--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメの赤ちゃん *^^*

2006年05月25日 19:45

沖縄ログをお待ちのバディの皆様(がいると信じて書いてみる 笑)、今しばらくお待ちを


どーしても、タイムリーに書きたかったことがあって


昨日、こんな記事を見つけちゃった!
姐、超感激~(ヒデキ風に読んでね 古っ)

カメを見たり、カメの産卵をTVで見たりする度に「あの小さなカメはどこ行ってんだ????」なんて思っていた姐。

これは人工的に孵化した話なので、海の中じゃないのが残念と言えば残念だけど、逆に言えば、海の中でこんなカメさん絶対に見つけられないと思う

ものすごーーーーく、可愛くなぁい??
写真を更にクリックして大きくして見てみて!
食べたいくらいに可愛いからっ(って食べちゃいそうで怖い・・)

指先大のエジプトリクガメの赤ちゃん誕生


このカメの写真、パクッちゃだめかなぁ・・・
と思ったら、著作権がうんちゃら・・・って書いてあった
度胸なしの姐はロイター相手じゃ諦めるけどぉ~・・・

こっそり自分のPCに保存しちゃえっ!えぃっ!


海で見られるくらいのカメになるにゃ~、そりゃ~、万年かかるよねぇ・・・(納得。)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「きぃやーん、可愛いっ」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
スポンサーサイト

沖縄・最終日の過ごし方 のススメ♪

2006年05月22日 23:50

前日は日付が変わるまで楽しんだラッキーガールズ。
最終日は12:00頃の飛行機を+1000円で16:00に変更してもらい、沖縄を満喫しよう!と・・・東京にいるときは思っていた


が、意外に計画性がない我ら
だって、型*2に型*1・・・「ま、いっか~♪」というよりは「xxもいいよね~」「そうそうxxxにも行ってみたいよね」「そう言えばxxが言ってたxxxは?」とアイデア満載すぎて取り止めがなく決まらない(笑)そして誰もが「ま、何とかなるでしょ」と思ってるから怖い


とりあえず、姐が予約していたレンタカーを取りに1人でレンタカー屋さんに向う。

ラッキーガールズに相応しく可愛らしいPASSO
ナビOK!!CD OK!(もちろん持参)
ホテルの前でチェックアウトを済ませておいてくれたバディ達と落ち合い、いざレッツゴー!!!


・・が、なんせ決まってないから(笑)

ホテルの前でだらだら2-3分、まずは絶対外せない「牧志公設市場」&姐御用達の「HABU BOX」に行く事に♪

公設市場では最初は3人でブラブラしていたものの、いつの間にか自由行動(笑)
姐は大好きな“マミヤ八重山かまぼこ”と“島らっきょの塩漬け”を購入。あとは、TシャツとかPCモニターコレクションのシーサーとか・・・(←?)

中ほどに行ったところに三線屋さんがあった。あの音にそそられ小さなお店の中へ
実は買いたいものがあった。

※現場中継

「どんなの探してるの?」(←沖縄っぽく読んでね)
「うーん、今回は定番風な三線のCDが欲しいんです」
「あぁ、三線なら、これがいいね。このシリーズは沖縄にしかないから
「じゃぁ、これ頂きます。あと、三板も・・安いのあれば欲しいんです」
「あれ?三板できるの?」
「いえ・・・出来ないんですけど、やりたくて^^ゞ」
「そうね、そうね。あのね、こうやってね・・・」(見本演奏中)
「あぁ、やっぱりやりたーい。これもらいます
お金を払う姐・・・
「そう言えば、この前、カラクイが折れちゃって通販で買ったんですよ。なかなか東京じゃ現物見て買うの大変で~
「カラクイは削るの大変だったでしょ?」
「友達にやってもらったんですけどぉ、大丈夫かな・・・多分
「いや素人さんにはなかなか難しいからね。じゃぁ、名刺渡すから今度折れちゃったら折れたカラクイと一緒に送ってきなさい。おじさんがちゃんと合せて削ってあげるから
「こちらで買ってないのにいいんですか??
「いいよ、いいよ。東京で三線か~、頑張ってね

なんて優しいんでしょう!
こういうのがあるから、地元の人との会話って楽しい
“(有)仲尾次三味線なんでも屋” 最高っす!

ちなみに三板。さすがにマンションでは練習できず、まだやってない。
(別のオジィに100円ライターで練習しておけば大丈夫と言われ、やってみたりする姐)
今年の夏は、姐の三線とコラボしたい三板担当募集します(笑)


そんなこんなで、各自思い思いの買い物を済ませ、知るひとぞ知る「HABU BOX」へ。
毎回ここではお気に入りのTシャツを何枚か購入するのだけど・・・今回のヒット(?)はこれかな~。セレブE一押しっす
ハードなアメリカンジョークですな(笑)


ん?なんかモザイクな感じ・・・なんて書いてあるの???(R18指定)
日米○○保条約!


も、もちろん、姐が着るわけじゃぁありませぬ(笑)いやんっ


そんなこんなで、ほどよくお昼の時間に・・


お昼には行ってみたい沖縄そばのお店があった姐だけど、なんせ名前以外の情報がない(事前に調べとけっつーの!) 
通りかかった観光センター(?)に飛び込み、お母さんに聞くとお母さんも「あぁ・・・首里の方のね・・・えっと・・」とパラパラ見てくれるがない。
そして名前だけわかっていた姐は必殺タウンページで発見!!住所と電話番号を控え、ナビに登録していざ出発!!

その場所は「御殿山 “う・ドゥーン!やま”と読む(笑)

が、到着したそこは・・・・ドゥーンッ☆
今日って月曜日だっ!!(涙)


大ショック!!
ラッキーガールズ、アンラッキー!!どうする?

手元にあったそこら辺で配ってる冊子にあった沖縄そば屋さんに向うことにした我ら。そしてそのそば屋さんを見つけその店を過ぎて駐車できる場所を探していた。

とある小学校の入り口付近に場所を確保し、車を降りると「手打ちそば →」という素朴な看板が目に入った。

“ぴぴぴ・・・

アンテナ良好!何となく・・・よさ気な予感
細い路地を看板のとおりに歩いていくと、こんなステキな沖縄家屋がある路地にそのお店はあった。
小さな路地にあったのは・・・


ほりかわ」と書いてある♪

ひと気が無いその店の扉を開き「すみません、いいですか??」と聞くと中から「どうぞ~」の優しい声!やった!沖縄そばにありつける!!

「私達ってほんとすごくない??」「ラッキーガールズ恐るべしだよね~!!」と誰も聞いてないのに3人で自我自賛しまくってるうちに(笑)、ランチセットが運ばれてきた。
ステキ!こういうの、食べたかったよぉ~♪
手打ち沖縄めんのお店でした~♪



午後からは、前日夜、“わたんじ”のスタッフが薦めてくれた南部方面に向うことに。
もちろん“方面”しか決まってないけど、晴れた沖縄のドライブはそれだけで楽しい

さっき食べたばかりなのに、“わたんじ”のTATSUROくんお奨めの海が目の前に広がる「浜辺の茶屋」を目指すことにした。さぁ、この交差点どっちに曲がるの?というところで、お店に場所の確認電話をしていたバディSEが・・・

「えぇぇぇ!!!!!!!!!!2時からなんですかー?月曜日だけ???そんなーっ・・・ ガチャ、ツーツーツー」。

我ら、2:30には車返さなくちゃなんですぅぅぅ

という事でNG。
さて、どうする

「あっ、何か、島があるって言ってなかったぁ??あ、これこれ、奥武島だよ、おう島
「じゃ、島行ってみるぅ?ダイバーだし」(謎。)

その島はとっても小さな島で、島にわたる橋もほんの15~20mと言ったところ。
可愛らしい島だった。

島に入り「じゃ、どっち周りにする?」・・・「そうねぇ、何となく左」・・・

ってことで左回りに一周してみることに


と、そこに飛び込んできたのが「グラスボート」。運命的な左回りである。
何とも渋いグラスボート(笑)


姐はこの“グラスボート”、初めて!!人の気配がしないそのグラスボートの看板に近づいていくと、中からおじさんが出てきて、「もう出る
よ~。お姉ちゃんたち乗りな~」なんて言われ、あれよあれよと言う間に気づいたら船上の人に(笑)


姐は船酔いするタイプなので、ちょっとドキドキだったけど・・・何とか酔わずにOKだった。
途中でボートキャップ(って格好良すぎ^^ゞ)のお父さんが「お姉ちゃん、運転してごらん」と船の舵を渡されるも、「ひーっ!!怖くて出来ませんっ~っ!!!」と小心な姐には無理だった(笑)

いわゆる湾内(?)はこんな感じで、ボートキャップ以外に「餌付け係り」と思しきおじさんが、脇から餌を撒くのだから魚が寄ってこないわけがない。何となく微妙な空気(笑)でも、それはそれ。何だかんだと楽しむ我ら。
お魚いっぱい!!なんだけどさぁ・・・^^ゞ


素直に「すごーーい!!!!」と思ったのは、その湾内から外洋に出て行くときの風景だ。
水の色がエメラルドブルーから群青色に変わり、珊瑚の種類が変わり、ドロップオフになり底が見えなくなる・・・ちょっと怖かった。上から見たら、こんなところをドリフトしてる人間。ダイバーなんてほんっと小さい生き物だ。

25分ほどで港に戻ってくるコース。
この看板に妙に納得。
海の底は宇宙・・・ほんと。


16:00の飛行機だったので、14:30には空港近くのレンタカー屋さんに車を返さねば。この時点で13:30。一時間で帰れるのかな~・・・まぁ、いけるでしょう!
ナビでも大丈夫な時間が表示されている

いざ、帰路へ・・・


“ざわわざわわ”なさとうきび畑を、“神の島遥か国”を聴きながら走っていく。ほんとうに気持ちいい
今日は月曜日。今ごろはみんな・・・ううん、考えない、東京のことなんてっ!


