--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #491-492 田子

2006年06月25日 09:27

前日は、結局何時まで飲んだんだろう・・・
ともかく笑って、笑って、疲れちゃったぁ~みたいな感じだったな(笑)


の割にはなかなか快調な目覚め

今日もお天気は何とか持ちそうな気配!


バディ妹は昨日のムーンウォークが効いたのかパスすることになり(笑)、総勢7人で2日目がスタート!!

2日目は、昨日とガイドさんが交代になって、前評判“素敵ガイド”のFちゃん!
さてさてどんな海を?!



491st Dive
ポイント:弁天島
エントリー:ボート
EN:9:27
Under the water:49min.
Under the water in my life:395h31m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm (○)
透明度:--m
透視度:3-5m


1本目ということでまたまたのんびり弁天島へ。
姐はこの時、あんなに見たかった“アレ”と“アレ”が見られるとは夢にも思っていなかった・・・ むふふ


エントリーすると・・・み、見えない
相変わらずの透明度

でも、昨日より少しだけ陽の光が届いていて水中は明るい感じ
アントクメをかき分けながら砂地へ降りていく。

っとなにやら、砂地に動くものを発見!
そーっと近づいていくと、タコ!!
すぐFちゃんに教える 「スナダコ」らしい。
タコというとガレ場っていうか・・・貝や穴とかのごちゃごちゃしたところにいるイメージがあったので、砂地に“にょろん”と出ているタコは、姐にとっては珍しく見えた
砂にいるからスナダコ?まんまやんっ!


その近くには「ハクセンアカホシカクレエビ」
イソギンチャクが替わった模様でなんとも綺麗
イソギンチャク、綺麗でしょ??


エビを皆で順番に写真を撮っている待ちの間に、砂地にウミウシ発見!!!
・・・と思ったら、ヒラムシ
2cmのヒラムシ実寸っす(笑)
ヒラムシとウミウシ、どう違うの(・・?)


大きな根の回りで思い思いにマクロな生物を探す
「イボイソバナガニ」は口が短いのが♀だそう(これは♀ね!)
チューッって口が長いのが♂なんだって!!(だよね?Fちゃん、合ってる?!)
チューの口が短い♀♪


そして、まるで普通に何かマクロな生物を見せるみたいにFちゃんがライトで照らしたその先にっ!!!

姐が、前から見たくて見たくてしょうがなかった“柄”がっっ!!!!

きゃ~ん、思ってたよりずっと綺麗っ!!

それは「トラフケボリタカラガイ」
またこの色合いが美しいぃぃ^^v


しかも、3個もいたのです
もう食いつく、食いつく(笑)多分、思わず、ひとりガッツポーズしてたんじゃないだろか??
前からタカラガイ系はとっても好きだったのだけど、姐宅のトイレに飾ってあるマリンダイビングの付録(多分)の2006年カレンダーの6月の写真が、この“トラフケボリタカラガイ”だったので、6月の間中、朝晩とあれやこれやしながら「綺麗だなぁ~、見てみたいなぁ~」って眺めていたのです(しかも撮影地は八幡野だった)
タカラガイなのにっ、あまりの興奮にちょっとタッチで中の貝模様を“チラ見せ”してもらうのをすっかり忘れてしまいました・・・ がっくり。次回こそっ!


(多分姐だけは)興奮覚めやらぬ状態の中、根を上がる感じで水深を上げていくと、その頂上に近いゴロタの部分に白い綺麗なレース・・・のような「シロハナガサ」が2匹
よーく見ると、そのうちの1匹の体内(?)に何か入ってる・・・
共食い?卵?内臓???うに?(笑)
何が見えてるのかしらん??




そろそろ時間だなぁ~なんて思い始めた頃、Fちゃんがものすごい勢いでライトを振り始めた!

呼ばれた我らは、順番にアントクメの中を覗き込む。
チラッとガイドFちゃんを見ると、超ニコニコ&若干得意気!
え~っ・・・なんだろう・・・・!!!!!!!

!!!

なんとぉっ!縞々「シマビクニン」(本名は「スナビクニン」よん)
姐、初めてみたぁぁぁ!!!!!!!!すごーい、目の周りまで縞々ぁぁぁ
どこまでも縞々々々々々々々なのですぅ~^^


でもって、前にはじめてみたスナビクニンに比べると・・・大きいっ!
8mm~1cm位かなぁ。なんせ、アントクメの生え際の根(?)の中にちょこりんと、我が家チックに収まっているので、測れません。っつーか、奥に入っちゃったら大変だしっ


 ちょっとちょっとぉ~、ステキステキステキーッ!!
素敵ガイド、Fちゃん、ステキーッ!!!!(これくらいでいい??笑)


 もう一本目でお腹いっぱいざんすぅ~
で、・・・・・あれ、田子ってダイナミックポイントなんだよね?(爆)


魚たちとの出逢い
・スナダコ
・ハクセンアカホシカクレエビ
・ヒラムシ(2cm)
・ウスイロ(4mm)
・イボイソバナガニ
・オルトマンワラエビ
・トラフケボリタカラガイ
・シンオウギガニ
・シロハナガサ(元ユビノウハナガサ)
・スナビクニン(縞々なので=シマビクニン)




