--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #440-441 IOP

2005年10月29日 11:35

久しぶりの伊豆に行ってきた*^^*
週末は天気が・・・という話もありつつ、朝は気持ちがいい。
時折晴れ間も覗いてるし♪
ここのところ、伊豆といえば台風がらみ~な感じだったから、すごく楽しみ。

そして、今日は今シーズン初のロクハン・・・・改め、ヨンナナ・・・更に改め、ヨンイチデビューの日。
そしてそして、BC2代目デビューの日。
そしてそしてそして~、綺麗なマスク、再デビューの日!

姐的盛りだくさん~♪♪(笑)

440th Dive
ポイント:砂地
エントリー:ビーチ
EN:11:35
Under the water:48min.
Under the water in my life:350h37m
気温:18℃
水温(水底):22.5℃
透明度:30m
透視度:18~30m

「今伊豆が、いい、いい!!」とあちこちで言われているものの、久しぶりの伊豆。
「へぇ~、どれ位いいのか見せてみ?」と多少強気なくらいで挑んだ、すごーい久しぶりのIOP。

エントリーしてすぐ・・・・

「ごめんなさい。姐が悪かったっ!!!」

ものすごく、青い!!そして、暖かい!!
これ、見て?沖縄みたいじゃない??!(言い過ぎか?)
どこまでも青いぃぃ~♪


エントリーすると、クマノミのペアが。そしてそれを狙う「P.シャーマン」再び( -_-)
P.シャーマンってあれよ、あれ。映画NEMOでNEMOを奪った憎きダイバー!
また現れた!お前かぁ~!!!


そのまま真直ぐ行って、大好きな砂地に下りていくところ。
ここ、大好き。ふわぁ~っとして、気持ちいい。
水中でごろーんとしてタンクを下に水面を見上げると太陽がキラキラしてた。

砂地に降りて左に行くと、アジ玉が!
水が綺麗だから玉も見事(笑) ゆ~ったりと固まって留まってる様は、見ようによってはギンガメ玉(言い過ぎ?^^ゞ)
アジ玉♪ゆったり・・・


ゆっくりと写真を取らせてもらい、にらめっこなんざしているうちに、誰の合図か、す~っと場所を移動していった。綺麗だなぁ・・・
目、合った?


またねぇ~^^/~~


ふと見上げると、アオリイカの捕食シーン!
食べられていた魚は何かなぁ・・・スズメダイのような、メジナのような。
・・・合掌。

青い海と白い砂地を存分に満喫した帰り道は、お約束どおりのキビナゴシャワーに迎えられる*^^*
きゃー、ダイナミック!!!

南からのお客様、カンムリベラは姐的今年初。
よくぞいらっしゃいました♪まだまだゆっくりしてってね!
ザ☆季節感!ツユベラyg!


姐のバースディ・イヴ記念撮影という洒落た仕込みなんかに感動しつつ盛りだくさんの1本目終了~♪

BCもマスクもヨンイチも、快適、快適!!安心ですぅ*^^*ホッ

魚たちとの出逢い
・クマノミカップル(尾が濃い黄色=♂、 薄い黄色=♀)
・アオリイカ
・ネンブツダイ(♂が口内保育中に海水を口に含む様子が念仏を唱えてるみたいだから・・・)
・アジ玉
・メイチダイ
・マダイyg
ヒロアゴウミウシ
・キビナゴシャワー
・カンムリベラyg
・ミナミハタンポyg
・サザナミヤッコyg


441st Dive
ポイント:一の根
エントリー:ビーチ
EN:14:07
Under the water:51min.
Under the water in my life:351h28m
気温:18℃
水温(水底):22.6℃
透明度:30m
透視度:18-30m

ところで、今回ご一緒したご夫婦は、なんと先月OWライセンスを取ったばかりで、今日が初めての「ファンダイブ」だと言うじゃない!!しかも、7月にご結婚されたばかり。もう、チーム名は「ウイウイ」に決定ですよ!
もちろん「初々」であります*^^*

エントリー口で他のショップさんが「カメいたよ」というのを聞き、そんな「チームウイウイ」に何とか見せてあげたいっ!というアゴの長いガイドさん、苦肉の策がこちら↓。えぇ、よく見られましたわ(笑)
カメ・・・ショボッ(笑)


2本目は一の根の回りをネッチリマッタリ・・・な1本。
予想どおり雨が降り始まり、海の中も1本目とは違って、ちょっと暗い・・・>_<

クエ穴はもちろん、いつものように空家(笑) それを覗き込む我らの後ろをアオブダイやコブダイが通りすぎる。「こっちだよ~」ってか?!