っと、バディMPが「結構順調だねぇ~。空港までの道にさー、アウトレットあるじゃない?あそこにアディ○スが入ってるんだよね~。ちら見してく???

運転手・姐「へいへい、かしこまりー」!!
ってことで、最後の最後、15分限定でアウトレットモール“あしびなー”の“アディ○ス”へ。
15分で買い物~???!!!!と思いきや、気付けばバディMPとお揃いのバックを手にしてた・・・。(にわかアディラーの出来上がり^^ゞ)
バディSEってば、その場でビーサンに履き替えるし(笑)
やるな、さすがセレブ。ちなみに、沖縄に着いてショップでビーサンに履き替えてからずっとビーサンだった姐とセレブは、その足元のまま結局家まで帰ってしまったのでした~

きっちり15分で出発。予定どおり車を返却し、空港でも余裕でチェックイン

なんだかんだと完璧に遊び倒した最終日っしたー


さすがに飛行機ではバディMP&SEは速攻爆睡、姐は空港で買ったオリオン缶ビールを飲みながら前日のログ付けとデジカメの写真の整理・・・。
やがて姐も眠りに~



盛りだくさん過ぎた沖縄旅行
ダイナミック魂呼び戻す目的はもちろん、それ以上に沢山のものを吸収して帰ってきた気がする
今年は沖縄・・・行っちゃいそうだな♪


バディSE&バディMP、いつもながら楽しい時間を一緒に過ごしてくれてありがとう
ラッキーガールズの中では一番おとなしい姐だけど(笑)、これからも付いて行くわっ!!


で、次の沖縄はいつにするぅ?^_-☆


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「沖縄ログ長すぎぃ~っ!でも参考になりました♪」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

元気いっぱい“最高入りまぁっす!” 「わたんじ」

2006年05月21日 23:50

慶良間の海で、すっかりダイナミック魂を取り戻した姐
さぁ、沖縄最終日の夜へ繰り出すぜ!!の前に、Uっち情報で宿泊したホテルの向かいにあるホテルの屋上大浴場で、沖縄では珍しく“湯船に浸かってプハー”な気分を味わう
屋上で景色こそ見えないものの、まだ日の落ちていない青空を見上げながらのジャグジーは昨日、今日と興奮気味に過ごしてきた姐たちにしばしの休憩をくれる

が、休憩はそう長くない(笑)
部屋に戻ってバディSEの“指輪置き忘れたかも事件”で大騒ぎの後に、いざ街へと繰り出した


“わたんじ” 通堂町


前日の“”でEIRYO店長にお奨めのお店を聞いた姐。
ホテルは国際どおりや県庁に近いあたりだったので、そのエリアで・・・と聞くと、EIRYO店長がいちおしで紹介してくれたのが“わたんじ”。
地図と連絡先を書いてくれたので、予めEIRYOくんの紹介だってことでバディSEが予約を入れてくれた。

だのにセレブEってばこの夜の班長だったのに、地図をホテルに忘れちゃって・・・
“でも頭に入ってるからさー”なんて行いつつ、見事に迷う我らラッキーガールズ(笑)

結局、お店に電話をし近くまで歩いていくと、遠くから・・・
超シブくない?!

なエプロンをした大関好青年が“○○さんですか?”とお迎えに
きゃーん、ありがとーっ


たどり着いたそのお店。
素晴らしいっ!!こういうお店がよかったのよぉ~!EIRYOくん、わかってらっしゃる

店長さんがご挨拶にきてくれ、やや恐縮するも・・・あっと言う間にいつもの我ら(笑)
しゃべるしゃべる、笑う笑う、飲む飲む(←は姐だけ

こちら“わたんじ”には沖縄料理定番も揃っていて、かなりの美味。
しかも「この味でこの値段??」 絶対に東京では考えられない、断言。感動
沖縄の味がするよ♪


「海って超大きいよね~」を連発のウミウシプロだったバディMPのダイナミック発言、その横で姐をうっとり見つめる、姐に虜のバディSE(笑) 盛り上がらないわけがない。
姐はうっかり「泡盛おかわりくださ~ぃ!超楽しいぃ~!!」とオーダー。
だって、とっても美味しいんですもの*^^*



その頃にはすっかり仲良くなっていた店員の超大型新人NAOYAくん、カウンターに向って大声で叫ぶ。

「店長!“超楽しいぃ~”頂きましたぁぁ!!!!!!!!!!!

店中の店員さんが「あぁりがとーございまぁっす!!!」(笑)
これ、店中でのちょっとしたコントか?!っていうノリ


もう一人の店員さんTATSUROくんは、なんとまだ10本位のダイバーだった
もう、お姐さん達、語る語る(笑) 
その話にお客さんとは言え、目をキラキラしながら食いついてくるTATSUROくんは、こんなものをくれました
「ハブの皮」
本物なんだよぉ!!


これを持ってると幸せになるんだってー!!ありがとーっ
(だったっけ??お金持ち?あれ?厄除け??なんだっけー??? ま、何かいいことあるさっ!笑)
大切に姐のお財布に♪


お店の様子をわからなかった姐たちは最初、“軽く食べて・・・最終日だし、国際どおりブラブラっていうのもいいよね?!”なんて言ってたクセに、日付が変わるまで“わたんじ”のあまりの居心地のよさと、ノリのよさにどっぷりハマっていった(笑)


さて、この“わたんじ”何を食べても美味しかったのだけど、ピカ1は「じーまみぃ豆腐」
○ピ○カ入り絶品じぃーまみー☆


ちょっとモチッとした感が他のお店とちと違った。ダイバーのTATSUROくんが作ってるんだって!その企業秘密なコツは「○ピ○カ」を入れることだそう

特にバディMPは感動のあまり

「超MP、最高、これマジやばくなーい?!

を連発し、超大型新人NAOYAくんに何度も

「店長!MPさまから超最高、これ、マジヤバくなーい、いただきましたぁ!!!!

と店中に連呼されていた(笑)

お店が少し落ち着いた頃にまた顔を出してくれたKYAN店長さん、再度じぃーまみぃを出してくれて♪
ありがとうございますぅぅぅ!!!!!!!最高、入りまぁ~っす!!!


杏仁好きの姐としては、書かずにはいられないこれまた美味なる杏仁豆腐。ハート型のクコの実が可愛い
何ともいえないトローリ感♪


あの巨体であの繊細な味を出すとは・・・・
男NAOYAの杏仁っす!

恐るべし大型新人男・NAOYAくん!!美味しかったよ~!


偶然にも神奈川から沖縄に嫁いできたという店員のお姉さんとも、神奈川話で盛り上がったりして
何だか変な感じ(笑)もちろん、我らは「うらやましー」の連呼だ


翌日の予定を地図を見ながら決めていると、TATSUROくん、NAOYAくん、KYAN店長が色々お奨めを
んにしても「おばあちゃんちの近くのソバ屋」言われてもねぇ~(笑)
んがしっかり教えてもらったとおり、翌日は南部を回った意外に素直なラッキーガールズである♪


最後には、手作り“ちんすこう”を出してくれて、さっくり感がたまらない(←?)
その場でもいただいたのだけど、明日のドライブに・・・・とお土産までくれて。感動(涙)
お土産屋さんで買うそれとは違って、ぎっしりと味がつまった・・・今まで食べた中で一番美味しい“ちんすこう”でした!
ちんすこう、ってこんな美味しい食べ物だったのねぇ・・・



沖縄ラストナイトに相応しいにぎやかな一夜、すごい楽しい思い出に
また沖縄行ったら、絶対行くぞぉ~
今度こそは迷わずに(笑)
“わたんじ”最高いいお店ですっ*^^*




======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ちょっとちょっとぉ~、こっちも姐さん予約してよぉ♪楽しげ」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #483-484 沖縄-慶良間

2006年05月21日 10:17

“大外れ”だろうがなんだろうが(笑)1本目を終えて、「わー!」の「きゃー!」の騒いだ後、姐は2階(?)・・・船の上に上がって海を見ながらほんの少したそがれていた

そこにガイドのUっちが来て、少しだけ昔話に花が咲く
と言っても、姐の印象に残っている沖縄でのダイビングの話をしたり、姐が行っていなかった1.5年の間の海の話を聞いたり、共に知ってるのバディの近況を聞いたり
楽しい時間だった

そうこうしているうちに、ケラマ諸島に到着
今度は流れて・・・いなさそう!(笑)


483rd Dive
ポイント:トムモーヤ南
エントリー:ボート
EN:10:17
Under the water:38min.
Under the water in my life:388h40m
気温:--℃
水温(水底):25℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:20m


