--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #542-543 宮古島

2006年12月15日 09:50

2日目目覚めると・・・はい、期待もむなしく曇り
雨が降ってないだけ良かったかぁ・・・と思いつつも、どう見ても降りそうなお天気
うーん

今回宿泊したペンションでは、朝食を系列のホテルで取ることになっていて、まずは朝食に向かう
っと、昨日出会ったバディKKさんと一緒に
今日の飛行機で帰るバディKKさんとは本当にこれが最後。「今度は伊豆でね!」と約束し、レストランでお別れ。(第一回流れ解散 笑)

いつものとおり、ダイビングの前の朝食はあまり食べられない姐
これまた朝はいらないと言うバディBBちゃんのためにバターロールをハイジのようにこっそり1つ包んで持ちかえる

さぁ、今日は2日目にしてようやくツアーメンバー全員集合の日!
お天気にもめげず、張り切っていきましょかー


542nd Dive
ポイント:サンゴホール
エントリー:ボート
EN:9:50
Under the water:54min.
Under the water in my life:448h18m
気温:--℃
水温(水底):25℃
Suite:5mm+フード
透明度:--m
透視度:30m


先に書いておこうかな。
姐はこの宮古で潜った8本のうちで、一番印象に残っている“穴”がこのサンゴホール。
正直、何本か潜った穴は、“どれがどの穴~??!!”状態だったりもするのだけど(笑)このサンゴホールだけは鮮明に覚えてる

エントリーすると、案の定、ちょっと暗い。
それでも見上げるとブルーのコントラストがとっても綺麗♪
“気持ちいぃぃ~”と中層を満喫してる姐盗撮されてました(笑)
Sango-4.jpg
SpecialThanx@Buddy's Photo


サロンパス貼ってる“いつも肩凝り”の「スミレナガハナダイ」を皆で確認して、いざホールへ

ガイドJMちゃんが穴の入り口で振り返って、“ここからの眺めを見てみて~”と合図をくれる。
穴は通りぬける先の出口だけじゃなくて、“振り返って入り口を見る”っていうのもひとつの楽しみなのね~
穴初心者の姐、勉強なり
Sango-2.jpg


この入り口をくぐっていくと結構な暗さ。
その暗さにようやく目が慣れた頃、穴の奥の方に「ロクセンヤッコ」。ガイドJMちゃんがライトで照らしてくれる。
姐は夢中になって見ていたものの、この暗さでは姐のカメラでは無理だなぁ~・・・とさっさと諦め、ふっとその先に目を向けた。

その瞬間の映像が忘れられない
まるで、ミュージカルが行われるステージのように光が何本も差し込み、ものすごく綺麗だった。
まだロクセンヤッコに皆が夢中なのに、その光の中に行ってみたくてしょうがない衝動にかられる


そのホールの景色を人がまだいない状態で楽しみたいバディもいるだろうと、ぐっとこらえて我慢するも、ガイドJMちゃんがその穴に向かって動き出したが最後、「わーい!!」とばかりにその光のステージへ。
Sango-3.jpg
SpecialThanx@Buddy'sPhoto

超きれいぃぃ~!!!

皆も(多分)はしゃぎながらその光のステージを楽しむ
b453.jpg
SpecialThanx@Buddy'sPhoto


出口は大きく開けていて吸い込まれるよう
Sango-1.jpg
SpecialThanx@Buddy'sPhoto

こんな綺麗な景色でも、カメラ向けられたら、“はい、ポーズ”
性ですね、もう・・・(笑)
PC150099.jpg



ホールを出たところでガイドのJMちゃんが指差したものは・・・「フィリノープシス属の一種」とやら。絶対名前覚えられない系
(このウミウシと同種に“サ○タング属の一種”というのが含まれるらしい・・・笑)
PC150109.jpg


最後は浅瀬で安全停止がてら、フリータイム!←?
目の回りがゴールドな「ルリホシスズメダイ」は宮古ならではらしい♪
PC150122.jpg



光のステージがとっても綺麗な1本目、ドラマチックなサンゴホールでした


魚たちとの出逢い
・ハナビラクマノミ
・スミレナガハナダイ
・ハナゴンベ
・ロクセンヤッコ
・アカマツカサ
・フィリノープシス属の一種
・ルリホシスズメダイ
・ルリメイシガキスズメダイ
・ミノカエルウオ

