--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の「夢人島」☆姐的レポート 最高のコラボ、の巻 

2006年08月26日 23:50

さぁて、ライブレポートいきましょう!!


ビールで少しだけ気持ちよくなった我らが、ちんたら歩いて会場に向っている途中にライブは始った。最初は、姐の大好きな「BEGIN」
26_Begin.jpg



姐は何度か・・・2回?3回?位「BEGIN」のライブに行ったことがあるけれど、野外は初めて。
本当に風が気持ちよくて、ヴォーカルの栄昇の声が風にすんなりと溶け込んでいる感じ

数あるBEGINの曲の中でも姐的ベスト3に入る“恋しくて”が1曲目だった。ちょっと・・・意外野外の夏フェスでこの曲が聴けるとは。

ものすごく切ないこの曲、歩きながら聴いていてよかったかも。
じーっと風に吹かれて聞惚れてしまったら、泣いてた、きっと

<セットリスト>
1.恋しくて
2.波
3.竹富島で会いましょう
4.三線の花
5.島人ぬ宝

始ったばかり、というのもあってA6ブロックも他も、まだ立ち上がって「わーっ!!」という感じではなかったのだけど(っつーか、一般人にBEGINは難しい?!笑)、“島人ぬ宝”になると皆がざわざわと立ち上がった

近くのギャルが立ち上がりながら「え~・・知らないけど・・・立っとく?」なんて言ってる。
お姐さんギャル達が「イーヤーサッサー!」に大声を張り上げたことは言うまでも無い

んにしても、三線持っていくんだったなぁ!!(←言い過ぎました。)



次は、DragonAsh。
ごめんなさい、パスです(笑)
BEGINのプロローグで少し落ち着いた我らは、第一回“腹ごしらえ”&“トイレ休憩”に行く。
マイクからは「ヨー、メーン!!」風な曲とMCが聴こえていた(笑)
26_DragonAsh.jpg


<セットリスト>
1.Life goes on
2.Crush the window
3.IVORY
4. Palmas Rock feat.UZI-ONE
5. Loca Burnin’ feat. アイニ, Shinji Takeda
6.Fantasista
7.静かな日々の階段を(ori)
8.Viva la revolition



続いて、ポルノグラフィティ。

姐は以前からあの歌声のセクシー具合にかなり興味があったのだけど、何となく・・・これと言って特別な理由はなく、ちゃんと聴くことがなかった。
けど、何気に・・・楽しみにしてたのだ

で、このポルノ・・・・いいっ!!姐の琴線に触れました(笑)
ナルシストっぽい顔つきに薄情そうな薄い唇・・・から出てくる熱い歌詞とセクシーな歌声。
26_Porno.jpg


・・・お姐さん、参りました。ハートにどぎゅーんでございます。
今、姐のMP3には3枚分のアルバムが入っとります(←やるときゃやる)
しばらくは、ポルノ研究に精を出すぞーっ!(笑)

<セットリスト>
1.DON’T CALL ME CRAZY
2.アゲハ蝶
3.Winding Road
4.Mugen
5.幸せについて本気出して考えてみた
6.ミュージック・アワー
7.ハネウマライダー



さてさて、いよいよ桑田さんの登場!
しかも、桑田さん憧れの“若大将”加山雄三と

何が嬉しかったって・・・・桑田さんが素で嬉しそうな顔を見られたこと
あの企画は、絶対、絶対、桑田さん自身が本当に憧れの湘南の海の大将とコラボしたかったんだと思う
26_Wakadaisyo.jpg


実は、姐パパが加山雄三世代でして(でも本人は裕次郎のつもりだったと思われる)
何となく子供の頃から耳にしていたりしてまして
加山雄三、姐も好きだったりするわけで

行きの車の中では、姐妹がレンタルしてきた「グレーテストヒッツ」なんてCDで、予習バッチリなラッキーガールズ。
見事に、“旅人よ”“海その愛”あたりは大合唱しちゃいました(笑)
特に“海 その愛”は海の映像が流れ、まるで“24時間テレビ サライで幕”みたいなひとコマだったっす!!

<セットリスト>
1.光進丸
2.夜空の星
3.蒼い星くず
4.ある日渚に
5.夕映えの恋人
6.熱風
7.お嫁においで
8.旅人よ
9.ブーメラン・ベイビー
10.ブラック・サンド・ビーチ
11.君といつまでも
12.海その愛~夕陽は赤く

若大将と共に“海よ~ 俺の海よ~ 大きなぁ~ その愛よぉ~”なんて歌っている頃に、少しずつ陽は落ちていき空が赤くなっていた



次は、大抵のギャルにとっては、“キャーッ”な福山っした。姐は・・・全く興味なし(笑)
正確には、本人の登場を確認。
非の打ちどころのない元祖イケメンを確認。
ほんとーに、格好いい、うん、確かに
26_Masaji.jpg


でも、何か・・・ “以上。”って感じで
姐は、“かめばかむほど味が出る”ってタイプが好きなのっ

ということで、第二回“腹ごしらえ”&“トイレ休憩”へ。
お留守番のバディ超mpはその間にすっかりばっちり、やられていました(笑)

<セットリスト>
1.HELLO
2.BEAUTIFUL DAY
3.LOVE TRAIN
4.RED×BLUE
5.虹
6.あの夏も 海も 空も
7.milk tea




さぁて・・・いよいよなんです、桑田さんなんですぅぅぅ~っ
お待たせしましたーっ!!!

本邦(奔放?)初公開!!
姐も準備バッチリ、いつでも来やがれな状態でテンションあがりまくりーーっ!!
こんな姐でいいですか?



そこに現れた桑田さん、待ちに待った一曲目は~っ・・・

♪ラララーララララララーッ♪♪

「勝手にシンドバッド」というベタな始まり!!
ベタだとは思いつつも、もうこの瞬間にアドレナリン出まくりの、毛細血管切れまくり(笑)
26_Kuwata-san.jpg
※これは27日の衣装で、姐達の26日は赤い“道楽”のTシャツでした♪
 26日の勝ちっすね、衣装は^_-☆

夏フェス=サザンファン以外も、というのを意識してか、割と定番な選曲が続いたものの、途中には“これはファンしかわからないでしょー”とコアなファンの優越感をくすぐる曲も入ってたりして、憎い!

「真夏の果実」の前奏が始ったときには、正直、鳥肌がたった。
うかつにも涙が出そうになるくらいに、その場、その空気に合っていた。

なーんて、センチになりそうなところで、例のイントロが・・・
そう、ラッキーガールズ、本番っ、「DirtyOldMan」ですっ!!!もぉ、大変!!!
桑田さんどころじゃなく、我らのライバル(?)は例の踊るギャル達(笑)
もちろん、ばっちり踊りましたわ、負けてないわ、えぇ、きっと、多分・・・・(←違。)

桑田さんの楽しそうな顔、一緒に行ったラッキーガールズの楽しそうな顔、そこにいたお客さん一人一人の嬉しそうな顔に、感極まりそうになった

「DirtyOldMan」から「ロックンロールスーパーマン」という曲の構成は、本当に見事で、まさに心わしづかみにされた感じ。

そんなうっとり・・・な気分から目を覚ませとばかりに「ボディ・スペシャルⅡ」、「マンピー」と“体力勝負”な盛り上がり!久しぶりのサザン定番的展開が嬉しい!
「もう、最高!!!!」と誰もが思った瞬間に花火があがった!
26_SAS_Main.jpg

                     ※このあたりに姐達はいたのですぅぅ!!!!


<セットリスト>
1.勝手にシンドバッド
2.気分しだいで責めないで
3.みんなのうた
4.BREEZE
5.Moon Light Lover
6.赤い炎の女
7.シュラバ★ラ★バンバ
8.ごめんよ僕が馬鹿だった
9.八月の詩(セレナード) ※26日のみ
10.真夏の果実
11.DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~
12.ロックンロール・スーパーマン
13.ボディ・スペシャルⅡ
14.マンピーのG★SPOT
15.希望の轍


最後の「希望の轍」は、本当に夢のような映像だった。
“こんなことってあり?”と、自分のほっぺとつねりたい気分だった(←ベタ 笑)
何度も色んな場面で「希望の轍」が使われることがあるけど、この日のこの「希望の轍」は一生忘れないだろうと思う
26_Yume.jpg



睡眠不足だったけど、暑かったけど、混んでたけど、遠かったけど、それでもそれでも・・・・
あの場にいて、あの空気を一緒に感じていられたことは、2006年夏の宝物になった
26_Last.jpg



おわり
スポンサーサイト

夢の「夢人島」☆姐的レポート ラッキーガールズいざ参戦、の巻 

2006年08月26日 12:00

行って来ましたっ~っ!!

