--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪山ログ * グランディ羽鳥湖 ~後編~

2006年02月26日 23:50

今日は朝から雨・・・
気象予報士の良純が「だろ?当っただろ?」って(笑)


前の晩、アネバウワーと(全然出来てない)三回転のパフォーマンスに自らやられ、ベッドになだれ込んで寝てしまった姐
さすがに喉が渇いて夜中4:00頃目が覚めた・・・。
コンタクトを外し、歯磨きをし、寝なおす。あぁ、情けない・・・

熟睡したせいか、目覚ましがなる前に目が覚め、眠気覚ましにへ♪4:00に起きたときに、冷静にバファリンを飲んだせいか(?)体調はすこぶるよろしっ

さぁ、気を取り直して(?)2日目スタートだいっ
ゴージャスエクシブの朝♪窓からの景色~



「男女七人雪物語」後編・・・とか言いながら、今日は全然、雪山じゃーないっす

外は雨・・・チェックアウト前に部屋に集合して「どーするぅ??」と。「このまま帰るのももったいないねぇ」「どっか、立ち寄りとか?」・・・・

そこで、出た案が「ボーリング」!!(さすが昭和世代! 笑)


チェックアウトの時にホテルのフロントに聞くと、車で10分程度のところに「白河ナイスボール」というボーリング場があるという。

「営業しているかどうか確認いたしますので・・・」と丁寧に電話で確認、営業しているという。

っつーことでとりあえず、行ってみることに


「白河ナイスボール」があるはずの場所は寂れた感じの建物が・・・
でも、良く見ると看板がある!!ここだぁ~!!!

っと、どうやら建物の裏に来てしまったようで、そこで目にした不思議な光景・・・・
ナ、ナ、ナイスボーーーーールッッッ!!!?



「ナ、ナイスボール・・・・大丈夫か??」
ホテルの人が“営業しているか”と言った意味がわかった(笑)
日曜日なのに・・・?!って思ったんだよね~^^ゞ


駐車場に車を入れると、結構な車が停まっている。
ボーリングしてます!という音も聞こえてくる!!結構、流行ってる感じ 「じゃ、行くか~!」と言うことで、「男女七人雪物語」の2日目は「男女七人玉物語」となったのでしたー


2階のボーリング場につくと出迎えてくれたスリッパ(笑)
さ、さすがっ!!!ナイスボールゥ!!!!皆で大爆笑。
いいのいいの、大人はそんな小っちゃなことにはこだわらないわ~
ナナナ、ナイスボーーールーーーーゥゥゥ!!!?



靴を借りて、玉を選ぶ。
靴はグレーと紺とエンジ色のこじゃれた感じ。
なーんだ、安心、安心・・・・
と思ったら、バディBBが「私だけ、この色~っ!!!
・・・・・いいのいいの、大人はそんな色にはこだわらないわ~
結構似合ってるわよ、そのあり得ない靴(笑)



勝負は1ゲーム。
ただゲームじゃつまならい・・・って言うことで、罰ゲームを決めた。

「2位の人が5位の人の肩を抱いて駐車場まで行くこと

簡単なことのようで・・・・ダイビング友達っつーバディな我々、男女でもこっ恥ずかしいし、男子同士でも気持ち悪い(笑) なんとなく、女子は皆ボーリング苦手系なので、どんなペアになるか・・・ワクワクしながら始まった


※ここからは、各自の都合によりアーティスティックな画像でお楽しみください。

「自慢じゃないけどぉ~・・・隣のレーンになげたことあります」な姐@“木版画”バージョン
都合により木版画な姐・・・・


「実は昔はブイブイ言わせてたんだけどさー・・・スキーよりこっちの筋肉痛のが心配だよ」なバディYN@“スポンジ”バージョン
都合によりスポンジなバディYN


「結構勝負には熱くなるタイプなの!!・・・やったーっ!」なバディHP@“水彩画”バージョン
都合により水彩画なバディHP


「そんな得意じゃないんだよねぇ~・・・」って言いながら何やらせてもスマーティなバディSS@“色鉛筆画”バージョン
都合により色鉛筆画なバディSS


「え~、ほんとに苦手なのぉ~・・・」って可愛らしい投げ方だけど派手な靴(笑)のバディBB@“ポスタライゼーション”バージョン
都合によりポスタライゼーションなバディBB


「やっぱマイシューズが無いとさぁ・・・・あ、明日の天気は晴れだよ」な(笑)実は本気なバディYZ@“ラップ”バージョン
都合によりラップなバディYZ


「すんませ~ん・・・やっぱ止めときますわぁ・・・・」って昨日のボードで首痛いって一番若いのに棄権なバディOJ@“油絵”バージョン
都合により油絵なバディOJ



さぁ、結果はいかにっ!!!


結果発表!!



はい、言い出しっぺ姐が5位。そう、“肩を抱かれる役”でした(恥。)

途中、2位を狙って♂2人の「壮絶な姐の奪い合い」の中、姐が「けんかをやめて(by 竹内まりや 古。)」を歌うっつードラマチックな展開もありつつ(あったよね?あったよねっ??)・・・・

罰ゲームはこんなっしたーっっ!!!(開き直り。)

もちろん、それぞれの人生がありますからーっっ!!!都合により記念撮影は“パッチーワーク”バージョンですっ(笑)どぉよ?
都合によりパッチワークラブな2人・・・(笑)


下で皆がカメラやら~、携帯の動画モードやら~、で待ち構える中、まるで結婚式のバージンロードのように階段を降りる2人・・・(照。)
大笑いのバディたち!!くーっ!!!
結婚式ですか~っっ!!!!(照。)



色んな意味で大盛り上がりのボーリング大会を終え、白河でランチをした後、で帰るバディ1人を送りにJR新白河駅へ。
残り6人は車に“あいのり”しながら、大きな渋滞に巻き込まれることなく帰路についたのでした~


いつも海で会って楽しい時を過ごすバディ達と、ちがった景色の中で過ごすのはとても新鮮で、とても楽しい2日間でございました♪

大人たちの雪山遊び、また行こうね~!!
お疲れ様でしたぁ~


バディYN希望により・・・“大王様とハーレム(含む♂)の図”



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「なかなかアーティスティックなログだったわ」などと思ってくれたら・・・(思わないって? 笑)
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆


スポンサーサイト

雪山ログ * グランディ羽鳥湖 ~前編~

2006年02月25日 23:50

ひょんなことから、ダイバー仲間と雪山ツアーに行くことになった

最初は、冗談半分で話していた(と思う 笑)んだけど、2ヶ月位前に日付を決めてメールをしてみたら、意外に皆行く気

ってことで、ダイバー7人(もちろん、全員三十路以上・・・)の「男女七人雪物語」♪チャチャチャチャッ♪♪(by 石井明美 古。)、決行!!!


皆それぞれ住んでるところもバラバラで、足も「電車組」と「車組」に。
皆やったことあるものもバラバラで、「スノボー」ありーの、「スキー」ありーの、「ショートスキー」ありーの。
皆雪山への取り組みもバラバラで、「先週行ったよ」ありーの、「先月行ったよ」ありーの、「毎年1回はね~!」ありーの、「思い出せないくらい久しぶり!」ありーの。

そんな7人の雪山ログです


姐は、“車組”班長で♂2人を乗せて4WDのRVを運転
本当は助手席で優雅に・・・と行きたいところだけど、なんせ、保険が家族限定なもんで^^ゞ
直前に「家族になるか」案も浮上しつつ(どうやって?)、実は、車の運転大好きな姐はそれはそれで、ワクワクだった


目指すは、福島県白河。
車組1号車は、姐+バディY兄、バディOJ。
2号車、バディSさんは左ハンドルの4WDに独りでやってくる予定で、羽生SAで待ち合わせ。

が、東北道に乗って間もなく「先行ってください!」のメール。
何でもお財布が行方不明でひとり大騒ぎしていたらしい

1号車は2号車を待ちながら、佐野SAで朝ご飯代わりにうどんなど♪
あ、朝からY兄、佐野ラーメンいってました(笑)

そうこうしてるうちに、2号車Sさんから「佐野SA過ぎました~!!!今、どこっすか?」って、ぉぃ・・・抜かされてるって^^ゞ

慌てて次の「都賀西方P」でようやく無事1号車、2号車合流。
何故だか「ごめんね~、待たせて」って言ってる不甲斐ない1号車 あれれ?

その頃には、電車組みから予定どおり到着のメールが

電車組を最初に寄るホテルで待つ予定の車組、すっかり遅れて到着。
電車組班長、気象予報士の(嘘。)良純ことHさんがチェックインも済ませてくれててさすが!頼りになるぅ~

何だか集合からハプニングで・・・おもしろいっ!
旅のハプニングは否が応でも、気分盛り上がる♪♪(姐だけ??)


ホテルは、「エクシブ那須白河
ゴージャス!!・・・なんてじっくり味わう間もなく、お着替え、お着替え!

