--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #497-498 初島

2006年07月16日 10:44

“何故か森林模様”のお部屋で目がさめると外は薄曇り
天気予報では“曇り時々雨”の予報だったこの日。前日は見事に外れてくれて、太陽が出ていたけれど今日は当っちゃうのかなぁ~・・・何となく厚い雲に覆われていて晴れる気配はなさそう。
雨が降らないことを祈りながら、出発!

今日は・・・・

初めてじゃないけど・・・・



バージンアイランド“初島”へ、久しぶりの遠征


熱海のショップに到着し、オーナーでガイドのBOSSにご挨拶

スタッフのガイドKNくんはすっかり○くなって、しかもロン毛(古。)
“どうしたの~!!!”って、姐ったら失礼よねぇ自分が来てなかっただけなのに^^ゞ

初島に行く度に顔を合わせ、ランチ時には何故か乾杯とか一緒にしてる風だったりするのに、ショップとしてお世話になるのは、本当に久しぶり
何となく勝手がわからず“社会科見学”のように大人しく回りの様子をうかがいながら、準備、準備。
常連とおぼしき♂さんが、「器材はここですよ~」なんて教えてくれる。
きゃっ、こういう扱い、何となく嬉しい(笑)


“人が多いなぁ~・・・”なんて思いながら先発隊として港へ。
切符OK、器材OK、おトイレOK!!まるで遠足

そして無事、船に乗り込む我ら。


っと、あれれ??BOSS達の姿がない・・・
そのうち、船は岸壁を離れ予定どおりに出発

また優しい常連♂さんが、「我らでのんびり行きましょうか~到着したらまたここに集合してくださいね~。船の中とかわかります?」なんて気を使ってくださる。きっと心中は「ひぃ~っ!スタッフどうしたの??」だったろうに

“まぁ、なるようになるか~”とO型チームの我らは、船の上で気持いい風を浴びながら、しばし加山雄三みたいな、石原裕次郎みたいな、タイタニックみたいな、、、気分を味わっていた(古過。)
なんとなく明るくなってきて、雨はまぬがれそうな・・・


出発して25分弱、初めてじゃないけど・・・(もういい?笑)バージンアイランド“初島”に到着

1年以上ぶりに会った漁師さんでお食事処もやってるMさん、姐の顔を見るなり、

「なんでこんな混んでる時に・・・・

もぉ、他に言う事ないんかっ!!テレ屋さんね(笑)
今日もスーパーランチ、期待してますよ


ショップごとに分かれているテーブルを確認し、我らのショップの場所に腰を下ろし・・・「さぁ、次の船は10:30頃だからねぇ・・・」なんて言ってた矢先、なんとBOSS達、颯爽と登場!!
格好いいっ!!VIPな感じよねぇ~なにやら。ステキーッ!!

#が、実は漁師さんの船をチャーターしておっかけて来たらしい
 果たして格好いいのか、その姿??鳥羽一郎?(笑)



497th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:10:44
Under the water:44min.
Under the water in my life:400h33m ←何気に400時間記念!
気温:--℃
水温(水底):18-22℃
Suite:6.5mm(大正解・陸地獄)
透明度:--m
透視度:3-10m


エントリーすると、最近アルミだと必ず起こる現象が・・・・またもや。
そう、何故だか沈めないんっす^^ゞ
沈んでしまえば問題ないので適性ウエイトではあると思うのだけど、既に「アルミかぁ~・・・沈めなかったらどうしよ~・・・」というトラウマで、きっと呼吸があがってるんじゃないかと思う。
それによって不安になったりはしないのだけど、逆に思わず笑ってしまう。

「きゃー、あたし、沈めない」って。笑っちゃうから、更に沈めない・・・

バディSさんにちょっとだけ手を引いてもらい、ロープにつかまるも安定しない・・・。

そうこうしつつ、ロープ伝いにちょっと進んだその矢先!!!

「あぁぁぁ!!!!昨日見たウミウシだぁぁ!!!!

写真を取ろうとしたけれど、なんせ安定していないし、水深はその時点で・・・2m位だっただろうか?片手でシャッターを押してみるけど、ウネリと自分の不安定具合で全くダメ。

「このままロープ放したら上がっちゃいそうだなぁ・・・

という不安がよぎり、諦める。
ここでジタバタしては一緒に潜ってるバディ達に申し訳ないなって。

2日も続けて会えるなんて、運命だわ、あのウミウシ。
だけど今日も・・・昨日と同じく

「あのウミウシ、なんていうんだろう・・・


ところで、この日、エントリーしてしばらくロープ伝いに行くのだけれど、
何とも水が綺麗!青い!!透明度がいいっ!!