26_Mujinto.jpg



思いおこせば、去年の暮れ。
サザンのライブ「みんなが好きです!」で桑田さんが言っていた。

「来年は皆で無人島とかでライブやりたいですねーっ!!!!」風

なことを。
もちろん「イエーイッ!!」なんて盛り上がった姐だけど、本当にやるとは。

“やるやるとは聞いてたけど、桑田さん、本当にやるとは、やっぱりステキ

さすが、桑田さん、姐が見込んだ人だけあるわーっ(自我自賛


・・・ってな訳で。


ライブ一週間前に届いたチケットは「A6」だった。
26_A6.jpg


テンションは行く前から上がる
往きの車の中では、「DirtyOldMan」の振り付けレッスンに余念なし!
“はい、ここ笑顔でぇ~っ!!”と最後には独自のフリ(?)まで入る始末(笑)
26_Master.jpg



さて、ここで、突然ですがー、「ラッキーガールズ」メンバー紹介ぃぃぃぃ!!!!!

「どこでも班長 姐」の指示のもと、それぞれがこれっという衣装で参戦(笑)100均で仕入れた“レイ”は、各自、首用に2つと手首用に1つ。

どうだっ!「DirtyOldMan」のギャルズに負けてない・・・かもしれなくない??


“はいっ、ワンツーワンツーな笑顔がステキ”な、バディセレブE!!
26_se.jpg



“マサジがハートにどぎゅーん”らしい、バディ超MP!!
26_mp.jpg



そして、

“○のう姉妹がどーしたの?”と最強の姉妹コンビと豪語する、姐姉妹っ!!
26_sisters.jpg




えぇ、三十路越えのギャルズですよ、何か文句でも?
夏です、フェスです、サザンですっ!楽しんだもん勝ちだもんね~っっ



もちろん、往きは普通の格好ですよ、ちなみに
東名は意外にも順調で、会場には13:30頃到着
リストバンドをもらっていよいよ会場にエントリー。

ま・ず・は・・・・


生ビールでしょう!!
ということで、芝生の木陰にレジャーシートを引いて“乾杯
会場までの暑さを“冷ピタシート”で覚ますギャルたち。
果たしてイケてるのか?!(この時点でギャル脱落とも言う 笑)

少量のガソリンで心地よくなった我らは、いざ、ライブ会場へ移動!!


我ら「ラッキーガールズ featuring 姐妹」、改め、実地試験に合格した姐妹含む「ウルトララッキーガールズ(4人)」は、真夏のフェスを“ゆっくりと楽しもう”という感じだったので、ガツガツ場所取りに行くようなことはせずに、会場へもチンタラ歩いていく。

歩いている途中で、フェスの1曲目、BEGINの“恋しくて”が始った。
暑いけど風が気持いい中、チンタラ歩きながら生“恋しくて”・・・最高

恋しくて 泣きだした~日々など もう 忘れたの~

真夏の青い空の下で聞く切ない歌詞が、夏だからこその切ない気分を呼び起こしそうになる・・・。
おっといけねーっ、盛り上がらねばっ(笑)


ところで、この「A6」という場所。
もちろん、6万人が集結する中、更にブロックがいくつも分かれている中での「A」がすごい!って事は行く前からわかっていたけれど、会場に着いて実感

「A」ってすごいことだった・・・ステージはものすごく大きいのだけど、そのステージがどんどん目の前に迫っていく。
左右にあった、“自由の女神”をパクッた“音楽の女神”(?)“アミューズの女神”(?)がこんな近くに見える場所だった
26_Statue.jpg



場所を確保し、興味のあるアーティストではノリノリ、興味がないアーティストは・・・あっさりトイレ休憩なんざしながら(笑)、夢のようなステージは繰り広げられていった。
※このステージの模様は後日♪


きっちり21:00まで、時の経つのを忘れるようなステージだった

あんなに沢山の人がいた会場は、我らAブロックの人が規制退場させられる頃には“祭りのあと”状態だった
26_Matsurinoato.jpg


ライブの中で歌われた、“真夏の果実”・・・稲村ジェーン版の後に入っている台詞がよぎる。

“暑かったけど、短かったよね・・夏・・・”(何となく遠い目)



ビキニ&パレオからキャミ&パレオに着替えて、またプラプラと帰路に向う。
興奮と共に汗ばんだ体は規制退場待ちの間にすっかり落ち着いていたけれど、それでも真夏の夜は蒸し暑く、風が気持ちよかった


そしていよいよ帰りだ。
今回のフェス、もう思い出したくもないけれど(笑)後からきっと“あれはあれでいい思い出よねぇ~”と言えそうな気がするので、書いておこうと思う。

こんなスケジュールでした・・・

21:00 ライブ終了
22:00 規制退場によりA6から動き出す
22:30 シャトルバス乗り場到着
24:30 駐車場着
25:00 駐車場からバックして列に入ろうと試みる
26:00 駐車場の列にようやく入れる
26:15 駐車場から脱出
27:15 袋井のホテル到着(シングル部屋4つ)
27:45 反省会開始
28:30 解散→就寝

21時に終わり・・・4:30に寝ました
さすがの「ウルトララッキーガールズ」も、22:30~27:15までは口数が少なかったっす(笑)
出発の朝は4:00起床・・・まるまる24時間以上を費やした夢の一夜
この部分だけは、夢なら良かったのにぃ~

終わった後のことは、もう言うまい・・・・
主催者からもオフィシャルにお詫びが発信されていた。
桑田さん(サザン)と栄昇(BEGIN)と昭仁(ポルノ)と若大将(雄三)に免じて、許しちゃうっ!きゃー、姐さん、心広ぉ~い (自我自賛 再び。)



翌日は、ぎりぎりまで寝て10:00にフロントで集合。
“せっかくなのに、まっすぐ帰るのもね~”ってことで、ここは定番(?)「掛川城」に観光へ。
27_Kakegawa.jpg



「掛川城」と言えばっ!
N○K大河ドラマで今やっている「功名が辻」の“山内一豊”の居城。
“戦国時代好き”の姐としては、ワクワク。っつーか、姐だけがワクワク(笑)
26_YamauchiKazutoyo.jpg


早速、「一豊と千代」になってみる。
似合いすぎて大爆笑、モザイクなしでは絶対出せない(笑)
27_Kakegawa2.jpg



“浜名湖うなぎ”は食べられなかったけど、静岡っつったら“うなぎ”ってことで、掛川のうなぎ専門店「うな助」でランチ!
今回の一泊旅行の中で最初で最後のゴージャスな食事

ほら、美味しそうでしょぉ??
27_Unagi1.jpg


もっと見せちゃうっ
27_Unagi2.jpg




そして、2日間の使い果たした体力&精力(?)を、“うなぎ”によって取り戻した「ウルトララッキーガールズ」は、夢のような夢人島ライブを満喫し、いよいよ東京へと帰ったのでした


うーん、最高の夏だったよっ

Dirty Old Woman 準備OKっす!!

2006年08月25日 19:16

桑田さん言い出しっぺのアミューズ夢の夏フェス


夢人島
「紅白!エンタの フレンドパーク HeyHey ステーション ・・・に泊まろう!」

姐は明日、参戦組です


一日に6万人が集うんだそうな
浜名湖って・・・遠すぎだってば
どーせ小さい桑田さんでしょぉ・・・


なんてチケット取ってからも、珍しくちょっとテンション低めだった姐。


が、やっぱり日が近くなると共に、高まっていきますわ~
そして、手元に届いたチケットは、なんとAブロック

もう今夜なんて、寝られないっ!!!


桑田さんと8ヶ月ぶりの逢瀬です
どうしよう・・・(妄想中)



ビキニOK!
パレオOK!
レイ2つ、手首にも!!
黄色いテンガロンハット準備!
もちろん素足で踊りますよ~
(会場ではアルコールが飲めないのが・・・残念っ >_<)


会場では、500本記念のあの旗を振っちゃおうと思ってます(ここだけのヒミツ・・・笑)
うふっ

桑田さんからのメッセージ、ちょっとだけ紹介(怒られちゃうのかな・・・

===
太平洋の波の音を聴き、美しい星空や朝焼けを眺め、人と人とが大自然と共存しながら生きる幸せを、少しでも実感して頂けたらとても素晴らしいことではないでしょうか。

(中略)

どうか皆様ひとりひとりが、それぞれに心の詩(うた)を奏でて下さい。ここに訪れたすべての人達が、互いの結びつきを深め、また大自然の素晴らしさを感じながら、この夏の日のドラマを、大いに楽しんで頂けることを切に願っております。

たったひと夏のこの出来事が、明日への希望に繋がることを信じて…。
===

明日は、少しくらい後ろでもいいから、風を感じられるくらいの隙間があるスペースで、のんびりBEGIN&サザンに酔ってきま~す

ダイブログ #505-506 神子元

2006年08月19日 08:34

姐的トラウマがあって、ちょっと・・・去年のシーズンには行かず、離れていた神子元。
トラウマというよりは、なんとなく“あんな怖い思いしてまで潜らなくていいかな”と気分が乗らなかったと言った方が正解かな。
長い間にゆっくり姐的リハビリ(をしてる間にダイナミックマクロダイバーに?!笑)をして、また“行きたい!!”と思うようになれた

ってことで、いざ今シーズンはっ!

