--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姐的ライナーノート☆サザン 「ごめんよ僕が馬鹿だった」

2005年11月04日 18:58

「キラーストリート」・・・完璧聴き倒してる今日この頃。


あ、今、「またキラーストリートかよ・・・」と思ったそこのあなたっ!!
いいんです、何とでも言って・・・全然、平気ですから。
恋する乙女ですもの、盲目なのよ、うふっ

姐は音楽が好き。
そして「歌詞を聴く派」なので(と言っても歌詞カードはあまりちゃんと見ない)、例えば電車で車窓からの景色を見ながら聴いている時、それは姐にとってちょっとした本を読んでるくらいの集中さと、「あ、今の、今の言葉っ!」と活字で書かれた文章に心惹かれるようにその言葉にすっと耳奪われていたりする。

それは今までもずっとそう。
だから、カラオケとかでも「ここっ!ここよ~、この歌詞よぉ~」とうるさい(笑)

そんな、姐的感想を、少しずつ書いていってみようかな


さて、「キラーストリート」の題名が発表された時、予想記事を書いたのだけど、まずはその中の曲から書いてみようと思う♪


===2005.9.9記事より===
そして、ものすごーーーく気になる&桑田さんらしい!姐的一番!!

>01.ごめんよ僕が馬鹿だった

どうですか、これ!!
好きですねぇ・・・色んな意味でそそります、このタイトル。
===

姐の予感は当たり いいっ、これ!!やられたっ!って感じ^^


歌詞の内容は、題名を見てのとおり「♂が浮気して、それが♀にバレて一生懸命謝るの図」をまんま書いたような詞(笑)

歌詞は“ただ愛してる 君だけを心乱れて”、“離れた夜にさえ夢見てた”、“可愛い僕のAngel”とまで言いながら、どんなに君が好きかを熱く熱く歌いながら進んでいく。

「本当に好きなんだ、君だけなんだよ、本当だよ~~、ほんとほんと~っっっっっっ」 って言いながら・・・・・

そして曲も中盤・・

- ただ男って馬鹿だから夢見ちゃうのさ 淫らな誘惑には負けるから -

って言い訳しちゃうんだな^^ これが。


開き直りととれなくもないこの言い訳を、はさみこむタイミングが絶妙!
うっかり「そっかー、そりゃー、負けちゃうよね。しょうがないよね~。でも本当は私が一番なんだ♪そうなんだ~、そうだよね~」って思っちゃいそうな(笑)
これを少年のような素直さ、と見るか、熟練した男の技、と見るか。うむ。

いずれにしても、姐は間違いなく許してしまうでしょう^^ゞ


言い訳ってなんか「男らしくないっ!」っていう印象が確かにあるけど、時には必要。
「そんなの都合のいい言い訳でしょう?」と言われても、“本当に悪いと思っているなら”黙っているのは♂としての自分へのプライドや♂の信じる男気であって、“ごめんね”の気持ちは相手には伝わらない。

本当に悪いと思っているなら、優先されるのは“ごめんね”の気持ちを相手にちゃんと伝えること。どんな言い訳であっても。
どんなにそれが♂にとって情けないことだとしても、ちゃんと伝わるまで。
それが優しさだと思うな


- ただダイバーって馬鹿だから夢見ちゃうのさ 青い青い誘惑には負けるから -

だから、海に行かせて~*^^*

・・・これです(←若干、違うか? 笑)


最後に、キラーストリートの中の桑田さんのライナーノーツから気になった一文を。

「ひたすら詞の中で韻を踏むという様式美にこだわったが、これこそ踏んだ本人にしかわからない、世間からすればどうでもいいような密やかな快感」

“韻を踏むという様式美”・・・この古典的な美しさをさらりと使う桑田さん。ステキ。
姐も一緒に密やかな快感を味わってます
関連記事


コメント

  1. HOTAちゃん | URL | 8UvfX/C2

    - ただ男って馬鹿だから夢見ちゃうのさ 淫らな誘惑には負けるから -
    って、ホント負けちゃうのよ・・・男って。情けない事に・・・
    言い訳はしません。って何の事だか。笑。

    俺は「殺しの接吻」の歌詞に泣けました。こんな悲しい女の気持ちを歌にするなんて・・・泣ける・・・

  2. | URL | ZbmgqBFw

    淫らな誘惑

    ってどんなだろ~、HOTAちゃんも負けちゃう感じの(笑) あ、あんまりツッコムとこじゃないっすね、ほほほv-411


    >俺は「殺しの接吻」の歌詞に泣けました。

    おぉっ!やっぱり♂と♀では目の(耳?)つけどころが違うんだね~^^ おもしろい♪
    姐は、音楽的にあのジャジーな雰囲気、特に、途中のあのピアノの旋律の艶かしい感じがすごく気に入ってますe-291

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oceanline.blog7.fc2.com/tb.php/297-b9010f74
この記事へのトラックバック

こたんとライブ(その2)

11月20日 サザンライブ~最近この話題多し・・・。楽しみなんだもーん、だもん。全国ツアーあんまし無いんだもーん。福岡にももっと来てよ~アリーナBの真ん中ブロック、列も前方みたいだし♪高校ん時に野外で行われた「ガールズ・万座ビーチ」以来のライブ。「Young Lov




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。