dive
ポイント:一ノ根あたり
エントリー:ビーチ
EN:12:59
Under the water:47min.
Under the water in my life:495h50m
Ave. Depth:8.1m
Max. Depth:16.0m
気温:--℃
水温(水底):21℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:--m


ブイからエントリーした時点で思ってた。

「あぁ、これよ、これが、IOPのエントリー口よぉ~

水面から見た景色とはやっぱり違うな、と思う。
そんな姐の気持ちを見抜いたように、スーパーガイドEKちゃんが・・・
IOP_1103 005

あーん、もうニクいぜっ


一ノ根方面に泳いでいくと、早速、「アオブダイ」がお出迎え。そうそう、IOPではもはや普通種だけど(笑)IOPの主とも言える、コイツ!懐かしい~!

「クロホシイシモチ」の群れがいて、「キビナゴ」の群れがいて・・・
この当り前の景色が何だかとっても新鮮

とほのぼのしていると、そこに「ブリ」が突っ込んできた。
しばし、この“秋の伊豆っぽいショー”を楽しむ。
IOP_1103 006


イソギンチャクの根(?)には、「ミツボシクロスズメ」のチビッコがわんさか。しかも、姐がブランクの間に、この「ミツボシクロスズメ」はダイバーの口内保育から生まれてくるようになっていた(笑)
IOP_1103 009


一ノ根あたりを満喫した後は、安全停止15minのため“おくり出し”で、いよいよ、「アオ探索」



ギンポを見たり、コガネスズメダイを見たり・・・・ちょっとピントが甘いけど、何だか好きなこの写真。
IOP_1103 020



こんなのをのんびり探しつつ、アオ探しに飽きた頃、これまた恒例の(?)「鼻血」。
あぁ、海の中で鼻血が出せる幸せ・・・しみじみ(笑)
IOP_1103 016


アオ探ししながらも、散々海の中で遊んだ後に、“スーパー”の枕詞を欲しいままにしているスーパーガイドEKちゃんが堂々とスレートに書いた結果はっ



IOP_1103 018

んな訳ねーだろって(笑)


穏やかな海でちんまりの1本だったけど、沢山笑った1本でした
あー、楽しかったっ


魚たちとの出逢い
・ブリ
・アオブダイ
・コブダイ
・コマチコシオリエビ
・コガネスズメダイ
・クマノミ
・イタチウオ
・ミツボシクロスズメ団体様
・クロユリハゼyg群れ
・ミヤコキセンスズメダイ
・セダカスズメダイyg
・ノコギリヨウジ

・イソギンチャクエビ
IOP_1103 023

・ミナミハタンポyg群れ
IOP_1103 025



これにて、怒涛の三連休は終了
良く遊んだ3日間でした~


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「鼻血サイコー!!超ウケるー・・・」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #584-585 IOP

2007年08月11日 11:29

朝目覚めるとピーカン!
そりゃーそうですよ、夏ですものっ!!!

今日はバディHPの400本記念。
バディHPは、一緒にライセンスを取ったお友達なのだ~

うぅぅ~ 

(今思えば)あの透明度の悪い大瀬崎で、(今思えば)安いだけの最悪ショップで、(今思えば)信頼もへったくれもないガイドさんに教えてもらったライセンスで・・・

私達よく続けてきたよねぇぇぇ~っっ(感涙)


という思いを秘めつつ、いざIOPへ!!!


584th Dive
ポイント:砂地~1.5番
エントリー:ビーチ
EN:11:29
Under the water:60min.
Under the water in my life:485h04m
Ave. Depth:10.2m
Max. Depth:20.1m
気温:35℃
水温(水底):23℃
Suite:5mm+フードベ
透明度:--m
透視度:--m


そうです、そうです、そうなんですっ。
世間的には「お盆ウィーク初日」の土曜日。
混んでいないわけがない

パラソルのあるベンチは既にいっぱい。
その周りの芝生もいっぱい。
よく見ると、普通にピクニックしてる家族連れも混ざってたりするところが、なんとも夏休み風

我らご一行も何とか場所を見つけ、ピクニックよろしくIOPのゴザを敷き詰め場所確保。
あまりの暑さに、この時点で「じゃぁ、とりあえず、休憩するぅ?」と言ってみたけど、あえなく却下(笑)

姐はこの日から5mm+フードに。
ロクハン仕様になっていたBCを少しだけきつめ、いざエントリー!

