--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #601-602 IOP

2008年12月30日 11:43

いつの間にやら、毎年恒例のボーネンダイブ

今年は、再びボーネンダイブが出来ることを心から嬉しく思う
去年は心の中で、「っざけんなぁ~!!!」と叫びたい海の神様だったけど(笑)、今年は「ありがとうございました」とお礼を言わなくちゃ


夏の間のスノーケルも、復帰ダイブも、ここまで無事にこれて感慨もひとしお
また一年後に何が起こって、どんなことになっているかわからないけれど、海と伊豆がなくちゃ姐の人生始まらない(笑)


さぁ、2008年最後のダイビングっす~!!!



601st Dive
ポイント:IOP
エントリー:ビーチ
EN:11:43
Under the water:36min.
Under the water in my life:497h41m
Ave. Depth:--
Max. Depth:19.4m
気温:15℃
水温(水底):17℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:30m


11月に600本を迎えてから、一ヶ月以上ぶりのダイビング。
お天気もよく、気持ちいい

復帰プログラムを始めてから、例の水中結婚式以外では、まだ普通にバディ達とダイビングをしていなかった。それは、時間や水深に制限のある姐は、みんなと一緒に潜るには申し訳ないと思っていたし、また、もし何かあった時に他の人を巻き込むのがイヤだったのもあって、“大丈夫かな?”と思えるまでは、別枠で潜らせてもらっていた。

去年は潜れなかった恒例のボーネンダイブ。
今年のボーネンダイブのメンバーが決まって、その面々が身内バディ達(笑)と知って、姐は「皆と一緒でお願いしますっ」とショップに伝えていた。何本かの復帰ダイブで、自信とまではいかないけど「結構、大丈夫かも?」と思えてきていたのも事実。


いつものように(?)くだらない話をしながら、海へ向う。
みんなと一緒のワゴンで。そんな小さな事が嬉しい


ブリーフィングの前に、ガイドAGがこっそり聞いてくれる。

「姐さん、今回の復帰はみんなで“姐さんの復帰、イエーッイ!!”って盛り上がっていきますか?それともひっそりで??

ガイドAGは、事前に何度も時間や水深を確認してくれ、申し訳なかったり、ありがたかったりだったのに・・・そんなことまで。泣かせるうふふ。
ガイドAGのこういうところが好き

もちろん、

「全然、ひっそりで

なのだけど(笑)


そして、エントリー


ちょっと・・・ドキドキしていた。
“大丈夫かな”とか、“皆に迷惑かけないかな”とか、そんなことを考えていたように思う。

ブイに集合し、他のバディを見る。“こんな大人数なの久しぶり”と思う。

潜行してバディ達が集合しガイドさんが、一人ひとりに「OK」と聞く。

ここまでは、いつもの風景。


姐は・・・ドキドキしていた。
ものすごく

「あれ・・・この先、いけるかな、アタシ・・・」

そう思ったら、ガイドAGの合図にを出した。大きく深呼吸を何度もする。
ガイドAGが近づいてきてくれて、深呼吸の合図をしてくれる。
バディSUさんを探すと近くにいてくれている。
周りにいてくれるバディは、いつものメンバー。

ど、どうしよう・・・

何だか、レギュレーターからの呼吸が苦しかった。
こんなのは初めて。

するとガイドAGがスレートに書いた文字を見せてくれた。

「いつでも上がれますよ!!


いつでも上がれる・・・はずはない。
いや、いつでも上がれるけど、すぐに上がれる訳じゃない。あれやってこれやって・・・

そんな風に冷静に考えたとき、落ち着いてきた。
「よし、大丈夫!」と思えた。


OKサインを出して、皆にごめんね、をして泳ぎ始めた。
その後は、落ち着いて潜ることが出来たし、海もキレイで楽しかった

去年は見ることが出来なかった季節はずれのクリスマスツリー。
ちょっとばかり、感慨深かったな~
DSCF2141.jpg

DSCF2143.jpg


間もなく水深を上げる。

そして、念願の~「●#%$※*☆◎◆」を自分で発見!!!


「キャー!!!戻ってきたわ~、伊豆にっっ!!!

