--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #511-512 八丈島

2006年09月10日 13:36

八重根でスーパーショーを堪能した我らは、一旦ショップに戻って、ランチ

姐は燦々と太陽が降り注ぐ・・・というよりは、刺すような太陽光線の元、テラスでお弁当を食した
「しかし、暑いねぇ~!!」なんて言いながら。
9月10日、八丈はまだまだ常夏

バディセレブEはこの日の最終で帰るため、このランチでお別れ
スーパーガイドEKちゃんは急にショップオーナーの顔に戻り(笑)セレブを送るために一旦我らとは別行動に。

ところで、この2泊3日の八丈では、7本潜る予定だった。
その計画は、3+3+1。
が、ご存知のとおりの有様だった姐は、初日に2本しか潜れなかった
とは言え、6本に諦めるつもりもなく、中日に4本潜らないと元とれない~っ!!!という状況。
“割り勘負けは絶対にしない”というポリシーの姐、元は取らなくちゃ(笑)

そして、“姐だけ4本なんて!!”というバディも参戦、この中日は皆元気に4本行っちゃったのであーる


午後からの2本は、姐初めての「そこどこぉ?」な“底土”・・・(あれ?だめ???
そして、〆は少し波も収まってきた“ナズマド再び”となりました


511th Dive
ポイント:底土
エントリー:ビーチ
EN:13:36
Under the water:60min.
Under the water in my life:412h44m
気温:--℃
水温(水底):29℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m


底土港自体はもちろん見たこともあるし知っていた。
でも、どこからエントリーかは知らなかった。

ガイドの八丈エロシSちゃんが満面の笑顔で言う。

「あの桟橋を歩いていった先からエントリーです


・・・・見てるだけで疲れる距離だった。
エントリーする前から上がってきて大変だろうなーと思う・・・
サイパンのグロットに比べればっ!”と自分を励まし、いざエントリー口へ

桟橋からは沢山の子供達が飛び込み合戦をやっていた
まだまだ夏だねぇ


エントリー口は浅く水が綺麗なのがわかる。

ここ“底土”では、少しのんびり、まったり、チマチマ行きましょう、という事になっていた。
そして、姐お初の「フリソデエビ」が見られるという

エントリーしてしばらく行くと、八丈エロシSちゃんがスレートに書いた。

「今、この範囲にフリソデがいます。さぁ、どこでしょう?

皆で探す・・・
えーっ!!!どこだぁ?どこだぁ????

「超mpさんが一番近いです

(以下、イメージ)

「えーっ、mpどこよ、どこ?探すのよーっ!!!」
「いやーん、姐さん、mpはウミウシしか探せないんだってばーっ」
「なに言ってるの、小さいってことでは一緒でしょーっ!」
「って、探してるフリして、あたしはウミウシ探しちゃお
「mp~、見つかったぁ???」


やがて、4人で見つけられない我らに業を煮やしたガイドSちゃんが、カウントダウンを始め・・・・・

ブブーッ!!タイムアウト


そして、mpの足元を指差すと、そこに・・・
「フリソデエビ」わーい、初めて
写真で見てたのと同じだったっ!(笑)



フリソデエビの写真を皆が順番に撮っている間に、ガイドSちゃんが何やら砂地を指差している。
そこに「キンチャクガニ」 こんなにはっきり、ゆっくり見られたのは初めてかも
何を応援してるのかな?^^



そんな「キンチャクガニ」に夢中になっていると、バディSKちゃんが何やら発見!
姐2回目の「モンハナシャコ」、しかも・・・特大サイズ
大きすぎて、グロい しかも、その色ゆえに美味しそうでもない(笑)
伊勢エビクラスのモンハナ・・・美味しいのかなぁ?



更に進んでいくと、“底土アーチ”が
アーチの中にはチョウチョウウオ達が群れている...

