--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにGET!!萌えます(笑)

2011年01月28日 13:38

告白します。(い、いきなり?

あ、姐は・・・あ、あ、姐は・・・・
初めて会ったあの時から・・・



大好きでしたーっっ!!! ウミウサギ系が



12月の終わり頃、初めてトラフケボリ会ったあの時にガイドしてくれたガイドFちゃんのお店に行った時、またまたトラフケボリ3連荘に萌え萌えに興奮していた姐に、そのFちゃんが教えてくれたお奨め本

「これさぁ~、すごくいいんだよ~。外套膜の写真がいっぱい出てるの




帰ってきてから、速攻Amazonポチッでした(笑)

今までの本だと、中の貝殻の写真はあるものの外套膜の写真ってあんまりなかったんだって。
この図鑑も、まだまだ貝殻の写真の方が多いのだけど、後半の写真達は本当に綺麗

うっとりんこです


図鑑を眺めては、「あぁ、早く潜りたい、潜りたい・・・」と思うプチ冬眠中の姐でした~(笑)

スポンサーサイト

ダイブログ #748-749 北川

2011年01月10日 11:13

ちょっと前の連休の話ですがっ

5年ぶりに北川に行ってきました

前日の餅つき大会が終わったら帰るつもりだったのが、バディYちゃんのメール。。。

「翌日は北川でウミウシダイビングしたいんですけど~

これはもちろん参加しないわけにはいかないでしょうっ
大好きな、そして超久しぶりのカジカキの根のソフトコーラルも見に行きたいし・・・ということで、ゲストギャル4人、ガイドギャル1人の女子会ダイブとなりました~


748th Dive (156th Dive)
ポイント:カジカキ
エントリー:ボート
EN:11:13
Under the water:55min.
Under the water in my life:626h08m
Max. Depth:22.7m
Weather :曇り
水温(水底):15~16℃
Suite:6.5mm+グローブ
体感:×(寒いっ)
透視度:12-18m


まず出発して待ち受けていたのが…まさかの『渋滞』
連休中の伊豆は、「にわかドライバー」が増えるから要注意ですな
裏道を抜けて…とも考えたのだけど、深夜に雪が降った伊豆、ここは安全な国道で…ということで、到着までに既に大盛り上がり(笑)

到着してからは5年ぶりの北川の施設を懐かしむ間もなく、ちゃっちゃと準備でいざ出港
気づいたらもう、真っ青な海に落ちていく~という感じ…めっちゃ綺麗!

まずは、定点観測(らしい)の黒いクマドリへ

黒い「クマドリカエルアンコウ」
DSCF2960.jpg

実物でもそうだけど…もう、なにがどこでどんな形かわかりゃしません(笑)


クマドリを確認の後は、各自それぞれのミッションを
そう「1人10ウミウシ」(笑)

透明度がいいので、ガイドMちゃんを見失わない範囲で、各自捜索です。
そりゃーもう、貸切に近いとっても青い大海原で、女子5人、すごい光景ですって(笑)

まず、最初にガイドMちゃんが見せてくれたのが、これ。

「テントウウミウシ」
DSCF2961.jpg

これでもかなりのトリミング… ち、小さいっ←?

が、しかし、この小ささにビビるようなメンバーではなかった…
がぜん火がついたかの様に、全員が全員、岩に張り付くっ…

こんな女子ダイバー達どうです?(笑)
DSCF2947.jpg

楽しそうでしょーっっっ

ってな訳で、今回のダイビング、ともかく小さいっ。
ピントが合わねえっ。
コンデジの限界超えてるっ。

ということで、写真はあんまりありません トホホ。

極小アオチュー(本名:アオウミウシ)
DSCF2962.jpg


…と、皆がウミウシに夢中になっている中、姐ってば…大きな声じゃ言えないけど、「ウミウシっていうか~…、北川に夢中」になっておりました

ほんと、5年ぶり。
姐がまだ100本そこそこのヘタレダイバーだった頃、よくK師匠に連れて行ってもらっていたのが熱川。
よ~く、熱川のビーチからカジカキに泳いで行ったものです。
ゴロタが終わって、、、砂地が終わって、、、そうするとソフトコーラルに囲まれた綺麗で大きな根があって
まだまだ付いていくのに必死だったあの頃でも、カジカキのソフトコーラルの綺麗さだけは印象に残っていました。