ニシキウミウシの大きいのを見せてくれた時、「ちょっと大きすぎだよねぇ~」と思った姐。
あら?あたし、小さいのが好きなの?^^ゞ

ミツボシクロスズメ(1匹!)や、ブチススキベラなんかの季節来遊魚探しをしつつ、Exit!

穏やかな1本でした♪

魚たちとの出逢い
・アオリイカ群れ
・タコベラ(←上手く写真撮れたためしがないっ!)
・ウミガメ(黄ワク入り)
・ニシキウミウシ
・ミツボシクロスズメ
・オトヒメエビ
・イソカサゴ超yg
・ブチススキベラ
・ヒメコウイカ
・ノコギリヨウジ
・アオブダイ
・コブダイ

・ベニイザリ(いつものように必死な手!)
この手が可愛い!



===
ショップに戻りログ付け。
チームウイウイってば、「Dive# 5」ですよ*^^* お魚だって全部「ひらがな」で書いちゃう♪可愛いっ!初々しいっ!
これから、あんな海やこんな海に出会って・・・自分なりの楽しみを発見してくれるといいな♪

姐もまだまだ!なんて思いながらログ付けをしていると・・・・「オリオンビール」&「中華くらげ・ミミガー・フカヒレ 酒の肴セットにロウソク」という素晴らしいお誕生日イヴセレモニーが♪♪
 
あざぁ~す!!!いつもいつもありがとう
嬉しかったよぉ~ん
スポンサーサイト

マスクのお掃除♪

2005年10月27日 23:42

BCも2代目がやってきて、何となく器材を眺めていると、前から気になっていたマスクが更に、更に、さーらーにーーーーーーー気になってきたので・・・って何が?!って?

もちろん「カビ」です。

「女子♀が顔の至近距離に「カビ」つけてていいのか?」という思いがありつつも、あえてその事から目をそらしていましたが、いよいよBC2代目のデビューに合わせ、マスクも綺麗にしてあげることにしました♪

もう、「400本越えの貫禄ってもんっすよ~」という慰め(?)にも惑わされないっ!だって、こんなに汚いんだもの
何か生えてるんじゃないだろか?



まずは、分解。
こんなパーツで出来てるのですね~♪
分解成功!


一つ一つを歯ブラシや中性洗剤を使ってお掃除、お掃除
シリコンゴムの部分とかはしょうがないね・・・。

全部できるだけ綺麗にして再度、組み立て。


はい、無事に元通りになりました~
どうでしょう?綺麗になってるかな?
27_Mask4.jpg

#あ、床にピント合ってんじゃん、とかいう突っ込みはなしで^^ゞ


鼻にあてて息を吸ってみる・・・と、シューッって言うじゃないっ!!
どこ?どこっ???

おっとレンズのところが一部パチッとはまってませんでした。
危ない、危ない^^ゞ

もう一度、息を吸うと・・ばっちり!
心なしか張り付き具合(?)もいい感じ♪

完成!!
綺麗♪


どう?綺麗になたよね~??
2代目BCと一緒にマスクも再び綺麗デビューですぅ^^

掃除前
カビですよ、カビ!


↓↓↓↓↓

掃除後
すっきりんこ♪

ホワイトバンド・・・困った人たち!