さて、ここで問題です
「ウォーリーを探せ!!その①」(←やや古。?)
あっ、1匹だけあの子が・・・^_-☆



見上げるとあまりにも綺麗で思わず写真を・・・撮ってる姐
すごーくキレイだった・・・太陽の光が差し込む海♪
Buddy's Photo♪


マクロありーの、アーチありーの、盛り沢山な底土。
帰りの桟橋は確かに疲れちゃうけど、それでも行く価値ありのポイントでした


魚たちとの出逢い
・フリソデエビ
・キンチャクガニ
・モンハナシャコ
・レンテンヤッコ
・チョウチョウウオ
・ユウゼン
・アカヒメジ
・ミカドBaby
・ナンヨウカイワリ

・イロブダイyg(底土バージョン)
子供のうちは可愛いね(笑)


・ミカドウミウシ10cm(実寸)-姐お初♪
これが30cmにもなるという噂のスパニッシュダンサー!!




512th Dive
ポイント:ナズマド
エントリー:ビーチ
EN:16:04
Under the water:57min.
Under the water in my life:413h41m
気温:--℃
水温(水底):26℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m


2日目最後は、4本目だっつーのにナズマドへ
朝の流れっぷりは随分とおさまっている様子。

そして、八丈エロシSちゃんがここでも言った。

「ハンマー、狙っちゃいます???

ナズマド!!!ハンマー!!!出そう、出そう!!
ってことで、満場一致で狙いに行くことに!


・・・だのに

ダイナミックだからとスイッチを切っていたはずの姐のウミ探(注:ウミウシ探知機)、久しぶりに反応してしまった。
色艶やかな「アデヤカミノウミウシ」
艶やかなのですよ~、その名のとおり!



てへっ


この頃になると「アオウミガメ」はもはや普通種。
さて、ここで問題です。
「ウォーリーを探せ!!その②」(←ベタ?)
どこにいるかわかる?わかる??



ハンマー待ちの根、先端でしばらくすると、八丈エロシSちゃんが姐にスレートを見せた

「匂いますか?
「・・・全く匂わないでも何か出るんじゃない?」
「待ちましょうか
「ねーねー、沖に探しに行っちゃダメなの?
「無理です
「はーい

って筆談の後、しばらく中層を皆で見回しながら待つ、待つ、待つ・・・・


そして・・・・・・・・待ちくたびれ(笑)


いさぎよく撤収

根から離れ青い中層をほどよい流れに乗って移動・・・気持ちよかったな
「ヤッコエイ」が優雅に泳いでいく。
八丈でのエイはこの1枚でしたー。



そうそう、すっかり普通種なんて言っちゃって、ユウゼンの写真もちゃんと撮ってなかったわ
ってことでパチリ 
「ユウゼン」知る人ぞ知る、八丈固有種。
このボディはきっと、ノックしたら“コンコン”って音がするんじゃないかと見るたびに思う(笑)
多分、ボディはアルミ製(笑)



途中、ワモンダコのかなーりな挿○シーンをガッツリ目撃したりしつつ、ゴロタエリアに戻り、後はの~んびり。

チラリと見えた青い陰・・・は姐発見の「タテキン 中学2年生」
タテキンygは姐の中では“八丈”っていうイメージ。
現在、思春期真っ只中(笑)
Buddy's Photo♪


エグジット近くには海綿に化けた・・・にしては派手な「イロイザリ」
ちょっと目立ち過ぎよん♪



そして頭上にはものすごい数のキビナゴ。
“いけない、いけない・・・”とは思いながら、一度やってみたかった「キビナゴにものすごい勢いでツッコむ!!」っていうのをやってみる。
キビナゴ以外に何も見えない銀色の壁の向こうからバディが現れる感じ。
キャー、楽しいっ!(ごめんね、キビナゴーナ・・・)
ツッコんだはずが囲まれる幸せ・・*^^*
Buddy's Photo♪


大物はいなかったけど、期待を裏切らないナズマド、最高っす!
八丈小島に上る朝日に始まったこの日はまた、八丈小島に沈む夕日に終わったのでしたーっ
20061027184523.jpg


魚たちとの出逢い
・アデヤカミノ
・アオウミガメ
・ユウゼン
・コイボペア
・ワモンダコ(♂♀)
・ヤッコエイ
・カモハラギンポ
・ソリタエイロウミウシ
・イロイザリ
・タテキン 中2