車をおいて、皆でホテルからの送迎バスに乗り込み、ゲレンデ「グランディ羽鳥湖スキーリゾート」に到着!
お天気もよく、気温も高く、最高の雪山びよりではないの~!!!
日頃の行いの成果っすね~♪



実は初対面・・・なバディもいたりして~っつーことで、ブリーフィング(笑)
もちろん、あっと言う間にバディは皆バディ♪

缶ビール6缶仕込みOK!いざ、リフトへ
お天気もよく、サイコーっす!!


足慣らしの1~2本の後、頂上に埋めたビールで「三十路系=昭和系」お約束の“乾杯”
このすがすがしい図、どうでしょう?(笑)
このすがすがしさっ!!とても○才には・・・(笑)



毎週派の人も、久々の人も、みんな思い思いの雪山を楽しむ
「いや~、いいね~、たまにはこういうの」皆、満面の笑み。
最初は“温泉目的だからー”なんて言ってたバディもすっかりやる気!!
あれ~、筋肉痛、大丈夫ぅ?


約10:00~15:30の間、なんと頂上乾杯とランチ以外は休憩なし(笑)
大人の雪山遊び、サイコー!!

超久々、直前にスキーをやる!と決めたバディBB。
マイペースながら、後半はしっかりでないのぉ~♪
上手になりました


っとここで、ダイバー病をいくつか

・「ゴーグル」を「マスク」と言う
・で、そのゴーグルからが出てるのが落ち着かない
・板やボードを、「器材」と呼ぶ
・皆で滑るのに「先頭だれ?」を「ガイド誰?」と言ってしまう
・急降下では、ついをつまんでしまう
・リフトの上からでも「何か出るんじゃないか」と林を見つめて生物を探す
・ログをつけたがる・・・

どうでしょう?(笑)


グランディ羽鳥湖」は、以前に何度か来ている姐。
ファミリー向けのゲレンデって感じかなぁ。
でも、お天気が良かったせいか、午後になると雪質は「雪」というよりは「極小氷」という感じで、久々に使う下半身(悩ましっ 笑)は膝が大笑い


帰りのバスの中では、さすがに久々の雪遊びと、来るべき「大宴会」に備えて、みんな爆睡・・・
春間近な景色・・・



戻ってからようやく、ゴージャスホテルを堪能♪
なんとも、ディズニーランドみたいで・・・そこにダイバー7人(笑)
いや、なかなかイケてました、みんな

そして、ひとっ風呂
これ、最高!!
外の露天風呂は人工の(?)ジャグジーなんだけど、2-3段高いところにあって「女王気分」・・・・もとい「お姫様気分」満喫!!
飲めたら最高だねー」なんて(←結局、オヤジっぽい)


お風呂の後は、もちろん!!
男部屋、女部屋と部屋は分かれていたけど、男部屋に集合していざ、乾杯!!
大宴会のはじまり、はじまりぃぃ~


ちなみに、今回、エクシブなんてゴージャスなホテルに泊まっていながら、ホテル内のレストランで小洒落て食事は無理・・・キャラ的にもお財布的にも・・・
ってことで、お酒やら酒肴やらお菓子やらカップラーメンやらを持ち込み
(あれ、これ、ここで言って大丈夫なんだろか?ま、いっかー)
夜の宴会写真はこれだけっす^^ゞ


何だか、お泊りのお部屋に集まって賑やかにする飲み食い、すっごーい楽しかったぁ
普段、お酒を飲めないバディHPも、「今日は飲んじゃうっ」とチョーヤ梅酒を100ml(笑)お母さんがお土産に持たせてくれたお漬物が最高っしたあざぁ~す


色んな話をしながら夜は更けていき・・・・・

姐のテンションも絶好調になり・・・・・

TVでやってたスケートのエキシビションと共に・・・・

「イナバウワー見てぇ~!!!」
「ねーねー、どーして三回転できないんだろー!難しいぃ~!!!(もちろんやってる姐)」

等と言いながら、見知らぬ痣を作りつつ、例によって二次会に突入する前に落ちたのでした・・・トホホ(笑)


雪山満喫の初日、終了!!
眩しいくらいの太陽!ありがとー♪



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「また雪山ネタ~?」などと思っちゃったりしてもっ・・・
(だって冬眠中なんだもの)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #467-468 CEBU-Cabilao

2006年02月20日 13:14

さぁ、セレブセブログもいよいよ最終回

2本目を終わる頃には「念の為」に積んでた4本目のタンクも、本気で出番決定!な雰囲気(笑)それくらい、セブの海は疲れないし、のんびりぃ~なのだ

3本目、4本目は姐も入ったことのないポイント
ワクワク度が増す♪


467th Dive
ポイント:CABILAO(カビラオ) - サウスウォール
エントリー:ボート
EN:13:14
Under the water:50min.
Under the water in my life:374h47m
気温:--℃
水温(水底):27℃
Suite:5mm(◎!)
透明度:--m
透視度:--m

ガイドさんがエントリー前に一言。
「う~ん、ちょっと流れてますねぇ~
ってことで、再度、ドリフターズ!!ゆるやかに、そして気持ちよく流れていくことに♪

しか~しっ。

何度も書いちゃうけど・・・本当に珊瑚が綺麗
もう、目を奪われるっていうのはこのこと・・・

スズメダイ系の魚たちが沢山群れてる!
フィリピン固有種もいりゃー、ミスジ琉球スズメダイもいりゃー、デバスズメはもちろん。
「どこ見りゃいいのぉ~!!」なんて思っていたら、ガイドのKちゃんがスレートにひとこと。

「これ、マジ、やばくないすか?」

マジ、やばくないっすか?(笑)


大爆笑
そんな“まんま”なコメントありかよ~(笑)
でも、本当に、「マジ、やばくね?」っていう美しさとチビッコ魚の量なのである。

ドロップオフ沿いには、またしても「パープルビューティ」がすごい数群れている。
♪パープルレイン、パープルレイン♪♪・・・違っ。


っと、ガイドKちゃんが「アカスジリュウグウウミウシ」を指示棒で指した!
「おぉ~!!!」見れば、バディMPはまだ気づいていない!今がチャンスッ(笑)
ほどよい流れの中、必死でシャッターを押すも、流れと中性浮力の未熟さと、バディMPの殺気とでなかなか上手く撮れない(笑)
っつーことで、何とか見せられるかな^^ゞの1枚はこれ。
あ~ん、ピントがっ(涙)



バディMPが写真を取っている間、ドロップオフ沿いの壁を見ていると・・・

水色のお家・・・気持ちよさそう^^


ふふふっ、見事にはまりすぎ~
気持ちよさげ~
アゴ乗せすぎぃ~(笑)


今度は別の何かを激写中のバディ。
激写中っ!!


後から聞くと「エビとか超可愛くない?綺麗くない??」とウミウシ以外の生物にもようやく目を向けたらしいバディMPが撮っていたのは、「ホルトハウシ」
この透明感がとっても綺麗・・・


見事に珊瑚が美しいポイントでした~

魚たちとの出逢い
・スプリンガーズダムゼル
・パープルビューティ
・カクレクマノミ
・アカスジリュウグウウミウシ
・海綿にすっぽり収まるカサゴ
・ホルトハウシ

・ミゾレウミウシ
ミゾレらしいミゾレ♪


・コノハミドリガイ

この木の葉・・・ちょっと色薄くない?



468th Dive
ポイント:CABILAO(カビラオ) - ラ・イーストリア
エントリー:ボート
EN:14:57
Under the water:62min.
Under the water in my life:375h49m
気温:--℃
水温(水底):27℃
Suite:5mm(◎!)
透明度:--m
透視度:--m

いよいよ泣いても笑っても最後の1本・・・

太陽が少しだけ傾いてきているのだろう、海の中は少~し・・・気持ち薄暗い。
そんな中、入ってすぐにガイドのKちゃんがタンクを鳴らす。

「カンカンカンカン!!!!!

姐の位置からだと・・・見えない、何?何???

おぉ~っっ!!!!!!!!!!ナーポーレーオォォ~ン!!!!「ナポレオン」様でございます。
ちょっとギリな写真、わかるかなぁ?
わっかるかなぁ~!!!ナポ!!


バディSEが、がんがん、追いかけていく!
バディSEにしては珍しい行動(笑)


入るなり大興奮の後は、のんびり・・・まったり・・・♪
珊瑚ぎっしり!うっとり・・・


この一本、姐は最後なので、セブで散々見た“普通種”達をとっておこ!と思って、ダムゼル系やチョウチョウウオ系にカメラを向けていた。

お陰で、写真は殆どNG(笑)
南国っぽいダムゼル♪



水深の浅い珊瑚エリアを、スーパー放置プレーで各自が色んな宝捜し状態!
時々、カンカン!、リンリン!で皆が集まる 楽しいっ!
実際は珊瑚ぎっしりのところを、ふぅわ~・・・と浮きながら軽く泳いでるだけで充分楽しめちゃう
大事に守っていきましょう^^



久々に上を見上げると!!!
なんと「ブラックフィンバラクーダー」!!!・・・・・・・1本( -_-)
い、い、一本・・・ まぁ、許す(笑)


最後のタンクということもあって、記念撮影大会♪
ガイドのKちゃんとバディSE&MP!