実は7月に計画していたのだけど、台風の余波で中止
そして、いよいよ・・・リベンジング!!だったのだ

前日の田子で準備運動もバッチリ、いよいよ久々の神子元ざんすーっ


505th Dive
ポイント:カメ根
エントリー:ボート
EN:8:34
Under the water:37min.
Under the water in my life:4070h03m
気温:27℃
水温(水底):23℃
Suite:5mm+フードベスト(◎)
透明度:--m
透視度:--m


10号、11号におびやかされ神子元は前日までクローズ。
いよいよ3日?4日ぶりにエントリーってことで、ガイドさんもゲストも皆ワクワク
いつものようにショップの大広間(?)でブリーフィングを聞く。
このブリーフィングを聞いてる途中に姐の緊張感はピークになって口数が減る(笑)

それでも、港に着いて船が出て、いざ神子元島を目指す頃にはワクワク感でいっぱいだった
2年ぶりの神子元っす!!!



表面上は結構波が大きく流れもあるけど、水中は・・・?!


うーん、思ったより流れてない
最近、潮が止まってるダイナミックポイントに遭遇することが多い・・・気のせい?(笑)

エントリーすると水が温かいっ!そして青いっ!!
きゃ~、神子元~

と浸ってる間はもちろんなく、皆で潜行。
潜行すればするほど・・・透明度が落ちていった がっかり。


姐が苦手なテングダイの群れ。
IOPなら大騒ぎのアオブダイの家族。
・・・ もちろん、無視(笑)


ものすごい数のタカベが流れていく。
タカベのカーテン、前が見えない・・・「タカベ玉」
黄色いラインが綺麗、綺麗!



「すっごーーーい!!!!!!!!!!!!!

姐はタカベの、あの流れる感じが大好き
つい見とれてしまう・・・
と、ものすごく感動しつつも、タカベでリンリンは鳴らせない。ここは神子元

目指すものが違うのだっ!

イサキの群れがとおり過ぎる。


・・・そしてまた、タカベ(笑)
ずっと取り巻いていて~♪



じーっと姐がタカベっていようものなら目の前まで近づいてきて取り囲まれる。ちょっと怖いくらい・・・ちゃんとタカベになっていたかしら?
もういいっつーくらいのタカベです(笑)



・・・・っつーことで


タカベに始まり、タカベに終わった1本目。

まぁ、こういうことがあるから神子元な訳で(笑)
でも残念ながら・・・姐的には予感すらなかったなぁ。
“なんか出そうな予感”、するときゃーするじゃないっすか?!

2本目に期待ですっ!!


魚たちとの出逢い
・イサキ
・タカベ
・テングダイ
・アオブダイ




506th Dive
ポイント:カメ根→タカ根
エントリー:ボート
EN:11:43
Under the water:37min.
Under the water in my life:407h40m
気温:--℃
水温(水底):25-28℃
Suite:5mm+フードベスト(◎)
透明度:--m
透視度:--m


ガイドさんも「目指すもの」に対して“どうかなー”感があったのか、2本目はカメ根から、“魚影が最も濃い、外さない!”といわれている高根方面に流すことに。

そして、このポイント・・・・すごかったっ!!!
伊豆で潜った数ある本数の中で・・・っつーか、潜った事のある伊豆のポイントの中で、こんなにあれやこれや大騒ぎなポイントは初めてかも。

あ、先に言っておきます。


「ヤツは、出ませんでしたっ


・・・ってことで、スッキリさせときます(笑)


エントリーしてから、ゆるやかな流れにのっていくと、またまたタカベの群れに取り囲まれる。
“あ、タカベ”なんて、もう麻痺しつつあるから怖い。
マジすごすぎーっ!



そしてタカ根と思しき大きな根が見えてくると、沢山の魚影が見えた。
「すごーい!!!」と思いつつ、透明度が悪くてお魚が特定できない。
もう少し近づけば・・・


なんて思いながらその根に到着しようかという頃、ふと見た手元に・・・・見つけちゃいました“アオウミウシ”(笑)
あぁ、なんてことでしょう・・・
“神子元産アオウミウシ、これネタになるぜ!!”なんてほくそえみながらカメラを構えると、“あれ?どこいった??”状態。
目がマクロじゃなくなってるんでしょう、すぐに見失ってしまった。

“あれ?あれれ??”と思って見回すと、すごーい数の魚と知らないチームの人達が(笑)
根から少し外れたところに我らのチームが手を振ってる
しかもこの姐待ちの時・・・つまり姐が神子元産アオウミウシに夢中になってるとき、カンパチの群れが通ったそうな。トホホ


で、この時の魚の群れ群れ・・・がすごかったっ!
タカベ、イサキはもちろんのこと・・・姐が“不覚にも”「格好いいーっ!!」と思ってしまったのが「ニザダイ」(笑)
時々、富戸のヨコバマあたりでも群れていて「おっ!」と思うことないすか?(姐だけ?)
あの「ニザダイ」が大きな根の回り(それも中層)をすごい数で泳いでいくの、圧巻でした・・・。「今までバカにしててごめんね、ニザちゃん」って感じ(笑)
#写真が無くて残念。


透明度が良くないので、写真はほぼNGで、途中からは動画で撮ってたくらい。
何となく雰囲気だけでも・・・な写真を。

「イサキ」のかたまりっす。
イサキック、やってみるべきだった?(笑)


見ようによっては・・・すごく透明度の悪いブルーコーナーの小さいギンガメ?
(↑ってシチュエーションがあり得ないって 笑)
見えなくもなくもなくもなくなぁい??



愛しの彼には会えなかったけど、魚影の濃さにお腹一杯、水面の水は青く温かく、上がってきたらお天気も上々、“夏休みの雲(笑)”が遠くに見えるその景色に“神子元復活&リベンジ第一段”としては上出来!と満足した姐っした!

この写真、カレンダーみたいよねぇ?!



さぁ、次は本番。

会っちゃうわよぉ・・・次こそ彼に


魚たちとの出逢い
・イサキ
・タカベ
・ニザダイ
・ハマフエフキ
・アオウミウシ



何はともあれ、姐の中では“神子元再び!”を自分なりにやってのけ、あの緊張感と共にダイナミックな感覚を呼び覚ますにはもの足りないくらい穏やかな神子元だった

それでも、去年までの“しばらくはいっかなー・・・”な気分から“リベンジしたるっ!”と思えるようになった事が嬉しい姐っす

ダイビングはそれでなくてもストレスを少なからず感じるスポーツ。
自分が気持ちよく潜れるバディ、ショップ、ポイント・・・そんなものを大切にしながら潜りつづけていきたいと思う今日この頃なのです


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「タカベ最高!!(ハンマー残念だったね)」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #503-504 田子

2006年08月18日 10:12

姐の会社の夏休みは、「7~9月の間の好きな時に3日間」という方式。
去年は9月に取ってセブに初めてのダイブサファリに行ったのだけど、今年は“どうしようかな~”なんてモジモジ(?)してるうちに時が過ぎ、大型連休も海外遠征も予定にはない。

ってことで、「プチ夏休みを沢山やったる!」作戦に変更し、「せっかく平日なんだしぃ~」と、少し遠くまで、西伊豆~南伊豆のプチ夏休み、「ダイナミックダイブツアー」の計画を


んが

あれですよ、あれ


そう・・・・台風、それも2つ
10号&11号のヤツッ!


お陰でクローズの連絡があったりして、計画も二転三転・・・途中くじけそうになりつつも、結局万事OKで金曜の晩には伊豆入り

これも日頃の行いでしょう(自我自賛)


ってことで、台風余波はありつつもお天気のいいプチ夏休みとなりやんしたっ



503rd Dive
ポイント:フト根
エントリー:ボート
EN:10:12
Under the water:38min.
Under the water in my life:405h40m
気温:--℃
水温(水底):19-23℃
Suite:5mm+フードベスト(○)
透明度:--m
透視度:5-12m


初めてのショップは・・・なんとなく「社会科見学」みたいでほどよく緊張する(笑)
誰も“姐さん”って呼ばないし、お店の勝手もわからないし、何となくダンドリもわからない。
この日は平日だったので、人も少なく、何となくのんびり


OWを取るっていう学生さんと、学生のサークルみたいな子達と一緒だった。

つ・ま・り!!!

姐は彼、彼女からしたら、相当「お姉さん」な訳ですな、これが・・・・からみようもないわけです、姐側からしても(笑)


そして、本当は“雲見を現地ショップで潜る”っていうのをやりたかった・・・のだけど、残念ながらクローズで田子に。
それでも、散々、台風に振り回された後だから「潜れるだけでも幸せ」と謙虚な我ら(笑)だって、ピーカンだしっ


田子に付くと、神子元からやってきたガイドのMKっちゃんが言う。

「もちろん・・・外洋出たいですよね??」

「もちろんですっ!」

という事で何とか出られそう・・という外洋へ、学生チームとは別に連れて行ってもらった


ポイントに着くまでの波の高いこと
大きくてのっそりとした感じのうねりが入ってる・・・バシャバシャというよりは、ぐわんぐわん・・・と言った感じ


そして、エントリーするも・・・ まぁ、よく流れてましたっ(笑)
明日の本番に向けてのトレーニングにはもってこいっす!