おぉ~、涼しいぃ~
気持ちいいぃ~
青いぃぃ~


砂地に降りる手前のところで、バディHPの400本記念撮影を
おめでとーっ、HP!!!
これからもじゃんじゃん潜り倒していきましょっ
P8110230.jpg


ハグハグしてお祝いした後、砂地へ。
通称パクパクこと「ホホジロゴマウミヘビ」が、パクパクしていた。
久しぶりに見た感じ

コウイカは何やら姐に向って威嚇。
“仲良くしようぜぇ~”とばかりに指を出すも、逃げるどころか、ますます威嚇。
可愛いヤツめお姐さんにはかなわないわよ
P8110209.jpg


皆で寄せ書きした「400本おめでとうポストカード」をIOPのポストから投函!ステキな記念になるね!


今シーズン、姐的には伊豆でお初の「イソギンチャクエビ」
夏ですね~
P8110222.jpg


“お願い、こっち向いてっ!”と願いつつさっさと諦めた「シマウミスズメ」超yg!
可愛いっ
P8110217.jpg



最後には、この週末、もう一つのフィーバー「ニシキフウライウオ」を探しに・・・

っと、スーパーガイドEKちゃんがガッツポーズをしたその先には!!!

「ゴミソリウオ」←何となくこんな絵?


わかった、わかった、その手には乗らん!!(好きだけど 笑)まったりのんびりの1本目でしたー


魚たちとの出逢い
・ホホジロゴマウミヘビ(パクパク)とサビハゼとダルマガレイのコラボ
・スジコウイカ
・アオリイカ
・アオブダイ4匹
・ホンソメワケベラyg
・クマノミyg
・シマウミスズメyg
・イソギンチャクエビ
・ネンブツダイ
・TKG(トウシマコケギンポ)

・サラサ
P8110213.jpg


・片方の角がない ウスイロ・・・
P8110236.jpg


・両方の角がない アオ・・・
P8110238.jpg



585th Dive
ポイント:砂地
エントリー:ビーチ
EN:14:42
Under the water:48min.
Under the water in my life:485h52m
Ave. Depth:10.4m
Max. Depth:19.2m
気温:35℃
水温(水底):22℃
Suite:5mm+フードベ
透明度:--m
透視度:--m


2本目は、1本目で見つけられなかったニシキを絶対探してやる!!!というスーパーガイドEKちゃんのプライドにかけて、皆でチェック!

そしてサスガはスーパーガイド!!!
得意のガッツポーズ、出ましたぁぁ!!!!

心は錦だけど風来坊な(笑)「ニシキフウライウオ」 
P8110239.jpg


ヤツもフラフ~ラだけど、写真撮ってるこっちもフーラフラ
あの岩を取り囲む皆がユーラユラだったことでしょう(笑)

とりあえず目的達成で大満足な我らは、いざ砂地へ。

ここからがアジ祭り。

どうぞ
P8110244.jpg


更にどうぞ
P8110252.jpg


しつこいけど、どうぞ
P8110254.jpg


祭りっぷりが伝わっていただけたでしょうか?(笑)

大海原ではそんなアジに囲まれながら、やっぱりダイバーは砂地に這いつくばってしまうのよ・・・ふふふ

姐、IOPでは始めての「ジョーフィッシュ」!
何だか、いつもの(=姐にとっては、初島の)ジョー君に比べると地味でございます
P8110262.jpg


風来坊から祭りからジョー君まで、盛りだくさんな2本目でしたっ

魚たちとの出逢い
・ニシキフウライウオ
・アジ
・アジ玉
・イサキ
・クロホシイシモチyg
・アオリイカ
・ソウダガツオ
・ジョーフィッシュ
・ツノダシ
・セイテンビラメ
・ホンベラyg
・オヤビッチャ