492nd Dive
ポイント:沖のフト根
エントリー:ボート
EN:12:10
Under the water:43min.
Under the water in my life:396h14m
気温:--℃
水温(水底):17℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:5-8m


1本目でダイナミックポイント田子のダイナミックマクロ生物(?)に大満足な姐。
2本目は外洋再びっ!ってことで、もう一度、昨日の激流ポイント、沖のフト根にチャレンジすることに


おっと、昨日に比べると流れもだいぶ収まってる?!(そうでもないか^^ゞ)
2本目は(本家?)姉族3人と素敵ガイドFちゃん。
メンツ的には・・・相当ダイナミック(笑)

根の回りを優雅(なつもり)に流していく
タカベ、イサキ、恐ろしく大きくなってるマダイなんかが根の回りを取り巻いてるお魚メンツは昨日と同じかそれ以上。
ダイナミック!!・・・だけどぉ、透明度も相変わらずで・・・
見事にグリーンで^^ゞ



妹族代表、ムーンウォーカーバディ妹がいないせいか、姉族3人は昨日よりずっとのびのび(笑)
もしくは、途中で、飽き飽き?!^^ゞ

それに気付いたのかFちゃん、沖のフト根でもマクロ生物探しを始めた(笑)

大きな「ニシキ」をゆらゆら揺れながら写真撮影していると、Fちゃんに呼ばれる。バディY姉が、指差す先にはY姉発見の「アケウス」のペア。
残念ながらピンぼけ
もじゃもじゃしながら仲良さそうにしてた


そんな中、姐は思い出していた。
昨日からベニサンゴにいるという「ベニサンゴガニ」がとても綺麗だと話を聞いていたけど、姐は見たことがない

“それ、探してみようかなー”なんて「ベニサンゴ」を注意深く見てると、

“おっ、カニだっ!これか???

“・・・ち、違うよねぇ?でも、一応、パチリ
こんなに大きいのか??ベニサンゴガニ?!


と一人遊び中に、Fちゃんが呼んでくれるその指先にも「ベニサンゴ」・・・

・・・・予感的中(笑)
全然、違うじゃん!!

本物の「ベニサンゴガニ」を除くと、目があったっ
ヤツは相当“ぎくっ”としてた!!!!
見て、このどっきりぶり(笑)
驚きすぎだってばー(笑)


あ、もちろんですが、最初のはただの(?)「ショウジンガニ」です、お恥ずかしい
「ベニサンゴガニ」はとっても綺麗なカニちゃんでした


エグジットのラダー際では、素敵ガイドのFちゃんが、ラダーを上がろうとするバディBBに、これでもかと「ちょっと待てよっ」と拓哉っぷりを披露してる(笑)
最後の最後まで大笑いだよぉ~

2本目はダイナミックに始ってマクロに終わるっつー、1本で2度美味しいダイビングで、これまた満足、満足!


魚たちとの出逢い
・タカベ
・イサキ
・ウメイロ
・キンギョハナダイ
・サクラダイ
・スジハナダイ
・スズメダイ
・カタクチイワシ
・マダイ(老成魚)
・イシダイ(クチグロ)
・イスズミ
・コロダイ
・コクチフサカサゴ
・ニシキ
・オルトマンワラエビ
・アケウス(ペア)
・ショウジンガニ
・ベニサンゴガニ
・トウシマコケギンポ

・ベニキヌズツミガイ
これもうっとりな美しさ♪



=====


何となく、話に聞いていた“ダイナミック田子”を満喫したのかどうか未だ微妙だけれど(笑)久しぶりの西伊豆の海、外洋、そして楽しいバディに囲まれて、田子はとっても好印象

でも、いつか“本当の田子”を見てみたい!という思いを残しての撤収でした


最強ギャル軍団バディの皆々さま、お疲れちゃんでした~
あれやこれや、本当に書ききれないくらい笑ったねぇ~(笑)
またギャル会やりましょっ

そしてそして、そんな最強ギャル軍団に恐れることなくお供してくれた、ショップの“素敵ガイド”Fちゃん、“マクロの師匠”Kっきー、ありがとう!
お初でしたが、こんなに無口で人見知りで恥かしがりやでお酒も弱い姐と仲良くしてくれてありがとうね!(笑)バディBBが「絶対、楽しいから!!」と言っていた意味がわかりました
また、遊びいくよ~、必ず。 ほら、物質(ものじち)もあるしね~
最強ギャル軍団ばんざい☆



梅雨のサナカの西伊豆、初田子、楽しかったねぇ~
ばんざーい


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「シマビクニン、すっげーっ!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
スポンサーサイト

ダイブログ #489-490 田子

2006年06月24日 12:54

思いおこせば、4月
バディBBからの1通のメール

「素敵ガイドの○○ちゃんと行く田子BBQツアーのお誘い

素敵ガイドって?素敵ガイドって???!!
6月ってそんな先の予定・・・わかんないけど、行く、行くっ!!(笑)


ってな訳であれよあれよとその日はやってきて、姐、初めてのショップ、初めての田子、初めての“素敵ガイド”(笑)にやや緊張しつつ降り立った伊豆高原駅には、いつもの笑顔でバディBBちゃんが待っていてくれた
見慣れた顔のバディMEちゃんに、バディSっちに安心する

「久しぶりぃぃ~!!!