根の頂点で集合し、そして見上げるといきなり「トビエイ」がお出迎え
いーんじゃなーい?!
ずーっと我らの上を舞っていました^^



透明度は、前回・・・よりはマシ。あくまでも“マシ”なレベルだけどね(笑)
だからこそ、魚達は逃げない。

タカベが綺麗に流れていったかと思うと、イサキの群れが続く。

この「イサキ」はまだ中学生位かな、ちょっと小ぶりで可愛らしかった
ヤングの方が模様がはっきりしているような??


ザ・ダムゼル「スズメダイ」も負けてないっ!
これだけ集まると圧巻ですな~
あのシルエット、可愛いよね!



流れに乗ったり、逆らったり・・・ダイナミック!なサナカにちらりと“アオ”を発見するも、流れてますから~、無理ですから~!!!(笑)


あがってから、また大波の中、港まで戻ってくると、何とも言えない“潜ったな”感でいっぱいな気分&疲労感の姐でした(笑)


魚たちとの出逢い
・タカベ群れ
・イサキ群れ
・スズメダイ大群
・サクラダイ
・キンギョハナダイ
・トビエイ
・シマアジ
・アオウミウシ
・マダイ
・ハマフエフキ
・アミメハギ

・ベニサンゴガニ(前回の田子で結構気に入った姐)
このポーズが超可愛いっ!



504th Dive
ポイント:白崎
エントリー:ボート
EN:11:45
Under the water:46min.
Under the water in my life:406h26m
気温:--℃
水温(水底):21℃
Suite:5mm+フードベスト
透明度:--m
透視度:5-10m


2本目、ガイドさんが聞く。

「どうします?また外洋行きますか?それとも、のんびり、まったりもアリですよ」

「・・・・じゃ、のんびりで。明日に体力残しておきたいんで(笑)」

ってことで、2本目は湾内でのんびりコース。なんせ、明日が本番ですからーっ


ガイドMKちゃんはあの神子元からやってきてる。

「つい中層見ちゃうんですよね~。ほんと、ウミウシとか探せないっす(笑)」

「ならば任せておいて!

なんて言いながら、エントリー


透明度は残念ながら外洋ほどは見えない。
最近よくお目にかかる「伊豆色」って感じ

ちょっと残念かな~・・・なんて思いながら、キョロキョロしていると・・・
神子元ガイドのMKちゃんが呼ぶ!!しかも、大笑いしながら。

それは、「アオウミウシ」・・・きっと自分が一番嬉しかったんじゃ・・・
これ貴重です、神子元ガイドが探した「アオウミウシ」ですからーっ(笑)
結構、得意だったりして??!



そして、姐発見の「ヒロ」
普通サイズ


っと、その横に更に小さな「ヒロ」
極小!!



っと、こっちにも「ヒロ」あっちにも「ヒロ」・・・
ヒロ団地発見!!!いや、まじで。視界に入るあたりで15個体位を発見。
ウミウシの卵が孵ったりしたのかなぁ・・なんて思わせる。

すっかりマクロな目の姐は、うっかり指示棒でいじったらそこにいた・・・
「ガンガゼカクレエビ」
本当にエビの形してるか、誰か知ってるんだろか???



中層には、巨大マダイの群れが・・・20匹くらいいただろうか。
のっそりと泳ぐそのシルエットが「伊豆色」の海に浮かぶ図は・・・結構、怖い(笑)

っと、ガイドMKちゃんが激しく指を指す!!!

慌てて振り返ると姐の目の前を通り過ぎていった!

「トビエイ」
格好いいっ!^^


湾内のこんな浅瀬(水深10m位かな?)にトビエイとは・・・
恐るべし田子、ダイナミック!!



ところで、姐とバディSuさんは、砂地を泳ぎながら同じ魚に夢中になっていた。乳白色のボディにオレンジっぽい横縞・・・目はクリッとしてて、砂地上50cmあたりを群れている・・・!!!

「えぇ~っ!!!なんだろう、なんだろう・・・・??!ハゼ系???」

なんて思いながら、あちこちにいるその魚を珍しいなーと思いながら見ていた。

ログの時にその話をし“あれでしょー、あれでしょーっ!!!”なんて散々騒いで図鑑から発見したそれは・・・


「チャガラ」でした(笑)


ガイドさんに「初心者コースよ」と笑われた・・・てへっ。
まだ504本ですからっ 西伊豆は詳しくなくてっ

そんな訳で、まだまだ攻めていきたい・・・行かねばならぬ、西伊豆でございました~


魚たちとの出逢い
・アオウミウシ
・ガンガゼカクレエビ
・ヒラムシ
・ヒロウミウシ 大群
・トビエイ
・クロホシイシモチ
・ネンブツダイ
・マダイ大群
・チャガラ群れ

・ウツボ
どもども、改めまして・・・たまには撮ってあげないと^_-☆


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「一度でダイナミックとマクロ、よくばりなんじゃなーい?」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #501-502 富戸

2006年08月06日 11:28

前日の土曜日には、総勢13人もいたゲストが、翌日になると・・・

         & (←まだ主役風)


5人になっていた(笑)

その中に姐が入ってるんだから、「500本ダイバーともなると違うねぇ~っ」と自分を誉めたくもなる(違。)

IOPがいいっ!とダダをこねてみたものの海況により、脇の浜の“アオリイカ乱舞”に決定!そしてガイドは我らがアオSGちゃん!!
6月に誰よりも頑張ってエアを吸い、40しか残さなかったあの♂ガイドのSGちゃんであーる

「アオウミウシを立派に探せるガイドだもの、アオリもOKよねっ!!」なんておネェサマたちに言われながらも楽しい2本を、立派にガイドしてくれましたっ



501st Dive
ポイント:脇の浜
エントリー:ビーチ
EN:11:28
Under the water:65min.
Under the water in my life:404h05m
気温:--℃
水温(水底):22-23℃
Suite:5mm+2mmシーガル
透明度:--m
透視度:--m


エントリーすると、意外にも水が青い!
ほぼ一月前にもアオリを見にきたのだけど・・・あの時とは雲泥の差

まずは、アオリイカの産卵床に直行
いるかな、いるかなー・・・





いたぁ~

すごーい、綺麗!


久々に水色な感じの海と透き通るアオリイカのBodyが何とも清涼感があって夏らしい


ひとりぼっちのアオリ君は、何ともシャープな格好よさ
(ん?もしかして♀??)
身が〆っていて美味しそう(笑)


ラブな2人(人?)は・・・
あ、ぴぴぴ!ときちゃったん??^^


近付き過ぎ・・・(ドキドキ)
仲良くねぇ~ん*^^*


♂に群がる♀・・・ん?あれ?何か変じゃない?(笑)
アオリの世界にも異変がっ?(笑)



バディ達も思い思いのポジションでシャッターを切る

・・・っと、“ただのイカの乱舞”だと思っていたらしいバディ超mp、飽きちゃったのか砂地をキョロキョロ。 
“ただのイカの乱舞”じゃなくて、“生命の神秘”ですからーっ(笑)


アオリを満喫した後は、そのまま砂地を水中散歩。
いや~、姐、正直に言います。

「脇の浜、ナメてました

何だろう・・・何だかとっても気持いい海だなぁ~と思っていた
ヨコバマやIOPの砂地のようになだらかなりに水深が深くなっていく感じとは違い、すごく穏やかな感じがした

ところどころに転がっている大きな石やミルなんかに小さなお魚達が隠れてる。
可愛いっ

これはギンポ系?体が全部出ちゃってて・・・目が合うとギクッとしていたような(笑)
隠れるところわからなくなっちゃった??



恥かしげもなく前身をあらわにしている「ハナアナゴ」も初めて
ツンツンして出したのではなく、自ら全裸(?)で泳いでた~
ゆらりゆらりとのんびり泳いでたよ~!!



やがて、小さな根が連なるエリアに到着。
「ウミ探、活躍かーっ!!!!」と思いつつ、あまりにも砂地をのんびりし過ぎたのか、揮わず(笑)バディに教えてもらってパチリ☆

「ミヤコウミウシ」
なかなか綺麗でござんした!


「サガミイロウミウシ」 さすがアオが得意のガイドSGちゃん、探すね~
とっても小さかったっす!


「ニシキウミウシ」超アップ・・・実は全身のピントが合わず、えいや!で取りました
ウミウシっていうより・・いうより・・・何?(笑)




アオリイカは3シーズン分位堪能した気分
いやいや、大満足でした

っつーか、思わず上がってショップオーナー・ガイドERKNちゃんに「この前のお金返してぇっ!!今日のがあれば、この前のいらなかったよ~っ」と無理難題を迫った姐っした~(笑)


魚たちとの出逢い
・アオリイカ
・ハナアナゴ
・ミヤコウミウシ
・キビナゴ大群
・シラス大群
・ソラスズメ群れ
・コロダイ
・アオサハギ
・ニシキウミウシ
・サガミイロウミウシ

・ご臨終。。。 何でしょ??
06_Shitai.jpg




502nd Dive
ポイント:脇の浜
エントリー:ビーチ
EN:13:53
Under the water:57min.
Under the water in my life:405h02m
気温:--℃
水温(水底):20-23℃
Suite:5mm+2mmシーガル(何故か寒かった・・・)
透明度:--m
透視度:--m


「2本目はどうするぅ??もうアオリはお腹いっぱいだよねぇ~
とガイド泣かせのバディ達。

すると、さすがガイドSGちゃん!!(と言いたいところだけどぉ、本当はガイドAGだったよね) 他から情報を仕入れてきてくれた

なんと、カミソリウオのペアが出てるらしい

ということで、2本目は「探せカミソリツアー」に決定!