・なんとか撮りたかった口内保育・・・撮れてね?(微妙)
P8110272.jpg



☆Night Dive in 400本記念&TJB BBQ☆

最初に書いたように、この日はバディHPの400本記念と、バディTGの12日も早いTJB(=誕生日)のお祝い!
夜だけ駆けつけるっつーツワモノバディもいたりして、楽しい夏の夜となりやんした

では、お祝いの宴、映像でどうぞっ!!!(笑)

400本お祝いスイカをお届けにあがった(風)な“海の家のおじさん”。
あまりにも似合いすぎて、夏が終った後が心配っす(笑)
P8110290.jpg


バディHP、おめでと~
皆からのプレゼントは「400本記念スイカ」だよ~
好きなだけお食べ~
P8110288.jpg


っとここで、もう一人の主役がいたことを慌てて思い出し(笑)、B面作成のスーパーガイド
P8110293.jpg


バディTG、お誕生日おめでと~(早いけど)

バディTGってば、嬉しさのあまり投げ飛ばしそうになってみたり
P8110295.jpg


うっかり寝てみたり・・・(違。)
P8110298.jpg



大人の夏休みにつき物と言えば(なのか?)、そう、スイカ割り
バディSU父さんの夢(笑)
父さんの夢なのに、割ったのは、その兄、バディYN!
P8110306.jpg



姐もチャレンジしたけど、手がじーん・・・としただけだった
でもでも。
スイカ割りなんて、何年ぶりだろう・・・
こんなに思い切り割られりゃー、スイカも本望でしょう(そうか?)
P8110307.jpg


主役のバディHPはもちろん、
P8110308.jpg


ついでにお祝いのバディTGももちろん、
P8110310.jpg


スイカのおじさんに至っては、まずは焼きソバのお皿にし、
P8110313.jpg


それからデザート的お皿スイカを食す。プロですな
P8110317.jpg


そして、この特別なスイカは、最後に見事な「ネギトロ」となり、
P8110314.jpg


バディAGが(多分かなり本気で)嬉しそうに食いつき、
P8110324.jpg


お約束の完食!!ありがとね~
スイカもここまで食べてもらえれば、シアワセでしょう・・・・(そうか?)
P8110327.jpg


スイカの後は、バディ超MPから、これまたお約束の「超ウミウシ系プレゼント」の贈呈。

バディHPには、アオウミウシクッションが
P8110321.jpg


バディTGには、アオウミウシ巻きつき系日本酒が
P8110340.jpg


プレゼントされましたとさ


最後は、今日、来られなかった皆もイチゴになって登場(笑)
バディTGのお誕生日(早いけど。)、ケーキ登場!
あ、もちろん“金に物言わせて”北海道から姐が取り寄せたプロの味でございます(笑)
P8110328.jpg



バディTGったら、「いつもより多く回っております~っ」
よっぽど嬉しかったのね(違。)
P8110330.jpg


食べて飲んで回って叩いて割って食べて飲んで切って食べて・・・・・(笑)

姐の大好きな「大人の夏休み」
みんな、ありがとねぇ~
P8110323.jpg



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「風来坊の向こうのダイバーが気になる」などと思ってくれたら・・・(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #573-574 IOP

2007年06月09日 11:40

♪♪ホッ、ホッ、ほぉ~たる来い♪♪のイベントは、いつの間にか6月の恒例行事
去年のログには「来年もまた来れたらいいな」って
そして実現。なんて幸せなのかしら(単純。)