そして、初めて会う、4月から超妄想してきた“素敵ガイド”のFちゃん、そして天下のマクラー・バディYGが「マクロの師匠」と慕うKっきー、バディBBの実妹、バディ妹(まんま 笑)、姐と同じ位シャイで人見知りで無口なバディY姉

「は、初めまして・・・ ポッ 姐です


現地集合のバディNMとバディRさんを除く♀5人と♂2人がまずは集合!

初めてさんが多いので緊張・・・・したのはほんの一瞬!
車に乗るなり「まずは、これで耳そうじどうです?」ときたもんだ、バディ妹、恐るべし
この時点で、この最強ギャル軍団を2日間相手にするガイドFちゃん、Kっきーの覚悟は決まった事でしょう(笑)


“伊豆地方は雨かも”の天気予報はギャル軍団に恐れをなしたのか、見事に外れ、いいお天気!

いざ、西へ~



489th Dive
ポイント:弁天島
エントリー:ボート
EN:12:54
Under the water:52min.
Under the water in my life:394h07m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm (◎)
透明度:--m
透視度:3-5m


初めての田子。
田子と言えば、そう「ダイナミック地形っ」なのである。

沖縄ですっかりダイナミック魂を取り戻しつつ、先週は千葉で思いっきりウミウシを堪能しちゃった姐は、久しぶりの「伊豆ダイナミック」に胸を躍らせていた

田子に着くと、姐の愛するバディNMとバディRさんが到着済み
これにて、最強ギャル軍団、完成!!うふっ


お天気はいいものの、梅雨前線の影響で海はやや荒れ気味。
まずは、内湾の“弁天島”で軽く足?フィン?慣らしという事で。

“そうよね~、そうよね~。ま、外洋は我慢だわ さ、どんなダイナミックかしら~

もう姐はワクワクなのである


チームは、典型的な妹族“バディ妹”と、それを囲む姉族“バディBB、Y姉、姐”。
注:妹族⇒とりあえず「お姉さ~ん♪」と甘い声を出せばなんとかなると思ってる生き物。
注:姉族⇒「全くもぉっ」と言いながら、それをほっておけない生き物。

そしてガイドさんは、Kっきー。

“マクロの師匠、Kっきー でも、ここは田子。何を見せてくれるのかしら~ん


そしていよいよエントリー!
久しぶりの西伊豆、久しぶりの伊豆ボート、えーいっっ!!!

・・・・

“み、見えねぇ・・・・


そうです、この時点で、役者は全て揃ってしまったのです!!

ガイド⇒マクロの師匠、Kっきー
透明度⇒3m
流れ⇒ほんの小さなうねり
姐⇒「ものさし」装備

案の定、Kっきーが真っ先に見せてくれたのは
ダイナミックな田子の海で~っっ

ヒロ 「3mm」(笑)
けなげな3mm ヒロだぜ!


そしてその瞬間、姐は自分でも想像できない・・・というより無意識にその行動に出たぁ!!

「3mm計る。」

写真がなくて残念(笑)
まだ30本未満のバディ妹、海の中で思ったらしい。

「この人達、何が楽しいんだろ???

それを見たバディY姉、姉族らしくその妹の“?”を察知し、うっかり「何か見せなくちゃ!」と思いそこいらのTKG(トウシマコケギンポ)を見せたらしい(笑)

その頃、姐とKっきーは間違いなくテンションが上がっていた(笑)

大きな根にたどり着くと、アオ発見。
ウスイロは相変わらず本当に薄幸な感じ~

透明度の悪い中、はぐれないように姉族は唯一のバディ妹を皆で見守る。愛じゃないぃ??もちろん、妹族はそんなの感じてないけどね、どーせ(笑)


別のギャル軍団とすれ違う。
手を振ったりして~・・・・っと、バディRさん??!
しばらく見ていたのだけど、Rさんってば我らチームに溶け込んでる(笑)
近づいていって“あっちだよ~”って教えたのだけど、ニコニコ笑ってる。可愛いっ
うっすらとガイドFちゃんが手を振ってるのが見える。
姐はもう一度、“姐はこっち、Rさんはあっち”とジェスチャーをした。
っと、R子さん、“ひえぇぇ~!!!”とばかりに状況に気付いたらしい(笑)
そこにガイドFちゃんが迎えに来て、無事、引渡し完了♪


更に透明度の悪い中を、あれやこれや捜索していると、ガイドFちゃんが再び現れた。
“ん?今度は??”と思うと、なんだか手を広げて“大きい、大きいっっ!!!”と言ってる!

遂に来たかダイナミーーーック!!!!

KっきーがFちゃんについて我らを誘導したその先には~っっ!!!
でんっ
マジ1.5m!!


なんとあり得ない大きさの「アカエイ1.5m」!!!
皆、大興奮なのが泡の出具合でわかる!
穴の奥に平べったく(当り前 笑)横たわっていたかと思ったら、す~っとわれらの上を覆い被さるようにしながら泳いでいった。

っと思ったら、また近くでFちゃんが“ここ、ここ!!”の合図っ!!
今度は更に大きいっ「アカエイ2m」!!!2匹目~っ!!!!