姐がようやく落ち着いてきたころ、同じグループの♀に何かあったみたいで、
我らは待機しつつ、BOSSが引き返してなにやらやっていた

その間も、青い海の中層に流れてくるタカベやらキビナゴやらの群れにうっとり。空も明るくなってきて、久しぶりに綺麗な海だなぁ~なんて・・・・思っていた。

そういやー、ブリーフィングの時に「昨日は、下の方はかなり透明度がよかったらしいので、さっさと下に降りて砂地に行きましょう!」ってBOSSが言っていた。
そのとーり!!!綺麗ッ!!


・・・・と思っていたのはロープが終わるところまで。


かれこれ10分位経ち更に進んで、予定の砂地に降りると、

え・・・・何これ??


伊豆色どころか・・・茶色!!こんなことってあるのぉ~!????
はぐれないようにしなくちゃ、バディ、バディ・・・・

ま、最近はこの透明度にもすっかり慣れてる姐だけどさー・・・さっきの透明度と同じ海かよ?!って感じなのだ


BOSSが砂地に低くなって何かを指している。

「何?」

「もっと寄って来い!!」

「え・・・だって・・・・」

写真を撮ろうとしない姐に「もっと寄れ」と言う。

「だって・・・カワハギでしょぉ?何でぇ?・・・産卵とか???」

と思っていた姐。かなり近づいたところでその魚のあの●が見えた。

「マトウダイ」
16_Mato.jpg
Photo@Special Thanx to Buddy Su-sang♪


マトウダイを認識するまでにかなり近づかないとNGな透明度っすよ!!!

BOSSもきっと「なんだこりゃ!!聞いてた話と違うぞ!!」と思っていたに違いない。そのウサを晴らすようにマトウダイのそばにいたウツボをいじめていた(笑)


あっさりと進むのをやめ引き返すことに。正解です、BOSS(笑)

その後は、「ヒラタエイ」とか、「アオウミウシ」とか、群れ群れの「キビナゴ」とかを見ながら、透明度のいい浅瀬をゆっくりとエグジット。


不穏なカメラのxDカードは、ほぼ使っていない32MBに入替えてOKだったのだけど・・・




充電を忘れてました(なんて初歩的っ! 恥。)


魚たちとの出逢い
・ネンブツダイ
・キビナゴ大群
・タカベ
・マトウダイ
・ハナハゼ
・TKG(トウシマコケギンポ)

・ヒラタエイ ※シッポが丸くなってるのがヒラタエイ☆
この季節、エイが多いね♪
Photo@Spectial Thanx to Budey Su-sang♪

・ネコザメ卵
大きくなって出ておいでね~*^^*


・SKG(シズミイソコケギンポ)
TKGとSKGの違いは??^^ゞ



498th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:13:55
Under the water:45min.
Under the water in my life:401h18m
気温:--℃
水温(水底):19-22℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:1-15m


2本目は、もうハナから「浅瀬で行きましょう!」ということに。
そりゃーそうだ
なんてったって、深く行けば行くほど「透明度が悪い」んだから(笑)

そして、姐、2本目は・・・

“カメラの電池交換しようにも、もう一個ってば本州に置いてきた

・・・っていう、なんともやる気なさげ~な状態

自称「ウミウシなんて撮らないっ!」のバディSさんに、昨日今日と運命的な逢瀬を続けているウミウシをもう一度だけ見つけられたら、撮ってもらう約束を取り付けて、エントリー

見つけられるのかなぁ・・・


ふふふ
そうです、ウミ探搭載の姐ですもの、もちろん見つけましたわーっ!!!
ようやくカメラに収まったぁ!!! そ・れ・はっ

「リュウモンイロウミウシ」
ようやくカメラに^^ゞ
Photo@超Special Thanx to 「ウミウシ学級 2年生」(←進級。)Buddy Su-sang♪


でもぉ・・・図鑑で見たら、「初夏から秋に普通に見られる」だって

・・・だってだって、姐には初めてだったんですものぉぉ~
プライドかなぐり捨ててまで撮ってもらったのに、ごめんね、バディSさん
この場を借りてお詫びするわ・・・でも意外にお上手だってば(笑)