今年もGW明けには日付けを決めて、皆で風情よろしく「蛍観賞の夕べ」をたしなむ予定に。


んが

天気予報は「曇りのち雨」そして、気象予報士は言う

「この週末は局地的に大雨が降る可能性がありますので、レジャーに行く方は充分注意してください」

・・・・

レジャーだよっ、蛍だよっ、局地的ってどこよぉぉぉ~


降るならさっさと降ってくれ。
今のうちに局地ってくれ。
ダイビングなんて雨でもいいからーっ(笑)




573rd Dive
ポイント:1.5番の根
エントリー:ビーチ
EN:11:40(10:00に店を出たのに・・・笑)
Under the water:58min.
Under the water in my life:475h32m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm(◎)
透明度:--m
透視度:--m


IOPに着き、それぞれが準備を始める、いつものように。
カメラのセッティングしたり、トイレ行ったりしながら、ジャグジーに三々五々集まってくる。
久しぶりのバディ、ロクハンお初のバディなんかと盛り上がりながら着替える。

で、皆が着替え終わって、陣地に向ってぷらぷら歩いていくと、なぁ~んとなく視線を感じる。

「え?何か??


・・・あっ、我ら、、、、レジャーダイバーの集団じゃないっっ(笑)


『ざ★ゴム人』(ごむんちゅ)






格好いいっっ
キャーッ

・・・と思うのは姐だけかしら?
引き続き、ゴム人募集中です(笑)

ついでに「ゴム人(ごむんちゅ)」、漢字募集中っす。
今のところ、「六五人(5,6人とかとは違います、念のため。)」と書いて“ごむんちゅ”と読ますっていうのが有力です(笑)
※六五人は“ムゴンチュ”ではありませぬ!“ロクハン(六五)人”とかいてごむんちゅ・・・えっ、高度過ぎ?


さて、海の中はと言うと・・・

今回、姐は見たいものがあった。
それは、「ベニシボリガイ」。立派なウミウシの仲間だけど、貝を背負っていて、そのボディはとっても儚げで美しい
すごい前に一度だけ富戸の脇の浜で見たことがあって(っていうところまで覚えているのだから相当印象的だった!)、もう一度見てみたい!!と思っていた

その「ベニシボリ」がいるというではないのっ


というわけで、真っ黒ゴム人ご一行、見た目からは全く想像できない感じで目指すは「ベニシボリ」~

スーパーガイドEKちゃんが入る前に言う。

「どーもいる場所にいなくなっちゃったみたいなんっすよ。なもんで、皆で探す系でお願いします!

必殺「ゴム人」集団、全員で仁王立ちしながら頷く。まるで「石○軍団」か「ショッカーの集団」か。・・・こ、怖いですからっ(笑)



クエ穴を過ぎて少しあがったとこ辺りで、スーパーガイドEKちゃんのライトがぶんぶん振り回された!
事前に聞いていたベニシボリの場所とちょっと違う

と、かなりレアだという噂の「ヨコジマキセワタガイ」が
このキセワタガイ系を伊豆で・・・って初めてかも?!なかなかサイケな彩り
結構グロテスク!


やがて砂地と岩がごろごろした風景に。
水中でスーパーガイドEKが“この辺ですぅ~”の合図を!


皆で、這いつくばって探す、探す
砂をそーっと掘ってみる・・・アントクメをめくってみる・・・・

いない・・・

そろそろ姐も諦めかけたその時、ガイドさんのライトがぶんぶんっ振り回された

いたいたーっっ

可愛いぃ~


♪♪後ろから♪♪
キュートなお尻♪

♪♪前からっ どうぞんっ♪♪(いやんっ)
お目目ぱっちり♪




さすが「ゴム人」軍団、やるときゃやるのであった・・・・(笑)


魚たちとの出逢い
・オトメウミウシ
・クロスジウミウシ
・タキゲンロクダイ
・ヨコジマキセワタガイ
・ベニシボリガイ

・ベニカエルアンコウyg
おもちゃみたいな小ささ!


・アケウス
かなりバレてますけど?