2005年10月25日 18:15

以前、このブログで「ホワイトバンド」のことを書いたことがある。
思えば8月、夏のサナカ。随分と前な気がするな♪

その後、結構、都内ではもちろん、地方やセブ(!)でもホワイトバンドをしている人達を見かけたりした。飲みに行ったりして、時々話題になったりすることもあって、普段そういう活動について話すことなんてなかったから、それはそれで、色んな考えを聞くことが出来て興味深かったりする。このブログでもそうだったけど^^

で。

つい何ヶ月か前に、電車の中吊りでホワイトバンドに対するネガティブな見出しを見かけたことがあった。確か・・・使途不明だか、何だか・・・うさんくさいぞ!みたいな?!「まぁ、そういう見方もあるんだろうなぁ~」と思いホワイトバンドのサイトを見ると、会計内訳がのっていて、姐なりに納得したので、今もホワイトバンドをつけている。「このxx金って何?」と思わなくもないけど、今の世の中、何かを団体で広めていこうと思ったらそれなりに資金が必要なわけで。+-的な考えでいけば、アリなんじゃないかと思う。


そして、昨日。
ヤフーのトピックスにこんな記事が。

<ホワイトバンド>趣旨説明不足で購入者から批判


・・・なんだかシラけました。
あ、ホワイトバンドをする事に対して、ではなく、この記事にあるこれらのコメントを見て。

「途上国に募金が送られないと知っていたら買わなかった」

「募金にならないなんて知らなかった」

・・・

っつーかさー、最初から「募金ではない」って書いてあったし、「白いバンドだったら何でもよくて」って書いてあったし、「白いバンドをすることで“この考えに賛同しています”っていう自分の意志をアピールするためのツール」だったし・・・・て、

わかっていたんじゃないのぉ??

ま~ったく呆れました
単なる流行りにのって意味もわからずにやったあげく、文句言うってなんなの?ちゃんと理解した上で、自分の意志をもって行動している人達も沢山いるのに。平和というぬるま湯の中にどっぷり浸かってると言われる日本人らしいよね、まったく。

本当はこの記事のタイトルだって、

<ホワイトバンド>趣旨理解力不足で購入者、事務局へ責任転嫁 

でいいくらいだ

久々にイラッとさせられる記事でした・・・ ふぅ。


ちなみに、姐はこのホワイトバンドキャンペーンが、少しずつ成果を出していることを確認しているし、今も賛同の気持ちは変わらない。最初に書いたとおり、人それぞれの考え方があって、「債務帳消しなんてとんでもない。貸した金は返してもらわなくちゃ!!」という人もいた。それも一理あるだろう。立派な意見だと思う。

それに比べて・・・「途上国に募金が送られないと知っていたら買わなかった」だってあー、情けないっ!どこのどいつだっ!


・・・長くなりそう&おばちゃんモード入りそうなんで終わります^^ゞ
とりあえず、気分はすっきりしました(笑)


姐に出来ること、ひとつ、ひとつ。

キラーストリート合唱祭・第一回 新橋編

2005年10月24日 18:06

先週の木曜日、第一回、キラーストリート合唱祭がしめやかに新橋にて行われました。


って!何のこたーない、キラーストリートしばりカラオケなんだけどー(笑)楽しかったっ!

姐は「サザバカ会」のメンバーである。
「サザバカ」の本名(?)は今や不明だけど・・・「サザン好きな愛しいおバカさん達」みたいな感じだろか
うーん、その結成秘話は話せば長いんだけど、ともかく楽しい集いなのだ。
隊長との出会いは遡ること・・・2002?2003?そしてメンバーは(どこまでが本会員で準会員かはもやは不明)着々と増えている(気がする)。
メンバーの共通項は「サザン好き」これだけ。
プチ・サザバカ会は季節ごとに1回位行われるのだけど、口実は様々。
姐も参加できたりできなかったりだけど^^ゞ


笑ってしまったのは、なんせ、7年もこんなに沢山、サザンの新曲が出ちゃうことって我々にとってもなかった訳で、集合した面々もサザンの曲なら
「どれもこれも、楽勝OK(←ちょっと言い過ぎか^^ゞ)」
「古いアルバムになればなるほど、結構得意(←ってのが自慢)」
だったのに、急に
「わー、これ初めてだよ、どうしよ~」
っていう曲が増えちゃったもんだから、もう大変。

歌う方も、合の手係も、原坊ハモリ係も、タンバリン系楽器係も、いつになく「緊張」・・・そして、うるさい(笑)
今まで聞き込んできた感想(?)を皆が勝手にしゃべるしゃべる!
この歌詞が好きだの、この声が桑田さんらしいだの、この役は私がもらうだの・・・


30曲全部歌ったのはもちろん、「これ、もう一回いい?」と自分に不満足な人は勝手に入れる(笑)
すごいのは、そこにいる面々の、色んな意味でのレベルが上がっていくこと!
ってか、5回もリピートされりゃー、上手くなるってね!!