・ハマクマノミ(親子)
PC150115.jpg



1本目が終わると、いったん港へ
お天気はかろうじて曇り。それでも海は南国カラー
うーん、何とか太陽が出て欲しいもの・・・
PC150126.jpg


港に着くと、今回のツアー最後の“現地集合”、バディUNさんが到着!やったー!!!
姐4本目にして、ようやく全員集合なりぃぃぃ(笑)


昨日同様、もたもたしてると天気もヤバくなりそうなので、バディUNさんを乗せるとちゃっちゃと出発
何やら相談していたボートキャップでオーナーのKさんとガイドJMちゃん、やがて戻ってくると・・・

「行ってみましょうか!!魔王!! 朝は無理そうだったけど、何とか行けそうですね、今なら。途中、かなり揺れますが、大丈夫??」

「はーい!!大丈夫でぇぇぇ~っす!!!

まるで小学生なみのよい返事で、我らご一行、いざ、宮古と言ったら・・・の「魔王の宮殿」へ!
朝は行けないかも・・・と言われていただけに嬉すぃ~っ


543th Dive
ポイント:魔王の宮殿
エントリー:ボート
EN:12:21
Under the water:56min.
Under the water in my life:449h14m
気温:--℃
水温(水底):25℃
Suite:5mm+フード
透明度:--m
透視度:30m


最初に書いたとおり、“宮古?ふぅ~ん、いいよ、行っても”だったくらいなので、なんせ情報収集というのをしていない(って、ことダイビングに関しては結構いつもそうなのだけど)

なので、魔王、魔王と言いつつも、ただ宮古特集っていうと出てる、っていうイメージと記憶だけで、何がどう・・・っていうのは知らなかった。

なので、「わーい!魔王!!」と言いながら「で、何があるんですかー?」と聞いて「へ??」って言われる始末(笑)
魔王の宮殿にはそりゃー宮殿ってだけに神秘的なホールがあるとのこと。

エントリーしてまもなくいざ宮殿へ!という感じ。
では、宮殿のホール達、いきますっ!!
PC150128.jpg


Maoh-1.jpg
SpecialThanx@Buddy'sPhoto

PC150130.jpg


Maoh-2.jpg
SpecialThanx@Buddy'sPhoto

Maoh-3.jpg
SpecialThanx@Buddy'sPhoto

Maoh-4.jpg
SpecialThanx@Buddy'sPhoto


実は・・・宮古ツーなバディなら気付いたことでしょう・・・・そう、「魔王の宮殿」の魔王様の部屋!!!(というかどうかは知らんが)の写真がありませぬ
一番奥のまっくらなところに妖艶な光が射す場所があったのだけど、この曇で写真は全滅

ほんと、残念なんだけど、あそこはさすがに“光がもっとあれば、もっと綺麗なんだろうなぁ~・・・・”と思わずにはいられない光景だった
今回の宮古ツアーの各ポイントの中で、見たかったけど見られなかったものとかはもちろんあるのだけど、それら全部を合わせても、一番“残念~っっっ”というところだったなぁ・・・。

今回は初めてだし、“魔王の宮殿”に入ったことに意義がある!!ってことで、次回こそ、「晴れた日に必ず!」と誓わずにはいられない


ホールの出口には、「クレナイニセスズメ」が
一見、地味ながらもライトに照らされると綺麗な紫に
Maoh-5_Kurenai.jpg



そしてホールの出口から出きった先は広場のようなところ。
そこには、「アカハチハゼ」や「クロユリハゼ」のファミリーが戯れている。暗いホールの中にしばしいた我らも、曇りながらも青く開けた海になんとなくのびのび開放された感じ~♪


最後の安全停止中には、「イワシ」の群れが川のように流れていき、遠くには「ササムロ」が玉になって固まっていた。
そして姐は目の前を通りすぎた「ジョーズ」を激写(笑)
PC150169.jpg