と大感激のそれは・・・


アオウミウシ」(笑)
DSCF2151.jpg


前回、アオを探せなかったスーパーガイドによれば、「偶数日にしか出ない」らしい
んなことあるかっ!!!(笑)


みんなと潜れて、姐にとっては、とっても楽しくて嬉しい1本だった

だけど、それでなくても姐がいるせいで時間も短いし潜る範囲に制限があるのに、エントリーで時間を取ってしまった・・・ みんなに本当に申し訳ないな・・・という事が気になる。

みんなと普通に潜れるようになるには、メンタル的にはまだ先なのかもしれない・・・・とあらためて思った1本でした。


魚たちとの出逢い
・クリスマスツリー
・ニザダイ
・クチグロ(イシダイ老成魚)
・アオウミウシ
・メガネスズメダイ

・アジの群れ
DSCF2148.jpg



602nd Dive
ポイント:IOP
エントリー:ビーチ
EN:14:12
Under the water:41min.
Under the water in my life:498h22m
Ave. Depth:--
Max. Depth:12.6m
気温:--℃
水温(水底):17℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:30m


2本目の姐は、復帰プログラムによると、最大10mしか行けないため、途中で一旦別れて待ち合わせすることに

一の根の上の方でガイドAGやバディと別れ、バディSUさんと2人皆を待ちながら10mダイビングを楽しむ。

透明度がよくお天気もいいので、気持ちがいい。
DSCF2174.jpg

みんなは、クエやオオモンイザリbabyを楽しんだみたい

その間、姐は・・・イソギンチャクエビ大群と戯れていた(笑)
サラサエビに見守られるトラウツボをじっくり観察してみたり。
DSCF2170.jpg


1本目の、皆に対して申し訳ないな・・という気持ちに比べると、なんとなく気が楽だ

また海に潜れることが嬉しい、今はそれだけで充分なんだな~
だから水深を下げていく皆を、海の中で見送ることにネガティブな感情はない。のんびりのんびり、じっくりと一ノ根を攻める(笑)

・・・って、これと言って何もなかったのだけど


下の方からバディYNが手を振ってくれてる

やがて、皆が戻ってきて合流。“おくり出し”でヒメユリハゼの群れにうっとりしつつ、エグジットへ。


2008年の潜り納めも無事終了。
DSCF2189.jpg


ちょっとした姐的ハプニングもありつつも、冬の海のクリアな青さを思い出した楽しい2本でしたっ


魚たちとの出逢い
・ワカウツボ
・ミサキウバウオ
・キンギョハナダイ
・オハグロベラ♀幼魚
・イソギンチャクエビ
・トラウツボ
・サラサエビ
・キビナゴ
・カブトクラゲ
・イナズマベラ
・ヒメユリハゼ
・トウシマコケギンポ
・ツノダシ


☆Night Dive in 麺づくし☆

年末の、ボーネンダイブの後と言えば・・・・そう!年越しそば
うっかりパスタマシンを買うハメ(ハメ?)になった富戸界隈(のみ?)では超有名な某蕎麦処のお師匠さんと女将さんが来て、今年も皆でそば打ち大会!

姐ソバはもちろん、漁港ソバありーの、顎ソバありーの、猿ソバありーの、一体何杯食べたのでしょうかっ(笑)
みんなの愛情たっぷりのお蕎麦、美味しかったです
DSCF2194.jpg


それから、まったりとログ付けをし、今年一年を振返り・・・
一人帰り、二人帰り・・・と三々五々散って行きました。

そして、最後に残ったメンバーで“何となくお腹空いたね~”と言いながら寄ったお店はラーメン屋(笑)どんだけぇ~っっっ(古。?)
DSCF2197.jpg


という事で、無事、2008年の潜り納めを完了!!!
2008年万歳!ボーネン万歳っ!!


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ボーネン出来て、よかったね」などと思ってくれ
たら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
関連記事


コメント

  1. frappucci | URL | ECXYNCBU

    ってことは?!

    フラプッチ12/31はIOPだったんです~
    ってことはすれ違ってたかもですね!!!

    フラプッチも復帰2本目でプチパニックになりました。
    レギュからの空気がたりなくて苦しくて苦しくて…知識でパニックとわかっていたので大事には至りませんでしたが、初めての経験。
    ブランクって怖いと思いました。
    姐さんは他の人と一緒で、迷惑でもかけたら…っていうストレスが引き金だったのかもですね。
    もう40分は潜れてるんだ!
    冬にそれだけ潜れて問題ないなら見通しは明るいと思いますよ^^

  2. | URL | ZbmgqBFw

    惜しい!!

    年末は、12/30夜には伊豆を離れていたんです~v-356
    でも、プッチちゃんとのニアミス・・・があるなんて、伊豆に行く楽しみが増えたってもんだわ(笑)

    >知識でパニック

    そう、「あ・・・このままじゃパニックになるかも」っていうところで対処出来るかどうか、っていうのが大事だよね。
    対処出来なくてもちゃんとガイドに言えるか・・・とかv-392
    当たり前に潜っていただけに、ちょっとしたブランクが結構大きいものだよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oceanline.blog7.fc2.com/tb.php/492-877e7268
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。