2本目は地形もダイナミックなトムモーヤ。

トムモーヤと言えば・・・そのポイント名に記憶があった
何度目かの沖縄で山あり谷ありの地形を縫いながら進んでいるとき、急にロウニンアジの群れ(12匹!)に遭遇し、皆ですごーいビックリ&興奮したあの場所じゃないかなぁ~と思い出していた姐。また、何かに遭遇しないかな~、と期待大!
(帰ってからログチェックしたら、当ってました^^v)

2本目はバディSEは全然OK!バディMPは相変わらずUっちと手をつないでのエントリー。
(多分ヤツの作戦でしょう・・・やるな・・っ)

程よく流れているけど・・・物足りない
がっくり

入ってすぐ、Uっちが何か指している。
バディ達が食いついて写真を撮ってるそれは・・・「イシガキリュウグウ」だった。さっきバディMPが姐に怒られたアレである(笑)

姐は「いえっ、私はダイナミックダイバーッ!ウミウシ撮ってる間にロウニンやイソマグロが通り過ぎてったらどうするのよっ!!」とウミウシなんて無視。中層担当復活、大海原を見つめる・・・ふふーん

もちろん、そんな時に限って出やしない・・・

「ウメイロモドキ」や「キンギョハナダイ」がとっても綺麗
だけど、姐はもう光物・・・アジの大きい系じゃないと満足しないモードに入っていた

流れに逆らって泳ぐも何も出ず・・・うーん・・・

と思っていたところに、出ました「アオウミガメ」
お昼寝中?と思ったら、お食事中みたい^^


後で聞くところによると、いつもの場所にいつもいるカメちゃんだそう。
チラッと我らを横目で見ると、ゆっくりと青い海を飛んでいきました~
♪優雅な優雅な・・・♪っす



またまたしばらく行くとガイドUっちが指差す先には「ネムリブカ」ホワイトチップがサメっぽく泳いでいった。姐、あまり食指動かず・・・^^ゞ

根に沿いながら流していると下の方にはまたカメちゃん。
上を見上げると、なんと、バディがすっごく痩せちゃってるっ!!!・・・じゃなくて、ウミヘビ(笑)
こんな中層を並行して泳ぐウミヘビは初めて見た。
さすがに5分もバディみたいな顔(?)でついてこられると気持ち悪い・・・
あんたバディじゃありませんからぁ~っっ!!


やがて、次の谷で・・・遂に!!

「おぉ~っ!!!!遠くに見えるのは群れじゃないのぉ~っっなんだろ、なんだろ♪♪」

・・・と思ったら「ハマフエフキの群れ」
がっかり

って、可哀想よねぇ~ハマフエフキ(笑)


結局、イソマグロにも遭遇せず、GT(←ツーっぽくね?)にも遭遇せず、流れも緩やかな小潮のトムモーヤでした
それでも、あの景観、たまらないですぅ~

魚たちとの出逢い
・ウメイロモドキ
・キンギョハナダイ
・イシガキリュウグウ
・アカモンガラ
・アオウミガメ
・ネムリブカ
・ハマフエフキ群れ
・(自分もバディになったつもりの)ウミヘビ
・ナンヨウハギ


2本目が終わってからランチ
ボートの屋上(っていうのか?)に陣取った我らに、Uっちが「ランチでーす」って言いながらクーラーボックスを持ってきた。

中から出てきたのは・・・ 「冷やし中華セット!!」←?
トッピングはご自由に方式^_-☆


海に浮かぶボート・・・青い海・・・燦々と輝く太陽・・・遠くには白浜のビーチが見える・・・・そして冷たい「冷チュー」!!!!
なかなか最高のランチでした^_-☆
(姐が1.5人分食べた事はナイショですっ)
姐は紅生姜が嫌いです>_<




484th Dive
ポイント:自津留(ジツル)
エントリー:ボート
EN:13:19
Under the water:46min.
Under the water in my life:389h26m
気温:--℃
水温(水底):25℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:25m


お腹も満足の後、最後のポイントはジツル。
2本目のトムモーヤとは違って、枝珊瑚が豊富なのんびりぃ~な雰囲気。
若干流れてはいるものの、枝珊瑚の山(?)丘(?)の回りをのんびり回っていく感じで3本目にはちょうどいい
枝珊瑚が密集してます♪


入って間もなく、ガイドのUっちが指差したその先には・・・「ハナヒゲウツボ」!!
八丈にも沖縄にも何度か行っていたけれど一度も見たことがなかった姐は、去年の9月にセブで初めて「ハナヒゲ」を見た。沖縄にいるって信じてなかったんだけどぉ~・・・
やっぱりいるんだ!というのが感想(笑)480本超えて初めての“国産ハナヒゲ”ですっ
初の国産っ!(笑)


皆が順番に写真を撮っている間、ふっと眺めた中層の沖。
ガイドさんが指を指したのとほぼ同時に姐も見たっ、それは、

「きゃーロウニン!?格好いい!」

2匹の大きなアジ系回遊魚(なんて言うのか!?)が通り過ぎていった。
格好いいなぁ~・・・やっぱりこういうのがあるから止められないダイナミック。

が、この2匹
上がってから色々聞くと、どうやら「イトヒキアジ 成魚」らしい。
「イトヒキアジ」は1度パラオで見たことがあって、立派に糸を引いたキラキラシルバーが格好いいアジで、姐の中ではアレが成魚だったのだけど・・・
イトヒキアジは熟年になると“糸”がなくなってオデコが張り出し、ちょっと見はロウニンに間違えるような姿になるんだって!
ほぉ~・・・勉強になりましたー。

珊瑚の丘を離れて少し沖に出てみるも流れもあるし・・・という感じ。
姐的にも“何かが出そうな予感っ!!!”があまりなく^^ゞ

のんびりハタタテハゼなんかを撮りながら過ぎていった最後の1本でした♪
このニヒルな目つきが可愛いっ!


2日目のドリフト。久しぶりのダイナミック!!
海的には正直60点といった感じだったけど(厳しい?)、行く前から台風チャンチー子にびくびくさせられていた今回の沖縄、快晴の中みんなで楽しく5本を潜り終えたっていうだけで充分!!

もちろん、当初の目的だった「ダイナミック魂カンバックーッ!!!」は“目的達成”でございますふふふっ

今年の夏は・・・ちょっと違う姐よ(←意味不明。)


魚たちとの出逢い
・キンギョハナダイ
・カスミチョウチョウウオ
・ハナゴイ
・グルクン群れ
・ハナヒゲウツボ
・ムラサキウミコチョウ
・イトヒキアジ成魚
・ハタタテハゼ
・サザナミフグ

・オオモンイザリ
相変わらずのぼってり具合で^^ゞ




☆Night Dive in 那覇☆

前日盛り上がったおもろまちのお店の店長に、紹介してもらったお店へ
これまたノリのいいお兄ちゃん達がいっぱい&とっても美味しいお店でした♪
「じぃまみー超最高いただきましたぁ~っっ!!」と叫ぶ店員さん、最高っす(笑)

沖縄グルメ情報(?)として別で書きたいと思いま~す



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「すっかりダイナミック戻ったじゃん!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #482 沖縄-慶良間

2006年05月21日 08:35

2日目もお天気良好!気分爽快!(←前の日はちゃんと節制しましたっ)

ダイビングの朝はいつも緊張して朝ご飯をモリモリ食べられない姐。
その日の朝もあんまり食べられなかったけど、気分はワクワク
慶良間だよぉ~、ドリフトだよぉ~、ガンガンガイドUっちのガイドだよぉ~

・・・なんて体は目覚めていないものの心は少しだけテンション高めな姐の前に座る、かのウミウシ命のバディMP。どした?心なしか青覚めてね??口数が明らかに少ない・・・。わかりやすい(笑)

・・・バディセレブEも久しぶりのドリフトにやや緊張してそうなものの、口数は減らない(笑)大丈夫、大丈夫♪


そんなラッキーガールズ、予定どおり泊港から出航
昨日より海は凪いでお天気も最高!夏だねっ


ボートに乗ると今日のガイドのUっちが興奮気味に言う。

「今日は漁礁行きますよ、ちょっと深いんですけど~、最近、すごいんですよ~。実はオレも入った事ないんっすけど(笑)」

って、ガイドのUっちが一番楽しげじゃん!!
姐、そういうガイドさん大好き
その漁礁は糸満の先にあり慶良間には入らない、むしろ本島に近いらしい。
入った事のない新しいポイント、わくわくするぅ♪

「いいねー、いいねーっ!もう、今日はガンガン行こう!ダイナミック魂取り戻しに来たんだってばぁ~」

「行きましょう、行きましょう!!」

と意気投合しているのは、どうやら我ら2人!?


走り出して20分位で漁礁ポイントに到着。
バディの緊張も最高潮か??!
姐のダイナミック魂復活か!!?

もちろん、潔くクローズアップレンズはバックにしまった姐っす



482nd Dive
ポイント:糸満漁礁
エントリー:ボート
EN:8:35
Under the water:30min.
Under the water in my life:388h02m
気温:29℃
水温(水底):24℃
Suite:5mm(◎)
透明度:--m
透視度:10m


それぞれが器材をセッティングして、ジャイアントとバックロールに分かれてエントリー体制につく。姐はバディSEと一緒にバックロールだ。
バディMPはあまりに緊張して“超”を連発するので(笑)ガイドUっちが手をつないでエントリーすることに。ふふっ、可愛い。

“海”や“ダイビング”に対する緊張感はいつもあるけれど、久しぶりのドリフト前、ボートに乗っているダイバー全員が一体になることで感じる緊張感が姐を冷静にさせる。
流れている海にエントリーする前は、もう“何が見られる”とか“いい写真を”とか、そんなことは全く頭になく、ただただ“ちゃんと帰ってこれますように”と思う(←小心)

ドリフトの時、ガイドさんの「行きますよ~!はいっ!」の掛け声で皆で次々とエントリーする瞬間が好きだ。今回もガイドさんの掛け声に、バディSEと2人、我らバックエントリー組みは顔を見合わせて“せいの!”で落ちた。

水面はほどよく流れてる。
ちょっと遅れて水面に顔を出したバディSEと潜行OKの確認をしていざ、潜行!

