--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #594 伊豆大島

2008年10月13日 10:48

姐がやろうとしている“復帰プログラム”というのは、医科歯科大で参考資料としていただいたものを、自分で計画を立てて、出来るだけそれにそってやってみようかな・・・というものだ。

復帰プログラム自体は、全6回コースと全12回コースというのがあり、指定されたショップで体調管理含め何かあったら医科歯科大と連携して対処にあたってくれる・・・というようなもの(だと思う)。

それによれば、色々な注意事項や免責事項があるものの、それは減圧症罹患者でなくともダイバーなら当り前のことばかり。ただ、“改めて言われると”結構守るのはキビシーかも。


・・・それはともかく。

この2日間は、伊豆大島で“最大水深5mのタイドプールで一日一本っつ”と決めて、そうダンディKさんにもお願いしていたのだけど、この日、潜りに行くダイバー達をお見送りした後、お天気がよく、高く青い空を見ながら思いにふけっていたら、何だか更に一歩を踏み出したくなった
というより、「今踏み出さなくちゃ」と自分が思った。

昨日のMax5mでいつまでも満足している訳にはいかない。いつかちゃんとした復帰ダイブを行って、結果が出る日が来るのなら、こんなお天気のいい気持ちよい海の時にやるべきじゃないのかしら??と。

一本目を終えたダンディKさんに、復帰ダイビングとして1本目をやりたいという話をすると、いたずらっ子のような目を光らせて、笑顔で

「いいねぇ~

と言ってくれた
復帰プログラムの1本目は

Max10m
BT(ボトムタイム)20min.
ST(安全停止)-3~-5 15min

となっている。
トウシキのガイドロープが終ったところがちょうど水深10mくらい。そこからまたガイドロープ伝いであれば1人で帰ってこられる。トウシキのガイドロープは、この夏、何度も水面から見ていたところだ。


ということで。


いよいよ、姐の本格的復帰ダイビングの1本目っす



594th Dive
ポイント:トウシキ
エントリー:ビーチ
EN:10:48
Under the water:40min.
Under the water in my life:493h02m
Ave. Depth:5.0m
Max. Depth:11.7m
気温:--℃
水温(水底):24℃
Suite:5mm+フード
透明度:--m
透視度:30m


さぁ、いよいよエントリー
緊張と喜びが混ざった気持ち。

今まで何度も見送ったエントリー口へ、タンクを背負って降りていく。
トウシキの入り口はゴツゴツで、本当にいつも皆大変そうだった。

ちなみに、この写真のバックの景色。
Ohshima_0810 032

あ、もう身代わり姐はいいっすか??(笑)


水深1.5m位のところで潜行。昨日よりは確実に上手に出来た(軽くホッ)

ガイドさんのすぐ後ろをガイドロープ沿いに着いて行く。帰りはこのガイドロープを頼りに帰ってこなくちゃならいない。なんせ、潜るのは初めてのポイントなのだ。水面からの景色とはやっぱりちょっと違う

いくつかの大きな岩を超えたあたりでちょうど水深が5m位。以前、スノーケルで記念写真を撮ったところ。必死で降りていったっけ・・・そこに今、タンクを背負っているっていうことを実感する。


その棚から10m地点へ・・・飛んだ!!

ふぅわ~っと


そうそう、この感じ!!!(涙)
スノーケルでは絶対に味わえない、ゆっくりと青い中を降りていく感じ

「あぁ、アタシ、本当に潜ってるんだ・・・

と思った。
気持ちよかった


そして、少しだけ怖くなった。
水が、海が・・・ということではなくて、『減圧症』という3文字が頭をかすめた。だけど、それもすぐ思いなおした

もう潜っているんだから、

「なる時は、なる。もう、しゃーない今を楽しもう

そう思った

ダンディKさんと聞いてくれる。
姐もと返事したところで・・・・

ダンディKさんに近づいてくる怪しい影がっ?!


ハマちゃぁ~ん!!

Ohshima_0810 022

噂のハマちゃんなのだーっ!!もう、潜れない間、さんっざん話に聞いていたハマちゃんなのである。
かれこれ、2年越し?!

「会いたかったよぉ~!!

と抱きつこうと思ったら、寄ってこられて・・・・
Ohshima_0810 025

・・・ひいた(笑)


そんな姐とハマちゃんのコラボを見届けて、ダンディKさんが手を振る
ダイコンを確認して、姐も手を振る
また、皆のお見送りだ。。。

でも、陸じゃない、ここは海の中!