撮影大会も終わって、ガイドのKちゃんが「」とエグジットの合図。
3人揃って「」(笑)実は、これ、作戦どおり。ぷぷぷ・・・
Kちゃんが笑いながら、諦めたように、また、放置プレー開始。

「スパインチーク」を見つけたり、「極小クマノミ」を発見したりしていると・・・
岩を曲がったところにヒラヒラヒラヒラ・・・
「ヒラムシ」が泳いで?舞って?いました♪
実はこの1本、一番ウミウシが少なく、皆でこのヒラムシを囲んで大喜び(笑)
ひらひら・・・中層(?)を泳いでたっす!


?」「」「?」「」「?」「」なんて(笑)そんな事を2、3度繰り返しながら、いよいよ終了~

全員が全員「もう、充分!!本当に大満足っっ!!!」と叫びながらのエグジットでした!

魚たちとの出逢い
・ナポレオン
・コロールシュリンプ
・カエルウオ
・ハマクマノミ
・パープルビューティ
・オシャレカクレエビ
・イソギンチャクカクレエビ
・超miniクマノミ
・セジロクマノミ
・ヤスジチョウチョウウオ
・ブラックフィンバラクーダ 1本
・スパインチークアネモネフィッシュ
・コールマンウミウシ
・マグニフィカ
・ヒラムシの仲間

・よく見かけたホヤの仲間♪海中では目立つ色彩!
よく見かけた、この目立つのはホヤ?


・なんとかチョウチョウウオ?
何とかチョウチョウウオ^^ゞ


・ザ・コイボウミウシ
コイボを馬鹿にしちゃダメッ!!


=====

マクタンから1.5時間のカビラオ島で4本。
それに付き合わされたボートマン達・・・。
上がって“やれやれ”な気分になる間もなく、ボートは動き出す。
金色に輝く海・・・


「そうだよねぇ~、早く帰りたいよねぇ~超残業だよねぇ~」と自分達のしでかしたことに気づきつつも、反省の色なしの4人。

そんな4人に味方するかのように、なんとイルカの大群が!
あっちにも、こっちにも!!
微妙な一枚はこちらっ^^ゞ
わかるかなぁ~!!イルカッ♪


イルカに大興奮の後は、さすがの姐達もウトウト・・・・
空はどんどんオレンジ色に変わっていく。
本当によく遊んだ・・・3日間



やがてボートがマクタンに到着する頃には、空は真っ暗
小学生が「鐘が鳴ったら帰ってきなさい」と言われていたのに、ついうっかり楽しくて、遊ぶだけ遊んじゃった状態。髪の毛ぼさぼさ、顔はベタベタ、手はフヤフヤ(笑)

「オーナー怒ってるかなぁ」「ビーチで仁王立ちじゃない?」「皆で素直に“ごめんなさいっ”って言った方がいいよねぇ」「鍵閉まってたらどうしようか・・・」なんて言いながら、ショップに近づいていくと・・・

「おぉっ、よく遊んだな^^ どやった?良かったやろ??

全くもって優しいお父さん状態(笑)
ほっとした我らはすごい勢いで「あのね、あそこで、あれもんのこれもんでっ~!!!!」と報告を争う。まるで、子供だ


っと、何やら箱が・・・・ な・ん・と!!!
昨日バディSEが「350本」だったのを目ざとくチェックしていたカリスマガイドの計らいで、「350本記念 お祝い会」が♪♪
Wow!!サプライジング~!!


「きゃーっ、嬉しいっ!!お腹空いてたのぉ~!!!」と色気より食い気。
ご飯前にペロリと平らげたチーム姐歯(笑)
昨日、ちゃんとログを見ていた姐とバディMP。「350本?あ~、通過点、通過点!」って友達が言ってるのに、ショップの皆さんったら感動!

バディSEは本当に嬉しそう
「ダイビングだけやりに来ましたっ!」の言葉どおり、潜り倒して2日間が終わったのでした~
セレブE~!!!おめでとうございますっ♪



☆Night Dive in マクタン☆

カリスマガイドのチョイス&御用達のイタリアンで、Pizza&RedWineなど
セブ近辺では唯一と言っていい「アルデンテ」に茹でられたパスタも美味。
なんて幸せな夜

話はセブの海、今回の旅の珍道中っぷり、それぞれのショップ談義等々、夜は更けていったのでした・・・

カリスマガイドはじめ、ガイドKちゃん!!
本当にありがとうございました
また、間違いなく襲撃するので、お楽しみにぃ~!!!

=====

最終日は、朝早い直行便をあえてやめて、マニラ経由のゆっくり便へ変更していた。
っつーことで、姐も初めての“昼間のマクタン”へお土産なんかの買出しに♪
最後に少しだけ街へ繰り出した♪


朝早かったこともあって(と言っても10:00)、お土産はこの一件のみ。
なんてファンキーなお店(笑)なかなかの品揃えでお土産探しも楽しかった~
なんて南国チックなお土産やさん(笑)


ちなみに、伝票は全部手書きなので、恐ろしく時間がかかります(セブ時間?)
ぎりぎりのお買物には気をつけましょう^^ゞ


マニラでは、地元人に混ざって空港内でランチ
日本人は我々だけ!という図にほぼ初めて遭遇♪


潜水日数2日間で8本。
潜水時間を40分計算すると12本分。
ダイビング旅行にして、これで不満足なことがあろうや?!
「どうだっ!」と言わんばかりの海とホスピタリティ、ショップの皆さんありがとうございました!
バディSE、MP、ありがとう!!幹事&班長、頑張った甲斐がありました♪
次はどこ行くぅ???(笑)

セブ・・・・万歳!!
(都合により“ガラス越し” 笑)

よ~く遊んだっ!楽しかったぁ!!!



PS:
マニラからの飛行機では、ログ付けをやろうか~・・・と気持ちは思っているものの、さすがに就寝
姐は目を閉じると眼下に枝珊瑚の群集が見え、何となく体も“中性浮力”な感じの夢の中へと落ちていきました~
帰りの飛行機はさすがに・・・眠。



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「超大作~!!ちゃんと読みました~!!セブ、行きたいかもっ」などと思ってくれたら・・・(ほんと?ほんとに読んだっ?? 笑)
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #465-466 CEBU-Cabilao

2006年02月20日 08:59

2日目、目覚めると曇り。
そして移動中に・・・雨
うーん・・・昨日に続いて!なんて、そんな都合のいいことはいかないのか~とちょっとガッカリ

昨日1日しっかりと面倒を見てくれたカリスマガイドさんは、“もう勘弁”なのか別の予定が・・・だそうな(笑)

そして、担当は、去年9月のサファリで一緒にすごしたKちゃんが
このKちゃん、小さな体にグラマラスなボディですっごく楽しそうにガイディングしてくれる
姐はすぐに仲良しになって、今回も一緒に潜れることをすごく楽しみにしてた
Kちゃん大好きな「カビラオ」に行くことに。

なんと、既にボートには「4本分」のタンクが積んであるという!!
マジンガー??(笑)


なにはともあれ、セブジャニ(注:セブ島ジャニーズ)と三林君(注:三林と刺繍の入ったジャージを着てたフィリピン人)他ボートマン達と、セレブギャルズ4人の2日目ははじまり、はじまり~

出発して間もなく、虹が出てきた
雨・・・と思ってたら虹が♪幸先よさげ~!


やっぱり今日も・・・晴れるかもね!


465th Dive
ポイント:CABILAO(カビラオ) - ライトハウス
エントリー:ボート
EN:8:59
Under the water:51min.
Under the water in my life:372h48m
気温:--℃
水温(水底):27℃
Suite:5mm(◎!)
透明度:--m
透視度:--m

ガイドKちゃんが「皆さん、流れてるの平気ですぅ?」と聞く。
姐はもちろん◎!ドリフト大好き

エントリーすると、うんうん、まずまずの流れ。
ガイドさんの指示に従って、ドロップオフを沖に出る。
あぉ~い!!!気持ちいぃぃ~!!!だけど、流れてるぅぅ~!!

ふと振り返るとバディMPが若干棚の上から降りてこない・・?!
「おいで、おいで~」をするとちゃんと降りてこられた
後で聞けばMP、初めてのドリフト、初めての底なしドロップオフだったらしい
あ~、思い出す・・・姐の初めては“パラオのブルーコーナー”。
ものすごく流れてて・・・怖くて棚から出られなくて・・・
皆に迷惑かけたっけ・・・・その気持ち、わかるぜ、MP・・・(遠い目)

ぎっしりと隙間無く珊瑚で埋まる壁づたいに流していく~
“ちょっとゆっくり見せてっ!”と思わなくもないけど(笑)ここは優雅に流れてく~

そんな中でもちゃんと“キャバクラ カビラオ”のキャバ嬢「アンナ」を発見!
くっきり模様がビビッド!!