うっかり深場にいくと透明度がた落ちな水中を、“ここまではセーフだろ~”
っていうギリギリの水深を保ちながら泳いでいく


初島、というと2年前の「チープブルー」を思い出す。
ともかくすごーーーい数の、水中が暗くなるくらいのキビナゴとそれに突っ込むブリ、ソウダカツオ。ダイバーは動く必要なんかなし!だった。

その時以上のキビナゴ&回遊魚バトルを姐は未だかつて見たことがない。


初島、ってそんな印象。
そして、今回も季節こそ早いけど、そんな初島を連想させるには充分な光景が
目の前で繰り広げられる。
回遊魚シーズンももうすぐね♪


キビナゴのシャワー、イサキの群れ、タカベが上から流れるように通り過ぎる。
しばし立ち止まって(泳ぎ止って?)キビナゴになったり、イサキになったり
してみる・・・なってるって!!(笑)


もう楽しくってしょうがない
わーとか、きゃーとか、いいながら大満喫!!
うっかり気を抜くと、あっちからこっちから、群れが登場。

久々大興奮の1本でしたー



もう一度、シーズン中に必ず来たい初島。

透明度のいい時に・・・

カメラばっちりにして・・・


魚たちとの出逢い
・ネンブツダイ
・タカベ
・イサキ
・アジ
・コブダイ
・トラウツボ
・ゴンズイ
・サクラダイ
・キンギョハナダイ
・ミナミハタンポyg群れ
・アオウミウシ
・ヒラメ
・メジナ
・リュウモンイロウミウシ
・サメジマオトメウミウシ

・ニジギンポ
ロープに出来た穴にちょこりん♪



2本潜った後は、本日のメイン(笑)
お食事処「大西」でランチでございますっ
生ビール飲んで、明日葉の天ぷらつまんで、鯵イカミックス丼でしめる、これ最高!
カメラのことも透明度のことも、全然気にしないっ
だって美味しいから(笑)



☆Night Dive in 熱海☆

ショップでログ付けを終えて、さて帰ろう!っていう時に賑やかなお祭りの音が聞こえてきた。
来宮神社の例大祭である「こがし祭」だそう。
せっかくなので、通りまで出て観に行ってきた
2番目が好きなんだっけ?(笑)


姐が住んでるところでは、こういう“山車”がでるお祭りは無いのでちょっとワクワク。
それぞれの山車は、とっても趣向を凝らしていて見ごたえがある。
よく見ると、山車に乗っているのは子供たち。小学生~中学生くらいかな?!
みんなお化粧して、お祭りのハッピを着て、とっても元気!
“やらされてる”のではなく“楽しんでる”感じが気持ちいい!
結構、盛大なお祭り!


「お祭りっちゃー、やっぱりね」という事で屋台まで散歩がてら行ってみよ・・・と軽く思ったのが大間違い。ものすごい人手で、生ビール&焼きソバにたどり着くまでに30分以上かかったんじゃないかなぁ?

それでも、サンビーチを見ながら生ビール片手に振り返る“海の日がらみの連休”は、特別な「フレンチ♪」→何故か「ガスト」→最後は「屋台の焼きそば」になったけど(笑)夏の気配が間違いなく感じられたステキな2日間でした♪


Buddy Su-sang♪初島での専属カメラマン、あざぁ~っすっ(違。)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「カメラ、だめじゃーん」などと思ってくれたら・・・(って、ほんとダメだよ・・・)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
スポンサーサイト

ダイブログ #495-496 IOP

2006年07月15日 11:33

沖縄でダイナミック魂を呼び覚ました姐は、去年思うところあって行っていなかった神子元に“今年は行きたい”と思っていて、6月も半ばを過ぎた頃から、この連休には神子元へ、とターゲットを絞っていた

んが

梅雨前線の停滞と、今年の黒潮の様子、神子元のログを見ながら・・・
色んな意味で“神子元への想い”が強いだけに、泣きながら撤退を決めたのは連休前の火曜日。


「さぁ~て、どうするかなぁ~・・・ でも連休だしなかなか行けないとこ、行きたいよなぁ~


若干途方に暮れた感じで、器材を預けていたショップに軽く相談。
すると、あれよあれよ・・・という間に、急遽決まった風の「西伊豆某所お試しツアー開催」っていうプランに乗せられ(笑)、結構、ノリ気になっちゃったりしてた姐

んが

がががっ

例のアイツっすよ、アイツーッ!!!
キィーッ!!!