そんなこんなもあり、何だかソフトコーラルに囲まれて浮遊しているだけでも気持ちよくって、途中でウミウシから浮気(笑)

「オルトマンワラエビ」
DSCF2909.jpg

小さな小さな「オキゴンベ」yg
DSCF2916.jpg

印象的なのは、人が入っていないからでしょうか??
魚があんまり逃げないような。

「カワハギ」
DSCF2905.jpg


そして、今回ガイドMちゃんが呼んでくれた中で一番「萌え~」だったのが、この…

「ホソテンロクケボリ」
DSCF2963.jpg

可愛いったまらんですっ
最近はウミウシ探しているふりして、ウサギガイを探している姐なのでした~(笑)



魚たちとの出逢い
・黒いクマドリカエルアンコウ
・コブダイ
・オキゴンベyg
・アオリイカ
・タテジマキンチャクダイyg
・アオサハギ

ウミウシたちとの出逢い
・テントウ
・アオモ
・アオ
・キイロウミコチョウ
・チゴミドリ
・サキシマミノ
・サメジマオトメ

・ミアミラ
DSCF2964.jpg



なんだかどんよりとした曇りだったのだけど、1本目が終わって上がってみると…

DSCF2926.jpg

 日頃の行いですっ(笑)



749th Dive (157th Dive)
ポイント:カジカキ
エントリー:ボート
EN:13:28
Under the water:61min.
Under the water in my life:627h09m
Max. Depth:16.9m
Weather :曇り 時々 晴れ
水温(水底):15~16℃
Suite:6.5mm+グローブ
体感:△(一本目より平気)
透視度:12-18m


2本目も、いざウミウシ!!

姐、最初に自分で見つけたのが…これまた極小の

「テントウウミウシ」2mm(実寸)
DSCF2968.jpg

もうねぇ、実際、海の中じゃぁ、何だかわかりませんって(笑)
でも、段々、2mmを見つけられる自分に嬉しくなったりして

そして、またまた見つけたのが、

「キイロウミコチョウ」
DSCF2967.jpg

海藻に必死でつかまってる感じが可愛いっ


…で、ここで残念なことにバッテリー切れ
無念。
なんだかわからない小さい写真を撮り過ぎか

その後も、一列系の「サキシマミノ」や「ミチヨミノ」、二列系の「ムカデミノ」や「スミゾメミノ」、姐初めての「ムラサキミノ」等々、ミノ系充実の2本目でございました~

※バディYちゃんは、ミノを1列系と2列系で分けます。イメージ…わかります~?!(笑)


で、そんなバディYちゃんが安全停止中に手をにして泳いできた。
そして、そーっと手を広げると、そこに…極小アオウミウシ on the !!
なんでも目の前に何だか青いゴミ?が流れてきたので捕まえてみたら…とのこと!ビックリ!!

最後の最後までウミウシな一本でございましたっ


魚たちとの出逢い
・パンダホヤ(魚じゃないけど)
・アオサハギ
・ホソウミヤッコ
・アヤトリカクレエビ
・ガラスハゼ

ウミウシたちとの出逢い
・トラフケボリ
・ミチヨミノ
・サラサ
・テントウ
・ルンキナ
・ミドリアマモ
・ムラサキミノ
・サキシマミノ
・サギリオトメ
・スミゾメミノ
・アオ



ウミウシ三昧、超楽しかった~
また大海原でチマチマダイビング、やろうね~(笑)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「姐さん、ウミウシだけダイブやりたぁ~い!!」などと思ってくれたら・・・いつでも連絡して(笑)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)



ダイブログ #746-747 IOP

2011年01月09日 11:18

2011年潜り初めに行ってきました
年末のボーネンダイブとセットで(?)恒例の「新春潜り初め&餅つき大会」っす

この餅つきの日。ボーネンダイブの帰りから「いつにする~?いつにする~?」って話だけで日程決まらずに解散したのに、その10日後に集まってるってすごい(笑)
みんなのフットワークの軽さに脱帽です。