もう、びっくり


・・・と、もしかしたら一番大興奮していた風のガイドFちゃんが何やらオーバーアクションで騒いでる
“ここで待ってて”風・・・

「あ・・・ ふふふ

姐はすーっと1匹目のアカエイの所に戻り、ある物を拾った。

「はい

ライトを手渡す。
さっき騒いでいた時に発見していて、“戦利品だわ”と返りに寄って返ろうと目をつけていたそれは、Fちゃんのだったらしい。

「500ペソ

を請求すると、海の中抱きしめられてしまった。
多分「ちょっと待てよ~っ」と言っていたに違いない。
やるな“素敵ガイド”(笑)


そんなこんなで、またチームに別れた帰り際。
ガイドKっきー、泡ぶくぶく!!!
伊豆では珍しい「トウアカミドリガイ」 
うーん、色が飛んじゃってて、普通のミドリガイみたい
うーん、色がっ。惜しいっ(涙)


最後まで、マクロな師匠っぷりを発揮したKっきーは2mmの「アリモ」を網(?)の中から救い出した。
恐るべしKっきー・・・さすが。
網網から救われた♪



1.5~2mのアカエイこそダイナミックだったけれど、他はマクロ(Kっきーのせい?笑)
両極端な田子の1本目に結構、大興奮な姐なのでした~


魚たちとの出逢い
・ヒメギンポ
・ボウズコウイカ
・ヒロ(3mm)
・アオ 2P
・ウスイロ
・ネンブツダイ
・シロ 2P
・トウアカミドリガイ(珍)
・アカエイ 1.5m x 2
・アリモウミウシ
・オルトマンワラエビ

・セブラガニ
綺麗に撮れた♪


・ウミウシ・・・・の卵
よくまぁ綺麗に産むよねぇ・・・(しみじみ)



490th Dive
ポイント:沖のフト根
エントリー:ボート
EN:15:50
Under the water:35min.
Under the water in my life:394h42m
気温:--℃
水温(水底):15℃
Suite:6.5m
透明度:--m
透視度:3-5m


2本目は、いよいよ田子がダイナミックと言われるその真髄を!という事で、“沖のフト根”に。
ボートキャプテンが「流れが速かったら止めましょうね」と言っている。

いよいよだぁ~ わくわくー


“必ずロープを持って”と言われていた指示に従いロープ伝いに降りていく。



っつーか、あのマクロの後にこの流れかよっ!!
かなり流れてる

どこまでも両極端な田子、恐るべし(笑)
が、どちらも変わらないのが1つだけ。

・・・

み、見えなくね??

透明度、悪し。残念っ


グローブをして来なかったことを後悔する。
指示棒が大活躍。

だけどだけど。
すごい!!

タカベだの~、イサキだの~、が流れていく
マダイはどこまでも大きく、相変わらずなまったり感で群れてる。

写真?
撮れるわきゃーありませぬ。
何とかとったのがこれ・・・・マダイ。遠近法では7cm(笑)
ダイナミック・・・っつーか・・・(汗)


根の裏側では流れに逆らい、根につかまりながら進む。

本物お姉ちゃんバディBB ガシッ
面倒見のいいY姉 ガシッ
元祖(なのか?)姐 指示棒 グサッ

そして“姉さんズ”は、もちろん皆がみんな・・・

「い、妹は???



なんと~っっ!!!
まだ30本弱の妹ぉ~っっ!!!

つかまってない、どこにも
そして、マイケル・ムーンウォーク・・・

フィンを動かしてるのは見えるけど、あーた、進んでませんからーっ

バディを仰せつかっていたY姉がすかさず妹の手をつかみ根をつかまらせる。
バディBB&姐、“ほ・・・・
妹相手にどこまでも安まることのない“姉さんズ”(笑)


ボートに上がるなり3人のお小言を聞くハメになるバディ妹だけど、もちろん

“だってぇ~、魚になってたんだも~ん

とか言う。まったく、姉さん心をくすぐるヤツだぜ


ってな感じで(どんな? 笑)外洋のダイナミックさが伝われば幸いざんす。
#伝わりにく~っ (ひとりボケツッコミ)


魚たちとの出逢い
・マダイ群れ
・イサキ群れ
・タカベ群れ
・キンギョハナダイ
・サクラダイ
・イボ
・アオ
・モロコ
・カツオ
・ヒレナガカンパチ

・スズメダイ群れ
何となく・・・ダイナミック?(違。)



☆Night Dive in 田子☆

さって、この日はBBQが最初から予定されていた♪
マグロのカマも特注、どうだっ!
目の周りがコラーゲンなのよぉ~^^


今日初めて会った人がいるとは思えない最強ギャル軍団で乾杯
かんぱぁぁぁ~い♪♪


BBQはどこまでもゴージャス!
ギャル会とは思えない量!(笑)
どんだけ食うんじゃい?!(笑)


楽しい時間は過ぎていく
よく笑ったよねぇ~♪


どこからともなく、アフロが出てくる・・・何故?(笑)
何で、格好つけてんの?!(笑)


皆、調子にのる、あの人もこの人も
うふっ♪


ギャルに戻って♪(あ、今もギャルだった!)
サタデーナイトフィーバーなのよぉ~っ(古っ)


最後は皆で港に行って、風に吹かれながら酔い覚まし

「初恋の人の名前覚えてる~???