潜行しながらもすーっと流れていくのがわかる。
気持ちいぃ~・・・と思いながら、耳抜き、カメラの水没チラリチェック、バディ確認・・・

・・・ん?あれ?バディSE?

「OK?」と聞くと、「ん~・・・」と首をかしげる。
「耳?」と聞くと胸のあたりをトントン
緊張してドキドキしてるんだね

少し水深を上げてバディSEの手を握る
ガイドUっちを見ると、バディMPの手を握りながらゆっくり降りているようだ。他のチームは既に視界から遠く深く降りていってる。

ガイドさんと水深を合わせていれば大丈夫だと判断し、バディSEの手をぎゅっと握る。バディもぎゅっと握り返してくる。
ゆっくりとガイドさんに近づいていくように少しだけひっぱっていく。
まずはガイドさんに伝えなければ・・・。


緊張してるんだなぁ・・・と思う。この緊張感、姐にもわかる・・・うん、よくわかる。
怖いよね。

バディSEの顔がこわばって不安そうだった。
姐は指をにして、自分のマスクにトントンってしながら、「目を見て。バディ、姐の目を見て」と合図した。
バディは気づいて、じっと姐の目を見る。
ニコッと笑ってみた、手を・・・また、ぎゅっと握ってみた。

ガイドのUっちとバディMPの近くまで来てから、ガイドUっちに「バディがドキドキ」の合図を送るとUっちは空いている方の手を出してくれた。
バディSEは空いた方の手をUっちに伸ばす。

姐はバディSEの握った手にトントンって指でリズムを打ちながらしばらく手を繋いでいたのだけど、やがてバディの手がゆるくなったので、そっと手を離した。
顔を見て「OK?」って聞くと、さっきとは明らかに違う顔で「OK」と言う
よかった!!!

モテモテガイド、Uっち、ひゅ~
(冗談です・・・)
両手に花だよ、Uっち!!(笑)



20mを超えた位だろうか・・・残念ながら、流れてない
泳ぐ、泳ぐ・・・え~っ、これって、ドリフトー!!???

やがて四角い中身をくり抜いたブロック状の漁礁が現れた。
既に到着しているチームの泡があちこちに見える。透明度はあまりよくない。

「ど、どこにいるの!!??

っと、バディMPが漁礁の中にいるヨスジフエダイを撮ってる。
「MP、ヨスジは今はいーんじゃない?」と思いながら、姐はガイドさんが指した、セブで見逃した「オラウータンクラブ」を撮っていた。
↑どっちもどっち(笑)
ラブラブオラウータンッ♪



やがて「はっ!」と我に返り(笑)漁礁の回りをウロウロしていると・・・・

見えた~っ!!!!!!いた~っ!!!!!!!!!


ロウニンアジの群れっ!


この瞬間がたまらんよ、もぉっ!という感じ(笑)
すぐにリンリンを鳴らしてバディMPとSEを呼ぶ。
ガイドのUっちは既にロウニンにカメラを向けていたっ、ぉぃ(笑)

漁礁の中を旋回しながら泳いでいて、漁礁の外には出てきてくれない何枚か写真を撮ろうとしたんだけど、無理。
それより何よりファインダー越しとかもったいないからーっ!
(ってことで、写真はございません。あしからずー)

時折目の前をとおり過ぎるロウニンは、5~8匹くらいの群れでブロック状の漁礁の隙間を縫うように泳いでいた。

か、格好いいわ~・・・・うっとり・・・・


もうひとつの離れた漁礁に移動するとそこにも群れが。
すごいね、これっ!!

もうお腹いっぱい、大満足でございます


そう思っているとガイドUっちが水深を上げて移動。
“そうよね~、深いもんね~・・・さようなら、ロウニン、また会おうぜっ!”と潔く水深を上げる。


しばらくして振り返るとさっきまで姐と同じ水深にいたバディMPが下がっていってる
「ど、どうした、MP??カメラでも落としたの??
リンリンを小さくならすと気づいたので、「上がっておいで~」と合図するとギューンと上がってきた。ギューンも怖いですから~っ
「どうしたのかな・・・でも、OKって言うから平気なんでしょうホッ」と気を取り直し、皆で仲良く安全停止。

バディSEにカメラを向けるとガッツポーズ!バディMPもこれまたガッツポーズ!!
やったねっ

どうよ、どうよ、すごくない?海って大きくない?
やっぱ、これよねぇぇぇぇぇぇぇ~っっ!!!!!!!!!!


と大海原に向かって叫んでいた(つもりの)姐だった


さて、ボートに上がってからの報告。

①「すごかったねーっ!ロウニンいたねーっっ!!」「きゃー、姐さん最高!ダイナミック、最高!!」なんてキャーキャー言ってる我らに聞こえないようにガイドさん同士の会話があったそうな。

「今日は大外れっすね

・・・ そ、そうなんだー。ご丁寧に「大外れらしいっすよ」報告をしてくれたUっち、ありがとう(笑)えぇ、次回こそ一緒にリベンジしましょうねっ!

②見詰め合って手を繋ぎながら大海原を回遊したバディSEは、すっかり姐の虜だった(笑)

③水深を下げたバディMPは「リュウグウウミウシがいたの~っ!」と言って姐にこっぴどく叱られた(笑)

④そんな姐は・・・・・・ダイコンを忘れていた(小声。)
 深いとこでダイコンないと、怖いね~お陰で後半は姐までガイドUっちにピッタリ


何はともあれ、てんやわんやなラッキーガールス揃っての初ドリフトは大成功でございました~っ!!!(?)


魚たちとの出逢い
・アカククリ
・オラウータンクラブ
・ヨスジフエダイ
・ロウニンアジ 5~8匹の群れ 2つ


===

バディSEがドキドキしちゃったとき、「目を見て」って出来たのが嬉しかった。
そして上がってきてから、「姐さんの目を見てたら安心した」って言われたのが嬉しかった。

実は、この「目を見て」っていうの、姐が以前にやってもらったこと。
伊豆で潜ってたとき急に水中で耳抜きが出来なくなったことがある。今まで全く困った事無かった姐なので、すごくドキドキしちゃったとき、バディ・Y兄が、腕をつかみながら「目を見て」ってやってくれたんだ。
姐は「怖いよ~、上がりたいよぉ~」って思いながら水面を見てた。多分、無意識に。
それに気づいたバディY兄が「姐、目を見て」ってやってくれて、姐はY兄の目を見て安心した。「そうだ、ゆっくりやればいいんだ」って。

その出来事がすごく印象に残っていて。
咄嗟に出来てよかったと思った。

言葉で伝えることが出来ない海の中、そういう小さなことが心の会話になることってあるよね


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「緊張感伝わるぅ~っ!姐さん、立派にダイナミックダイバーぢゃん!」などと思ってくれたら・・・

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

沖縄新都心 “おもろまち”なら 「回」!!

2006年05月20日 23:00

どんな時でもダイビングの後の“NightDive”まで基本的にきっちりこなす派の姐(笑)初日の夜からぬかりなくぅ~

まったりウミウシパレードな初日を終えて、シャワーを浴びて出発。
もう、タンクトップでもOKじゃーん?!っていうのは我らだけで、冷静になると少し涼しいタンクトップに薄い長袖、でいざ新都心へ!


旬魚酒菜 “回” おもろまち店


このお店との出会いは・・・遡ること2001年6月。
姐の“初めての沖縄上陸”の時に知り合ったご夫婦バディがいる。KママとKパパだ
そのご夫婦とはその後、2度ほどダイビングではご一緒させてもらっているのだけど、ダイビング以外でもお食事に誘っていただいたりして、そりゃーもう美味しいもの&お店を教えていただいている
こんな超一般ピープルの姐には、感動するようなゴージャスな場所もあれば、“あら庶民的。でも超美味くないっ?!さすがっ!!!”というところも♪
社会勉強させてもらってる・・・ような姐であ~る


そして、時はすすんで2004.11、姐にとっては前回の沖縄だ。
その時、どんな話の流れだったか覚えていないのだけれど、そのご夫婦に沖縄に行くことを話したのだと思う。そしてKママは言った

「あら、沖縄?!○○○(姐)、最近、いい店と出会ったのよぉ~!!是非、いってらっしゃい!こっちから電話しておいてあげるから。店長のxxっていうのが、いい男でね(注:Kママがそういう時は顔じゃなくて心意気なのである)、もう感激しちゃって。絶対、○○○も気にいるわよ。ん?11月xx日ね、わかったわ、じゃ、電話入れておくから。6時30分頃でいいわね!ガチャ、ツーツーツー

もちろん、行くでしょう!!(笑)
いったい、何系のどんな店??と思いながらも、あのKママ、Kパパご推薦、間違ってることなんてありゃーしないのであるっ!