そんな皆さま、そして残念ながら集まれなかった皆さまも、今年もよろしくです~



746th Dive (154th Dive)
ポイント:一の根
エントリー:ビーチ
EN:11:18
Under the water:55min.
Under the water in my life:624h17m
Max. Depth:27.8m
Weather :晴れ
水温(水底):16℃
Suite:6.5mm
体感:△(普通に寒い)
透視度:15-20m


集まったメンバーが10人

ガイドさんが2人

IOPに集合してからガイドAGが言いました。

「チーム分けは、あみだでやりまーす

そんな軽い気分で決めたあみだのチーム。



ショップYF
の紅一点ガイドのMちゃんが言いました。

「年初めから研修ですかっ、このメンバー

むふふ。楽しんでいきましょうや←それが怖い。


ということで、いざエントリー


つい一週間前も潜ったのだけど、いや~水は冷たいっす。
それでも風ビュービューの外気より温かいっていうのもあって、ロクハンなら全然イケるっす!(とこの時は思っていた…)

の~んびりと「一の根」方面へ。
まずは、亀の頭の先端へ(いやんっ←?)

透明度がよくって超気持ちいい
沖にはムレハタタテダイが5匹。これから増えるかな。
DSCF2827.jpg

岩をねちねちと探してみると…

「ジボガウミウシ」
DSCF2949.jpg

「サラサウミウシ」
DSCF2957.jpg

クエ穴方面に移動する途中には…

「ニシキウミウシ」
DSCF2951.jpg


ウミウシが確実に増えてきてます
姐のウミ探(注:ウミウシ探知機)も久しぶりの活動にウォーミングアップ!(笑)

知らず知らずにウミウシばかりを探しちゃってる姐を、バディYNさんが呼ぶ。
岩の亀裂を覗いてみると・・・

「イソギンチャクモエビ」
もう寒くなってきちゃったから、亀裂に隠れているのかしら?
DSCF2950.jpg


年末にクエ穴付近にいたピカチューはどこへやら。
会えず…で残念

そのクエ穴の先で、今度はバディSEが姐を呼ぶ。
おぉ!これはっ!!!

ボーネンダイブの時に姐が探し当てたあのオオモンではなかろかーっ!!!

「オオモン(イロ?)カエルアンコウ」
DSCF2952.jpg

この後、このオオモンはザラカイメンの奥へと行ってしまいました…


っとその時!
ふと気付きました…バディEDが見当たらないことを

あれ?あれ??いない???
スレートに「今更だけどEDは?」とやりとりをしていたその視線の先に・・・・いましたいましたEDが!!

そう言えば耳が抜けないかもしれないってことで、抜けなそうだったら上空待機ってことだったよねぇ 一の根の上の方で我らを見下ろしながら楽しんでいたらしい

ガイドMちゃんのそんな「EDさんを迎えに行きます~」のスレートを合図に水深を上げていく。
はれて全員合流し、これまたボーネンの時にいたイロカエルアンコウの確認に。

あ!いたいた~・・・と思ったら、そのイロカエルアンコウの上に姐の大好きなっトラフケボリが。
イロカエルどころじゃぁないっす(笑)

DSCF2953.jpg

そして夢の(?)「トラフケボリタカラガイ」と「イロカエルアンコウ」の2ショット!ステキッ
DSCF2844.jpg

オクリダシの入り江では着々と育っている「トカラベラ」。
まさかの越冬?!…無理だろうなぁ…

この夏ずっと一緒だったから(大げさ)なんだかいなくなっちゃったら寂しい
DSCF2854.jpg


そしてこの夏ずっと一緒と言えば!!!
EN/EXの浅瀬にずっといるポンパノこと「コバンアジ」。
まだいるなんて~ しかも育ってるぅ~(笑)

例によってぬるんぬるんの中、必死で撮った証拠写真の「コバンアジ」。
ほんと、イメージ写真ですんません(笑)
DSCF2955.jpg


「寒いからさぁ~、40分位で終わろうよ」なんて皆で言っておきながら、しっかり55分潜った2011年1本目。
大満足でございましたぁ~


魚たちとの出逢い
・キビナゴ群れ
・キンチャクダイ
・トゲチョウチョウウオ
・オオモンカエルアンコウ
・ムレハタタテダイ
・イソギンチャクモエビ
・ザラカイメンカクレエビ
・トカラベラ
・クマノミ

・イロカエルアンコウ
DSCF2843.jpg

ウミウシたちとの出逢い
・ジボガ
・サラサ
・ニシキ
・アオ
・ムカデ

・ミドリアマモ
DSCF2954.jpg



2本目の前に事件発覚!!!