本州には寄りもしなかった台風&相変わらずの梅雨前線のお陰で、西伊豆NGの連絡が入ったのは、夜から伊豆に向う予定の金曜日夕方だった・・・

2週連続でフライデーナイトを伊豆で過ごし、泡盛バーで“泡波”2合頂き、夜中まで「姐さん、初めてのスーパーマリオ」で松○奈々子っぷりの可愛さを発揮し(?)、その後爆睡

・・・・そして気づけば、いつものショップでいつものIOP。


なんじゃこりゃ

ま、いっかー
なんだかんだ言って、一番ここが落ち着くのよねぇ~(笑)

ステキな連休のはじまり、はじまりぃ~


495th Dive
ポイント:二ノ根
エントリー:ビーチ
EN:11:33
Under the water:51min.
Under the water in my life:399h03m
気温:--℃
水温(水底):16-22℃
Suite:6.5mm(陸、暑すぎ・・・
透明度:--m
透視度:5-15m


IOPのエントリー口が新設されて初めてのエントリー。
そんなこんなで海は充分うねっていて、IOPの入り口も波と、連休の人でごった返し

“水温は気持ちいいけど、陸は最悪”な季節のロクハンダイバー
ギャルが転がってようが、がしがしエントリー。
↑いや、意地悪じゃなくて、二次災害になっちゃいそうだからっすよ^^ゞ

姐が一番にエントリー、ブイ集合で、バディSさんがまもなく集合。
2人で我らがスーパーガイド、EKちゃんを振り返るも、まだエントリー口にいる模様


「このまま2人でばっくれちゃうぅ~

なんて言いながらガイドEKちゃんの到着を待っていた。
やがて、黄色いフィンをはためかせ、我らのところに到着したガイドEKちゃん。
なんでも、エグジット後に波に飲まれそうになっていた“ギャル”を助けていたらしい。

ステキ!我らがスーパーガイドッ


そんなこんなでエントリー。
ともかく、水が気持ちいいのよっ、ロクハンズにとってはこの時期、最高っす

そして、二の根に向う我ら。
最初はダイバーも結構いたけど、やがて人もまばらに♪
シーンとした感じが素敵。
Photo@Special Thanx to Buddy Su-sang♪


うーん、貸切気分 やっぱりこうじゃないと!
だってだって“連休”だものっ


二ノ根頂上に、「ヒラメ」がでんっ!
結構、まぎれてましたっ◎


「めったに来ないニノ根を満喫しちゃおっかなー

大きな「イサキ」の群れが我らを取巻く。

「ダイナミック!!ニノ根まで来た甲斐ありだわ~」

なんて思いながら、壁沿いにゆっくり流していると、姐的珍しいウミウシちゃんを発見!!

「あれ?ちょっとこれ、初めてじゃない?

そう思って見ると、ガイドEKちゃんもバディSさんもちょっと先を行ってしまってる
っと、バディSさんが振り向いてくれた


「よし、今のうち。ちょっとだけ写真撮らせてっ・・・



え”っ・・・



これ、何??


衝撃映像・・・



_| ̄|○ あり得ねぇ・・・


すごい勢いで泳いで行って、バディSさんに

姐「これ、見てみてっ!!
バディSさん「
姐「


更に泳いで行って、ガイドEKちゃんに

姐「ねーっ、これっ!見てっっ!!!
ガイドEKちゃん「
姐「_| ̄|○ 

ねーねーっ、笑うとこぢゃないってばーっっ
なんてことでしょう(涙)


が、しかし。
カメラ持たないダイビングって何だかおおらかっていうか~
のびのびっていうか~
もうヤケ○ソっていうか~(笑)


その後は、キビナゴに巻かれたり、「グルクン たったの3匹」に夏の海を感じたり、イサキとアジの子供達のコラボに感激したりしながらエグジット。

はぁ~・・・連休初日からツイてないなぁ~っ

ってことで、もしかしたら史上最短にて1本目ログ終了(笑)

んにしても、
「あのウミウシ、なんていうんだろう・・・


魚たちとの出逢い
・ムロアジ
・イサキ
・アジ
・ルリハタ
・キビナゴ
・ヒラメ
・イザリ(定点観測)
・グルクン

・アオウミウシ
15_Aoumi.jpg
Photo@Special Thanx to 「ウミウシ学級 1年生」Buddy Su-sang♪
#意外とお上手



この日のランチは、ザ☆お試しランチ。
5月の炊飯器お試しに続き、またしても“試されランチ”(笑)

今回は、「稲庭冷やしうどん」

皆でおうどんに、胡麻やネギ、ちくわなんかを入れて食べました
なかなか風情があってよろしいっ!