店に着くと、若干強面の店長EIRYOくんが迎えてくれた。
「あ、Kご夫妻の紹介の○○さんですよね??
「はい・・・

なんて緊張して話をしたのは多分最初だけ(笑)

お店の雰囲気、スタッフの皆さんの雰囲気、お料理の値段とその質の高さ、何もかもが
Kご夫妻が気に入る訳はそのはじめて行った時の何時間かでわかった姐だった


で、ここまでが前置き(笑)←長っ
さて、今回の夜の話を


1.5年もご無沙汰していた沖縄なのだけど、ラッキーガールズで行くのだから、楽しい夜にしたい・・・皆でどぉする?なんて話をしながら、姐はこの“回”を思い出していた。
「一晩は姐が行きたいお店がある」とお任せしてもらう

でも・・・・なんせ1.5年ぶり、沖縄事情がわからない。
東京なんかでは1.5年前に大流行だった居酒屋がなくなっているなんて珍しくもなく、ちょっと不安になった。そして、いつも頼ってばかりのKママへ久しぶりのメール
Kママはすぐに電話をかけてきてくれて・・・

「あら~、久しぶり、元気ぃ?回、あるわよあるわよ、EIRYOも元気よぉ~。いつ行くの?!うんうん、じゃ、予約しておいてあげるわね~ 席はカウンターの前がいいわね。EIRYOにもカウンターの前で盛り上がるのよって言っておくわ。うん、楽しんできなね~ ガチャ、ツーツーツー

ママってば頼りになるぅ~(笑)大好きっ
その後、連絡先をちゃんとメールしてくれたママ。


と言うことで、初日の夜は「せっかくだからゆいレールに乗って行こうよ~」なんて計画はセレブには似合わず、あっさり「やっぱタクる?」ということでタクシーでGO!(県庁前あたりからなら1000円かかりませぬ!)


EIRYO店長、覚えていてくれるかな・・・なんてちょっとドキドキしつつも目が合った時に“ニヤリ”と笑った顔を姐は見逃さなかった!
予約の席に座り、バディ&店長EIRYOくんを紹介。
オリオンで乾杯しながら、どれもこれも美味しい料理を堪能。
EIRYOくんのトークもほどよい肴になり楽しい、楽しい

どれもこれも、外さないメニューなんだけど、ひとつだけご紹介
これ「ぱりぱりチェダーチーズのなんちゃら(忘れた)」、400円くらい。
このドラちゃんだって芸術よね!


本当は、こんな感じ。芸術作品だと思いません?
ほどよく焦げたチェダーチーズをパリパリと食す。
ものすごく素朴なくせにビールにとっても合うのだな、これが
ほどよく酔っていい気持ちぃ~なセレブラッキーガールズご一行。

「ねぇねぇ、店長。店長だったらさー、何でも出来るよねぇ~、やっぱりさー。こんなの出来るぅ??」

とそこにあったペーパーにさらさらっとお得意の絵を書くバディMP。

「これ、何すかねー?」
「ウミウシよん。アハン♪」
「ウミウシ・・・って何すか?」
「海の生き物でぇ~・・・」
「・・・興味ないっすね」
「ないよねぇ~(笑)」
「でも、作れますよ」
「ステキィ~ッ!!!!

と我らの黄色い声(←昭和。)に気をよくした(と思われる)EIRYO店長、作り始めた。

「で、何ですかね、ウミウシって・・・興味ないっすけど」(笑)
うーん・・・頭をかしげながら。


「ちょっとちょっと、すごくなーい??」
合ってる、合ってるぅ!


「ここで落としちゃ、ダメなんすよね、で、ウミウシって・・・」(←興味ないくせにっ 笑)
22_KaiCheez2.jpg


「出来たんじゃないのぉ~、すごいね~っ!!さっすがーっ
22_KaiCheez3.jpg


「もったいなくて食べられないね~♪♪」
チーズコールマンウミウシ 一丁上がりっ!


※これは超スペシャルメニューなので、普段は作ってもらえません(多分)
あしからず


EIRYO店長お奨めの裏メニュー泡盛もいただき、大満足♪
楽しい、楽しい夜だった。
あっ、写真っ!!と思ったときには大満足の跡だけが(笑)
祭りのあと~♪


〆はEIRYO店長お奨めの「台湾ラーメン」
これ、まじ、絶品!!辛いの好きな人には是非おすすめ。
本当、日本中で・・・もしかしたら台湾中でも一番美味しいかもっ!な一品です
マジ、絶品!!絶対食べるべし!


EIRYOくん&スタッフの皆々さま、本当にありがとう!
楽しかったよぉ~!!また、沖縄に行ったら、絶対行く、絶対!!
・・・ってか、行ってもいいぃ?!
次回はもうちょっと静かにするからー(笑)

お姉さん達を忘れないでねぇ~!!^_-☆



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「今度行くとき姐に予約頼むぅ~」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #480-481 沖縄-チービシ

2006年05月20日 13:39

思いおこせば2月のセレブセブの帰りの飛行機(遠い目)

「しかし楽しかったねぇ~!!」
「ほんと!今度はどこ行こうか~」
「沖縄、随分行ってないんだよね~」
「え~、沖縄で潜ったことなぁい!!」
「じゃぁ、次はサクッと沖縄にしとくぅ~?!」
「でも5月の休みって今からじゃわかんなくね?」
「とりあえず予約取ってさ、キャンセルかかるギリのところで決断すればいいんじゃん?」
「最悪、お腹痛くなるっていうテもあるよね」
「だよねぇ~!!!」

なんて会話がなされ
「ま、どーなるかはわからないけど、予約だけは取ったよ♪4月中に結論って感じで~
なんて2月の末には5月の沖縄、がなんとなく遠くに見えていた

「行きたい、行きたい」と言ってるだけじゃー、島はこっちにゃやっては来ない!行かねば

っつーことで、それぞれが会社なり家なりあれなりこれなり色々営業したりやりくったりしながら・・・無事、念願かなっての琉球!!やった


姐の個人的なテーマは・・・もちろん・・・

「忘れちゃったダイナミック魂を取り戻す旅
 ・・・カンバック!ダイナミックダイバー姐ッ!!」


ですわ。大海原に流される醍醐味を、あの何ともいえない雄大な海、ブルーに抱かれる感じを思い出すのよぉ~!!!!!


だのに。

この琉球でデビューのグッズは、「15cmのスチール製ものさし」
ダイナミックな心を取り返すのだーっ!!!?



羽田で食した美々なる「バターロールウミウシ」
とっても美味しいウミウシでした(笑)


・・・いったい、どうなんでしょ?!(笑)

ご存知、チャンチー子との対決も難なく交わし、バディ達に怨念?執念?の怖さを見せつけながら到着した沖縄は、もちろん晴れ!!
♪ナツナツナツナツ ココ~ナ~ツッ アイアイアイアイ アイランドゥ♪♪(古。)なテンションで向かう先は、チービシです

わーい、わーい、沖縄ぁ~(←何となくシーサーのつもり)


480th Dive
ポイント:神山南ラビリンス
エントリー:ボート
EN:13:39
Under the water:57min.
Under the water in my life:386h22m
気温:29℃
水温(水底):23℃
Suite:5mm(◎)
透明度:--m
透視度:--m

空港でお出迎えしてくれたのは、ショップの非常勤ガイドさん、Andy(日本人)
ショップに到着するまでの間に呼び名、Andyが決まった(笑)

港からボートが出航し那覇の街が少しずつ遠くなっていく感じ
う~ん、そうそう、風をきって海に出て行くこの感じ最高!!
いざ、出発なのだー!!


・・・とうっとりしているのも束の間、チャンチー子の置き土産か、波がすごく高くなってきた
ボートの手すりにつかまっていないとふっとばされそう!
姐の苦手な遊園地系乗り物な揺れ・・・

でもチービシは近い、近い!
そうこうしているうちに到着。やや揺れてはいるものの、ポイントは大丈夫だ
いよいよ待ちに待った久しぶりのオ・キ・ナ・ワ・ブルー


入る前にガイドAndyにバディMPが言っていた

「私“達”ぃ~、ウミウシだけ見れればいいんですぅ~


ま、いっか。今日はそれでも(笑)
バディMPのウミウシトークが炸裂し、狙いは「モザイク」と「シンデレラ」に決定。
亀なんかもいるときにはいるらしい。
あら、ちょっと中層チェックしてなくちゃだわ

という事でエントリー!!

暖か~い!!!青いぃぃ~!!!わぁ~い!!!!

エントリーしてバディの到着を待っていると、見つけちゃいました、「ニシキツバメガイ」
最近このエントリーしてからの待ち時間の発見率が高い姐。うむ。
入るなり・・・見つけちゃいました^^v


このポイントは何回か入っているのだけれど、“ラビリンス”という割には迷宮っぽい印象がなかった。だけど、ガイドのAndyは“これぞ迷宮だ!どうだっ!”という位にトンネルをくぐってあっちこっちへと導いてくれる
ラビリンスっていうだけある!


そのトンネルをくぐりながら「あっ」「おっ」とウミウシを発見していく我ら。

南国定番「ミゾレ」
南国定番のミゾレも大きい!


バディMP発見ふんわり「メレンゲ」
白くて綺麗♪


姐初めての「クロスジリュウグウ」
砂地にちょこんと!