アンナがいれば、「ダイアナ」もっ!
すごいぞ“キャバクラ カビラオ”!!(←若干、オヤジ入りましたぁ~)
実は2匹、双子ちゃんでした(笑)


・・・何てな事を思いながら(?)ガイドさんの合図で上を見上げると・・・
なんと「ナポレオン」が
いや~、カビラオで見られるとは思いませんでした

棚の上を泳いでいたのでシルエット・・っていう感じだったけど、ナポらしいあの影がくっきりと見えて←?


やがてドリフトを終えて、棚の上にゆっくりと上がるとカビラオ名物の「海の中の草原」が広がってた!
姐は前々回のバリカサグを潜った時に、この「海の中の草原」がすご~く印象に残っていて、潜る前も「本当に草原なんだからっ!!」と言っていた。
バディ達も納得してくれたよう(笑)

草原っつーことで、なんと、“緑色に擬態”してる魚発見。
なんていう魚かな?姐的には、“草原に化ける魚”は初めて!!
緑色に擬態(?)してる魚・・・珍しくない??


「オオスジヒメジ」(?)の子供たち、草をかき分けかき分け移動中~
オオスジヒメジ・・・かな?


この草原でピクニック・・・じゃなくて、一休みしたりしながらエグジット。
足・・・上がりすぎ?(笑)


カビラオ1本目は流れありーの、お昼寝ありーのの、楽しい1本でした!

魚たちとの出逢い
・アンナウミウシ
・ダイアナウミウシ
・イソギンチャクモエビ
・ナポレオン
・草原をあるくシマウマ(嘘)

・カクレクマノミ
ハイッ、ニモファミリーっす!


・これはアンナちゃん?
ウミウシ三昧なりっ!


・ツユベラ超yg
ちっちゃ過ぎぃ~!!



466th Dive
ポイント:CABILAO(カビラオ) - タリサイ
エントリー:ボート
EN:10:40
Under the water:69min.
Under the water in my life:373h57m
気温:--℃
水温(水底):27℃
Suite:5mm(◎!)
透明度:--m
透視度:--m

2本目のタリサイは、ガイドのKちゃん大好きなクマノミいっぱいなポイント(笑)
「トウアカクマノミはぁ~、背中から見るとぉ~、白いところがハートに見えるんですぅ♪♪」とキャピキャピ

が・・・お姐さん達はいまいち反応薄(笑)
もうクマノミにキャピったりしないのだ。
(でも、ウミウシにはキャーキャー言う。)

このポイントは、水深も浅くて何となく見通しのいいポイントで、砂地でもなく、ガレ場でもなく・・・草原でもないようなところに程よい岩がポツン、ポツンとあって、“放置プレー&好きなもん探し”にはもってこいのポイント。
そして、それなりに色んなものが見つかるから面白い♪

まずは入ってすぐ、姐発見3連荘!
「アオスジツバメガイ」
9月にいたやつと同じ?姐、発見^^v


なんだろこれ?なんちゃらミノだよね??  名前募集1
砂地に化けてるのかな?(笑)


なんだろこれ??なんちゃら・・ヒラムシ? 名前募集2
ヒラムシっぽい薄っぺらさでした・・・


でもって、これもアンナちゃん?
アンナちゃん?



挙句には、ヒトデの手?足?が6本っ!?
あれ?新種??


・・と思ったら、「タテヒダイボウミウシ」とヒトデのコラボ(笑)
なんと~っ!!!イボが生えてる!!(笑)



カビラオの「シライトウミウシ」は動きが元気!
結構大きかったシライト♪


どーしても“トウアカのハートマーク”を見せたいKちゃん。
バディSEに「ハートマークに見えますか?」って書いてる
バディSEは、「」と合図。
Kちゃんはスレートに書く・・・

「うそつき!」

海の中で大爆笑!!やるなーKちゃん。セレブEによく言った!!
ハートに見えますか?^_-☆


そうそう、姐がこのトウアカのイソギンチャク近くにいたエビを発見し、写真を取ろうと近寄ったら・・・トウアカってば、姐の人差し指を噛んだっ!!
まじ、びっくり&痛かった
でも~、姐が悪い?! ごめんね


だんだんとサンゴが多くなっていく♪
ここも綺麗なサンゴが♪



船の上で「マンジュウは昨日たっくさん見たからさぁ~・・」なんて言ってたのに、カビラオの枝珊瑚に群がるマンジュウに、またしても食いついてしまった(笑)
こっちのマンジュウは“饅頭並”の大きさで可愛い
さぁて、何匹いるでしょう??
姐的には・・・14匹!どう??


1本目のドリフトの後ののんびり70分ダイブ・・・ウミウシ三昧^^ゞ
最高でした☆

魚たちとの出逢い
・アオスジツバメガイ
・トウアカクマノミ
・オトヒメウミウシ
・マンジュウイシモチ
・「何とか」イシモチ(Kちゃん、調べとけ~!!)
・イソギンチャクカクレエビ



この頃にはお天気も上々!!
気持ちよい青空が広がり“南国&楽園”な景色が~


つ・づ・くっ・・・


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「トウアカ、確かにハートに見えるっ!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #463-464 CEBU-Mactan

2006年02月19日 13:24

ヒルナルを終えて、一旦、マクタンに戻る
そして、ランチ♪ ツアーにランチは付いているのだけど、日曜日はショップのあるホワイトサンズホテルの“ランチバイキング”!

地元の(きっと)ややセレブな家族たちがわんさかいる中、ランチでお腹を満たす
フィリピンの料理は、豚とか鳥とかお肉が多い。炒飯が美味しかった♪

ランチの時間は・・・ちょっと慌しい。
何故なら・・・・

この時点で午後2~3本行くぞ~!!という事が決まっていたから

さて、午後はマクタン島周辺。

姐は3度目のセブにして初めてのマクタン。
バディMPが「マクタン以外なら行ってもいい」と言っていたマクタン。
バディSE初めてのセブにして、何だかよ~わからんけどとりあえず「マクタン」(笑)

さぁ、いかに?


463rd Dive
ポイント:MACTAN(マクタン) - ハドサン
エントリー:ボート
EN:13:24
Under the water:60min.
Under the water in my life:370h30m
気温:--℃
水温(水底):28℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m

いわゆるマクタンエリアには沢山のポイントがあるように思うけど、この1本目はボートでほんの3~4分のショップ前ビーチからすごく近いところだった。故に、大きなバンカーボートじゃなくて乗り継ぎ用の“いかだ”みたいので移動(笑)

AMには「3人(姐達)+2人+2人」だったが、3本目には「3人+2人」に減っていた。
姐達には引き続き、カリスマガイドさんが「ほんまに5本やるん?」と言いながら、とりあえず3本目はお付き合いしてくれることに(笑)

エントリーして思ったのは、やっぱりちょっと透明度が落ちるかな!?ってこと。
だけど、それでも、秋になりかけの伊豆位の透明度は充分にある♪
相変わらず、水槽のような珊瑚が広がり、スズメダイ系の魚がものすごい数群れている。
#この、どこにいても比較規準が“伊豆”ってーの、どーにかならないかね?(笑)
マクタンあなどれないっ!



ドロップオフ沿いをゆっくりと流していく。

ガイドさんが「オラウータンクラブ」とスレートに書いている。
姐は「あん♪初めて」とワクワクしながら、バディMPが写真を取っているのを待つ。
その間、バディSEが見つけてくれた綺麗な「ネッタイミノカサゴ」の小学生サイズにご挨拶
いつ見ても、艶やかな姿
いつ見てもキレイ*^^*



振り向くとバディMPとガイドさんが移動しているので、バディSEと「オラウーンタンクラブ」の場所に近づく。

・・・「いなくね?」

2人で顔を見合わせ、指示棒で丁寧に探すけど・・・見つからずっ!
代わりに可愛い「バブルシュリンプ」が顔を出したので、パチリ。
オラウータンクラブの代わりに見たバブルちゃん♪


しゃーない、オラウータンクラブは諦め~

切れ長シャープにアイラインを入れた「オウゴンニジギンポ」
顔を出したりひっこめたり全身出てきたり・・・落ち着かない(笑)
微妙なポーズの写真がこれ↓
♪いぃ~なせなローコモーション♪♪


ふと沖に気配を感じ振り向くと、ものすごい数グルクングルクマ達が、大口開けて通っていった。
思わず追いかける姐^^ゞ
グルクマがクチをぱくぱく!迫力ぅ~


ドロップオフ沿いに戻ると、姐が今まで見た中では一番“赤い”「スパインチークアネモネフィッシュ」がせわしなくイソギンチャクの中を泳いでる♪
姐が見た中で一番赤いかも♪


そして最後は「マンジュウ団地」だ。
去年のパラオではマクロは1本でマンジュウは見ていなかったので・・・2003.9以来かな?
ガイドさんがエントリー前に「ここの見ものは、まったり群れてるマンジュウやで!」と言っていたとおり、相変わらずの“まったり”加減で、それは見事に群れていた
群れ群れですわ・・・お腹いっぱいっす。