皆で器材セッティング場所まで歩いていく途中のこと。

「ピカチューいなかったですねぇ」
「ほんとだねぇ~」
「いなかったねぇ~」

「えっ!いましたよっ…」

「えぇぇぇ~!!!!!」

「いや、あんまりウミウシ興味なくて…


なんとバディKNちゃん、一人ピカチューを見つけたものの、呼ぶ術もなく、ウミウシに本人あまり興味もなく、チラ見でスルーしたらしい(笑)

そりゃーもう大変。
もちろん、2本目はこのピカチューを皆で見なければっってことに(笑)



747th Dive (155th Dive)
ポイント:砂地→一の根
エントリー:ビーチ
EN:13:38
Under the water:56min.
Under the water in my life:625h13m
Max. Depth:26.2m
Weather :晴れ
水温(水底):16℃
Suite:6.5mm+グローブ
体感:×(めっちゃ寒かった!!)
透視度:15-20m



さてさて2本目。
まず最初に言いたい。

「寒かったぁ~

・・・何故?!
1本目は大丈夫だったのに。
2本目はグローブもしたのに。

なんだかとっても寒くて、心折れた2本目。
そんなこんなで写真も少なっ


この2本目のテーマは、「年末にいた砂地の極小イロカエルアンコウの捜索」と、「ほんとにいたのかピカチューの検証」に決定(笑)

ってことで、砂地に向かいます。

この「年末にいた砂地の極小イロカエルアンコウ」だけど、ほんと小さいの。見て見てっ!

「イロカエルアンコウ」(2010年12月29日)
DSCF2540.jpg

DSCF2540-1.jpg


ちなみに、実寸「5mm」(笑)
DSCF2538.jpg


これを探しに行ったのですが…結論は「
そもそも、その岩を見つけた時、同時に近くでばっさばっさと砂を巻き上げている集団をも見つけました

10人+2人が5分ほど捜索したけど見つからず。

『一期一会』

まさにそのとおりですね。どこかで頑張って成長してくれるといいな


そして、ピカチューがいたという1の根方面に移動。
その途中にガイドMちゃんが見せてくれました

姐、初めての・・・「コガネミノウミウシ」。きれーい
DSCF2956.jpg

いよいよ、ピカチュー!!
既に他のバディ達が群がっていたので、「いたんだな」と
チラッと見たもののカメラなバディがたくさんいたのと、水深が姐にとっては少し深めだったので写真は諦めました~ でも、確実にいたぜよ!(何故、土佐弁?)

これまた長いこと住み着いている「アカヒゲシマヒラエビ」じゃなくて・・・(笑)
覚えやすいけど言いにくい「アカシマシラヒゲエビ」。紅白でなんとなくお正月にはめでたい?!
DSCF2958.jpg

またまた「トラフケボリタカラガイ」発見
なんて美しいのっ
DSCF2959.jpg


目的は、1勝1敗だったけど、何はともあれ寒さ満喫の2本目でしたー(笑)


魚たちとの出逢い
・コガネキューセン
・アカシマシラヒゲエビ
・トラフケボリタカラガイ

・オオモンカエルアンコウ(1本目とは別個体)
DSCF2876.jpg

ウミウシたちとの出逢い
・アオ
・コガネミノ
・サラサ
・ピカチュー
・ニシキ


☆After Dive☆

さぁ~、本日のメインイベント
餅つきです~

餅つき番長EKちゃんがしっかり準備。
江戸時代から富戸村で伝わっているという餅つきの歌に合わせて(笑)、男衆が餅をつく。
DSCF2883.jpg

同じ富戸村の婦人部の皆さんも(笑)大張りきりで、餅をつく。
DSCF2889.jpg


んで、この後は…
餅を丸めるのと食べるので一生懸命で、写真がありませーん

搗きたてのお餅は、のり醤油、大根おろし、納豆、きな粉、スペシャル味噌(?)でいただきましたー。
また今年初の試みは、青のりをたっぷり入れた青海苔餅!これが美味しかった~