ひとつのトンネルをくぐり「ゾウゲイロウミウシ」を発見!
このゾウゲを撮りながらバディを待ってましたー♪


写真を撮りながらバディを振り返り、確認するも来ない。「うーん・・・・」と思いながら写真を撮っていると、遂にAndyから「待ってて」の合図。バディ2人を迎えに行くAndy・・・やがて現れた2人。
なんでもモンガラカワハギに夢中になっていたらしい、コラッ!(笑)

そして3人揃って仲良く砂地を泳いでいく。
その時、何かに呼ばれた(ような気がした)・・・

「ん?

と思って振り返ると、点●、点●と2cm位の黒っぽい貝かなにかが砂地に落ちてる。
手前の●をじーっと見て「あ、貝か・・・」と思い顔を戻そうとするも、もう1つの黒っぽい何かがもう一度姐を呼んだ(ような気がした)・・・

「んん?

1m位戻って見ると・・・なんと「モザイク」じゃありませんかーっっ
姐はカメラを被写体に向けて、顔を上げずにリンリンベルを鳴らし、バディが近づいてくるとガッツポーズ!!
ウミウシに呼ばれてしまいました^^ゞ



5mの根で安全停止中に「ミドリリュウグウ」を発見。ガイドさんの「」に必殺「・・ごめん、もうちょっと」のお願いをすると「」が出た♪
写真をパチリ。
黒+青なのにミドリリュウグウなんだって~^^


・・・・あれぇ?
ダイナミック魂を呼び戻すんじゃないのぉ~

あぅっ、結局ウミウシダイブじゃねーのっ!!!いやんっだって見つけちゃうんだもの♪

さぁ、どうなる2本目?!(笑)

ウミウシたちとの出逢い
・ニシキツバメガイ(姐発見)
・クロスジリュウグウ
・モザイク(姐発見)
・コールマン
・ゾウゲイロ(姐発見)
・ミドリリュウグウ(姐発見)
・ハイペックイボ
・コイボ
・ミゾレ
・メレンゲ
・(飛ばない)ムラサキウミコチョウ
飛ばない海子でした・・・

魚たちとの出逢い
・ツバメウオ
・アカマツカサ大群
・モンガラカワハギ
・リュウキュウハタンポ
・フエヤッコダイ
・ウルトラマンホヤ(・・・魚?)
久しぶりぃ~♪のウルトラマンちゃん



481st Dive
ポイント:神山南ラビリンス
エントリー:ボート
EN:15:14
Under the water:70min.
Under the water in my life:387h32m
気温:--℃
水温(水底):23℃
Suite:5mm(○)
透明度:--m
透視度:--m

しばしの休憩の後、明らかに海は穏やかになりつつあったけど、まだ遠くはパシャパシャ
という事で、もう一度同じポイントを違うコースで♪ということに。

姐は「魚見ようぜ、魚!!!」と決心
そうなのよ、ウミウシ見に来たんじゃないのよ~(でも見たいけど 笑)

エントリーして待っている間、バディMPがさっき見られなかった「ミドリリュウグウ」を一緒に探す。何となく根の位置と、見えてる船のラダーの場所が違うかな~・・・と思いながら、別の根に移動は出来ない小心な姐^^ゞ

なかなか降りてこないバディが気になり、見上げるとガイドさんと一緒にシューッと上がっていくフィンだけが見えた。

「あれ?何かあった??

ガイドさんが覗くかな~と思いながらも顔を出さないので、しばし待ちながら下見てウロウロ。
「あ、いけないっ、魚見るのよ、魚」とキョロキョロ。

やがて2人が降りてきた。後で聞くとどうやら、タンクのOリングがエントリーと共に破滅しものすごい勢いで空気がシューッと出ていたらしい。
バディSEは気づかずにピースしながら降りてきたっていうから、面白い場面を見逃した(笑)
なんて、笑い事じゃないよね、何事もなくってよかった、よかった

結局「ミドリリュウグウ」は見つからないまま、いざ出発♪


1本目とは違って、あんまりトンネルは通らないコース。
姐も「魚、魚っ」と思いながら目をお魚モードに変えてみる(どんなだ?)

で、気づいた。

明らかに、ウミウシモードになってる・・・。
そうなんだなぁ~・・・・(しみじみ)

例えば今の伊豆とかは春濁っていて透明度が悪いから、根をちんまり散策していても楽しいし、それなりに色んなものが見える。っつーか、それしか見えない、ってことも(笑)

でも、こんなにちゃんと見てみたら沢山お魚がいる沖縄なんだから、やっぱりそれを楽しみたい
潜り方のクセって付くのね~・・・、なんて気づいた姐。
そして、明らかに動く魚の撮影、下手になってる いやんっ


砂地では「ヒメオニオコゼ」がその“ヒメ”という単語が連想させるものとは全く違う風貌でのっそりと歩いてた(笑)
オコゼ系はこの手が可愛い!


同じ砂地のイソギンチャクには、とーーーっても小さな「クマノミBaby」が可愛いっ
ほんっとに可愛かった~*^^*


目が慣れてくると、ときどき中層には「イワシ」の群れがとおり、少しだけ見慣れているはずのチョウチョウウオやダムゼル(笑)達が急に精彩をおびてくる感じがした

ウミウシと違って、カメラ越しに・・・カメラのファインダーに入れる事だけに夢中になってお魚を見てると、何だかもったいない。・・・・というのは、下手っぴになってる自分の言い訳?
「ブログに公開できる写真を!」っていつの間にか意識し過ぎていたかなぁ~・・・なんて、少し反省

姐は海そのものを楽しみたい。
海の生き物たちをカメラ越しじゃなくて自分の心でまずは感じたい、そんな思いをもう一度気づかせてくれた1本だった


・・・なんてなことを言いながらも、体に染み付いたクセというのは抜けるはずもなく、しっかりウミウシも撮ったりするわけで(笑)

このカラミ、人間だったらヤバくないですか?な「コールマン」(R18指定)
ちょ、ちょ、ちょっとその向きって・・・いや~んっ(照)


こんなヒラムシや
こんな綺麗なヒラムシもいるのねぇ~・・・☆


あんなヒラムシ
なかなかサイケな模様っす!



そしてエグジット前には、バディMPにほぼ脅迫されていたガイドAndyが「ミドリリュウグウの場所」というスレートを出してくれ、そして、再び姐発見
今度は初めての「キイロウミウシ」も近くに♪♪
1本目にはいなかったのに♪


やっぱりウミウシも止められないぃ~っっ(よくばり 笑)

初日2本、大満足。
さ、明日の慶良間でいよいよダイナミック魂は蘇ってくるのか~!!!!?

魚たちとの出逢い
・ヒメオニオコゼ
・クマノミBaby
・シモフリタナバタウオ
・トゲチョウチョウウオ
・クギベラ
・ヤクシマイワシ
・マイワシ(ミジュン)
・ツノダシ
・クロハコフグ
・ミナミコブヌメリ
・カンムリベラ(小学4年生)
・オオゴンニジギンポ
・クロユリハゼ

・(一瞬巨大ウミウシかと思った(病。))ミナミウシノシタ
えっ!巨大ウミウシ??・・・と思っちゃった(恥。)


・(定番)ハマクマノミ
お魚もいっぱいいたんだよ~^^ゞ


・イシガキカエルウオ
きょとん?としたこの顔が可愛いね~


ウミウシたちとの出逢い
・キイロ
・ミドリリュウグウ
・ミゾレ
・ソライロイボ
・ヒラムシ各種
・コールマン



☆Night Dive in おもろまち☆

今回は本当に楽しい&美味しい夜を過ごした我ら
居心地のいいお店で美味しい時間・・・最高!!

琉球のナイトフィーバーは別枠で書きます^_-☆


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「姐ったらダイナミックダイバーに戻れるのか??」って気になっちゃったら・・・・

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

やったぜぇ~、やったぜぇ~、やったぜぇ~・・・・

2006年05月19日 13:08

皆さんの祈りが通じたか、姐の怨念が勝ったか・・・

うふっ


とりあえず、今年も火蓋が切って落とされたヤツとの戦い、その第一回戦「VS チャンチー子」には勝ちました

麗しの文字が・・・ 「今日の台風


明日もどうやら波は高そうだけど“曇り”に変わったし、慶良間に足をのばす日曜日は“気温29度”

楽しみになってきたっ!

ってことで、明日から1年半ぶりの沖縄・・・そして、例のセレブセブの最強メンバーで(笑)行ってきま~す
今夜はワクワクで寝られそうにないな~えへっ


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「なんだよ、羨ましいぜでも、楽しんできてね」などと思ってくれたら・・・

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

シーズン到来っすね~!

2006年05月15日 18:28

ついにシーズンがやってきたっ!