“魔王の宮殿”・・・リベンジしたいポイントがまたひとつ増えましたっ

魚たちとの出逢い
・アカマツカサ
・ハタンポ
・スミレヤッコ
・ツバメタナバタウオ
・アカハチハゼ
・クロユリハゼ
・クレナイニセスズメ
・ハタタテダイ
・ノコギリダイ
・オイランヨウジ
・イワシ
・ササムロ

・イソギンチャクエビ(大)
PC150158.jpg



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「サンゴホール、いいっ!!」などと思ってくれたら・・・(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
関連記事


コメント

  1. けろこ | URL | Yv5y4T.2

    ホールちょっと怖いけど、きれ~い!
    楽しそうな様子が写真から伝わってきます~
    青色のバリエーションってこんなにあるんだぁって感じです。

    ところでサメ、怖くないの?
    大丈夫なの?
    いいの?
    こんなに近くで!!
    これは人を食べるサメじゃないの?ねえっ!!
    ゴメン
    初めて見た映画がジョーズでトラウマな私・・・
    しかしサメを見るのは好きなんだけど。

    でも、海っていいよね!って思わせてくれる画像の数々。
    いつも楽しみです!
    今年もがんばって~

    遅くなりましたが、今年もよろしくお願いしますv-343

    PS 挨拶の場所、間違えてる?
    日付12/15だし・・・ごめんなさい。
    ところで「ハーフのインサイドが最高な感じ」サーファーにうけてますよ!(笑)

  2. | URL | ZbmgqBFw

    さ、さ、サメは・・・

    >ところでサメ、怖くないの?大丈夫なの?いいの?

    ・・・けろこさん。
    純真な貴女を騙してごめんなさいv-435

    これ・・・v-229オモチャ v-392キャーッ、許してっv-306

    ま、それだけいい画像が撮れたってことですよね~v-391(自画自賛)


    ご挨拶、ありがとうございますv-398どこにコメつけようと、全然気にしないでください♪♪
    もらえるだけで、嬉しいです*^^*

    こちらこそ、シーンは違うけど同じ海。
    これから1年、波の季節を感じることが出来るでしょうかv-392楽しみですv-343

    PS:
    >ところで「ハーフのインサイドが最高な感じ」サーファーにうけてますよ!(笑)

    いや、けろこさんの「ジョーズ大丈夫?いいのっ?v-399」も相当ダイバーにうけてるはずっす(笑)

  3. けろこ | URL | Yv5y4T.2

    ちっ!
    まんまと騙されたぁぁぁ!!!
    そういえば口がかわいすぎるような・・・

  4. | URL | ZbmgqBFw

    ほほっ♪

    けろこさん、気づいちゃいましたねv-391

    でも、実際のところ。
    サメは怖くないですよv-392
    まぁ、こっちから悪戯すればわからないけれど、サメから見たら金属タンク背負ってる人間なんざ、他の魚達に比べて美味しくもなさそうだろうし(笑)

    実際、海の中でもドキッとしますけど、やっぱり格好いいっすよ。キリリとしていてv-415

  5. bigdeer | URL | .8F7RpF2

    地形、素晴らしい!!

    いやぁ~地形の醍醐味が凝縮されてますねぇ~!!
    特に「魔王」なんか「流石は有名スポット!」って感じですネェ
    宮殿内部は残念だったみたいだけど、次回挑戦(来島)する口実にはピッタリかと・・・(^^ゞ

    ホールで“振り返って入り口を見る”っえて考え方知らなかったナァ・・・
    こんど、どこかの「穴」でやってみます!

  6. | URL | ZbmgqBFw

    来島の口実

    ふふっ、そうですそうです、「本気の宮殿を見て、魔王様v-507(←?)に会うっv-415」っていうのも次回への立派な口実ですよね、bdさんv-391

    >ホールで“振り返って入り口を見る”っえて考え方知らなかったナァ・・・

    ですよねぇ~!!
    なんか、穴に入る瞬間と通り抜けるのばかりに気を取られて、自分が通ってきた穴の美しさって・・・忘れがちですよねv-390

    姐もいいこと教えてもらったなぁ~って思ってますv-398

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oceanline.blog7.fc2.com/tb.php/420-ac8e2b22
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。