なんせお試しなので、バディ達も言う言う。

「ハムとか欲しいよね~」
「しょうがとかもいーんじゃない??」
「錦糸玉子なんかあると彩りも・・・」

って、それ冷やし中華ですからーっっ!!!(笑)

次回はきっと、“もうちょっと麺固め”で、“もうちょっとバリエーションのトッピング”が増えていることでしょう

でも、なかなか美味しかったよ~
暑いサナカ、お弁当より気持ちよく食べれるかもでしたっ



496th Dive
ポイント:砂地
エントリー:ビーチ
EN:14:26
Under the water:46min.
Under the water in my life:399h49m
気温:--℃
水温(水底):16-22℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:5-15m


インターバルの間にカメラを取り出し、カードの出し入れなんかやってみて、何とか復活した風なので、気を取り直して2本目に


2本目は、もうひとつのチーム、とバディYさん&バディSTさんも合流して、「ウミテング ローラー大作戦」を決行することに!
なんでも噂によると、砂地のある範囲の中に「9個体」もいるっつーんだから・・・ウミテングの群れかよ?!って感じ。

で、このローラー作戦!!
これが、楽しかったーっ(笑)

砂地に一列に並んで・・・両手を広げた範囲をそれぞれが担当し・・・
匍匐全身さながらに、ゆっくりゆっくり進んでいく

     

っていうのを、いい大人が皆、大海原で大真面目にやってるの
なんて可愛いのかしらっ もぅっ


そして、もうゴール地点に近いんじゃない??って頃に・・・ガイドEKちゃんがライトを振る。
発見 さすがっ

「ウミテング(大)」
羽(?)の赤い模様が印象的ね♪



ちゃらっと写真を撮って他の人に譲り、周りを見回してみると・・・
別のグループがこれまた砂地に這いつくばってる

ガイドEKちゃんと目で合図。
さりげなぁぁく近くで見張ってる姐(笑)

やがて、そのグループがいなくなりそぉ~っと降りてみると・・・

「イザリウオ 超baby!」 1cm位の小ささ
やっぱり砂地でも手が必死 可愛いっ
エスカびゅんびゅん振ってたよ!


写真を撮って、皆を呼ぶ。
その間に、またまたウミテングエリアに戻って・・・別の個体を

「ウミテング(小)」
ちょっとピンが甘いっすね^^ゞ


とりあえず9個体のうち2個体ってとこでしたーっ(充分だって!)


ここIOPにもアオリイカ産卵床があるのだけれど、アオリイカどころか卵すらついてない。昨日の夜、泡盛バーで会った別のガイドさんが「ありゃー、ゴミだよ(笑)」と言っていたのを思い出す。

っと、アオリイカならぬ、「ケンサキイカの卵」が砂地に植えつけられている。
アオリイカと違って、砂地に直接産み付けるのかなぁ・・・?!
そーっと見てみると・・・


よく見ると、もう小さい子供達がはっきりと見えていて・・まもなくハッチアウトって感じ
可愛いなぁ~・・・大きくなるんだよぉ~!
(でもケンサキイカも美味しいよね
目が合った???




更に行くと・・・大きい「カスザメ」がででんっと横たわっている
75cmという大きさ(実寸)
どぉ、大きいでしょう??


すると、ガイドEKちゃんが何やら低くなりじーっと見てる・・・
なに見てる??



「何、何ぃ??



スレートになにやら書いている。



「何だろう???


きゃーっ*^^*



「いやんっ

と顔を赤らめては見たものの(本とか??)、何てったってロクハン姿。赤らめてるのも馬鹿ばかしぃ~ので、思い切って・・・


ツンツン


触ってみた!!
なんてこと~っ、姐さ~んっっ!!!(←ひとりで盛り上がりすぎ)

が、これはマジ、危険だったらしい
慌ててガイドEKちゃんが姐を止めた

ごめんなさい
そうそう、これ、「サメ」でしたーっ


砂地で散々遊んだあと、ブリマチ方面から水深をあげて戻っていく途中、なんと、姐、初めて自分で見つけちゃいましたっ

「ハナタツ」 自分で発見、ちょっと感動ぉ~・・・
お腹大きいかな?妊婦さんかな?