ちゃちゃっとショップに一旦戻り、いざ温泉へ
その温泉へ行く途中に夕日が綺麗に見える橋“逢坂橋”がある
そこに降り立った姐、そして三十路越えバディ達、♂♀総勢5名。

あまりの綺麗さにうっとり・・・っと思ったら、あの飛行機はーっっ!!!!
まさしくバディセレブEの乗った飛行機じゃないのぉ~
ってことで、皆で手を振る
(が、きっと爆睡に違いない 笑)
「楽しかったね~、セレブゥ~」^^/~~~



バディセレブEの飛行機とその爆音が消えた頃、空はオレンジ色に染まり始めた。

何だかちょっと・・・“青春”
背中に哀愁・・・?!(笑)


そして何だかちょっと・・・“あいのり”(笑)
大人の「あいのり」いかがでしょぉ?



一瞬、水平線が真っ赤な火を噴いたように輝き、そして太陽は沈んでいった
うーん・・・溜息。すごいなぁ、地球。すごいなぁ、太陽。すごいなぁ、海。
人間なんてちっぽけだぁ~・・・と誰もが思った瞬間だった
八丈島はすごく太陽に近い島だと思う・・・



温泉で小奇麗になったそんな我らの夕食は・・・



☆Night Dive in BIENTOS Garden☆

ショップのお庭でBBQ!
お刺身も沢山!島唐辛子をちょっとだけ潰したお醤油で食べるのが八丈式
辛いもの好きな姐にはたまらんっ

BBQ定番のお肉、お魚、お野菜だけじゃなくて・・・なんとショップの紅一点Tちゃんが作る“カルボナーラ”の美味しかったこと!!

星空を眺めながら、ビール片手に夜は更けて行きました~



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「八丈行ってみたくなってきた!」そこのバディ!!
↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆


関連記事


コメント

  1. suzie | URL | -

    八丈、素敵ですねー。ガンガン伝わってきましたよ。
    私の八丈の思い出は、「なんでこんなに寒いのー?」「さっさと海からあがりたい」でしたが、また行かなくっちゃ!ですね。
    キビナゴのカーテン、すごいです。光るもの、大好きです。
    温泉と夕陽とBBQとビールも魅力v-398

  2. bigdeer | URL | -

    八丈!!いいっすねぇ~v-10
    たしかに行ってみたくなるなぁ~。。。

    あいのり軍団はともかく、綺麗な夕日にBBQだけでもかなりソソルしv-42

    海中は。。。アオウミガメが「普通種」で流せるのは此処と沖縄・座間味だけかと・・・

    あこがれの「ユウゼン」も押さえてるし・・・
    今日の更新は読み応え十分v-237

  3. | URL | ZbmgqBFw

    行っちゃってぇ~♪

    suzieさん、行っちゃってくださいっ!
    姐、後悔はさせませんっ!!(←言っちゃったv-391

    でも、実は姐も“さ、寒すぎる・・・v-393”って思いをボート上でしたこととかあります。季節とか水温とか、事前調査って重要なんですね、きっと。

    あ、ま、、、、“運”も大いにあると思いますがーv-356

    suzieさん、遅ればせながら、リンク貼らせていただきましたv-343

  4. | URL | ZbmgqBFw

    ぶった切りましたね(笑)


    >あいのり軍団はともかく、

    って、bigdeerさーんっ!!!!
    ナイスツッコミっす(笑)
    誰もツッコんでくれなかったらどうしようかと思ってましたv-413
    心得ていらっしゃるv-424


    >今日の更新は読み応え十分

    ありがとうございま~すv-432
    最終日、もう間もなくですっ!
    (↑って、それでも9月11日分v-356

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oceanline.blog7.fc2.com/tb.php/399-74ad9ac8
この記事へのトラックバック

島とか

| 面積=3.08 | 周囲=8.70 | 標高=616.8 | 海域=太平洋(フィリピン海)| 国=日本(東京都)|}}八丈小島(はちじょうこじま)は伊豆諸島の島。行政上は東京都八丈町に属する。離島のモデルとしても小学校などの教科書で紹介されることもある島。地理東京の南方海上287km




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。