なんて話しながら。
ギャルはどこまでも乙女チックなのだ


宿に戻って寝るチームと、飲みつづけるチーム(もちろん姐はこっち)に分かれ、それぞれが気持ちよい夜を過ごしてく・・・

4月から楽しみにしていたその日は、期待を決して裏切ることなく過ぎていったのでした
明日もいい海に出会えますように
いい一日だったね☆




======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「田子すごいね~!!それよりギャルすご過ぎぃ~!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

水面休息 * 「脳年齢チェック」

2006年06月22日 23:50

皆さん、こんにちは。


「23才」


の姐ですうふっ

ちなみに、会社では・・・本当の20代前半の♀は「超17才」・・・ま、負けた
が、営業の20代前半♂は・・・画面を見ながらすごい真剣・・・そして「100才」 大丈夫か、営業!?(笑)


2週間ほど前にDSをGETする・・・そのもうちょっと前、脳年齢チェックなるものをやってみた結果が、なんと「23歳」だったのだ!
毎月、定期を買い換える時、すっごーいドキドキしながら定期売り場の係の人と目をあわさずに「30才」で申告し、どーしても「29才」と書けない小心な姐にとっては、20代っつーだけで大満足なのでしたーっ

↓そして今月も・・・(笑)
いったいいつまでこの年齢?(笑)


ちなみに、DSの結果はここでは割愛させていただきますっっ

======
ちょっと流行りもんの感がありますがぁ、ダイバーって年齢不詳な方が多いと思ってる姐
是非、ご報告を、待ってま~す^_-☆

Source and Special Thanx to バディCZ :
脳年齢チェック」 http://health.www.infoseek.co.jp/yazuya



・・・と皆が脳年齢チェックしてる間に、先週末のログを書かねばっ

======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「そんなんいーからログ書けよぉ~」と思ったそこの君・・・
まぁ、待ちなさい(笑)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #487-488 明鐘

2006年06月17日 10:02

久しぶりに“姐がマクロに・・・っつーかウミウシに目覚めちゃった明鐘”に行ってきた
#だ、だって、この予定は、姐が沖縄に行く前から決まっていたのですものぉぉぉ~っっ
ダイナミック魂をすっかり取り戻した(はず)の姐は、“これが最後かも・・・・”と思いながらその前の何日かを過ごしていた


器材を送っていたのもあり&ちょっとお久しぶりなのもあり・・・・事前にお電話で、ガイドJさんにご挨拶

「あ~、久しぶりですね~で、どうしていつもこういう悪い時に来るの?」

・・・・
そ、そうなんだー・・・・

前日に海況の確認をしにまた

「この雨でねぇ~・・・。ま、明日は3m位見えればいい方かなぁ。来週とかに変更できないの?」

・・・・
で、出来ないんですー・・・・。

「と、とりあえず、バディに相談しますっ!海は悪くても、いるもんはいるんですよね??
「あぁ、それは大丈夫


そして我らがウミウシ隊長、バディMP、迷うことなく

「え?3m?そうなんだー、でも、行くでしょ?もちろん行くよね、はい、決まり ガチャッ、ツーツーツー

・・・・

ということで、バディHPと♀3人、アクアラインの“海ほたる”でいつもの様に待ち合わせ、いざ“コーヒーカラーの3m(かも)”の海へ向ったのであったーっ
道も順調、途中の霧は今日が晴れる予感
予定より30分も早く到着っ!

「Jさーん、着ちゃいました~っ

※明鐘のログは全て敬称“ウミウシ”略です(笑)


487th Dive
ポイント:お花畑(一の根)
エントリー:ビーチ
EN:10:02
Under the water:67min.
Under the water in my life:392h09m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm (◎)
透明度:--m
透視度:3-5m


ショップで着替えて海へ。
っと予想に反してエントリー口は透明感がある!

「あら?何かいーんじゃない?もしかして~

エントリーすると、意外にも(!)見えるぅ~
いやーん、これくらい、アリアリですぅ~
だって、私達、伊豆で慣らしてますから~っ(違。)


ロープ沿いに湾内を進んでいって間もなく、目の前をヒラヒラと舞うウミウシが。
カメラのファインダー部分に乗せて、そーっと運び、皆に見てもらう。
ミドリガイ系のそれは「アズキ」
17_Azuki.jpg



更に、ロープ沿いにしばらく進み、ポイントの“お花畑”に到着。

“さって探すか~♪♪”と思う姐。
明らかにワクワクしてました、はい(笑)
今日はどんなウミウシに出会えるかしら、と思っていました、はい(笑)

ガイドJさんが「ミツイラメリ」の黄色バージョンを見せてくれた


っとその時、姐の目に飛び込んできたそれはーーーっっ!!!!
なんと、2mmの「コトヒメ」!!残念ながらピンが合わず、写真はNG
ガイドJさんも、ちょっとびっくり。虫眼鏡で確認してる(笑)
“ちょっと、ちょっと、今日も冴えてるわ~”と思いながら、血が騒ぐ姐