皆でブリーフィングを真剣に聞き、探すエリア当番を決める。
頭にたたきこんで、いざエントリー!


ゴロタをしばらく行き第一関門“地味な・・・アオリが集まってない産卵床”を確認。そこから砂地にコースをふっていく。

何かいないかな~・・・とキョロキョロすると、なんと大きなサカタザメの坂田君を姐発見!!
リンリンで皆を呼んで、砂を払って・・・さ、写真


・・・と思ったら、  「電池切れ」

1本目でアオリ三昧(実は動画も沢山)撮りまくったのがNGだったみたい


せっかくのサカタザメの坂田君。

「ごめんね・・・また会えるかな・・・・


なぁんて思ったのも束の間、出てくる出てくる、坂田君。
サカタザメ団地?サカタザメの群れ?サカタザメ祭り??(笑)

全部で5枚?6枚?は見たと思う。
調子にのって触ってみると、「滑らかな鮫肌」でした、エイなのに(笑)


そうこうしていると、ガイドのSGちゃんが「流れが出てきたので撤収」を決めスレートを申し訳なさそうに見せた
もちろん、海の中では皆いい子!

遠くで何かを囲んでる集団を羨ましそうに見つめちゃったりしつつも、ちゃんとSGちゃんに従って、いざ次のメインへ移動、移動


それは、「キンメモドキの密集」だった
“群れ”じゃなくて“密集”(笑)
本当に隙間がない位、皆寄り添っていて可愛いかった


帰り道、バディセレブEが何かをツンツンしている・・・
なんとなく季節はずれの感がする“ジャンボアメフラシ”!!

大笑いして通り過ぎ、“ふ”と振り返るとあとから来たバディSuさんが更にツンツンしていたのを姐は見逃さなかった(笑)


波が高くなってきて、エグジットは少し大変
順番にエグジットしつつ、姐の順番を待っていたその時、ものすごい数のキビナゴが流れてきた!!
思わず、見とれキビナゴと戯れる
ちょっと得した気分よね、こんな最後に


脇の浜、今までちゃんと潜ってなかったのかなぁ??!と思うくらい、ポイントに対する印象が変わった

・・・・もう少しダイバーが少なくなったら(!)、また来たいなと思う


魚たちとの出逢い
・シラス大群
・キンメモドキ ぎっしり大群
・坂田君いっぱい(サカタザメ)
・はぐれアオリイカ
・ヒラタエイ


んにしても・・・写真がないログってのは地味ですな



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「いつのログだよ・・・ま、いっかー。」などと思ってくれたら・・・(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

500本の宴 ☆ 500th ナイト・フィーバー

2006年08月05日 23:50

さぁて、500本も終わったし、いよいよ「本番」ですっ(笑)
姐は知ってます・・・

もしも、もしも、500本参加の人に「500本潜水」と「500本宴会」の“どっちが本番?アンケート”取ったら、「500本宴会」が勝つことを!!!

もぉ、ショップに戻ってきたら、皆の笑顔、さらにキラキラ☆
カレーの準備も、どう見てもダイビングの準備よりちゃっちゃと順調に進んでる


皆、正直なんだからっ!!

大好きよっ(笑)



ってな訳で、ログ付けもそっちのけ。

姐の挨拶は・・・・そこそこに、500本記念乾杯ぃぃぃ~っ!!!
<中略>・・・

ま、500本記念っつーことは、だ
間違いなく、500杯記念でもあるわけで
でもって、ヘタすると、1000杯記念、いや・・・(平均3杯としたら)1500杯記念?!
絵文字はうっとーしーので止めておきますがっ(笑)


先にご紹介のとーり、バディSSはインド人顔負けのカレーシェフ
姐の舌にはすっかり馴染んでいるバディSSのカレー、今日は、伊勢エビ&ムール貝♪
今日も姐のお手伝いはなし・・・
前に“手伝うっ!”と言って玉ねぎのみじん切りを手伝おうとして流血して以来、バディSSは姐には頼まない・・・正解っ(笑)
#って、みじん切りだってダイビングと同じ位には成長してるんだけどなぁ・・・(多分)

暑い夏、辛いけどコクのあるゴージャスなカレー、そして生ビール 最高じゃぁありませんこと?!


バディKお母さんの計らいで、豪華なお刺身と伊勢エビ&アワビが登場♪
ありがとうございますっ!夢のようですっ!!!

主役の姐に、イセエビ半身が!!!
きゃーん、500本潜ってよかったよぉ~!!!
ほんとに誰にも、1口もあげずに食べ尽くしました(笑)
これ、どうですかーっ!!!



赤鮑と黒鮑の豪勢なコラボ。
1つはお刺身に、1つはバター焼きに。
バター焼きが1切れしか姐の口に届かなかったのは・・・夜も更けて、今日が何の日か皆の意識の中から遠のいた証拠でしょうか? ぉぃ!(笑)
でも、最高美味しかったよぉ~
な、なんて高級なっ!!



そろそろお腹もいっぱいになってきた頃、バディ超mpが「姐さぁぁぁ~ん!!!!」とラッキーガールズ思い出の写真で飾られた箱を抱えてきた。まず、その箱の写真を見て大笑い(笑)
この1年のあんなこと、こんなことが思い出される。
ってゆーか、この箱を一生懸命作ってくれたことに感激

で、勇気を出して開けてみると・・・・

「500本記念ゼリー」
ラズベリードリームbyレベッカな味!


そして・・・

「ウミウシゼリーッ」!!マイッタ!!
ちゃんと触覚と二次鰓に分かれてる(笑)


「ハウスのゼリー」をベースにしたそれは、そこに集まっていた昭和なバディ達に少しだけ懐かしい記憶を呼び起こしたに違いない
とっても美味しかったよ、バディ超mp、ありがとう


お腹を満たした後は・・・三線ライブ!!
いよいよ、バディMさんとの初コラボ。
定番「島人ぬ宝」と「涙そうそう」「安里屋ユンタ」・・・ いー感じ♪♪
バディMさん、さすが教室行ってるだけあって姿勢がいい!
姐もちょっとパクらせてもらおう・・・
ユニット名、どうするぅ?



姐のカメラで誰かが撮ってくれたこの写真。
すごーく好き。何だか、とっても、好き。「贅沢な時間」がそこにある。
05_Live.jpg




そして、姐を育ててくれたヒゲのバディ(もちろんちゃんとしたイントラさんです)から「スーパーファンダイバー認定証」授与式が行われた(照。)
すっかりいい気分の姐、またしてもの注目に“出来る事なら隠れたいけど、あんた体大き過ぎですからーっ!隠れてないですからーっっ!!!”な状態・・・・
いやん、恥かちぃ・・・


「スーパーファンダイバー認定証」
ずっと見ていてくれたヒゲのバディだからこそのメッセージがそこにはあった。
“中性浮力がわからずに足をバタつかせていた・・・”とか、“パラオの海でウエイト落としてポチになった・・・”とか、“フィンを持たずにボートに乗り込む・・・”とか(笑)

お世話になりましたぁ~っ、あざ~っす!!!
っつーか、これからもよろしくお願いしまっす
感動の授与式!!




うっかり泣きそうになる姐
でも、泣かない

っつーか、泣けない


だって、そこにはこんなにステキな殿方達が~っ!!!
大爆笑!!“体張ってナンボ”の精神を教えてくれたのは君たちだったねっ(違。)
皆、いい体してんねぇ~(じゅる)←怖いからっ。



それから、それから・・・「全員のタンク数は合わせたらいったい何本なのクイズ大会(答えは、4627本→10人分かな!?)」をやったり、姐さん初めての「たけのこニョッキッキ!!」っていうのをやったり・・・

更にホテルに戻って、少しだけ泡盛で2次会を



こうして姐の泣き笑い500本記念の長くて嬉しくて楽しくて幸せな一日は終わりました
今こうして書いてみても思います。

「ステキな大人達だな」って~

皆、子供みたいにはしゃいで、くだらないことに大笑いして。
だけど、“大人になりきれてない子供”なんじゃなくて、“ステキな大人だから子供に戻れる”んじゃないかな~なんて思う

それぞれが“楽しい時間の作り方”を知ってる大人たち。
ステキッ



最後になりましたが、参加してくれたバディからも、そして参加できないから・・・と“沢山の「お酒」と少しの「可愛らしいもの」(笑)”が届きました
この場を借りて、心からお礼申し上げます。
酒屋みたい・・・(笑)


このブログでコメントを寄せてくれたダイブロガーの皆さんも、本当にありがとうございました


あ~、楽しかったっ


500本話はこれにて“完”でございますっ
これでばぁちゃんになっても、充分、爆笑できる記事ができました(笑)
長々とおつきあい、あざぁ~っす


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「500本宴、素晴らしいっ!!」などと思ってくれたら・・・(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

[ 続きを読む ]

ダイブログ ☆☆#500 IOP☆☆

2006年08月05日 14:53

朝、ショップに到着すると、姐の愛して止まない桑田さんが、“ファンキー”な感じで(笑)待っていてくれました
イラストはスーパーガイドAG ほんと、才能だよねぇ~・・・
このデザインがひらめくまで長いアゴ小さな胸を痛めていてくれたのでしょう・・。ありがとうね
#ちなみに、この旗にはスーパーガイド兄弟のお父様までが一言を・・・(感涙)

海に行く前に「はい、書いてない人、書いて~っっ!!!」と半ば強制的にバディ全員に書いてもらい(笑)いざ、海へ!!