後半には隊長の一言により、キラーストリートしばりが一時解除されると、お得意の曲だったり聴きたい曲だったり・・・そう、1980年前後の昔のサザンの曲が始まる。
明らかにその場にホッとした空気が流れてた(笑)

サザバカメンバーは、新しいものを取り入れるのは、それが何であろうと時間がかかりつつある世代ばかりだ。
そんな話をしながらも、「そう考えるとさー、桑田さんってすごいよねぇ~」とまたまた皆でうっとり。
そして、何だかわからないけど、「姐も頑張ろう!」と思っちゃうから単純だ^^ゞ


今回の第一回キラーストリート合唱祭にてそれぞれが“自分への課題”を見つけ、更に聴き込み、12/1 東京ドーム本番に向けて、サザバカメンバーは自分だけのキラーストリートを着々と歩んでいくことでしょう・・・・(遠い目)


↑どう?終わり方、綺麗じゃない?(意味無いけど -_-)
ってか、もうキラーストリートリンク、皆ちゃんと見てくれたぁ??(笑)

また遠くなった小笠原

2005年10月20日 12:42

殆どのダイバーにとって、日本の中での憧れの地といえば「小笠原諸島」じゃないかと思う。
姐も、もちろんその一人。

約26時間かけて船で行く約1,000キロ向うにある島。
この交通が発達した世の中で、「船でしか行けない」島だ。
ダイビング話はもちろんのこと、船が帰航する日には皆が見送りに来てくれるということ、「おがさわら丸」が島を離れるまで何艘もの船が一緒に走って別れを惜しむという話。
そしてそんな心からのおもてなしを受けて島を離れ・・・ゆっくりゆっくり・・・充分な時間をかけてまた、現実へと戻るのだ。
これぞ“旅”っていう感じなんだろうな。

姐がそうであるように、6日のお休みが必要なことと、やっぱり訪れるのには、お財布的に高い場所であること・・・それがなかなか一歩を踏み出せないという理由の人達も多いんじゃないかな。


今朝のニュースで、この小笠原諸島へ今年11月に超高速船が就航される予定であったということ、そしてその計画が中止となったことを知った。

小笠原高速船断念へ

噂なのか事実なのかは知らないけど、以前「飛行場が出来る!?」なんて話を聞いたことがあった。それには反対!!だと思った。
けど、「高速船」・・・・4日で行けるようになるかもだった?!と思ったら、やっぱり残念だと思ってしまう。

断念の理由は、計画当初から見て、原油が高騰してしまったため、試算によると年間20億の赤字が算出されることになるらしい。
・・・に、にじゅうおく。
「4日で行けるようになるなら、毎年行くから~!!!!」と姐が言ってもどうにもなるまい。

朝のニュースでは、こんなことも言っていた。
この高速船は他のルートには使えないそうだ。長距離を走ることを前提としていて、燃料タンクもとても大きく出来ているらしく、いずれにしても長距離を定期的に走らない限り採算が合わないと。
まるで、ダムの建設が途中で止まってしまいただの池になってしまうのと同じく、出来てしまった船の活用先は見えていないそうな。

建造費は115億円。
またバブルの残骸がひとつ。

観光収入で暮らしている小笠原の人々の希望と、憧れの小笠原に行きたいダイバーの夢と、115億が消えた。

世代交代 * BC編

2005年10月16日 15:50

姐がダイビングを始めた1994年7月・・・

今となっては相当いかがわしい感じに思えるB●Cというライセンスを取ったショップから、ライセンスを取ると同時に、器材を売りつけられた。ともかく、ものすごい攻撃で、最後の方には、そのままそのショップで申し込んだ初ファンダイブの伊豆大島には「器材買わなくちゃ連れていきません!」的売り込みに負け(たかその気になっちゃったか今となっては定かではないけど・・・)、ライセンスをGETした時には既に器材もGETしていた。