だけど、1匹1匹が大き過ぎ!!可愛くないっ!!大きくて鈍い動きのそれは、姐がイメージしていたマンジュウじゃないわっ!!(笑)

と思った気持ちが伝わったか、最後にガイドさんが“これぞ、マンジュウサイズ”と言って、可愛いサイズを見せてくれた そうそう、これくらいじゃないとね^^ゞ
マンジュウを思い切り堪能して、エグジット。
目、充血してるよぉ~(笑)


あがるなり、バディMPが「ごめんね~!!!マクタン、超面白い!!!!」だって(笑)
「ええ、オラウータンクラブ独り占め、楽しかったでしょうねっ!!」と2人に責められたのは、もちろんっす
「マクタンの近くはダメ」って誰が言ったの?!
すっごーーい、面白かった

が、“マクタンの本気”は次の1本だったのですぅ~・・・(意味深。)

魚たちとの出逢い
・タルボッツダムゼル(フィリピン固有種-背びれに黒い点)
・ローランドダムゼル(フィリピン固有種-頭が綺麗なブルー)
・オラウータンクラブ(見てないけど -_-)
・オウゴンニジギンポ
・ツブツブコイボウミウシ
・スパインチークアネモネフィッシュ
・マンジュウイシモチ群れ
・バブルシュリンプ
・ネッタイミノカサゴyg(小学生)

・キイロイボウミウシ
美味しそうじゃない??(笑)


・レティキュレイテッドボックスフィッシュyg(幼稚園年長)
ミナミッパコよりゴージャス??



464th Dive
ポイント:MACTAN(マクタン) - マリンステーション
エントリー:ボート
EN:15:20
Under the water:87min.
Under the water in my life:371h57m
気温:--℃
水温(水底):28℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m

エントリー前に、このマリンステーションには「ニシキテグリ」が夕方近くになると沢山出てくる、という話をガイドさんがしてくれ、姐達は「見たい、見たい!」の大騒ぎ(笑)
「じゃぁ、5本行くか!!」と快諾(?)してくれたガイドさん。
いや、決して脅迫したわけでも、耳をふさぐほどうるさく騒いだわけでもありません!
エントリーは15時過ぎ、まだ“夕方”には早く微妙な時間帯。

「4本目は軽くにするかなー、どーっするかなー。まぁ、上がってから考えようや!
の1言に素直にうなずく姐達♪
もちろん、4本目は「3人+2人」は「3人のみ」になっていた(笑)

このマリンステーションは、本当に目と鼻の先。
実際、ビーチでもエントリーできるんじゃ?と思わなくもないけど、ここはセブ。
ボートから“お姫様ダイブ”させてもらおうじゃないの~♪とボート(もちろん“いかだ”タイプ)でGO!

やっぱり島に近いだけあって、若干“ガレ場”っぽい雰囲気が漂ってるけども、その分、「何かいそうだぜ・・・」な気配。


早速、ガイドさんが呼ぶ・・・
スレートを見ると「アカククリ 幼魚」!!!!
「ひぇ~!!!あのオレンジラインのアカククリ~??!!!」と大興奮。
が、その殺気が伝わってしまったのか、岩の中に入ってしまって出てこない(涙)
その姿はしっかり確認するも、写真はNG。残念っ!

あ、あーいうツバメウオとか~、テングダイとか~、アカククリも~、親は全部“生理的にダメ”系ですが、「限定」とか「今だけ」等の単語と同じく「超レア!○珍!!」にはすこぶる弱い姐です^^ゞ


写真を諦め、半ば「放置プレー」気味に、各自が色々散策していると・・
何となく背後が暗い。
ん?振り向くとこんな感じ。
何?急に暗くなった!!


なっ、何???
見渡すと・・・ものすごい数の魚がーーーっ!!!!
姐、思わず「ひぇ~!!!!すごーーーーいぃぃぃ!!!!!!」と絶叫!
うわっ!!すごい大群っ!!



ガイドさんを振り向くと、「どうだっ!マクタンすごいだろ!!!」と言わんばかりの微笑みと共にスレートを自慢気に突き出した。

「イワシ」。


今、“なーんだ”と思ったそこのバディ
侮るなかれ・・・もんのすごい数なのだよ、そのイワシがっっ!!!

こんな感じ!
こんなすごいの初めてぇ~!!!!すご過ぎるぅ~!!(興奮)


更に近づくとこんな感じ!!!
♪億千万っ、億千万っ♪♪のイワシ!


水深8-10mで棚の上ではあるけれど(^^ゞ)、これ、中層だったら絶対、絶対、DeepBlueのイワシの数!!

イワシ、とか、xxとか、魚の種類はともかく、あんなにすごい数の群れを姐は初めて見ました。
大興奮&大感動・・・
しばし時間を忘れ、写真を撮ったり、動画を撮ったり、イワシの群れに混ざってみたり、イワシになってみたり・・・(笑)


「ちょっとすごくない?」と、バディの事を思い出して振り返ると・・・

追いつめ過ぎですからーっ(笑)



がっくり(笑)

はいはい、根っからのマクラーでしたね、2人は~(笑)
が、あんまりにも覗き込んでるので気になって行くと、ガイドさんがスレートを見せる。

「ニシキテグリ」

「おぉっ~!!!」と思ったけどぉ~・・・
っつーか、あなたたち追い詰め過ぎっす、覗き過ぎっす、マスク砂についてますからーっ!!(笑)さっさと諦める姐。


そして、イソギンチャクの中にいた「コロール△&$#★※!」を見つけ、再チャレンジ!
何とかソレっぽく撮れました。どうでしょ?
頑張ったっ!コロールシュリンプ・・・うーん、難しい。



ガイドさんが「ここがニシキテグリ村」とスレートに書く。
うーん、さっきの1匹はうっかり君で、まだ出てこないみたいだなぁ・・・

そう思いながらフラフラしていると、「乙姫ちゃん」発見!
こんな風に優雅に体をヒラヒラさせていた「オトヒメウミウシ」
優雅な“乙姫”様です


美しい姿はどんなポーズ(?)でも美しいわねぇ・・・
#人間でもウミウシでも一緒か・・・
女王様の気品・・・うっとり。



そうこうしているうちに・・・「あれ?今のは??」!!!
岩陰にチラリと見えたその姿・・・

そう、「ニシキテグリ」が出始めました
静か~によぉ~く観察していると、チラッとその艶やかかつグロテスクな(?)色が岩の間から見え隠れする。こうなったら我慢大会(笑)

渾身の一枚はこれだっ!!やった^^v
上手に撮れました♪


各自がニシキテグリとバトル(?)しながらも、ガイドさんの“そろそろあがるぞ~”的気配。

っとそんな矢先に姐、ウミウシ3匹発見。
“ちょっと待って!!”と言わんばかりに写真を撮る3人(笑)

ガイドさんはというと・・・“はいよ~・・・いい加減にしとけよ、ほんまにぃ~・・・”の気配を漂わせつつも、待っていてくれる


満足してエグジットに向かう。
ガイドさんは「もうええやろ・・・・」と思っていたに違いない。
そしてそのとおり、姐達は「大満足・・・もう5本目はいいや」と3人とも思っていた(笑)

4本目で終わったのが、カリスマガイドの“作戦”なのか“技”なのかはともかく(笑)、心から満足できる1本、そしてマクタンの海のすごさを改めて思い知らされた1本だった

魚たちとの出逢い
・アンナウミウシ
・イワシ超々々々々々大群
・ハシナガチョウチョウウオ
・ヤスジチョウチョウウオ
・アカククリyg
・コロールエンシス
・オトヒメウミウシ
・ニシキテグリ

・チリメンウミウシ
何とも和風なお名前♪


・ニタリイロウミウシ
ニタリイロウミウシ・・・らしい^^ゞ



☆Night Dive in マクタン☆

4本も潜ってしまった姐達ご一行。
やれやれ・・・と満面の笑みとともにショップで片づけをする頃には、すっかり夕焼けが広がっていた
満たされた心のようなサンセット・・・


もちろん、「ホテルに戻ってぇ~、シャワー浴びてぇ~、ちょっとメークして、おしゃれして街にくりだすっ♪♪」なんて時間はねぇ!!(笑)

ちゃちゃっとショップのシャワーを浴び、かろうじて忘れ物を渡しに行くついでの時間で短パン→ジーンズにだけ履き替えさせてもらい、ショップの他のゲスト達とのお夕飯に向かう。

日本食屋さんだった。名前は・・・忘れましたぁ^^ゞ
大満足な1日の後の「サンミゲル 生」の美味しいこと!!!

他のゲスト達に、「冬なのに潜ってるんですかー?」とか、「15度とかでも潜るなんて信じられなーい!」とか、「4本も~!!!」とか言われながら、優雅なリゾートダイバーの中に混ざってる“本気ダイバー(しかも、4本潜水後にて、若干薄汚れてる・・・)”3人

でもでも、そんなこたーおかまいなし!
3人で来られたセレブセブ、初日の余りの充実具合にテンション、高っ!!!