宝物の旗*^^*




さて、いよいよ・・・500本なのです

ちょっと緊張したりして。
ううん、緊張というよりは、何だか照れくさいっていうか恥ずかしいっていうか。
そんな姐を見て、バディ達が「いよいよだねぇ~」なんて言うから、余計にちょっとどきどき。


スーパーガイドERKNちゃんが、

「え~、ではぁ・・・いよいよ・・・・え~、ごほんっごほん。姐さんの500本の~・・・」

なんてご挨拶をしてくれて、何だか照れくさいのも頂点に達し、“ともかく入ろうぜ~モード”になったりして。ブリーフィングでは、バディを確認して、集合写真の場所と500本記念イベント(?)の確認をした。


姐は思う。

「どうか皆で無事に帰ってこれますように

皆が色んなものを準備してくれて、本当に楽しみ!!
そして、同じくらい、いざ海に入るときは、写真とかあれとかこれとか全然なくてもいいから・・・皆が無事に、と思う。
全員が、あー楽しかった!!とまた笑顔で会えますように、と思う。

大げさ? 

ううん、そんなことないって思う。
こんな楽しくて嬉しくてはしゃいでる時だからこそ、落ち着いていつものとおり潜らなくちゃと思う。何かあったら、絶対にダメだと思う

そして、姐を囲むバディ達はそれをわかってるからステキだ
一緒に潜るのには最高のバディ達だ


そういう技術とか知識とかとは別の大事な事を、姐に教えてくれた人とバディを組ませてもらい潜った“記念すべき1本”は、海の中でも笑いの耐えない楽しい1本となりましたーっ



☆☆500th Dive☆☆
ポイント:砂地
エントリー:ビーチ
EN:14:53
Under the water:58min.
Under the water in my life:403h00m
気温:--℃
水温(水底):20-23℃
Suite:5mm+2mmシーガル+イケてる白いフード
透明度:--m
透視度:--m


姐にとっては皆みんなかけがえのないバディ達であって、そして、レベル的にも問題のないバディ達は・・・それぞれの呼び名を「あかさたな」「はまやらわ」で分けられた(笑)

姐(あね)はもちろん「あかさたな」チーム。なんて単純♪

若干透明度もよくない中、大人数での記念撮影。
バディ同士はぐれないように~とお達しが出る。

ふと見ると、大群の「クロホシイシモチ ネンブツダイ」達もそれぞれがバディと一緒
夏はどこでも恋の季節!?うふっ
あちこちでペアが^^可愛いっ



クロホシイシモチ ネンブツダイの大群が途切れたあたりの大きな岩の上で、いざ記念撮影。
姐がまず場所を決めて着底しなくちゃなんだけど・・・これがウネっていて(笑)何だか「ほんとに500本かよっ?!」っていう位のゴロゴロぶり。
自分が一番笑ってしまった・・・ 誰かがタンクをがしっとつかんで固定してくれた
あざっす!!でも振替えれない・・・また転がりそうだから
海の中では“華奢な姐”である(・・・ってことにしておいて)

カメラをそれぞれがガイドさんに渡し、陸で練習していたとおりにそれぞれがそれぞれの位置につき、3、の合図で、はいっ

500本記念撮影

皆ステキな笑顔ですっ(わっかんね~っ!! 笑)
Photo@Special Ultra Thanx to Buddy Su-sang♪

#・・・・てか、ERKNちゃん・・・この白いフード貸してくれたの、絶対、狙ってたでしょ
主役とは思えない面白さ・・・どうなのよっ?姐は←こういうのがよかったのにっ!!
(でも、結構オイシイと思う姐 笑)

一人一人と握手をする
ハグをする
チューをする(笑)

ありがとう・・・の思いを込めて

最後にこの500本でのバディ、姐を育てたヒゲのバディとハグをする
今日の姐の潜り方はどうですか?
今日こそ誉めてくれるかな♪えへへ
何度このポーズを見たかしら?^_-☆



記念撮影の後は、全員で砂地へ移動。

途中で、バディMTさんをビデオ撮影隊に指名しながら、バディUMとお得意の
シンクロナイズド・ダイビング「回ってます、回ってますぅ~!!」を披露!パラオでも、セブでも、くるりんこしたよね



ところで、バディの皆さん

波照間島の泡盛、“泡波”はご存知でしょう。
この500本記念の日、伊豆ではこんなスペシャルなお酒が誕生しました

その名も、


エロ酒造限定 “姐波” (バディHP、本当にありがとーっ!)
2006.8.5エロ酒造限定 姐ラベル!!



そして、この「姐」印の“姐波”を伊豆版「海底貯蔵酒」にすべくIOPの某場所に皆で埋蔵したのだーっ!!!

バディ11人(1人早退)に囲まれて、いよいよ“埋蔵式”が・・・
場所はヒミツよん、もちろん^_-☆



ガイドEKちゃんがいくつも岩を重ねてくれ、最後の1個は姐が自分で乗せた
どうかどうか、無くなってしまいませんように・・・
この写真は実はカモフラージュ。本当の場所ではありませぬ!むふふ。




ということで、この日一緒に潜ったバディ達には「IOPに行ったら姐波チェック」という「義務」が発生(笑)
見に行ってくれた人にだけ、取り上げた時におすそ分けかな~

・・・・って、この情報、「インターネットで世界に配信!!」大丈夫なんじゃろか??

・・・・・・それよりも、この8/5以降既に台風が過ぎていった・・・よね・・・
心配・・・、誰からも報告なし・・・
だけど「無くなってたら悲しいから言わないでね」って言ったのは姐だった。

これ・・・これからの季節、楽しかったけど、心臓に悪いかも?(笑)


さて、水中イベントはここで終わり
普通のダイビングしながら帰りましょ~


ってとこで、ウミ探が反応。
500本目も快調なウミ探であーる
バディmpのフィンを思わずひっぱると・・・半べそどした??
またしてもカメラの調子が悪いらしい・・・。
ごめんよmp、500本だから許せ(笑)

「イガグリウミウシ」(大)
こんな大きなイガグリ、綺麗っしたーっ^^



水深をあげていくと、鯵の川・・・・うーん、綺麗
いい季節が始まってきたな~と思わせる。
何本もの鯵の川が♪




っとこのコース、景色を見ていて、ちょっと前の記憶が蘇る。
そうそう、鼻血ポイントじゃないっ!!!約束したじゃないっ、バディOJ3!!

ほどよい鼻血を見つけて、後ろの方からやってくるOJ3を待ち伏せ、得意気に見せる姐。

「どうだ~っ!」(笑)

バディOJ3は大爆笑。そして姐が鼻血を渡すと、自分でもやってくれた。
うふふ、似合いますわよ~♪このブログで約束したもんね!
姐はちゃんと約束は果たすのだっ!!姐に社交辞令は通用しない(笑)

ガイドEKちゃんと、バディSuさんにもちゃんと鼻血報告をする陽気な500本ダイバー姐♪


楽しいな、楽しいな♪


エグジット間際の浅瀬では、キビナゴがすごく綺麗に群れていた。
ずっとずっと見ていたい・・・・

だけど、キビナゴより大切なことがあった。

姐は一番に上がって、順番にあがってくる一緒に潜ってくれたバディ1人1人と、また握手&ハグをした。
みんなが「楽しかったね~!!!」って言いながらあがってきて、本当に、嬉しかった。

みんな最高にいい笑顔!!*^^*



500本なんて、そう、通過点。
500本記念なんて、ただの口実。

こうして、皆で集まって笑うための、ね!


そう言いながらも・・・最高に幸せな1本でした

ほんとに、ほんとに、ありがとうございました
感無量です。


魚たちとの出逢い
クロホシイシモチ ネンブツダイ
・クエ(モロコ)
・アオブダイ家族
・アジ
・シラス
・キビナゴ
・イガグリウミウシ
・シロウミウシ

・アオウミウシ
ウミウシ学級3年生に進級 バディSuさん発見!(笑)


・おなじみTKG(トウシマコケギンポ)
近くにもう一匹いたのだ!