・・・・



・・・・・台風の


実は、既に先週9日の時点で姐は発見していたー

姐のPCのIEツールバーには、Webへのリンクをいくつか表示させているのだけど、その中に「台風」というのがあって、一年中チラ見している


一昨年の夏が終わり、季節が変わって・・・台風情報は、何月だったか定かじゃないけれど、「台風情報は終了します」というアナウンスと共に去年の第一号が発生するまで、冬眠していた

でも、去年の夏が終わってから、台風情報は、ずーっと閉鎖することなく「現在台風は発生していません」と、その文字を“太平洋の大海原”に表示していた


冬の間、そりゃーもちろん夏と違って毎日見るなんてことはさすがの姐でもしないけど、2週に1回くらいはチラ見して(何のために?笑)「現在台風は発生していません」という文字を惚れ惚れと眺めていた
その画像を見ると・・・何となく燦々と輝く太陽、南の島が浮かぶ感じがして、ちょっと嬉しい感じなのだ


そして・・・・先週の火曜日
GWも終わりゴールデンボケのまま“そう言えば、5月に台風って年もあったわ~”なんて軽くクリックすると、衝撃映像!!!
Yahoo!台風情報を利用している人ならわかると思う・・・
あの麗しき「現在台風は発生していません」の文字が忽然と消え、大抵は左下のあたりに怪しい・・・緩やかなカーブを描く白い線が現れているのだっっ

その日、会社で見ていた姐は、周りを気にせず「台風ぅぅぅ~!!!!」とデスクに突っ伏し、周りの子達の落ち着き払った「また、今年もシーズンが来ましたね」を頭上に聞いたのであーる(笑)


CHANCHU・・・どう見ても“チャンチュー”・・・と書いて“チャンチー”と読む台風1号ちゃん。
頼むから、来ないで・・・・お願い、こっち来ないで・・・・

いや~んっ


ことしもヤツとの戦いの火蓋は切って落とされたらしい(←大げさ)

======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「あ~、マジで来ちゃったのねーっ」とこの気持ちを共有してくれたバディは・・・
↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

水面休息 * 「日刊 姐さん」

2006年05月13日 10:48

こんな新聞が出来ました(笑)


「日刊姐さん」 5/13(土)

姐さん顔面日めくりカレンダー限定発売!

愛くるしい笑顔で有名の姐さんが、このたび365日の日めくりカレンダーを限定発売する事になった。
表情が豊かな姐さんでも、365枚分の顔面アップの表情をするのは大変困難だったという。「300枚目を過ぎた当りから顔面が痛み出しまして……翌日顔が筋肉痛デシタ。」このインタビューを受けた時の姐さんの表情はまだ筋肉痛が残っているのか、若干引きつっていた。
ちなみにこの日めくりカレンダーは、限定発売で、1部5,000円。10万部のみの発行である。特典として「姐さんパラパラまんが」がついてくるが、実はパラパラまんがの方が450枚とページ数が多く、すべてを撮り終えるまで1週間かかったという代物である。 (by 板長)

>限定販売、1部5,000円。誰か買って~(笑)


姐さんの整形疑惑発覚!

元祖ネットアイドルとして有名な、姐さんの整形疑惑が急浮上した。
姐さんは3年前の「ネットアイドルコンテスト~癒し系部門~」において、初代グランプリの座に輝いたという経歴の持ち主。疑惑の発端は、以前からの姐さんのファンであったというA氏のネット告発からだった。事実、あるアイドル掲示板では姐さんの昔の画像が数多く流出しており、ネット告発もあながちウソではなさそうだ。アイドル評論家の飯島氏によると、「姐さんはもう暴露本だすしかないね、昔の画像もあれだけ流出しちゃってるんだし。整形は否定できない事実として、自ら過去を暴いて欲しい」と語った。

>確かに3年前の写真とか・・・ちょっと勘弁して欲しいかも^^ゞ


姐さん、夜空に輝く

今日未明、突如として姐さんが東の空に現れ、一時は夜明けを思わせる輝きを見せた。
これは大気中の水分と姐さんが結合して空中に拡がり、さらに-40℃以下の強い寒気団によって急激に冷やされた為に起こる現象で、「冷却姐さん飽和発光現象」といい、およそ10分ほど続いた。
これについて専門家は、「1,000年に一度見られるかどうかの非常に珍しい現象で、日本においてはこれまでに報告事例はまだない」と説明している。この現象は海外の研究者の間でも注目を集め、今後さらに発光時の画像の分析が進むこと。
姐さんについて社会的活用の道が開けるものと期待されている。(ちびまさ記者)

>誰か今日未明、「冷却姐さん飽和発光現象」によって突如東の空に現れた姐さん、見た人いるぅ??10分続いてた・・・って(笑)
姐もまもなく“社会的活用”される模様


世界初高速増殖炉、姐さん完成

文部科学省の前面協力で開発が進められていた世界初の高速増殖炉姐さんがこのほど東京湾岸地区に完成した。
設計、開発者でもある姐さん氏によるテープカットの後、炉のメイン電源が入れられると、姐さん氏自ら炉のハッチから入り、自らの体を装填した。何度かレバーを引き、2時間後、ようやくパネルに「777」が表示されると姐さんは高速に増殖開始した。炉の青ランプが点灯し、再びハッチが開くと、報道陣のカメラフラッシュが瞬く中、増殖した姐さんが「フィーバー姐さん!フィーバー!」と連呼しながら、ジャンジャンバリバリ出てきたのである。
その後、増殖した姐さんは、湾岸銀座の飲み屋街へ繰り出し、二次会三次会を経て、湾岸線銀座駅周辺は食い倒れ酔い潰れた姐さんで埋めつくされ、酔った勢いで店の従業員に手を出す等の事件も多発し、管轄地区以外からも救急車パトカーの出動要請があったほど。
これにより、この度の高速増殖炉を疑問視する見方が大きいとの事。後日、この高速増殖炉は好色増食炉の誤植だった事が判明し、姐さんの存在自体が否定される事となった。
加えて先日の飲み代が、接待費で落とせない事に姐さん連盟は意義を表明し、国税局前に二千人の姐さんが集結し、大声で叫んでいた。(絶対少年記者)

>「増殖した姐さん」「食い倒れ酔い潰れた姐さんで埋めつくされ」「二千人の姐さんが終結」・・・・こ、怖い(笑)
実は「高速増殖炉は好色増食炉の誤植だった」ってオチ、何となく失礼じゃない?

=========
みんなの新聞はどんな?(笑)
お気に入りの記事、教えてね

Source:
日刊あなた」 http://www.p-apple.net/anata/

新カテゴリー*水面休息 作りました♪

2006年05月12日 23:50

以前から、姐のところにはすごく沢山の“面白いサイト”系の情報が集まってきて、会社の子とニヤニヤ、時に独りニヤニヤ、大笑いすることが結構あった

何となくバディの皆にも「面白いよぉ!!」って教えてあげたい気持ちマンマンだったりしたのだけど、「ダイビングログと豪語しておいてどうかなぁ・・・海、関係ないじゃん」と自分に対して納得いかない部分があって、このブログで紹介することはしないでいた。
何となく「客寄せ」みたいに思われたくないっていう気持ちも。


でも、お陰様でダイバー、ノンダイバー関係なくこのブログを「見てるよ♪」って言ってくださる人が増え、このブログを話題に盛り上がってくれたりする機会もたまーにあったりする
(本当にありがとうございます


そんな光景をたまに目にする中で、姐が「面白いと思うこと」「楽しいと思うこと」を、バディの皆さんとシェアするってことは、そんな難しく考えなくていいんじゃないか~って思えるようになってきた。
ので、紹介していこうと思います
↑要は・・・自分で納得したかっただけっす(笑)


バディの皆がダイビングの合間、水面休息の時にでも「あれやってみたー!!???」なんて盛り上がって、楽しくなってくれたら姐も嬉しいしっ

もちろん、姐の琴線に触れる、嫌味なく“面白い♪”と思えるサイトだけを厳選して。

そしてもちろん、「時々」ですっ!
そっちばっかりで盛り上がったら・・・それはそれで寂しいから

だってだって、ダイビングブログですものぉ~!!!!

ダイブログ #478-479 八幡野

2006年05月06日 11:13

伊豆半島を西に東に移動して、GW前半戦はにぎやかに過ぎていった
すっかりゴールデンを始めちゃった姐。
遊び倒して、間の5/1,2日は出社だった

で、なんと(余談)・・・

毎月最初の月曜日にあるマネージャー以上が参加する会議(含む社長)・・・5/1は、すっぽかし
全然・・・全く・・・忘れていた(ヤバくね?)
しかも気づいたのは4、5日頃・・・カレンダーを見てて「あれ?最初の月曜って1日だったんだ!!
どうやら他にもお休みの人が多かったようで、どうやら気づかれていない(と思いたい
てへっ(で済ましていいのか?)


そして、そんなゴールデン浮かれポンチングな姐は、性懲りもなく、
「っつーかさー、世の中ゴールデンウィークっつーのに伊豆に3日ってどういうこと??」
と自問自答、ぶつぶつ言いながらも、また伊豆に向かってしまったのでしたーっ

もちろん、先週、優しい時間をくれたK兄にお礼をしなくちゃという立派な目的もアリでっ



478th Dive
ポイント:アジ根 方面
エントリー:ビーチ
EN:11:13
Under the water:47min.
Under the water in my life:384h26m
気温:--℃
水温(水底):15℃
Suite:6.5mm+ウインターグローブ (OK!)
透明度:--m
透視度:--m

んにしても、んにしても・・・八幡野の海そのものも、なんと4年ぶり!!
何となく“いつでも行ける”的な感じで敢えてリクエストもせず(^^ゞ)でもってたまたま、「今日は八幡野のみOK」な日にぶつかっていなかったんだろうなぁ・・・
正直言うと、八幡野の出入り付近のゴロタの浅瀬が苦手(波酔ってしまうので)、という印象があったりもするのだけど

とは言え、4年も経ちゃー“久しぶり”というよりは、もう殆ど初めてのポイントって感じで、ワクワクしながらのエントリーだった


事前に透明度は“ばっちり春濁ってる”と聞いていたのもあって、お約束どおりの透明度。

“さぁ~て、久しぶりの八幡野”なんて思いながら進んですぐ、ホンダワラにがんじがらめになってるキタマクラBaby、通称“マメマクラ”ちゃんを発見っ!