そして、部屋に戻ってぐっすり・・・ベットに落ちる
気持ちよく・・・おやすみなさい

ちなみに、バディMPの寝言。

「Yes, I do!」

そして

「ウミウシ沢山なの~!!!」

・・・・アナタにはかないませんっ(笑)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「もしかして一緒に行った??」なんてうっかり一緒に行った気分になってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #461-462 CEBU-Hiltugan&Nalsuan

2006年02月19日 09:00

さぁ、待ちに待ったダイビング初日!
お天気はやや曇りがかってはいるものの、晴れ

今日はツアーに含まれている「マクタン2本」に追加料金を払って、マクタンからボートで30~40min.の「ヒルトゥガン&ナルスアン」=「ヒルナル」(←ツーっぽい^^)コースに変更!

ヒルトゥガン島は姐は2回目。前回の印象も◎!
そして、ナルスアン島は初めて!
楽しみっ!

今日一日はショップオーナーがガイドさん。関西弁で色んな話をしてくれる。
これがめちゃめちゃ面白い(笑)どんな海を見せてくれるのかしら

潮がものすごく引いていて、バンカーボートまで歩き・・・
さぁ、島を後にしていざ出発!!
行ってきま~す!!



461st Dive
ポイント:HILTUGAN(ヒルトゥガン)- サンクチュアリ
エントリー:ボート
EN:9:00
Under the water:50min.
Under the water in my life:368h34m
気温:--℃
水温(水底):27℃
Suite:5mm(◎!)
透明度:--m
透視度:--m

セブならではのお姫様ダイブ状態で、エントリー!
きゃー、温かい!気持ちいい!青い、青い!!!
何て青いの~*^^*



入るなりっ・・・・出てこんでえ~っつーの!!!のツバメウオ^^ゞ
餌付けされているんでしょうね、最初から最後までうっとーしくつきまとう。
ヒルトゥガン名物ということで、しょうがないね
・・・一応、撮ってあげるわよ、一応。


気を取り直して(?)ドロップオフ沿いにゆっくりと泳いでいく。
どこを見ていいやら・・・の珊瑚達は相変わらずだ。
本当にキレイ・・・
まるで水槽の中・・・


ドロップオフの壁にところどころ出来てるくぼみの砂地には、「ニチリンダテハゼ」が背びれを綺麗に広げてる^^ 
姐が写真を撮ったあと、バディMPがしがみついて撮影。
去年の9月と同じちゃん??大きくなったね^^


更に先に行こうとしたら、バディSEがまだ見ていないようなので呼びに言って「ニチリン」ちゃんを指すと・・・あれ?いない・・・ 残念っ!


その先には「オシャレカクレエビ」。
オレンジ色のマニキュアを塗ったようなハサミをちょこちょこ動かしてる
そのマニキュア感が「おしゃれ」なのかしら(笑)
オレンジのマニキュアがお気になの~♪


沖を見るとタカサゴの群れがさ~っと流れるようにとおってく。
ちょっと前にロウニン27匹が回ってきたというヒルトゥガン、またまた回遊してこないかな♪なんて期待するけど・・・気配なし^^ゞ残念!


スタイルをモノトーンに決めた「ホホスジタルミyg」がきどって(?)とおる^^
南国っぽいわー♪
あ~、若干ピントが^^ゞ


ドロップオフ沿いから水深をあげて棚の上に出ようとすると、バディMPが何やら大慌て
ガイドさんに向かって、見るからにジタバタしながら「」ってやってる。
「ん?どした??」・・・と思ってる間もなく、ガイドさん、そこは冷静にBCから空気を抜く・・・
どうやらあまりの興奮にバディMP、BCの調節を忘れたまま棚にあがり体験ダイバー並の慌てっぷりを披露(笑)船にあがってからも、皆で大笑い!!

さてさて、棚にあがってから、今回のこの1本のメインはやってきた。
「ニセクロスジフエダイ」の超大群!!!

本当にものすごい数の群れが水深わずか7-8mのところで、我々を取り巻くように川になって流れてく。大感動!!!写真で表現できないのが本当に残念
ちょうどお天気も快晴になってきたみたいで、光があたったその黄色い体はキラキラとして眩しいくらい。
青い海に黄色い河のようでした・・(うっとり)

充分な時間、この超大群を満喫し、3人で来れた喜びをかみしめながらの記念撮影をして、エグジット。

一番セブにぶーたれていたバディMPの「超、超!!」っぷりは語るまでもない(笑)
バディSEまでが早くも「楽すぅい~!!!気に入ったっっ!」の太鼓判!
姐歯リーダー(笑)も大満足な1本でした~
セレブEとラッキーガールズ☆

魚たちとの出逢い
・シマハタタテダイ
・グレートバラクーダ(オニカマス)
・オシャレカクレエビ
・ニチリンダテハゼ
・キャンディ・ケイン・ドワーフ・ゴビー
・レティキュレイト・ボックスフィッシュ
・ハナビラクマノミ
・ハマクマノミ
・クマノミ
・セジロクマノミ
・アヤコショウダイ
・ニセクロホシフエダイ大群
・パシフィックトビー

・クロモドーリスウィラニ(シライトウミウシ)
ウミウシも沢山♪



462nd Dive
ポイント:NALSUAN(ナルスアン)- サンクチュアリ
エントリー:ボート
EN:10:28
Under the water:56min.
Under the water in my life:369h30m
気温:--℃
水温(水底):27℃
Suite:5mm(◎!)
透明度:--m
透視度:--m

ヒルトゥガンから10分位の移動で、ナルスアン島へ。
ここは姐にとっても初めてのポイントで超わくわく

「ブルースポットマスクレイ」が有名とのこと・・・
入ってすぐに発見!!と思ったら、あっちにも、こっちにも!!
目にマスク??(笑)


結構流れている中、一生懸命泳ぎながら探していると、
ガイドさんが「何で“マスクレイ”でしょう?」とスレートに書く。
何で、何で~???!!!と観察してると「目のところ見て」と。

ほほぉ~・・・わかった
目と目の間に、まるでマスク(あの風邪引いた時の)をしているような模様が^^ なるほどぉ~


やがてガイドさんの「戻るよ」合図と共に皆で流れに乗ってドリフターズ(笑)気持ちい~ドリフト♪


キョロキョロしながら流れていると、姐!見つけました。
「コブシメ」ペア。
だけどー、ドロップオフのやや深いところにいたので降りずに上から見下ろしつつ、ガイドさんとバディを呼ぶ。久しぶりに見たわ、コブシメ♪


他には~・・・と思いきや、あっと言う間にアンカーに到着。
そうそう、ドリフトダイブじゃぁなかった^^ゞ 
珊瑚を守るためにグローブ禁止のポイントなので、つかまるのにも気を使う。

・・・とガイドさんたら、いいもの使ってるじゃなーい
「姐も持ってるわ!!」と取り出したのは“カレントフック”(注:去年のパラオから入れっぱなし)
ここで役立つとは~ と悠々風船状態
少しずつカレントフックの使い方も上手になったんじゃないかしらん?!


と、ガイドさんが何やら手に持ってみせてくれた。
その時にはあまり「ピン!」と来なかったけど、後で図鑑で見ると「これが見られたら感動ものだ。」とのコメント付きの「オオバロニア」!
何かプニプニした感触でしたわー


前回のセブで始めてみた「コロール△&$#★※!」は、ガイドさんに「全身が映ってる写真を撮るのは難しい」と海中でスレートに書かれ、前回上手く取れなかったのもあり、ややねばってみた。
うーん、難しい!ちなみに、前回は「コロールアネモネシュリンプ」と習ったが、今回はもっと長い本名(?)だった。もちろん覚えていない(笑)写真は・・・まだ載せられないっす

初めてのナルスアン・・・・面白かった!!
(けど、姐的にはヒルトゥガンの勝ち 笑)
ナルスアンだって水槽だぁ!

魚たちとの出逢い
・ブルースポットマスクレイ 沢山!
・タカサゴ群れ
・オオバロニア
・コロール△&$#★※!(コロールアネモネシュリンプ?)
・イシヨウジ
・コブシメ



まだまだ初日は終わらない
・・・午後へとつづく~


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ヒルナル・・・い~んじゃないのぉ~」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

セレブセブレブレセブレセブ(しつこい?) ツアー  常夏までの道 

2006年02月18日 12:25

毎年恒例となりつつある2月の常夏
今年は去年9月のダイブサファリに続いて、またまたセブに行ってきた
セブは3回目だけれど、初回はドゥマゲッティ滞在前回は、マクタン~ボホール~スミロン~ドゥマゲッティ~リロアン~セブと大航海の旅(大げさ 笑)だったので、マクタンステイの3泊4日・・・いわゆる“ベーシックなセブ”は初めてで、のんびり、じっくりセブの基本を味わいたい気分の姐だった

12:30成田集合というゆっくりさもあって、当日まで荷造りはせず^^ゞ
前日の仕事も終えて・・・あまりのワクワクに花金だもの♪と中生3杯、すでに心は常夏

ぐっすり眠りつつも6:00に起床。朝から準備して~、成田には予定どおり到着!