・コブダイ
大御所登場の貫禄!



574th Dive
ポイント:砂地~あ根~ブリ待ち方面
エントリー:ビーチ
EN:14:38
Under the water:63min.
Under the water in my life:476h35m
気温:--℃
水温(水底):17℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:--m


2本目は砂地へ。

アオ、シロ・・・なんかの定番ウミウシをおさえつつ、最近ウミウシ好きなバディSuさんが指差す先には・・・なんと、ジボガ4個体!!
ジボガって綺麗だよねぇ・・・あの透明感のある白さとダークグレーの二次鰓がおしゃれ
透明感がたまらんです


ほいっ、もういっちょ
まるでゼリーのようです



砂地に降りると、“IOPのアオリはまだらしいよぉ~・・・”なんて聞いていたのだけど、今年初の産卵ショー見れました
お天気のせいか薄暗い水中では写真はNGだったけど、何度見ても神秘的

その近くには、姐発見の「サカタザメ 超薄(笑)」
色も薄けりゃ、体も薄かった!!
何となくおびえてる風で。ごめんね。



えっと・・・それ隠れてるつもり?な「コノハガニ」(笑)
その木の葉、見事っ!



実はこの2本目、ウミタナゴオキタナゴの産卵シーンを見る、というのも目的の1つだった。
ウミタナゴオキタナゴの産卵は、オキタナゴのBabyがその魚の形のまま産み落とされるそう・・・
子供達の群れの上でまるでその群れにBabyを加えるかのように産み落とすらしい。そんなの見ちゃったら・・・超感動

なんて思いながら、帰り道、キョロキョロ・・・していると、見つけたっ!!!


姐がすごーく見たかった・・・・“メバルの白アポロ!!


思わずスーパーガイドのスレートを奪い、「メバルの白アポロ!!」と書き、後方にいた殿方に向って思い切りそのスレートを見せつつ指示棒を指したその先には、“可愛くて、真っ白で、小っちゃな・・・・”が見えました

うーん、これまた神秘的


産卵シーンからお○ん○んまで、生物の神秘を満喫した1本でございましたっ(笑)


魚たちとの出逢い
・アオリイカ
・アオウミウシ
・シロウミウシ
・ジボガウミウシ
・サカタザメBaby
・ムカデミノウミウシ
・チゴミドリガイ
・サラサ
・ハナアナゴ
・アオブダイ(顔)
・越冬クマノミ
・スジコウイカ
・コノハガニ

・クロヘリアメフラシ
ビッグはもう見ませんでしたな・・・


・アナハゼ(という名のハゼじゃないカジカの仲間)
ハゼじゃないんだってー!!


・姐波
今年も台風を乗り越えておくれ~





さてと、ホタル


夜飲みにだけきた ホタルだけ見に来たバディmpやご新規さんのバディYEちゃんとも合流

んが、その頃には既に大雨

ざんざん降り

はぁ~・・・また来年だねぇ~・・・


ってことで、ホテルのお部屋で飲んでっ、飲んでっカルタしてっ(笑)
自然に目が閉じちゃうまで、だくれたのでしたー

ちなみに、翌日は朝から雷雨
雷がほんっとうに嫌いな姐は、朝からドキドキ
潔くダイビングは止めて片付け・・・・てる頃にピーカンに

悔しいので、海の幸満喫して、ビーチに寄って帰りましたとさ


土曜日はあいにくのお天気だったけど、皆が集まって、皆の顔みて・・・
シーズン到来だな という感じを満喫した週末でした


おわり♪


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「おっ、久しぶりにリアルタイム!!」などと思ってくれたら・・・
(いつまで続くのかしら・・・?! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #548-549 IOP

2006年12月30日 12:35

例年どおり29日に仕事を納め・・・、今年も“年末恒例”の「伊豆ボーネンダイブ」へと新幹線に飛び乗った

姐が一人ひっそりと自分だけのイベントと決めてから、早5年目?!
いつの間にやら「今年のボーネンダイブは?」と聞かれるように。そして更に「今年のボーネンダイブはxxだけど、どぉ?」とテキトーに広まり、毎年盛大に(笑)