皆を見送った後、しばしハマちゃんとランデブー。
Ohshima_0810 023

すると姐の回りをちょこまかするヤツがっ!!
そうそう、この子が噂のハコフグ「ミハマちゃん」。

この子ってば本当に人懐っこくて(?)、びっくり。
姐が石を拾うとその石をツンツンって付いてくる。
そしてその姿たるや、「チューしてぇん」と言ってるようにも見えたりして(笑)
ハコフグの唇ってこんなに伸びるんだ・・・。
Ohshima_0810 035

足元には小さな小さなクマノミが
顔を近づけると、目があった(笑)
Ohshima_0810 037

上を見上げると「ソウダカツオ」と思しき回遊魚がピュンピュン飛んでいた。
遠くには大きな「マダイ」らしき影。

しばらく中性浮力を取りながらポッカリと水中でのんびり


そして、指示されたとおりに壁づたいに小物を探しながらゆっくりと水深を上げていった。途中には綺麗な「シロタエイロウミウシ」が。
Ohshima_0810 036

ガイドロープに戻り、ゆっくりゆっくり帰る。
安全停止は15分以上取らなければ。

「ミヤコキセンスズメダイ」はまだまだ健在。写真は難しいけど、眺めているだけでキレイ

エントリー/エグジットのタイドプールに戻ってから、話題の「カエルアンコウ」探し。

んが、これがねぇ、、、見つけられなかったっす
スノーケルでは何度か見たので探したかったなぁ・・・

水深2-3mのところで夢中になっているうちに、ダイコンを見たら、ちょうど時間。
「そろそろ、上がらなくちゃ」と前を向くと、浅瀬にキレイな光が差していた。
この場所が、こんなに透明度のいいのは珍しいこと。しばし見とれる。
Ohshima_0810 030


今回の復帰ダイビング1本目。
この先の結果はどうであれ、実践した自分の勇気に乾杯な気分だった


魚たちとの出逢い
・ハマフエフキのハマちゃん
・ハコフグのミハマちゃん
・シロタエイロウミウシ
・クマノミyg
・ミヤコキセンスズメダイ
・アオヤガラyg

・シロウミウシ
Ohshima_0810 038

・オニハタタテダイyg
Ohshima_0810 039



===

さて、その後の体調ですが、この復帰ダイブによって、以前減圧症を発症したときに感じたのと同じような、手の痺れのようなものはありません。

今回も現地に着いてからの2日間は、自分が潜っている時以外は、スタッフ~として車の運転をしてゲストの送り迎えをしたり、タンクの入れ替えをしたりと忙 しくしていたけれど、基本的には真夏の忙しさほどではなく。

帰りは1.5h位1人になる時間が取れそうだったので、御神火温泉に降ろしてもらい、お風呂に軽く入って、ひとりお祝いビールしました
もちろん、たんまりポカリを飲んでからね

帰りのジェット船も爆睡、帰りの電車も爆睡、夜も早寝で爆睡、、、
翌日になんとなく眠いのとダルいのは、「久しぶりのダイビングによる疲れ&筋肉痛と寝過ぎ」と思いたい


この「大丈夫だったのかな?」という気持ちとは、しばらく戦うことになりそうです。自分で「あ~、もしかして、アタシ、完全復活出来た感じ??」と思えるのは、この分だとまだしばらくかかりそう。
「潜ることが出来た」というスキルの部分は一安心&とっても嬉しいことだけれど、メンタル的には一発でテンション上がるぜっ!!というわけにはいかないもんだな、というのが正直なところ。


まだまだ復帰への道は続きます


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ひとまず!!おめでとーっ、姐さんっ」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
関連記事


コメント

  1. aki | URL | -

    面白かったです

    たまに拝見しています。継続して日記感服します。僕も頑張ります。最近寒いので体に気をつけて下さい。また遊びに来ます。

  2. | URL | ZbmgqBFw

    >akiさん

    こんばんはv-411
    初めまして~v-343

    >継続して日記感服します。

    いえいえ、色々あってお休みしていた時期もありましたv-356
    でも無理せずに自分が一番楽しんで書くことが大事かなーと、気ままにやってますデスv-398

    これからも遊びに来て下さいね!!
    一回は「クスッ」と笑わせられる自信ありです(笑)←自慢か?!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oceanline.blog7.fc2.com/tb.php/482-49326f04
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。