そんな“なんの選択もせず”“言われるままにお財布と相談だけして”買ったBCが、「マレス VECTOR 840」だ。当時は(ってそのショップにあるだけなんだけど^^ゞ)「レディース用」なんてなくて、このBCは男女兼用、この姐が、「XS」を着てる♪
年季の入った一着っ!^^v



そんなこんなであんまり思い入れがなく、すごい大切に扱った記憶もない器材だけど、今年初めのOHで穴が開いていることがわかり、すぐに買い換える気もおきず・・・アクアシールで穴を塞いで着ていた。
この塞ぎっぷりどう?


ところが、確かパラオに行って帰ってきた2月、2つ目の穴を発見。これもシリコンで塞いでもらって・・・まだ着ていた。

そして、この前、9月のセブから帰ってきたら・・・・ついに3つ目の穴がっ!皆、BCのベルト部分。「まぁ、3つ塞げはあとは穴が開くって言っても残り1つよね~っ!!!あはは~(笑)」と笑い飛ばしつつ、BC買換えの気配に直面し、どうしようかと悩みつつ・・の夏でした

すでにポケットもボロボロで、ポケットの中のものを取り出すには、何故か2枚めくらないと内部に辿り着かないシステムに変わっていた・・・^^ゞ
二重なのだよ、何故か!



いざ、買い換えるか~・・・と思うと、今年はロクハン買換えを余儀なくされているため(ちなみに、これも4年以上着ていて、多分300本位潜ってるシロモノ^^ゞ)、お財布も厳しく、悩みは募るばかり。

ソレより何より、すっかり馴染んだあのBCを変える・・ということに、抵抗・・・というより、ビビりが入ってた。マスクもフィンもレギュも、この11年の間に買い換えていたんだけど、何故か「BCを変える」ということは想定の範囲外で、急にふって湧いたようなBC買換えをどうするか~。「ま、とりあえず次に伊豆に行くときには、塞いでもらおうかな~・・・」なんて弱気な決意をしそうになったその時っ!!!


見つけたんです、ヤフオクで


姐が使っているのと同じやつ♪♪元のオーナーさんも10年位前に購入したらしいが、80本程度しか潜ってないらしく、写真でも充分その綺麗さがわかる。もちろん、エア漏れなし、とのこと。

お値段もかなりお手ごろだし、それより何よりこのBCだったら「あれもんの時はこれもんで、これもんの時はあそこをこれもんで・・・」っていう使い勝手もバッチリだし、サイズもOK。生地のフィット感はしょうがないとしても、いずれ馴染んでくれるでしょう♪
ということで、見事、落札*^^*


そして、そのBCが本日到着しましたーっ
綺麗でしょーっ♪


思っていたよりずっとずっと綺麗で、また、いい具合に使用感があり生地も全くゴワゴワということはなく、もちろん姐のみたいにくたびれていることもない。
すっかり色あせていたバックルも、“ここって黒だったよね?”のポッケも、3-4つ網が切れてていつポケット機能が無くなるか不安だったポッケも、もちろんある(笑)
使用後


使用前



早速、今までのBCに付いていたあれやこれやを付け替えて、いつもの、だけど綺麗におめかししたみたいなマレスVector840が出来上がった
次の海からは、この子と一緒だ


最初に書いたように、物心付いた時には「なんでこのBCなんだろ・・( -_-)」と思っていたはずなのに、この使い古してヨレヨレの色あせたBCにものすごい愛着がある。最初に買わされたということはつまり、このブログに記した439本のうち、多分、430本位の海には一緒に潜ってきたんだものね。色んなとこに連れてってくれたね、そして、いつもいつも助けてくれた。ふざけて「レンタルの方が綺麗だっつー^^ゞ」なんて言っていたけど、こうしてみたら、なかなかどうして、渋くない?
うーん、1代目マレス840、心を込めてありがとう・・です。
えーい、サービスでもう一回載せちゃう♪