しばらく泳いでいくと、前にいた、ガイドEKちゃんがなにやら上を向いて苦しそう・・・っ

「きゃーっ、大変っ!!鼻血がぁ~っっっ
さぁ、上向いて、上向いてっ!


大爆笑していると、何故かEKちゃんが姐にその“鼻血”を渡す
渡されてじっとしてられる姐ではありませぬ!!!
もらった鼻血はちゃんと返すっ、もちろん、鼻血でっ!!!


「出ちゃいまいたーっ」 本邦初公開、姐の鼻血。
お嫁いける??
Photo@Special Thanx to Buddy Su-sang♪


・・・・いいんでしょうか?ステキな週末、これで良かったんでしょうか??
姐、こんなキャラじゃないんです。飲んでないのにぃ~


ってことで、2本目はカメラもOK、何とも充実、盛りだくさん

有名な温泉どころに行ったのにぃ、「何故だか家のお風呂で“やっぱり家が一番だねぇ。ふぅ~”とか言っちゃってる」みたいな

せっかくだからってお洒落してフレンチ食べに来たのにぃ、「行列で入れなかったから、しょうがなく近くのファミレス入っちゃったみたいっ」なんて失礼な事を言いながら、その「ファミレスがやっぱり落ち着くのよねぇ~。気取らなくていいしっ」みたいな
#って、フレンチじゃー、鼻血やらせてくれないってね?!(笑)


“こんなはずじゃなかったはず”な連休初日。文句言ったらバチがあたるくらい、大満喫でございましたっ(笑)


魚たちとの出逢い
・ウミテング(ローラー大作戦)
・ハナタツ (姐発見)
・イザリウオ Baby
・カスザメ
・ケンサキイカの卵
・マイワシ



なんだかこの日は、ショップに戻ってきてからも、“のんびり”とした時間が流れていた

DSマリオ対決で熱くなる♂たち(姐なんて相手にされず・・・皆、すっかり少年!)
外のベンチでお昼寝・・・
ギター弾いたり・・・
それに合わせてちょっと歌ってみたり・・・

皆でちょっとだけ花火したり♪

少年達^^


    

AGステキッ!!


今年初めての花火☆



梅雨は明けてないけど、「シーズン、始まったな」って実感した初日でした

どこぞでスーパーガイドぶりを発揮して超褒められてるのに・・・鼻血写真はどうなんだろ、EKちゃん?!(笑)
鼻血仲間(笑)



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「なんだかんだ、そのファミレスがいーんでしょぉ??」と見抜いちゃったあなた・・・

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #493-494 富戸

2006年07月08日 11:13

ちょいと海から離れていたバディNM、バディN蔵と、N蔵率いる体験ダイバーED○INs2人と金曜日夜から伊豆入りし、DS“釣り銭渡しバトル”で盛り上がった我々前泊組み

そして、土曜日にはこれまたちょいと海から離れていたバディY兄と、(大きな声じゃ言えないが)ヴィ○ンのバック下げてバスから転げ落ちて捻挫したバディSEが合流

ちょい海離れバディ3人(平均ブランク9ヶ月)&リハビリダイバー1人(笑)&体験ダイバー2人&姐という“今日はのんびりね♪”チームで訪れた、久々の富戸。

ダイナミックを求めつつも、どーしてもチンマリチックな最近の潜水
誰かの策略か?!とも思いたくなる今日この頃(笑)


とは言え、最近はアオリが乱舞しているらしい、噂の“脇の浜”へ行く事になり、ここ何年かアオリは外しっぱなしの姐もちょっとワクワク


富戸に着くと、今まで見たことのない「脇の浜の喧騒」と、「ヨコバマの静寂」・・・
なかなか見られない富戸の景色でございましたっ


493rd Dive
ポイント:脇の浜
エントリー:ビーチ
EN:11:13
Under the water:53min.
Under the water in my life:397h07m
気温:--℃
水温(水底):19℃
Suite:6.5mm(◎)陸が暑いっ
透明度:--m
透視度:3-15m


ってことで、1本目はアオリイカ狙いの脇の浜。

ところで今の時期、ロクハンはそろそろ辛い

セッティングしてぎりぎりまで着ないでいるから日にも焼ける
着たが最後、早く海に入らないと“最強サウナスーツ”状態のロクハン。
「これで痩せちゃうっ」と言い聞かせつつも結構シンドイ

だから~。

海に入るとそりゃーもう気持いいのです
水温も今くらいがちょうどいい。快適っ


この日も水温はとっても気持ちよく、そしてエントリー口で見た水の色は若干白濁しているものの“青”!!