ではでは、うだうだ書かずに、ウミウシオールスターズいきますわよぉ~♪
ご覧あれ~

「サラサ」
姐はこのザ・普通なサラサが結構好き♪写真の撮り方で色んな表情を見せてくれる
17_Sarasa.jpg


「シラユキ」
※体に赤い点々があるのが“シラユキ” 残念ながらウエスト消滅(笑) 
17_Shirayuki.jpg


「シラユキモドキ」
※赤い点々ないけど、腰がくびれてるのが“シラユキモドキ”(こっちのがギャルか?)
17_ShirayukiModoki.jpg


「サクラミノ」白バージョン バックが黒でちょっと美しくなぁい?
17_SakuraMinoShiro.jpg


同じく「サクラミノ」白バージョン 緑の海草とのコラボ♪
17_SakuraMinoShiro1.jpg


またまた「サクラミノ」今度はピンキーバージョン
17_SakuraMinoPink.jpg


「ミツイラメリ」の白バージョン。黄色バージョンは・・・ピン合わずっ
17_MitsuiWhite.jpg


「オニショウジョウ」はなんだか・・・可愛げない感じぃ~と思っていたら、指でちょっと押すと、黄色い“ヨードチンキ”を出しやがったっ!!!
(って“ヨードチンキ”わかるぅ???笑)
17_OniShojyo.jpg


去年は砂地のあちこちに見た「ミスガイ」も今年は卵だけ・・・??(←んな訳ない)
と思っていたら、こんなところに発見。普通に根の中腹につかまって(?)いました(笑)
※ミスガイは普通は砂地に潜ってるそうです・・・
17_MissGuy.jpg


等々・・・・

確かに透明度は5m、悪いところは3m。
それでも逞しく、そして美しく生きてるウミウシ達は健在っ!

いや~ん、やっぱり、楽しいぃっっ!!!(笑)


ウミウシたちとの出逢い
・ミツイラメリ(黄色)
・ミツイラメリ(白)
・サラサ
・シラユキ
・シラユキモドキ
・サクラミノ
・オニショウジョウ
・アオ
・キイロウミコチョウ
・シロ
・ミスガイ
・コトヒメ(姐発見)



488th Dive
ポイント:湾内~カブト先端
エントリー:ビーチ
EN:12:36
Under the water:66min.
Under the water in my life:393h15m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:2-4m


一本目入る前は、「まぁ、最悪長めの1本でもいいよねぇ~」なんて言ってたくせに、1本目終わったらすっかりノリノリ(笑)

インターバルの間、ガイドさん達とパラオの話で盛り上がる。
・・・でも何故かウミウシ&マクロ話(笑)
姐が前回行った時はまだウミウシには目覚めていなかったものの、ハゼなんかの砂地のお魚ちゃん達は大好きで、話に花が咲く。
“パラオのウミウシ・・・・見てみたいっ!”と思う自分が怖い(笑)

午後から曇り→夜は雨なんて予報だったけど、2本目はまだよいお天気で水中もOK


エントリーしてすぐだった。
ガイドロープ沿いに沖へ泳いでいく途中、ふっとロープが気になった。
そう、また、ウミウシに呼ばれてしまった姐であーる

ロープをそっとずらして見ると、見たことのないミノ系のウミウシが!
とっても綺麗!
何とか写真を撮ろうとしたけれど、どーしてもロープが邪魔&そのロープを触ると砂が巻き上がっちゃう・・・ということで、ちょっとだけ動いてもらって、パチリ☆
「カスミミノ」
17_KasumiMino.jpg


これを見つけた姐、ガイドJさんに褒めてもらって、嬉しっ


先端方面は少し透明度が落ちたかな~という感じ。
上手に泳がないと砂が巻き上がっちゃう!

ふと見ると・・・・シロ3Pを見つめるシロ1P!!!
17_ShiroFamily3.jpg


っと思ったら・・・つ、遂に・・・シロ、よん、4P!!!!
17_ShiroFamily.jpg


普通種もこれだけ集合すると見ごたえあります(笑)
その後も、シロは沢山見たなぁ・・・大量発生中???


そして、ガイドJさん大興奮の「シロホクヨウ」
これは相当レアらしい。この幾何学模様がすごーい・・・
あまりにも小さくてピンが合ってるような合ってないような・・・
17_Shirohokuyo.jpg


お隣には儚げな名前の「ウスイロ」
なんか地味~・・・な感じで、名前も薄~い感じで・・・(笑)
17_Usuiro.jpg


そしてっ!姐初めての「黄色海子」!!感動!!
でもぉ~・・・ちょっと小さすぎ 姐が図鑑で見たイメージとはちと違う。頑張って大きくなってね、また見に来るから~
17_KiiroUmiko.jpg


でもって、リュウグウ系発見っ!これ、すごくなぁい???
しかも、図鑑で調べたその名前が笑える・・・・だって、そんな名前さぁ~、可哀想じゃない?もっとちゃんとした名前つけてあげなよ~、番号だよ、番号!!
え?いいから早く名前言ってって? その名も・・・・
「ニシキリュウグウ属1種の3」・・・・覚えてあげてください、2じゃなくてです(笑)
17_Nishiki1_3_1.jpg


最後はザ・普通の「キイロイボ」
だけど、姐、この写真ちょっと気に入ってます
何か、優しそうじゃない?このキイロイボちゃん・・・・
17_Kiiroibo.jpg



うーん、やっぱり楽しいウミウシパラダイス、明鐘・・・。

姐、もう素直に認めます(笑)
体に“ウミ探(魚群探知機ならぬウミウシ探知機)”埋め込まれてるし
ダイナミックもマクロも、どっちも大好きっ♪
がーっ流されるドリフトも、根に張り付いてマクロも♪

