--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減圧症ログ * プロローグ 4

2007年09月17日 23:30

祝日だったこの日は一日を家で過ごす。
午後からいよいよ、明日の診察の時に必要になる、「ログ」を用意するためPCに向った。

姐の宝物・ログブックを見ながら、

“しばらく潜れなくなっちゃうのかな・・・

と思うと、寂しいような、悲しいような、悔しいような。

全てのネガティブな感情が沸き起こってくる・・・かと思ったけど、意外にもそのログブックを懐かしく見ている自分がいた。こんなことあったな、こんなヤツ(魚)いたな~とか。
遠い目をしながらアルバムをめくるような姐がいた。

今までのダイビング生活に対する満足感がそうさせていたのかな。
何となく、これで卒業か・・・!?というような


そして、病院で用意された「ログ」を記入しながら、過去を振り返っていて、思い出したことがあった。
そう、この指先のチクチク感・・・・以前にもあったな、と。

約1年前2006.10と、約3ヶ月前2007.6だ。
どちらも、一日だったか、何時間だったか・・・少しか感じなかったのだけど、“あれ?”と思った記憶がゆっくりと、でも鮮明に蘇ってきた。
そのことを正直に書く。思い出せる限り具体的に。

そっかー・・・・もしかしたら、あの時既に・・・・

いやいや、考えまい
素人が想像してあーだこーだ考えたところで、明日にはもう結論が出るんだし。


そう思いながら、寝た。
会社には、「病院に行くので午後からにして欲しいんですけど、もしかしたら、そのまま検査になるかもしれないので休むかも・・・」といっていた。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://oceanline.blog7.fc2.com/tb.php/465-81614332
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。