「きゃーっ 久しぶり、青よ、青ぉぉぉ~


そんな青も、先に進めば・・・何となくまだ春濁ってるのか、“伊豆色”に変わっていく(笑)

砂地では、ガイドEKちゃんが得意のアレを見つけたらしい

そう「アサヒガニ」
その全容をあらわにされちゃったアサヒガニ君は・・・
いやん、こんなに出ちゃったっ


恥かしそうに・・・
早く帰らなくちゃっ!!


いそいそと砂地に潜っていっちゃった!
ふぅ~、安心♪♪



のんびり砂地を遊びながら進んでいくと、段々と透明度が落ちてくる
そう、産卵床に近づけば近づくほど・・・透明度はガタ落ち。


これだけの人が入っているんだもの
某有名都市型ダイビングショップはマイクロバスで乗り付けているんだもの
砂が巻き上がってないはずがない
アオリイカの産卵床に着く頃には、「バディどこ?、バディどこ?」な透明度だった・・


とは言え、お約束どおり何杯ものアオリが産卵床に来ていた
透明度が悪い分、アオリには近づけるし彼らも知ってか知らずか寄って来て、目の前で、“いやん”な場面を繰り広げてくれる。

そして、何度見ても幻想的で、そして生き物としての生命力を感じさせる産卵シーン。
感動。


透明度が悪いので、μ-40な姐は写真が撮れるはずもなく
何とか補正したのがこちら↓・・・残念っす
何とか雰囲気伝わりますぅ?


しかしこの写真、微妙だなぁ~^^ゞ載せていいのか?



でもでも、是非、機会があれば自分の目で一度見て欲しい、アオリイカの産卵です(マジ。)


透明度悪しとは言っても、目的を果たした我ら、帰りものんびり
何組ものダイバーとすれ違い「イカも大変だよなぁ・・・」と何となく思う(笑)

っと、海中にまるで“イルカショーやるん?”というような輪を発見。
通ります、通りますっ!



こういう輪を見て・・・じっとしてられないのが、バディY兄! 期待どおりに・・・
お上手ぅ~♪♪(言ってる場合か?)


ぷぷぷ!

その後も、バディSEの初お目見え“スレート”で、Y兄と3人、

「お腹空いたね」
「右近弁当のシャケ美味しいよね」
「朝食べてないの?」
「天ぷらソバ食べたよ」
「っつーかどーでもいいよね」

なんて会話(?)をしながらどこまでものんびりエグジット(笑)

久しぶりのアオリイカ、外すことなく満喫した姐でした~


魚たちとの出逢い
・ヒラタエイ
・アカエイ
・シビレエイ
・アサヒガニ
・ミナミホテテウミヘビ
・アオリイカ産卵
・キュウセン




494th Dive
ポイント:ヨコバマ
エントリー:ビーチ
EN:14:07
Under the water:65min.
Under the water in my life:398h12m
気温:--℃
水温(水底):20℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:5-8m


予想どおりの右近弁当(でもシャケはなかった)を残さず食べ、ちょっとしたスーパーガイドEKちゃんの“アクシデント報告”を聞き(笑)、2本目はガイドさん交代ということに。お初ガイドNHさん

新しいガイドさん、どんな海を見せてくれるのか楽しみ、楽しみ!


脇の浜の人混みと、透明度の悪さ、そして何より「空いてるヨコバマ、珍しくね??」を理由に、そそくさと移動。体験ダイバーとも合流し、いざ、エントリー。

エントリー後に、ブイの下で体験ダイバーED○INsと合流の予定だった。


が。


どーにもエントリーして来ない
ガイドNHさんが“ここにいてね”と合図し、見に行った。


さぁ、我ら得意の「放置プレーッ」

しかーし、エントリーすぐの砂地
あまり動くわけにもいかないし、透明度もソコソコなので離れられない。
姐はしばし、浮遊感を楽しんでいたのだけど、ふと下を見ると緑色のミルが。

ふふふ、何かいるに違いない


“マクラー”改め“ダイナミックマクロハンター(←今のお気に♪)”の姐はすーっと降りていった。

いました、いましたーっ

「ヒラミルミドリガイ」実寸5mm
一応、ツノ(?)があったりして可愛いっ♪



「ミドリアマモ」実寸4mm
ミルがまるで、スジコのようじゃない?(笑)



そしてーっっ!!!!