奇しくも、ログを見てみると、403時間ちょうど記念だった
計算してみると・・・16日19時間ちょうど。
姐は人として生まれてから3○年という長い間の16日と19時間を、水中で、海の中で過ごした事になる

500本、そう思うとすごい本数だなって素直に思うけど、たった16日と19時間の出来事、とも言えるわけで。

それでも、

16日19時間も、現実世界から離れていたんだ。
16日19時間も、この陸上で起きている様々な事柄とは全く関係ない別の世界で呼吸をし、生きていたんだ。自分だけの時間軸の中で。

その事実は、姐の今までの人生の中でダイビングと出会わなければ得る事の出来なかった“特別な時間”だと思わせてくれるに充分だ


すごいなぁ~、ダイビング・・・


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「記念に残る1本だったね!!」などと思ってくれたら・・・

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #499 IOP

2006年08月05日 11:49

前日からワクワクしてあんまり眠れなかった朝、すっきり目覚めて熱いシャワーを浴びる

“どうか今日がステキな一日になりますように”

そんな気持ちに応えてくれるかのような燦々と輝く朝日の中、電車で伊豆に向う。片手に三線持って(笑)


地元電車で“一緒にライセンスを取ったバディHP”と合流。
何だかストリートミュージシャンみたいな2人!
朝からずっとしゃべり続ける・・・はっと気づいたら駅だった(笑)

新幹線に乗り込むと、“姐が潜り方の見本にしてきたバディYKさん”とばったり。
バディYKさんに会うのは本当に久しぶりだ一緒に潜るのは・・いつ以来だろう?
“自称”根性無しのYKさん、伊豆で潜らせちゃってごめんなさい(笑)
バディYKさんは、姐の知るバディの中で一番本数を潜ってる人だ。
その数4桁。尊敬

「夏なのね~」と感じさせる混み混みの伊豆急の、いつもの車両にたどり着くと“声[も]ステキなバディMTさん”と、“シンクロナイズド・ダイビング 嫁入り前のバディUM”を発見!どうやら姐は車だと思っていたらしく、いきなりの主役登場に(?)驚いている2人(笑)

そんな2人を笑っていると、後ろから腕をつかまれた。
“顔が命のバディKお母さん”!! Kお母さんは優しい毒を吐く。だから“ゴンズイ”と呼ばれてる(笑)海の中でゴンズイ玉を見たら、姐は、背筋伸ばしてご挨拶を忘れない 「イエロービューティーズの弟子」として


だんだんとバディ達が集合していき・・・伊豆急から見える海が眩しい。
うーん、ワクワクしてきたっ!!!テンションあがってきたっ!!!
もう、どうにも止まらな~い!!!


駅に付くと、お約束のお迎えが
「8/5・・・貸切りでいい?って、マンツーだったらどうしよ(笑)」
「もっちろんっすよ~!!社員総出で盛り上げますって!」
と真夏のサナカだと言うのに、この日を空けてくれたイエローフィンの“相思相愛両想い スーパーガイドEKちゃん”が、いつもの笑顔で迎えてくれる
ホント、EKちゃんには頭があがらないよ~ 今日もよろしくねっ

そして姐が楽しみに待っていたもの、もうひとつ。ふふ
今日は主役  お迎えだってVIP待遇なのだっ
“伊豆を潜りつづけて早幾年。めおと漁師相方 バディSUさん
・・・って色っぽくないなぁ(笑)
改め“ドラマチック伊豆のソナタ バディSu様”がピカピカの新車でお出迎え。初めてじゃないけど・・・(笑)の助手席バージンシートを姐がおねだりしていたのだ
ステキ、ステキーッ!!
あれほど「姐の席」ってシートにマッキーで書いといてって言ったのに書いてなかったけど、この日のために新車までありがとーっ(違。)

その車の後部座席からいつもの元気な声が聞こえてきた
「姐さぁ~ん!!!!!!おっはよ~!!!!」 
ちゃんと指令どおり後部座席に座ってたのね、可愛いヤツめ(笑)
声の主は“ラッキーガールズ1号 バディセレブE”。この姐をもってして「姐よりしゃべる人初めて見た」と言わしめ、その男前っぷりは本当に格好いい。
姐は彼女にホの字だ(告白。そして、昭和。)


ショップまでの道は緑が濃く、蝉の声が聞こえ夏まっさかり。
前回はまだ梅雨真っ盛りだったから、いよいよ“夏本番の伊豆”に更にテンションがあがる。
新しい車の匂いと、湿気を含んだ夏の風
なかなかいーんじゃない??


やがて、ショップに到着。

「姐~っ!!!!」といきなり呼ばれたその先に立っていたスイカーマン(笑)
「いやさー、姐のOceanSideに募集ってあったじゃん?!あれ見た時、俺しかいないと思ってさー
えぇえぇ、もうアナタしかいませんって!
もぉ、大好きだよ~、その愛しいくだらないバカさ加減 
スイカーマンで出迎えたくれたのは“初めて耳が痛くなった時、姐を助けてくれたバディY兄さん” ホントはいつも頼りにしてますの~

そこにやや遅れて登場したのは・・・“ラッキーガールズ2号 超ガンガン系ワイドでダイナミックでウミウシを愛して止まないバディ超makop
この姐をもってして「姐より喜怒哀楽がわかりやすい人初めて見た」と言わしめ、その表現たるや、もはや愛くるしい

中に入ると三線がもう一つ 
今夜は“寡黙で無口で西表にいきなり登場のバディMさん”と初コラボの予定なのだ
バディMさん、ずっとずっとやりたいって言ってた三線、ようやくだね
「ちゃんと練習してきた~?」なんて冷やかしてみたりして!
でもバディMさん、ちゃんと教室に通ってるのだもの、独学の姐が教えて欲しいくらいだわん わざわざありがとう、姐とのコラボのために教室まで・・・(違。)

そしてそして、クールでダンディなヒゲのバディは姐に気づくと、お気に入りのサングラスの向うから微笑みを。きゃー、ステキッ(これくらいでいいっすかー?笑)
今日は姐のために、インド人も驚くかの有名なカレーに腕をふるってくれると言う(真。)
姐の好きなチキンもあった♪
「どうする?」
「あれ、あのショウガの味のスープみたいなやつ」 
これできっと伝わるはず バディSSの作るカレー、姐はかなりツーなのだっ
うーん、楽しみっ


忘れちゃならないショップのもう一人のスーパーガイドAGと、夏の男ガイドのアオSGちゃん
ザ☆ヤンゲスツ!もう・・・姐は2人とも可愛くてしょうがないわん

え~っと、これで勢揃い???

っと、ショップの「今日のゲストリスト」をふと見ると、「OJ3」の名前が!
Wow!!なんとーっ 自分が主役で幹事な姐は(笑)嬉しいサプライズにびっくり
バディOJ3の参加は姐の記念日にちょっとした花を添えてくれた
何故なら、ブログで知り合ったバディと初めて“海で”潜るということ・・・それは、500本目を迎えるまで経験がなかったことだから
“姐の初リアルダイブロガー バディOJ3”勇気ある参加、あざーっす(笑)



そんなこんなでバディ勢ぞろい!!
姐500本オールスターズ12名☆

バディHP
バディUM
バディKお母さん
バディセレブE
バディ超mp

バディYKさん
バディMTさん
バディSuさん
バディY兄さん
バディMYさん
バディSS(←えっ、決して呼び捨てって訳じゃ・・汗)
バディOJ3

&スーパーガイドEK、AG、AS !!!

姐(←主役。)


おっとこれ、何気に合コンじゃないのぉ~!!!!????

(←主役。←しつこい。)

動物園じゃないのぉ~!!!!(・・・失礼。)


賑やかに向うはIOP☆


・・・・ここまで読んでくれてありがとうです。
長かったっすね~・・・ってことで、ログはさくっと行きますよ。

なんせ“消化試合”ですからーっっ(笑)



499th Dive
ポイント:一の根
エントリー:ビーチ
EN:11:49
Under the water:44min.
Under the water in my life:402h02m
気温:--℃
水温(水底):20-23℃
Suite:5mm+2mmシーガル+フード(◎)
透明度:--m
透視度:--m


400本台最後の記念に波打ち際でウエットを着るのに、思い切り“すってんころりん”やってみた 
記念によ、記念にっ!500本ダイバーになったらこんな事も出来なくなるな~と思って(笑)


今年初の伊豆5mmウエット。ぎりぎりまで悩んで、ロクハンも持ってきたのだけど・・・
やっぱり照りつける太陽&8月っていうシチュエーションに“ロクハンはないよね~”とTPO・意外と重視派の姐は、いさぎよく5mmに

この日の気温は35度位はあったんじゃなかろかーっていう暑さで、エントリーはもう本当に気持ちよかった!!


根の先端には鯵が沢山群れていて、そろそろ回遊魚の季節な予感。

一の根には、なんと「アケウスの群れ」!
家族でしょうか?合コンでしょうか?・・・んにしても・・・・地味よね(笑)
ごっちゃりっつーか、どっさりっつーか・・・


そのアケウス広場の裏には、なんと「イザリウオ」
逆さまで必死にしがみついてる感じがなんともキュート
相変わらず、必死(笑)


そろそろ回遊魚系ダイナミック~っ!!と思ったのも束の間、ウミ探が反応を始めたっ!バディセレブEを呼んで報告、バディSuさんには相変わらず爆笑され、でもって、バディ超mpとは別グループだったのに「mpに見せたら喜ぶだろうに」と思ってしまう自分が・・・キーッ、悔しい(笑)

「サメジマオトメ」2P
絡み具合は、交接っつーより、チューですな♪


「クロスジ」
あまりにもわかりやすい名前^^ゞ


「アオ」
↓このアオ、色が儚げなブルーでとってもとっても綺麗だったの(うっとり)
思わず見とれてしまいました^^ゞ



大好きなキビナゴの群れも、以前にも増して大きく大きくなってる。
ずーーーっと見てても本当に飽きない。姐は、キビナゴの群れがとっても好きだ。この日は沢山の「シラス」が川のように流れていた・・・(←違。)
踊り食いは禁止で(笑)



さ、次はいよいよ本番でーす


魚たちとの出逢い
・アケウス
・イザリウオ
・サメジマオトメウミウシ
・クロホシイシモチ大群
・アオウミウシ
・クロスジウミウシ
・アジ群れ
・キビナゴ群れ
・シラス群れ
・ソラスズメダイ

・アオリイカ 小学生軍団
大きくなれよぉ~!!!