余った餅は、のし餅にしてお餅を持ち帰り~(なんちてー 笑)
ほ~ら、美味しそうでしょう?!(後日、お家にて

20110112111423.jpg



今年も例年どおり、楽しく1年が始まりました

そのことに感謝しながらも、楽しく潜れることが普通のことだと思わず、気を引きしめつつ2011年も海を満喫したいと思いま~す


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「姐さん、今年もよろしくね~・・・」などと思ってくれたら・・・応援プリーズ(笑)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)



2010年 潜水総決算!!

2011年01月04日 12:42

2011年になりましたね~

今年のお正月は姐ババ(姐のお婆ちゃん)の喪中だったこともあり、ただひたすらぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだぐだ過ごしておりました(笑)


さて、三が日も明けて(←喪中って言ってるわりには意識してる 笑)、最初にしなくちゃならないことは、今年も恒例の2010年潜水総決算でございます


2009年は復帰プログラムを続けながら(2009.5に終了)自分のダイビングライフを取り戻し、『ダイビングは、年間50本以内(出来れば30本位)におさめる』。。。なんて目標をたてたのに勢い余って63本も潜っておりました

2010年は減圧症関係も少しばかり“遠い昔”になりつつあり、『無理せず楽しく』をモットーに心おきなくダイビングを楽しんだ一年でした

そんな2010年を振り返ります~


===
2010年総本数=79本!!


<国内>
伊豆:36本
-IOP:16
-富戸:11
-八幡野:3
-川奈:2
-大瀬崎:2
-井田:2

伊豆諸島:20本
-伊豆大島(トウシキ:12、秋の浜:3、王の浜:2、カキハラ:1、ボート:2)

四国:2本
-牟岐:2

沖縄本島:11本
-慶良間方面:3
-砂辺:1
-恩納村:7


<海外>
サイパン:10本

===

やっぱり伊豆ダイバーですなぁ!
ま、変わる気もないんですが(笑)

スノーケルインストラクターとして、2010年も夏は大島で非常勤を時々。
今年は猛暑だったので例年と同じく日に焼けたら肌がボロボロに

そして毎年12月の全日本スポーツダイビング室内選手権大会(通称フリッパー大会)を目指して、プールでもよく泳いだ一年でした

また、同じ海つながりとしては、5月に脱サラ記念「一級小型船舶操縦士免許」を取得
更に海への興味がひろがった1年でした



「姐的2010年ダイビングニュース」としては・・・

・5月 大島(秋の浜)でアオウミウシを18個体!!(笑)
    同じく大島(カキハラ)でダイビング中にダイコンを落とす…

・5月 初めての砂辺で、これまた初めての珊瑚産卵狙いダイビング!!そして酔った上に見事玉砕っ(笑)

・6月 富戸でヤマドリの産卵を見る。感動・・・

・7月 恩納村でちょっとしたアクシデント!うーん、いい経験をしました

・7月 減圧症復帰後「100本」達成!!

・8月 久しぶりのサイパンで、久しぶりのガイドさんに再開嬉しかったなぁ~
    そして姐の最深記録「43.1m」へ!!!でもって、「700本」記念!  

・10月 ロクハンを新調(3着目) 

・10月 西伊豆タカアシガニツアー初参加

・11月 逆・健コラボ in 富戸&IOP

・11月 初めてのポイント「牟岐」で「千年サンゴ」に感動 そしてキハッソクに萌え(笑)

・12月 伊豆ダイバーにして初めての「川奈」でビギナーズラック“カメ”に遭遇!!

・12月 ボーネンダイブにて減圧症復帰から「150本」達成!!


なんだかんだと色々ありましたな~
生物との出会いは、もう書ききれない 姐としては、季節来遊「ベラ」にハマった年でした(笑)



さてさて、ご挨拶が遅れましたが、2010年も本当にありがとうございました

今年2011年もOceanLinerの皆さんにとって、沢山の出会いと感動で満ち溢れた1年になりますように

そして2011年は、このブログでもう少し頻繁にお会いしましょう~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。