29日に既にお休みで潜ってる人、のんびり伊豆入りする人、お仕事終わらせて新幹線に飛び乗る人、そして家に戻って車で来る人・・・・そうやって、三々五々集まってくる。
新幹線にひとり揺られながら、バディ達を思う。
「xxちゃんはもう着いたのかな?xxさんはそろそろ出発かな?」

今年1年、何度そうやって集まったのだろう


29日の晩の集合場所は伊東の「カラオケボックス」(笑)
19:30にエントリーして全員が集合したのは21:30頃だっただろうか?
1人増える毎に「乾杯」をする・・・

もちろん今年のテーマソング(なんてものがあったんか?)は、真夏の夢人島“DirtyOldMan” by サザン、これでしょう!「ボーネンダイブ参加条件は、DirtyOldManが踊れること」と言っただけあって、皆、お上手!!(笑)
Bonen1.jpg



が、実は、年末最後に一番盛り上がった曲は♪♪ホヘホッ、ホヘホッ、ホヘホハハヒホヒヘ~♪♪でござんした(内輪ネタですんません 笑)

ゲストは見事に全員が三十路超え。
暮れのサナカに、こうして遊べる余裕があるのは、そう大人だけなのよぉぉ!!!!(と思うことにする 笑)

今年も色々ありがとう!来年も盛り上がって行こうね!
Bonen.jpg




と、ボーネンダイブ前夜祭を無事、25:00頃に終えてホテルへ移動。
多分、27:00頃まで飲んでたんじゃないかなー

スーパーガイドEKちゃんの許可を得て(多分、本人の希望もあり 笑)、ホテルPickUpは10:30。
なんじゃそりゃ~!やる気あんのか~!!!


・・・そう、大人は無理はしないのです(笑)


1年間よく働いた自分へのご褒美(出たっ!)、最終日くらいはのんびり
と、いざエントリー!!は、全員が前泊だっつーのに、すっかり昼を過ぎておりました
ほほほ


548th Dive
ポイント:クエ穴
エントリー:ビーチ
EN:12:35 (昼だよ 笑)
Under the water:49min.
Under the water in my life:453h49m
気温:6℃
水温(水底):16℃
Suite:6.5mm+冬グローブ(○)
透明度:--m
透視度:15-20m

二日酔いでNGなんて不届き者も出ず、ガイドさんの「何はともあれバディシステムっっすよーっ!」を肝に銘じて、ガイド1人+バディ9人、1チームにてエントリー。まるで大家族のよう(笑)。
姐は、姐の“Best Buddy of the year 2006”グランプリに見事輝いたバディSuさんと 
おめでと~!!(あ、別に嬉しくないって?笑)


宮古帰りには10度も低い水温とは言え、思ったより大丈夫ホッ
冬の海という感じで、とっても青くて透明度がいい
実はこのキーンとする感じ、割と嫌いじゃなかったりして

12月頭に見た「タキゲンロクダイyg」が少し大きくなって一匹ひらひらと泳いでた
明らかに成長してる♪

南国「キツネベラyg」が黄・白の可愛いボディに黒のだぶだぶパンツ姿で登場(笑)
越冬できるかな~・・・頑張れ!

クエ穴手前でどうやらピカチュー。
写真の順番を待ちつつ上から眺めていたのだけど、上からでもわかるくらいの大きさ(1.5cm?)と元気っぷり。


写真は諦めてボーッとしているとガイドさんのライトに呼ばれる。
クエ穴に「クエ」。クエ穴ってんだから当たり前なんだけど、何となく驚いてしまう。IOPのクエ穴にクエがいるのを今年は何回拝んだんだろう。来年は「クエ穴のクエ率」でもカウントしてみようか(笑)


姐、初めての「ジボガウミウシ」は、地味な配色ながらに何となく気品があって嫌いじゃない感じ
Jiboga.jpg


水深を上げた根の上で、キビナゴの大群に巻かれる。
やっぱり姐はこのキビナゴ大群が大好き。
ずーっと見ていられるし、飽きない。
“何か来ないかな~・・・”と思いつつ、回遊魚との遭遇はなし。季節も終わりかな?!