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「本番、早く、早くぅっ!!(シモ禁。)」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

500本によせて -- ダイバー姐が生まれるまで

2006年08月05日 00:00

8月5日(土)IOPにて、500本目のお祝いを沢山のバディに囲まれて、無事終えてきました
注目に弱い姐は、「じゃぁ、姐さんから一言!」と言われ、泣かずに「皆が大好きですっ!」とアイドル並み(?)のコメントするのが精一杯本当は伝えたいこと、話したいことが沢山あったのだけど。情けないっす

なんだか、400本を迎えたときはただひたすらに楽しかったのだけど、500本はとても感慨深いものでした

500本。

ダイビングを始めた頃は、こんなにもダイビングが自分の人生に影響を与えることになるなんて全く思っていませんでした。

500本を機に、ちょっとだけダイバー姐誕生秘話(ってほどでもないかー)を書き綴ってみます



1994年4月
姐がライセンスを取ったきっかけは・・・・3年半付き合った♂に振られた、これでした(笑)
正確には、「ダイビングをやりたい!」と思っていたのではなくて、「何でもチャレンジしてやる!!」という、よくありがちな“今まで♂と過ごしていた時間をどうすごしていいかわからないから、手当たり次第に週末の予定を埋めていく”みたいな、そんな程度。
意外と不純でしょ?(笑)

サイパンに女友達2人で旅行に行って、既にダイバーだった友達に“しょうがないから付き合う”形でやった初めての体験ダイビング。「何でもチャレンジ!」な気分だったから(笑)
生まれて始めての体験ダイビングはオブジャンビーチ。
二度と潜りたくない、と思った怖い怖い体験だった。入った瞬間から上がりたい!と思ってた。

ところが、そんな姐にガイドさんが「これで一生ダイビングすることなくてもいいから、次のポイントだけは潜ってみて欲しい」とまで言い、一緒に行った友達に「体験ダイビングでなんてあり得ないんだよ、普通」と言われ、「そこまで言うなら・・・」と頑張った2本目の体験ダイビングが運命を変えた。ポイントは、あの「グロット」。
ブイの下でロープにつかまりながら見た、あのグロットの穴から差す光。
あり得ない美しさだと思った。あの光の先に行ってみたい!!!
その気持が、姐をダイバーにした。
(ちなみに、体験ダイバーはもちろん外洋には出られず、あのタイドプールの中を2-30分潜っただけです)

あの時、そう言って連れて行ってくれたガイドさんの名前すら覚えていないけど、今の姐があるのは半ば強引に、それでも「グロットを見て!」と言ってくれたあのガイドさんのお陰だ。
もしまた会えるなら、ありがとうを伝えたい。


1994年7月
夏になるのと同時にライセンスを取得。
サイパンから帰ってきて、ダイビングの話をすると、社員旅行で体験ダイビングをした事のある♀友達が、2つ返事で「一緒にライセンス取る!」と言ってくれた。
バディHP、あれからずっと一緒に潜ってきたね
ありがとう。

雑誌を見て「安いから」というだけで決めたショップでライセンスを安く取るも、器材を売りつけられ、今思えば必要な知識も中途半端なまま、ダイバーとなる。
初めてのファンダイブ、大瀬崎の湾内、透明度がすごく悪い中、何故か急浮上してしまい、砂地にあるムラサキスナギンチャクが遠ざかっていった。その映像、今でもすごく覚えている。
それ以来、急浮上が怖くて怖くて、常に手が届く範囲に何かないと落ち着かない・・・そんなダイビング人生が始った。


それからしばらくの間、そんな不純なきっかけで始めたダイビングは、姐にとっては、夏になったらとりあえず潜りに行く・・・季節の風物詩、というよりは“高いお金払っちゃったから、忘れない程度に潜っておくかー”な位置付けにしかならず、1本潜って“つまらなければ2本目は止める”“寒ければ2本目は止める”っていうダラダラなダイバーだった。

誰も1本潜ると死ぬほど疲れる理由を教えてくれなかったし、姐も聞かなかった。こういうもんなんだ、と思ってた。

何人かいた「ダイビングをやる友達」と、とりあえず潜ってさっさと帰る姐に、ダイビング友達なんて出来なかったし、そういう出会いが広がっていくことなんて、想像も出来なかった。


1994年7月~2000年7月で潜った本数は、52本。
年間8.6本。姐は、そんなダイバーだった。



2000年7月
富戸にあるマリンステージというショップに行ったある日。一緒に潜った人達と、ショップの芝生でログ付けをやった。ガイドLちゃんが、ログ付けの楽しさを教えてくれた。初めて、ダイビングをとおしての友達が出来た。
そのうちの1人は、今も付き合いがある。


2000年9月
姐のプライベートで、とても悲しい事があった。
でも、その出来事のお陰で、姐は自由な時間を手にする事が出来たんだ。
そう思うことで、悲しい出来事を自分なりに受け止めることが出来た。
そう思いたいから、家に閉じこもらずに外に出た。出ようと頑張った。

その一つが、ダイビングだった。


そんな気持ちで参加した、マリンステージの初島ツアー
そこで沢山の“運命の出会い”をした(大げさ~ 笑)

運命の出会いは、今のダイバー姐を作ったガイドさん、そして沢山のバディ達はもちろんだけど・・・一番の出会いはこれ。

「中性浮力」 (笑)

・・・姐、56本目にして・・・ライセンス取ってから苦節6年2ヶ月目にして!!
「中性浮力」を知った記念すべき日、2000年9月30日

その日は、今となっては“人生狂わす日”となったのである(笑)
狂いっぷりに興味がある方は、左メニューの「姐'sDiveLog」をチラ見して!
ううん、チラ見しなくても・・・・

「中性浮力」に出会うまで、1994年7月~2000年9月で潜った本数は、56本。
年間約9本。そんなダイバーだった姐が、今は・・・


2000年9月~2006年8月で潜った本数は、448本。
年間約75本ダイバーに豹変したのである!!!



中性浮力を覚えてから、ダイビングが楽しくなった
疲れなくなったら、色んなものが見えてきた。
そして、疲れたら海に行くようになった・・・
海に沢山のことを教わった気がする。


姐の人生狂わせた(笑)マリンステージのオーナー、ガイドのKさんは生みの親。
ありがとうございます

そして、“3秒ルール”中性浮力を教えてくれたヒゲのバディは育ての親。
ありがとうございます

そしてそして、今はいつ行っても笑顔で迎えてくれるイエローフィンのKちゃんは幼馴染のようなもの。ありがとう!


一緒に潜ってくれる沢山のバディがいて、迎えてくれるショップがあって、海はいつもそこにあって。
幸せだな~って思います。

色んな事があったし、色んな事があるけど、ダイビングだけは続けていきたいなって思う。


これからも姐なりに“姐が感じた感動”を皆に伝えていけたらな
これからもずっと潜りつづけていられますように・・・


あの頃の自分を、ちょっとだけ懐かしく振り返ってしまいました(照。)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「姐さんに歴史あり!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

朗報!! 窒素欠乏症で悩むダイバーへ

2006年08月04日 12:57

外はいいお天気
気温も上がって、じりじりとした太陽が照りつける青い空を見上げる


海に行きてぇ~っっ!!!!!!


と思いながらもままならぬ事情により、行けないバディも沢山いるでしょう
姐だって、平日はオフィスレディ~、窓側の席で東京の狭い空を見上げながら海へと思いを馳せてるクチです。

そんなこんなで、ひどくなる“窒素欠乏症”

「タイピングゲーム」が「ダイビングゲーム」に見えたら
「ダビングやってます」が「ダイビングやってます」に見えたら


もう立派な“窒素欠乏症”  窒素切れてます。


そんなバディに朗報です


このビール、見たことありませんか?
最近、コンビニでも売られてます。
何となくきどった感じ(笑)


ちょっとプレミアな感じで、“高級感”があります。

とある日、初めて見るこのビールを手にとって、裏面を見ました♪
何故なら・・・アルコール度数を見たかったから(笑)
アルコール度数5.5%


っと、そこに飛び込んできた、この文字っっ!!!

うっそーーーー!!!!!!!!!!!



窒素入り?



海に行けない代わりに、窒素補給してみてね(笑)


このビールじゃ不十分だった姐は、明日から本物窒素注入(?)に行ってきま~す


ちゃんちゃん♪♪

======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「これは、朗報!!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。