そして、新しくやってきた2号!これから沢山色んなとこ連れてってあげるからね~!そして1号と同じく、姐をしっかり守ってね~~~~*^^*
よろしくっ~♪♪

1代目、2代目でーす*^^*



姐の器材の中でひっそりと行われた、世代交代の話でしたー

ハコフグもやしーめん と しゃべるエイ

2005年10月10日 10:25

今日も雨です・・・。さ、寒いっ!

さて、ちょっと前ですが、10/6にテレ朝(関東)でO.A.していた「いきなり!黄金伝説。」の1ヶ月1万円生活、見た人いますかぁ~???

このシリーズに、よゐこの濱口が出ていて、(確か)お父さんが漁師、お母さんが海女だという濱口が、毎回、チープな生活の食料をGETするために素潜りでお魚を捕まえるっ!っていうコーナーがあるのです。

#ダイバーという立場から、モリを持って海に潜り漁をするっていうこと自体に、「ぉぃ!」という気持ちがなくはないですが、まぁ、それはおいておきます。


今回も、ながら見・・っていうか、CMのたびに各局の特番をあっちこっち見ていたので100%ではないのですが、ともかく興味深々ですっ!

どこの海かは明かされないんだけど、多分、関東近郊。だって、海の感じやそこにいる魚達は姐がよく見るお馴染みちゃん達だもの!

今回、濱口が見事にモリでGETして焼くなり煮るなりして食べたのは、カサゴ、オハグロベラ、メバル、・・・あたり。映像では、ハナアナゴ・ウツボや、ミノカサゴなんかも大げさに「毒があるのだーっ!!!」みたいなナレーションと共に映ったり、結構笑える。だって、そのナレーション「大都会に潜む悪 警察24時っ!」とか「九死に一生スペシャル!!」並なんだよ~(笑)


で、姐の印象に残ったものを2つ。

1つは、「ハコフグ」!!
ハコフグって食べられるんだねぇ~・・・っ!濱口が高校生位のハコフグをGETし、それを調理するんだけど。

まずひっくり返してお腹のあたりを鋏で1辺を残した状態で切り取り(蓋のように皮が残る感じ!)、中身の内臓を取り、肝だけ戻す。そのハコフグを水から火にかけると・・・・「美味しいっ!!!」と絶叫するくらいのダシが取れるらしい。そりゃー、フグだからね、ってとこだろか。
なんせ、節約生活なので、濱口はそのダシに醤油ともやしをいれて、ラーメンならぬ「もやしーめん」と名づけたその麺?を食すのです。
ラーメンどんぶりに、形を崩すことのない・・・でもしっかり味が染み込んだ風なハコフグちゃん、それにもやし麺。

見た目は美味しそうだったけど・・・やっぱり食べる気しないよぉ(笑)


そしてもう1つは、エイ!!
これ、TVで見た瞬間、「見たことないっ!!!」・・・・次には手に図鑑「伊豆の海」が(笑)「ツバクロエイ」でした♪

ノリノリナレーション的には、

「とっ、そ、その時~っ!!!濱口の目に映ったのは~っっ!!! なんとーっ、巨大エイだぁ~!!!」(風)

な訳ですが。

もちろん、「そんなんで巨大なんて言ってるなんて~・・ふふっ、可愛いわねっ」と余裕をかまし見続けると、1日目にはずした濱口が2日目もエイにチャレンジすると言う。
これまたもちろん、「あの悠々と海を泳ぐエイがその日ならともかく翌日に見つけられる訳ないじゃーん・・・ふふっ、甘いわねっ」と、何となく見ていると・・・

なんと現れるのです!!