「助けてあげなくちゃっ!!

と思った姐、そーっとホンダワラをかき分けると、なんと、このマメマクラちゃん、姐の手の平に入ってくるでないのぉ~

いや~ん、可愛いっ!姐の両手の平の中で精一杯“ぷぅ~”と膨らんでる。
潰さないようにしながらも見つめ合う姐とマメちゃん(笑)
写真は・・・なんせ両手の平見つめていたので、もちろんありません


更にすすむとクロホシイシモチがあり得ない数くらい群れてる。
薄暗いせいか、こっちに気づいていないくらいの“まったり感”で漂ってた。

更に進んで・・・今日のメインのうちの1つ。

「八幡野のダンゴちゃん」(注:姐はやや飽き気味 笑)

ガイドEKちゃんが発見し、バディSさんとバディEDyが写真を撮っているのを横目に、姐は隣の岩で見たことがないけど気になっていた「オオウミシダトウマキクリムシ」を探していた
残念ながら発見できず・・・って、だって見たことないんだもの(笑)

代わりに探さなくても目に飛び込んできたのが、巨大「サクラミノ」
あんまり大き過ぎて・・・^^ゞ


“ダンゴちゃん、そろそろ姐の番かなぁ~”なんて思って見ると、既に移動・・・・ぉぃ!(笑)

っつーことで、潔く(?)次のメインへと向かう。

姐としては久々の深場。
この季節上がってくる深海魚と言えば「サギフエ」!!
ガイドEKちゃん、見事GET!!!水深50mはやっぱり暗い・・・・
深海魚っぽいよね。


っつーのは、全くの嘘で、28mあたりっす
写真撮ったら、見事に“深海魚”風に撮れていましたっつーことで^^ゞ


それぞれが写真を程よく撮ってから、いざ帰路へ。


すごーい揺れ揺れの割には上手に撮れたかな、の深紅の「ハナタツ」はとっても綺麗!
揺れゆれの中での1枚!



すると、海中でガイドさん同士が、どうやら・・・

※以下、想像の会話

「イザリいたよ?
「えっ?イザリ?
「そうそう!こっちこっち!
「どこどこ?
「・・・あれいないねぇ?
「Oh, my god!!

とジェスチャーでやってるのを、ゲストとしては見ちゃいけないわっ・・・と思いながらしっかり目撃したりして(笑)

その根にいたのは、初めての「ネズミウミウシ」←似てる?
ネズミ・・・ぽいぃ?


最後の浅瀬では、アオリイカの群れやボ(ラクーダー)なんかも登場。

久しぶりの八幡野、苦手だった浅瀬も結構イケるんじゃない?と自分の成長(っつーか単にアネ○ンのお陰か?)に満足しながらエグジット。伊豆にいながらとっても新鮮な1本でした♪♪

魚たちとの出逢い
・クロホシイシモチyg群れ
・マメマクラ
・ダンゴウオ
・サギフエx2
・シビレエイ
・アオウミウシ
・サラサウミウシ
・サクラミノウミウシ
・ネズミウミウシ
・メバル(立ち泳ぎ)
・ハナタツ
・アオリイカ
・ボラ
・ムカデミノウミウシ



479th Dive
ポイント:アジ根 方面
エントリー:ビーチ
EN:13:19
Under the water:59min.
Under the water in my life:385h25m
気温:--℃
水温(水底):15℃
Suite:6.5mm+ウインターグローブ(○!)
透明度:--m
透視度:--m

広くなった・・・というよりは、単にバスタブが2つになったお風呂(笑)で体を温めて、いざ2本目。
今度は深場ではなくて、“根”をじっくり探索しよう!ということで♪

またしても、まったり~なクロホシイシモチ・・・と思いきや、その向うにアジの群れ。
超○普とは言え、クロホシイシモチ&アジのコラボ、なかなかです(←最近、そういうのに飢えてたから説あり

やがて、大きな根に到着すると、スレート忘れたガイドEKちゃんがまるで黒木のように(笑)で“ダンゴ~”と言ってる!!

ダンゴ探しタイム、スタートッ!!!


“だからさ~・・・ダンゴ飽きちゃったんだってばぁ~・・・”と思いながら、しっかりライト取り出しやる気マンマンな姐

そ・し・てっ♪♪

見つけちゃいました
どうしましょ、姐ったら(←自己陶酔。) 

近くにいたバディSさんと、バディEDyにガッツポーズと共に写真を譲り、姐はガイドEKちゃんが呼ぶ1本目に見逃したダンゴちゃんへ。

姐が撮ったダンゴちゃんはこちら。
ある意味、久しぶりに大きいダンゴだったので(笑)これが限界。難しいっ!!!
今までで一番大きくて綺麗に撮れたよ^^v


そして、写真に夢中になっていると(実は飽きてない?)、ガイドEKちゃんが姐を呼ぶ。
そう、1本目に探せなかった「オオシダトウマキクリムシガイ」

・・・が、これ、本当に小さかった・・・全然ピン合わず・・・
まるで胡麻。←最近、胡麻表現多すぎじゃね?

後日調べてみると、2cm位になるみたい。ってことは、アレが本物だったかどうか微妙(笑)
でもでも、本物だったとすると、それはそれでそんな小さな「オオシダトウマキクリムシガイ(長。)」ある意味レアだよねぇ~!!!

ってことで、あれは、胡麻「オオシダトウマキクリムシガイ」に決定(笑)


砂地では、「ハナアナゴ」が。
クローズアップレンズをつけたままだったので、そのまま寄ってパチリ
クローズアップレンズで寄ってみた!目、あった?


そしてエグジットに向かう途中、春濁りの中、ヒラヒラと舞う小さな白いものが姐の目に入った。
なんとなーく・・・・ゴミとは違う、その白い物。

本日、2回目の手の平にそーっと!!!
・・・・と、良く見るとウミウシっぽい?
長さ約3mmと言ったところか???!!!!

バディSさんにそーっと見せると・・・大笑いされる
ガイドEKちゃんとバディEDyは少し前。
でも、見せたかった

両手に包み込んだ状態で泳ぐも、ガイドEKちゃんは振り向いてるけど気づかず
“えぇ~ん”とバディSさんを振り返ると、“行け、行け”と・・・言われたような気がした(笑)
更に泳いでガイドEKちゃんにたどり着き、そーっと手のひらを広げた・・・
そして、また、笑われた

ガイドEKちゃんが岩にそーっと移してくれたソレは、「フタスジミノ」だった
本当にちっちゃかったよぉ~!!!



そしてエグジット間際、浅瀬ですごい光景を目にした・・・・

「アメフラシの○P」(R18指定)
季節の風物詩ってことで^^ゞ


ま、ある意味、季節の風物詩。恒例です。
がっ、そ、そ、その隣ではっ“アメにも負けず・・・”(?)

「ナマコの○P」(R18指定)
アメにも負けず・・・・っ


“いや~ん、参りましたっ
人間ダイバー、タジタジの2本目でしたーっ

んにしても、ジャンボアメフラシ。
海藻の間に突然潜んでんの、ほんと、ギクッとするからやめてくんない?(笑)

魚たちとの出逢い
・ハナアナゴ
・ダンゴウオ(姐、発見♪)
・ニジギンポ
・アメフラシ vs ナマコ
・クサフグ
・コウイカ
・キンギョハナダイ
・メバル
・フタスジミノ(姐、発見♪)
・シラス
・The TKG(トウシマコケギンポ)
The TKG!


・???
こんな魚がっ!!(笑)



=====
あんまり大きな声じゃ言えませんが・・・

また、やっちゃいました「ホカホカご飯 炊飯器持参ランチ」
しかもーっ、“保温”じゃなくて“2本目の前に炊飯器のスイッチON!”へグレードアップ

詳細は言えません
だって、八幡野ダイビングサービスに来るダイビングショップ皆が炊飯器持ってくるようになっちゃったら、大変ですものっ!責任とれないわっ!
(絵的には面白い・・・ショップによって炊飯器の大きさが違う、みたいな。笑)

K兄は今日も素敵な笑顔と優しさで我らを迎えてくれました
ありがとう

次回こそは、必ずK兄の分も1合多く持っていくからね!!うふっ
↑まだやる気か~っっ!!!(笑)

2本が終わる頃にはよい天気。
春の木漏れ日の中、陸では「ナナホシテントウウミウシ」を発見(笑)
ナナホシテントウウミウシ??(笑)


大満足の“炊飯器の恩返しダイブ”な一日でした~


GW一緒に遊び倒してくれたバディSさん、ありがと~
トラッドEDy、次こそ「炊飯器&Edyのオカズ」でよろしくーっ!

そしてそして、「3日も伊豆とかあり得なくね??!!」と好きで来ておきながらぶつぶつ言ってる姐を、心から楽しませてくれた、最近“Yo, men!”なERKNことガイドEKちゃん&AG?、お世話になりました~
あざぁ~っす          


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「GW満喫し過ぎ!!」などと思ってくれたら・・・ えへへ、満喫しましたっ~っ


↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。