そりゃー、人間、どっちかに決められないことなんて沢山あるぢゃんねーっ
“しゃぶしゃぶ vs 鉄板焼”とかー
“日本酒 vs 泡盛”とかー
“伊勢海老 vs タラバ蟹”とかー
“仕事の後の中生 vs 風呂上りの中生”とかー
“竹之内豊 vs 妻夫木聡”とかー、とかー、とかー、とかー・・・・

これからも、両刀でいきますっ!
えぇえぇ、なんとでも言って下さいっ(笑)


ウミウシたちとの出逢い
・カスミミノ(姐発見)
・サクラミノ
・ニシキリュウグウ属1種の3
・シロホクヨウ
・ブドウガイ
・ウスイロ
・コトヒメ(姐再び発見)
・キイロイボ
・アオ3P
・シロ3→4P

【おまけ】
・タコボール
17_TakoBall.jpg




明鐘のお楽しみのひとつが、このオーナーでありガイドあるJさんのランチ♪
今日は、揚げ茄子&高級魚太刀魚のフライ&さわらの照り焼き
最高、美味しいぃっ!!特に太刀魚はふわふわで、感動もんっしたーっ
もちろんご飯はおかわりっしたーっ へへっ
17_Lunchi.jpg




======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ウミ探、自分もつけたぁい!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆


ダイブログ #485-486 富戸

2006年06月03日 11:14

沖縄に行っている頃には、実はもう帰ってきてからの潜水計画を何となく経てていた姐(早っ)
それは・・・ホタルの季節がもうすぐだから☆

そしてそして、今年も行ってきました♪
伊豆ホタルツアー(ついでにダイビング 笑)、集まったメンバーは・・・そう、GWの“合コンメンバー” feat.バディSH!

・・・っつーか、もう“合コン”じゃぁないでしょ、それって!?
いつまで言うつもり???(笑)



485th Dive
ポイント:ヨコバマ
エントリー:ビーチ
EN:11:14
Under the water:46min.
Under the water in my life:390h12m
気温:--℃
水温(水底):16℃
Suite:6.5mm(○)
透明度:--m
透視度:2~5m


週末の前から何となく低気圧がとおったり怪しいお天気。
“雨が降るとホタルも光らない?!”情報もあって、ちょっとドキドキ。
天気予報とにらめっこだったものの、何とか天気予報マークは曇りな土曜日。
なのに、伊豆に向う途中にはパラパラと雨が降り始め・・・風も・・・うーん

ショップに着くと、意外にもポイントは富戸!!
久しぶりの富戸にちょっとワクワクだけど、出入り大丈夫かしら?って少し心配。

実は例の“合コンチーム”にはれっきとしたイントラ、ガイドさんがいる あの浮島でちゃんとアオを探してガイド認定のSGちゃん!(笑)
前回はバディSGちゃんだった♂が、今回は我らのガイドSGちゃんに
きゃー、楽しみ

1本目は砂地~左方面へ。

エントリーしてすぐ・・・・「み、見えねぇ・・・
でもって、久しぶりのアルミタンクに「し、沈まねぇ・・・・

ガイドSGちゃんの「?」合図に「重り個」とお願いしてもらう。
ポケットに追加して、“バディSさんとはぐれちゃいけないわ!”とバディSさんを振り返ると・・・「重り個」・・同じポーズ(笑)

泳ぎ始めるも・・・はぐれないようにするのが精一杯
うーん、沖縄帰りの姐に“忘れたのかっ!”と言わんばかりの“伊豆の海”・・・
そうそう、これが我がふるさとの海よねぇ~・・・(違っ。)

ともかく、皆、はぐれないように泳ぐ、泳ぐ・・・
バディSE、ついてくわーっ(ハート)



ダイナミックダイバーに戻った(はずの)姐は、もうアントクメなんてめくらない。
中層を何となく眺める・・・何もいないけど

バディYGちゃんは・・・やっぱりアントクメ・・・めくりまくり。
時々、アントクメ林の中に埋もれるからドキドキする(笑)

それでも、何となく初ガイドSGちゃんのガイディングにわくわくしながら、砂地を泳ぐ。
何かいるんだろうけど・・・だって、透明度悪すぎなんですものぉ~っ!
きっと見えないだけで、沢山いたのよ・・・(何かがっ、きっとっ

中層をキョロキョロしながらすすむと、砂地をライトで照らすガイドSGちゃん。
おっと、何かいたかっ!!!!小さなサカタザメ??!と思ったら、「ワニゴチ」(笑)
可愛いじゃないのぉ~、ワニちゃんもう何だっていいわーっ、みたいな(笑)
アナタはワニなの?コチなの?!


水深を上げて引き換えす途中、越冬したと思われるクマノミが♪
うーん、よく頑張ったね
そしてその向うに小アジの群れ。キラキラ綺麗。バックの緑(の海)によく映える(訳がない)!