そして、濱口はモリでツバクロエイをGETし、エイで腹話術なんかをしながら(不覚にも大笑いしてしまいました・・・)、そのエイは立派な煮付けになっていました。

その後の落ち着きはらったナレーションによると、エイは縄張り意識が強く同じ範囲で回遊しているらしい(あら?これはダイバーの常識?)。
まぁ、素潜りでTVで濱口なので、見つけるまでにはそーとーな時間、海にいたとは思うけど、思わず「おぉぉ~っ!!!出た~!!!!」とエキサイティングしてしまいました^^ゞ


この番組があると翌日、必ず会社の同僚とかに言われます。

「あんなの普通にいるんですかーっ!!!怖くないですかーっ!!!食べるんですかーっ!!!!」

ちょっとウザいと思うことがあります(笑)


ちなみに、13日(木)19:00~ 続編があるみたい。
この番組は一ヶ月節約なんだけど、20日目で残金が一番少ない人が脱落します。残念ながら(?)濱口は15円差で落ちてしまったので、この続編にどこまで“海ネタ”が出てくるかわかりませんが、もしよかったら♪

ダイバーなら、確実に一視聴者とは違う目で見ることができます

行かずじまい・・・?!

2005年10月09日 10:13

あ~・・・退屈な連休を過ごしている姐っす


突然ですが。

今年は一度も沖縄に行かないまま終わりそうである
あぁ・・・何をしくじってたんだろう!!
去年、一昨年と、年に3-4回行ってたのに。

気づきました。

ずっと利用していたツアー会社があって、そのツアー会社から時々登録していた会社のアドレスに、「2泊3日4Dive付き 会員限定XXXXX円」なんてメールが飛んできて、そのメールが来るとカレンダー見て、即何人かの友達にメール、2-3日中に予約、はい、沖縄♪♪・・・なんてやってたのに、そのメールがぱったり届かなくなっちゃったんだなぁ。
何でか?は知らないけど。確かにちょっと方針が変わったのか、ツアー会社のHPを見ると、特に安さは感じなくなっていて、それなりの値段。
よくそのツアーを利用していた別のバディも、全然行ってない、と言っていた。

そのツアー会社のせいにはしないけど、毎日フルタイムで仕事していて長期休暇の計画ならともかく、週末の“計画”なんてそう気合入れてやることもないよねぇ。
そうこうしているうちに、バディからあっちの海、こっちの海とお誘いが入り、あれよあれよと今年も終わるのねぇ~ってなもんです。だから、あのツアー会社からのメールは、そういうバディからのお誘いと同じで、「どぉ?沖縄?!」「うん、行く!」っていう役目だったんだなぁ。


そうこうしているうちに沖縄も寒い時期だしっ。
来年こそは、沖縄・・・復活させるぞーっ(自分への決意っす)


この前、コンビニで見つけて思わず買いました↓↓
しばらくは「東京の沖縄」で自分を慰めたいと思います

つ・・・ついにっ・・・(感涙)

2005年10月04日 23:55

ついに待ち焦がれたこの日が・・・
明日の発売にフライングして、手に入れました。


サザンオールスターズ、7年ぶりのアルバム!!
キラーストリート


もう嬉しくて嬉しくて(涙)


でも。

まだ聴けてません>_<
夕飯の準備なんざをしながら、いわゆる“ながら聴き”をすることも出来るんだけど、何だかそんなことしちゃいけない気がして。

あまりにも待ち焦がれすぎて、突然目の前に現れたその人を前に、どうしていいかわからない・・・そんな感じです
どんな桑田さんに会えるんだろう・・・


そして、今、このブログを書きながら、mp3に落としています。
明日は各駅電車で会社に行こうか・・・だって1曲でも多く聴きたいから。

今日からドームまでの約2ヶ月、どんな時も桑田さんと一緒ですぅ

えぇ、病気とでも何とでも言っとくれ~(笑)


ダイブログ #439 明鐘

2005年10月02日 10:11

姐のマクロ魂(←魂だってよ、いつの間にか 笑)を開眼させた千葉・内房は明鐘に3ヶ月ぶりに“秋のウミウシ”を探しに行ってきた♪

がっ。

ハプニング続きのドラマティックな1本となりました^^ゞ
まずは、バディとアクアラインの「海ほたる」で待合せだったのだけど、バディからの電話・・・・。

「姐さ~ん!!海ほたるとおり過ぎちゃったぁ~>_<」・・・ぉぃ!