今回は「セレブセブ!」に決定するまでに既に珍道中(笑)

姐は会社で一番社歴の長い部下が辞めて人の入れ替わりが。辞めて2日しか経ってないのに会社休んで大丈夫か?日程が決められないっ!!・・・と1ヶ月前にウロウロ。でも、結局のところ、“可愛い子には旅させろ”?“親は無くても子は育つ”??ってことで、何とかクリア。(皆、ごめんね^^ゞでも、何とか乗り越えたじゃん!>誉めて伸ばすタイプの姐。)

かと思えば、バディMPは「セブぅ~・・・・」とぶーたれ(笑)何でも、前回のセブの印象が良くなかったらしい。「ショップも違うしさー」とか「季節も違うしさー」等と、現地ショップの仲良しガイドさんと作戦をたてながら何とかなだめすかしている最中だと言うのに、もう1人のバディSEは「セブの本買っちゃった!初めてだから嬉すぅい~」とメールしてくる(笑)


もぉ、あんたたちぃ~!!!!!




でも、姐はこういうの嫌いじゃない
「楽しく過ごそう!」という気持ちがそうさせるのよね
我慢なんかせずに、無理なんかせずに、せっかくの休みをみんなで思う存分楽しむのだ~っ!
3人寄れば文殊の知恵?ナンだって乗り越えられるさっ!!


成田に集合するとバディMPから

「はい、これ付けて」。


・・・「チーム姐歯 セレブセブツアーご一行様」の「ツアータグ」
(いつ決まったんじゃ!しかも“姐歯”って、ぉぃ^^ゞ)



・・・「アオウミウシに各自の名前」が入った「バッゲージタグ」
(絶対盗まれませんからーっ!)

どうですか、このツアータグとバッゲージタグ・・・(笑)


逆らえるはずもなく(笑)、姐とバディSEはおとなしくそれを付け、満足気にスーツケースを弾いていくバディMPの後に付いていった


さぁ、いよいよ、常夏のセブへ~



飛行機の中では、よくまぁ・・・・しゃべった、しゃべった!!(笑)
およそ4時間のフライト中、黙ってたのは、食べてる時とほんの30分位か?!
我々が黙ると飛行機の中はとても静かだったりして^^ゞ

しゃべり疲れでうとうと・・・としかかった頃にはもう到着!
近っ!


ムーンとしたアジアチックな、少し湿気を含む暑さと匂いが鼻をつく。
「あ~、この匂い、匂い」なんて皆で実感。

今回は前回セブの空港で両替時にボラれた事もあり、多少レートが高いとは知りつつも「セレブだからっ」とセレブ風を吹かせ、両替はホテルで、ということにしてそのままスルー。
バッゲージタグ(本物の方)を現地係員に確認してもらって通ろうとしたその時!!

「Are you Philipino?」

違いますからーっ
実は姐は六本木を歩いていて聞かれたことがある・・・
グアムの空港で日本人に「ExcuseMe?」と言われたことも・・・
えぇ、アジア顔ですともっ 
産まれは歌舞伎町ですともっ


そして、前回同様、またまたお世話になるショップのスタッフがお迎えに来てくれていたありがとー

そして宿泊先のホテル「BELLAVISTA」にチェックイン♪

っとここで見慣れた♂を発見!
そう、伊豆でお世話になってるショップのツアー初日とたまたまが一緒でご挨拶♪(ほんとは成田でもご挨拶済み^^)
そしてお約束していた清算を、何故かセブのホテルで(笑)
お互い楽しいセブに期待しながらバイバイ そのショップはサファリであちらこちらに行くらしい!楽しんで~
(でも姐達も負けないわ~ と誓う 笑)

簡単な手続きを済ませて、部屋に荷物を置き、ショップオーナーと前回ガイドしてくれた仲良しガイドのKちゃんが待つ「来々軒」へ♪


ショップオーナーとは前回もこの「来々軒」で飲んだけど、それから大航海に出てしまって会わなかったので覚えてないかな、と思っていた。だけど、ちゃんと覚えていてくれて嬉しかったー
このショップオーナーは某雑誌では「カリスマガイド」として選ばれるほどの人で、この時点ではちょっと緊張。だ・け・ど!!それは大きな勘違い(笑)バリバリの関西弁で本当に面白いオーナー・・・スーパーガイドさんだったのぉ~

そしてそして、前回のサファリで4泊5日を共にすごしたガイドのKちゃん
行く前から色々やりとりをしていたこともあって、感動の再会!!
「きゃーっ」とハグハグしながら、あっと言う間に今回のバディSE、MPとも打ち解けて大盛り上がり。翌日からのダイビングに、否が応でも期待も膨らむってなもの!


実はここで、会社の部長(隣の部署)と合流^^ゞ
この部長、イントラをやっていることは元々知っていて、よくダイビングネタを話してはいた。
ほんの2週間位前に給湯室で「2月の海外は?」なんて話をしていたら・・・・
「セブに」「ショップは」「日程は」・・・!!!!入れ違いではあるけれど、土日がかぶってる事が発覚!(笑)すっごーい偶然!
いつも仕事で(それなりに)難しい顔で話している営業部長とセブの居酒屋で一緒に飲んでるのはほんとに不思議
でもでも、部長もいつもよりずっとずっとやわらかい表情をしていた
きっと姐もなんだろうな


皆で写真を撮って終了。ほどよい旅の疲れと、少しのビールと、明日からの海への期待に“豊満な胸”をときめかせながら、眠りについたセレブ3人組みでした~


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「この先、気になるぅ~!わくわくぅ~!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

マンタ 超大群!!

2006年02月12日 23:35

夕方、家のことをしながら、なにげなくつけていたニュースの声が飛び込んできた。

「・・・の海上に、マンタ50枚の群れが・・・」

姐「マンタかぁ~ 見たなぁ、石垣で

 っって

50枚ぃぃ???!!!!!


慌ててTVを凝視する姐の目に飛び込んできた映像は、大海原をまるでサイパンの「イーグルレイシティ」のイーグルレイのように(←って見たことないっす。(イメージ)っす 笑)、♪優雅な優雅な♪♪マンタの舞いを空から映したものだった。

あっという間、ほんの何秒かのニュースだったのだけど、とっても印象的な映像だった・・・。


そしてっ!
Webで見つけましたよぉ~
残念ながら動画ではないけれど♪

↓↓↓↓↓
マンタ50匹が遊泳、大集団は極めてまれ


すごいなぁ~、あのマンタが50枚ですか・・・
発見した海上保安部のヘリのパイロットさん、きっと
「ん?あれはヨットか??ポセイドーン!!!しかも50枚っ!!」
・・と驚いたことだろうなぁ(笑)
↑すんません、わかる人にしかわからんネタで^^ゞ


んにしても、記事の中にさりげなぁく

“4-5匹程度のマンタの群れを見ることは珍しくないが”

って・・・そ、そうなんだー、4-5匹程度は珍しくないんだー・・・
ふぅ~ん、ふぅ~ん・・・


でもって、マンタって「枚」ぢゃなくて「匹」なのねぇ~
今夜はマンタに巻かれる夢でも見ましょうかしら♪


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「マンタに巻かれてぇ~!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

サザン「DVD発売決定記念」大合唱祭 in 新橋

2006年02月10日 18:20

またしてもっ
昨日の夜、サザンが何かやる!っちゃーそれを口実に集まる“サザバカ会”が行われましたー
今回の口実は、もちろんDVD発売っ♪♪

今回のバカ予定は、♂5人の♀5人♪
「あーら、全員三十路超えの“妖艶な合コン”?」っつー予定だったのだけど、風邪が流行ってるこの時期、当日になって♂1人、♀1人が脱落。残念っ


今回集まった面々・・・相当のツワモノばかりでした(笑)

思いつく限り、書いてみよっ。
全部で8人・・・・愛すべきバカ達

・到着するなり消えた?と思ったらサザンTシャツとハッピに着替える♂
・ライブの時の白い風船、わざわざ10個以上も持ってくる♂
・その風船を一生懸命真面目な顔してふくらます♂&♀
・この19:00開始の合唱祭のために、14:30に地元を出て17:30からスタンバってる♂&♀
・本気で燃焼するために翌日午前有給取って挑む♀
・ハゲヅラに髪の毛全部入れてなりきる♀
・ハゲヅラかぶって“落武者”に似てると言われ喜ぶ♀
・「いや~、全然声が出ないんですよ」って言ってたはずなのにいつの間にかマイク奪ってる♂
・21:00過ぎても頑張って登場する♂
・全く声が出ないのにサンバホイッスルで参加する♀
・サンバホイッスルの中が“トゥルルルル”って回転しなくて悩んでる♂
・衣装3着持ってくる♂
・“毛ガニ”と呼ばれて喜ぶ♀
・BOHBOで股間にスティックさしてる♀
・サザン全曲「あ」から入れようとする♂
・ハゲヅラとモヒカンヅラをかぶった写真を母親にメールする♀姉妹
・その写真を見て「ぎゃはは!よく似合ってるわ」と返信するその♀母(特別出演)