そんなこんなで(どんなだ?)兎にも角にも皆はぐれずに無事生還
ほとんど何もいなかった割には、いつものショップガイドさんではなく、我らが合コンチーム ザ・ヤンゲストのバディSGちゃんあらためガイドSGちゃんを筆頭に無事帰ってきた感じが、「お父さんもお母さんもいないけど、頑張った子供たち」みたいな風で、何だかとっても楽しかった姐(笑)
“結構、やるじゃんねー、私達ぃ~”みたいなっ (って何もやってないんだけどさー 笑)

ガイドSGちゃん、お兄さん、お姉さんをしっかりガイドありがとね!何もいないのはSGちゃんのせいじゃないわよ、わかってるわ

で、バディ達の残圧が3桁だったのに、ガイドさんだけが2桁だったことは、もちろんナイショにしておいてア・ゲ・ル!!(笑)

魚たちとの出逢い
・ワニゴチ
・ホウボウ
・小アジの群れ
・クマノミ
・緑の海大群


486th Dive
ポイント:ヨコバマ
エントリー:13:21
EN:ビーチ
Under the water:50min.
Under the water in my life:391h02m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:2-5m


そんな海にも拘わらず、撤退もせずに(懲りずに・・・)2本目に挑んだ我ら。
今度は、右方面、アオリイカの漁礁狙いってことで!

そして、アオリイカ漁礁にはっ・・・・何もいない
どこ行ってるんでしょう?こんな中、わざわざ会いに来てあげたのにぃ~っ
ぐすん

漁礁のそばにボテッと「サツマカサゴ」
いつもボテッと現れる(笑)


このサツマカサゴ、何やら口をパクパクしてたんだよねぇ。何だったんだろうあれ。
口の中に何か詰まってる??



あちらこちらで「ミノカサゴ」がさりげなーく「クロホシイシモチ」の群れに混ざってる。狙ってるの?
4-5箇所で同じ光景を・・・



チビッコ「シビレエイ」なんだか元気なさげ。
我らとは遊んでくれない雰囲気

そして帰り道、姐、初めて自分で見つけました♪
「ツキヒガイ」 これ、結構感動。“自分で発見”ってことに!
砂に埋まってるとこ写したかった! >_<


見事に砂地に埋もれてたけど、あの、コチョコチョする貝の周りの毛(?)がバレていましたよ~、むふふ
んが、このツキヒガイ、元気ない。
うーん、きっと色んなダイバーにおもちゃにされてしまったのでしょう・・・・ごめんよ(涙)


ってな訳で、ここ最近では一番短いと思われるログを終了します!
だって、ほんとに何もいなかったんだもーーーーん!!!!!(笑)

ちなみに、ダイナミックダイバーに戻った(と思われる)姐は、このダイビングでアオウミウシ1つ見ませんでした。ここ何本かでは初めてかもしれませぬ!!
目がダイナミック系になってるのかなぁ・・・・(いいぞ、姐!!! 笑)

魚たちとの出逢い
・シビレエイ
・ヒラメ
・サツマカサゴ
・クロホシyg群れ
・小アジ群れ
・ミノカサゴ
・ツキヒガイ(直径12cm)←やる気なし

・???(名前募集)
これ、なぁに??




☆Night Dive in 竹ヶ沢公園

ま、いーんです、ダイビングは見えなくても、出物がなくても
だって、この日のメインは「ホタル」ですからーっ

ショップに戻って、一杯やっていると、メインイベントから参加のバディMPが到着。
その日のダイビングの様子を聞いてほくそ笑んでいる・・・ ちっ(笑)

そろそろ日が落ちる・・・という時間に、みんなで大川の「竹ヶ沢公園」へ。
姐は子供の頃に、本物のホタルを見た記憶がない
両親の実家も都心だったのもあって、生ホタルを見たのは何年か前のこの「竹ヶ沢公園」だった(ちなみに生を見たのは高2)。ホタル・・・すごい感動したのを覚えてる。

駐車場ではないけど公園の近くに車を止めて、いざ公園内へ。


真っ暗なその公園、目が慣れるまでに少し時間がかかる。
ようやく目が慣れたころ・・・・

「あっ」



                                 
          


       


                 


あの暗闇の中で、儚い光がふわふわ飛んでいる様子。
とても姐の稚拙な文章じゃ書けません・・・・。
神秘的とか、幻想的とか、人間が用意した言葉のどれもあてはまらないような。

光の綺麗さと、その光を放って命が終わるホタルと・・・
なんだか言葉を無くす姐。
思わず自分の世界に入っちゃいそうで・・・
それが照れくさくて、慌てて「綺麗だね~」なんて。


そして帰り道。
車に戻ろう、というガイドEKちゃんに、姐は歩いて下まで降りたいとわがままを言った。
公園を出て、提灯をもらう。蝋燭でともされた提灯を持ちながら、水のせせらぎを聞きつつぶらぶらと坂を下っていく。
いくつもの提灯が綺麗。
水の音が気持ちいい。
時々、光る・・・・・ ホタル。

梅雨入り宣言がされていた土曜日。
運良く朝からの雨は止み、まだ少し肌寒い中をそぞろ歩きの大人たち。
そんな風情のある時間、大好き
たまには口数少なく歩くのも、いいんじゃない?!
(・・・って結構しゃべってたかなぁ 笑)


メインイベント ホタル大成功
何となくそれだけで、今年の夏も楽しくなりそうな予感(笑)


下まで歩いて降りたがばっかりに、例の泡盛バーに間に合わず
ま、それもまたよし!と
泡盛バーはいつでも行けるけど、ホタルは今だけだからね

来年もまたみんなで来れたらいいな・・・

合コンから発展・・・S家の人々(笑)



ってことで、NightDiveの最後はホテルで乾杯っしたーっ


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「海はともかく(笑)ホタルいいね~」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。