送り出しのところで、「お正月海鮮セット」を売りつけられそうになる
お正月だからってちょっと値上がりしてない?!(笑)
NewYearSet.jpg


バディ同士でちんまり、すごーく気持ちよい一本でした


魚たちとの出逢い
・ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュー)
・ジボガウミウシ
・ウバウオ
・キビナゴ
・サキシマミノ
・タキゲンロクダイ
・キツネベラyg
・イソギンチャクモエビ
・お正月セット(サザエ・ナマコ)2500円
・赤コケギンポ

・サクラミノ
Sakuramino.jpg



549th Dive
ポイント:砂地
エントリー:ビーチ
EN:14:23
Under the water:41min.
Under the water in my life:454h30m
気温:6℃
水温(水底):16℃
Suite:6.5mm+冬グローブ
透明度:--m
透視度:15-20m


二本目は、本当に今年最後の1本。
ならば・・・と、ありがたいことに「姐波チェック(&無残なX'masツリー) at 砂地」ということに

まずは、ポスト周りに出ているという噂の「ジャパン・ピグミー・シーホース」を探しに!
姐は、この“ピグミー”と名のつく生物に未だ会ったことがない。
皆で輪になって探す。もちろん、姐も。

・・・っと、もしかして、これ???
“もしかして”って、だって、見たことないんだもーん、当たりかどうかわからない

そぉ~っと、スーパーガイドEKちゃんに合図しようと顔を上げて手を上げると・・・全員と目があった(笑)
そして、スーパーガイドEKちゃんがスレートに書く!!


「ハナタツ yg」

・・・
いやーん、姐を責めないでぇ~

そして間もなく、その近くにいた「ジャパンピグミーシーホース」は、スーパーガイドEKちゃんが発見!
んが、姐にはその違い、未だにわかりませーん(笑)
JPigmy.jpg



ちらりと2-3枚シャッターを押して、移動すると「ムレハタタテ」が小さく16匹。富戸には山ほど出てるらしいので、はぐれチームかな?!
Murehata.jpg



やがて、砂地を移動し始めると、スーパーガイドEKちゃんが挑戦的に姐に合図を送る。

「さぁ、姐さん。姐波ポイントはどこでしょう?

ふふふ・・・。
姐がわからないとでもお思い?

ものすごい勢いで泳いで行き、一発ビンゴで「あ根」(バディHP命名)を指差す。
Ane.jpg


皆が見守るなか、そーっと岩を1つ、2つ・・・・外していくと・・・ ありましたーっ!!
あの“爆弾低気圧”にも負けず、ひっそりと更に磯ものをくっつけた「姐波」が~感動~
AnenamiCheck.jpg


これにて今年の任務は無事、終了っす

いや~、いい一年だったっ!!!

#あ、ちなみに、無残なX'masツリー、姐は見忘れました(姐波ばかりが気になって^^ゞ)


魚たちとの出逢い
・ジャパンピグミーシーホース
・イチゴミルクウミウシ
・ハナタツyg
・アジ
・ムレハタタテダイ
・キビナゴ
・ミナミハタンポyg群れ

・ネンブツダイ群れ
Kurohoshi_yg.jpg



あがってから、皆で集合写真をパチリ
今年1年、大きな事故もなく楽しく潜ることができました
来年もまた、海の神様に守られながら、楽しく安全に潜ることが出来ますように
Syugo.jpg



ありがとう2006!さようなら2006!!
#「北の国から」風で読んでください(笑)

*完*


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「いい一年だったね♪」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。