「ワレカラ」・・・激写してる場合か?>姐。
遂にっ!!



やっちゃいました(笑)
こんなちっけー生物に群がるヒト科ヒト属ダイバー5人
ワレカラにしたら、こっちのがよっぽど珍しいだろう・・・


かれこれ10~15分経った頃、ガイドNHさんが戻ってきて、さぁ移動。
が、5mmウエッターズは既に身体を冷やしてしまったので、浅瀬でのんびりということに
もちろん、ロクハンの姐は余裕だけどね!
いいのです、今日は“のんびり”なのですぅ

が、浅瀬で若干のウネリがあり、そして透明度もあまりよくなかったため(←言い訳全集)写真はほぼ全滅でした(涙)残念っ


結局、体験ダイバーには会わず仕舞い、“ビビっちゃったかな?!”なんて思いながらExit。
すると、1人はタンクを降ろしてる。1人は無事エントリーしたらしい

「姐さ~ん!!今入りましたよぉ~!いいっすよ、残タンで激写してあげて~!!」
「キャー!初めてのセルフゥ~」
「まずロープつかんでね、ロープ!!(笑)」

とガイドEKちゃんのOKが出たのでExit口からそのまま真横にいき、言われたとおりにEntry口のロープを掴みそのまま進んでいくと・・・いた
おぉ、上手、上手っ♪


おぉ、ちゃんと潜れてるじゃないのぉ~
体験ダイバー・エドK!!立派、立派~

戻ってくる頃には、「あれ?ガイドSGちゃんに何か指示してる?」風な余裕っぷり
ガイドさーん、あれ見てください、みたいな~(笑)


お見事!
ダイバーになる日も近いね、これ


最後のおまけは、ダイコンも2本目に続けてカウントしていたようなので、“1本で2度美味しい系”っつーことでタンク数には数えませぬ。

浅瀬をのんびり・・・だけどちょっとだけ長い2本目でした~

魚たちとの出逢い
・ヒラミルミドリガイ 5mm
・ウミスズメ
・ミドリアマモ
・サラサ
・ミナミハタンポ
・コウイカ
・アミメハギ
・スジコウイカ

・メイチダイ
目に一本の線でメイチ!


・オニカサゴ どアップ!
どこが目でしょう??



☆Night Dive in “紅牡丹”☆

伊豆の135号線、下田に向って、伊東の一番賑やかなエリアを通り過ぎ左に折れるカーブの手前に“紅牡丹”という中華料理屋さんがある。皆、その日は帰る予定だったのでお夕飯ということで集合!
#ここの「餃子」絶品ですわよ。1枚ペロリですわっ。


さてさて、もう一人の体験ダイバー・Aモッチー。
彼は去年の11月以来、2度目の体験ダイビング。前回は波酔いこそしたものの、無事潜り遂げたらしく、今回も“やりたい!”と言っていたので、連れてきた

が、いざ海にエントリーする時、どうやら海水を飲んでしまったらしく、自称「パニックになった」そう。
そして結局、潜れないまま終了。

彼はちょっと落ち込んでいた。
我らダイバーも気にしつつ、「次回、また来ればいいよ~」なんて言っていたのだけど、彼が一言言った。

「海って・・・・・怖いですね」


良く言った!!!
もうそこにいた、ガイドさん、バディ、皆なんだか感激?!

「そうなの、そうなのよ。海って怖いの!偉い!今からわかったら大丈夫だよ~
「そうよ~。未だにね、海の中で“不安”に思ったりすることもあるしね~
「皆、陸ではギャーギャー言ってるけど、実際、海に入る前は真剣なのよ~

皆さんでも、そうなんですか!!」

一同「そうそう!!!


彼は一度経験していたこともあり、自分の中に「ま、大丈夫でしょ♪」っていう気分があったと認めていた。だから急に海水を飲むという本人的“思いもよらないこと”に遭遇し、パニックになったと・・・


地元まで一緒に帰った別れ際、彼は

「皆さんに迷惑をかけて本当にすみませんでした」という言葉と共に、

「でも、次はきっとまた潜れそうな気がするので、また連れて行ってください!

と言った。嬉しかった~

「海は怖いわよ~!」と言うと、「知ってます!」と言って笑ってくれた。

良かった、海が嫌いにならなくて


今シーズン、また新しいダイバーが増えるかもね



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「アオリイカ、見に行く、見に行くぅ~ 」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。