じゃぁ、そのまま木更津南ICで・・・となったのだけど、またバディからの電話・・・・。

「姐さ~ん!!木更津北っていうの通り過ぎたら姉ヶ崎って書いてあるけどいいの~??」

・・・いいわけないだろっ!ぉぃ!(笑)
※えぇ、バディはアクアライン渡り終わってから千葉方面に北上してました・・・^^ゞ


そんなこんなで始まったドラマティックな1本とは・・・↓↓↓


439th Dive
ポイント:カブト岩
エントリー:ビーチ
EN:10:11
Under the water:48min.
Under the water in my life:349h49m
気温:--℃
水温(水底):22.4℃
透明度:--m
透視度:0.5-2m

まずはショップにいるうちから、ガイドさんがきっぱり。

「今日の海は良くないです」

がーん、残念。

「でも、ずっと風も強かったししょうがないかぁ・・・いい天気だし暖かいし、どうせ這いつくばって潜るんだし♪」
ってことで、ポイントまでの移動中に見えるニゴニゴの海を見ながら、それでもテンション高め、潜る気マンマンの姐チーム☆

ポイントに着くと、入り江は東映なみの波しぶき。
でもエントリー口まではそうでもなく、濁っているのは陸上からもわかるけどエントリーには問題なさそう。
海の中はうねってそうだけど、いけそうな雰囲気。
富戸で言うなら“潜水注意”ってな感じでしょうか。

ガイドさんが別のショップのガイドらしき人に透明度を聞いてる。
「まぁ、良くないけど少し行くと見えますよ」的な会話。
それを聞きながら「少し行くとどれくらい見えるかがポイントだよね~(笑)」なんてバディと話しながらエントリー。

ブイまで水面移動の後、潜行。

「み、見えないっ!!」

こんな透明度の悪い海、初めてでした^^ゞ
でも、「そうそう、少し行ったら見えるんだった!」と気を取り直し、バディを気にしながら進む。少し進むと結構なウネり&流れ。皆ではぐれないよう、ライトを持っている人はライトをつけながら。

こういう時、そのチームの連帯感が伝わってくる。いい感じのチーム感だったと思う。今回のチーム(6人)皆、それぞれが回りを意識しながらはぐれないように進んでいく。

少し行くと根に到着。
まずは、ショッキングピンク色の可愛いギンポ♪
撮った写真は何せゆらゆらでピントも合わず^^ゞ残念っ!

さらに進むと、また大きな根が。
この辺りでようやく2m見えるか見えないか。
しばらくこの根で生物探し。うーん、かなりウネッてる!

根にライトを当てる、探す、回りが見えてるか確認する、カメラを合せる、回りがいるか確認する、さっさとシャッターを押す、回りがいるか確認する、根にライトを当てる、何かいないか探す、回りが見えてるか確認する・・・・

をしばし繰り返しながら。

カワハギやカサゴがウネりに負けまいと根の間に潜んでる。
「きゃー、一緒ね~。頑張ろうね~」なんて(笑)ザ・普通種が頑張ってる姿ってなんだか愛しい。

そんな中で姐発見のミヤコウミウシ!(これはそんなにレアじゃないらしい)
今日はもう満足!(笑)
透き通る体が綺麗♪


そして、ガイドさんの帰るよ合図。
最後にピンク色で程よく成長したハナタツを見せてもらう♪
写真をとられるハナタツも、撮ろうとしてる姐も、ライトをあててくれてるガイドさんも、皆がゆーらゆーら揺れてるので、全くだめ(笑)
諦めて、人数確認後、皆で泳ぎ始め・・・Exに向かう。


この続きは長くなるので(^^ゞ)読んでくれちゃう人は「その後の姐」で・・・


魚たちとの出逢い
・トウシマコケギンポ
・ヒロウミウシ
・ミヤコウミウシ
・カサゴ
・イガグリウミウシ
・ヨゾラミドリガイ(スイートジェリーミドリガイかも?!)

・海猿・・・
051002_Umizaru.jpg
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。