いや~、みんな、みんな、「粋で優しいバカ」でございます
大好きです
そんな想いを込めて、♀から♂へのちょっと早めの“ヴァレンタイン・キッス”(古。)ぢゃなくてぇ、チョコのプレゼントにて閉幕した熱い夜でしたー


※そんな激しい様子を見てみたい・・・
いわゆる“怖いもの見たさ”的勇気のあるバディの皆さんは、左メニューの「OceanSide」からご覧ください^_-☆ (でも、口外無用です・・・それぞれに人生がありますからっ!!笑)



今日の午前中・・・実家の母を病院に連れて行ったはずの姐は、何故か口数が妙に少ない午後を過ごしましたとさ へっへっへ~



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「結構バカさ加減だったら負けないっすっ!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆


雪山ログ * サエラスキーリゾート尾瀬

2006年02月04日 23:50

あれれ?何だよ、雪山ログって?!と思ったバディの皆様・・・

実は(って前振りするほど大げさなことじゃぁないけれど^^ゞ)姐はスキーヤーで、スノーボーダーだったりする

高校卒業の春休みに初めて斑尾に行って、スキーにはまった。
その後の学生時代には、雪山でバイトしてる訳でもないのに「2月には6日しか家にいない」なんて言う位、気付けばガラガラバック引っ張って、スキー場行きの深夜バスに乗っていた。なので、スキー歴は・・・かなり長い。

でもって、それから3年後、スノボーを始めた。
当時は、まだ器材・・・じゃなかった、スノボー一式揃えるのに10万以上はかかる時代で、且つ、「スノボー禁止!」のゲレンデが多い中、滑れるゲレンデを捜し求めてあちこち行った。何を隠そう、姐、初めての骨折は、「スノボのジャンプで尾てい骨骨折」なのである(勲章。)

今でも「で、スノボーとダイビングどっちが得意?」と聞かれたら、迷わず「スノボー」と答えますっ。海に入る前の緊張と、ゲレンデの頂上に立って見下ろす緊張だったら、後者の方が全然楽勝ですもの


っつー訳で、この4-5年は雪山 vs ダイビングでは、ダイビングが圧勝しつつも、冬になって雪便りが聞こえてくると、そこはやっぱり“滑りに行かなくっちゃ”という気になって・・・今年も初滑り、行ってきました~♪

っつーことで、雪山ログっす!
冬季限定っす!
「ダイビングのブログじゃないのか~っ!!!」とお叱りを受けそうですが、ダイバーだけど「冬は実は・・・雪山」っていうバディも潜んでいるのを姐は知ってます!ふふふ

・・・と前置きが長くなりました^^ゞ
ここからは、興味のあるバディだけ見てくれればいいっす・・・っ(やや後ろめたさ)



今年の初滑りは、群馬県片品村にある「サエラ スキーリゾート 尾瀬

行く前から「今週末は冷え込みます」の予報どおり、「赤城~長岡JT 雪 チェーン規制」の交通案内が出始めると共に、渋滞が始った。姐達はトイレ休憩に「駒寄PA」に寄ったのだけど、ETC用の簡易出口が設置してあったので、さっさと駒寄PAで関越を降り、そこからサエラまで下道で向かった。これが正解だったかどうかはわからないけど、渋滞・・・動かねぇ・・・というストレスを感じないので、まぁ、ヨシっす
降りると共に、雪が降り始め、渋川あたりから沼田の方に向かう道はどんどん雪深くなっていった。

片品村に向かう国道120号に入ると、若干、渋滞。
この時期なのにぃ、大雪なのにぃ・・・道路工事たくさん>_<
見てる方も寒いし、渋滞になるから止めようよぉ~・・・

しばらく行くと、姐運転のカーナビは「直進」って言うけど、看板が「サエラ右折」と出てきた。“うーん、どうしよう”と思ったけど、看板情報が最新だろう!と、そっちへ。
ちなみに、サエラは「ノースウイング」と「サウスウイング」と、頂上を中心に右斜面、左斜面にわかれていて、カーナビだと「ノース」へ案内するみたい。そして、道路の看板は「サウス」へ。
結果的には、この「サウス」に到着で、正解。
行かれる方はお気をつけ遊ばせ♪


さて、ゲレンデの方はというと・・・姐達が主に利用した「サウス」は施設も綺麗だし、なかなかサービスも行き届いている感じで◎。全体的には「ノース」はコースとしてはあまりパッとしない印象だけど、スノーボーダーが遊べる(?)ようにジャンプ台だの何だのが設置されていて、今時の若者たちが「あれだけ飛べたら気持ちいいよね~」的ジャンプを競ってた。既に充分お姉さんな姐は、尾てい骨事件以来、そのテの遊びは致しませんっ(学習。)
それに対し、「サウス」はなかなか面白かった上級~中級~初級のバランスもよく、コース自体の幅も充分とられているのでストレスなく滑れる感じ。
スキーヤーが少ないせいか、上級者コースもそんなにコブコブしていなくて滑りやすかったですわー。

5時間券で3,000円
食べ物等の値段は「まぁ、スキー場ってこんなもんよね」の範囲。
施設は充分広く、「また行ってもいいな♪」と思わせるゲレンデでした♪


宿泊は、片品村にある「旅館 日吉」さんのお世話に。
お部屋も綺麗でトイレ付き、お風呂も温泉ではないけど充分に広く、シャワーは4つ。シャンプーなんかも“ちゃんりんしゃん(古。)”じゃなく、ちゃんとシャワーとリンスが別で用意されてる(←何気に女子には重要)

でもって!!お食事が美味しいの~!!
男子にも充分な量だし“創作料理”みたいなお洒落感はないものの、1つ1つの素材がいいのでしょうね、とても丁寧に作られている感じで大満足でございましたっ*^^*
我々は利用しなかったけれど、チェックアウト後でも送迎してくれて、でもって、帰りにはお風呂も利用させてくれるらしい。
女将さんが「帰りに寄ってお風呂入ってのんびりして帰ってください」ってチェックアウトしたお客さんにも笑顔で言ってるのが印象的でした

片品方面行く皆さん、かなりお奨めのお宿ですっ!


ちなみにーっ。
満室だった「旅館 日吉」さんのお客さんで、「日曜日、滑らずに帰る」のは姐達だけ
我らはのんびり・・・あの辺りでは一番お気に入りの「南郷温泉しゃくなげの湯」に寄って、赤城山麓・昭和IC近く「あかふ」というこれまたお気に入りのお蕎麦屋さんに寄って~・・・
渋滞前に帰宅


行くまでは「14℃のダイビングはOKだけど、-10℃のゲレンデは嫌っ!!」と言っていた姐ですが~
真っ白な雪山はやっぱりとっても気持ちよく、それを見ながら飲むビールも格別で~、冷えた体で浸かるお風呂も最高で~・・・・その後の日本酒がこれまた美味で~・・・


っしたーっ


PS:
久々につけるゴーグル。
鼻が出てるの、ちょっと変な感じぃ(笑)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「実は自分も雪山・・・っす」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

水中映像祭 「命はぐくむ海」

2006年02月02日 13:06

すっかり冬眠、器材はオーバーホール中の姐っす^^ゞ

そんな中、姐の尊敬するバディの一人、「酋長M」さんからワクワクするようなイベントの案内を頂きましたあざぁ~っす^^

ということで、他のバディの皆さんにもおすそわけ^_-☆

※ご本人の了解を得て掲載しています

第4回 水中映像祭

◆特別企画写真展◆
☆2/24金~3/6月
☆コニカミノルタプラザギャラリーC
☆新宿高野4F[10:30~19:00、最終日15:00迄]入場無料

テーマは

【命 はぐくむ海】 ~水中写真家64名による競作~

だそうです。

あの中村征夫さんも『素晴らしい作品ばかりなので是非、観てください。』
とおっしゃってるそう

そして、3月11日には“スライド・ムービー作品上映会”があるようですが、その会場は、あの「秘宝館 vs 水族館」対決で登場した、「もちろんダイバーたるもの水族館っ!!(笑)」の、エプソン品川アクアスタジアムです!!
“のこぎりザメ”の顔を下からアップで眺めた後には、美しい写真で癒されるっていうのもよいかもっ
#いや、のこぎりザメの顔がどーとかいう意味ではないけどもさぁ・・・^^ゞ


第4回 水中映像祭のWebを見ているだけで、お腹いっぱいになれちゃうくらいの内容っす

ご興味のある方は是非にぃ



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ナイスな情報(←昭和。)サンキュー姐っ」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。