--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田川にボラ!?

2005年07月30日 23:30

夕方、ちょっと用事を済ませ、岩本町方面から秋葉原方面に昭和通沿いを歩いていた時のこと。

もう7時近くなっていて、まぁ、暑いけど夕方の涼しい風が気持ちよく、最近ハマッてるDefTechを大音量で聴きながら、結構心地いい気分で歩いてた♪

海や川、水があるところはついつい見てしまう姐。

日比谷線秋葉原駅へ入る手前の神田川を通り過ぎるときも、何の気なしに川面を眺めた。


「汚い川だなぁ・・・いつ見ても」

と思ったその時、一匹の魚がすごい勢いで飛んだ!!!

「え”!!」

と思って、思わず立ち止まり、“さりげなく”ではなく、明らかに“私、川のぞいてますっっ!”的に川をのぞいてしまった。


すると(多分同じ)一匹がまた、勢いよく飛んだ!!


もぉ、姐はワクワクしちゃって*^^*

気づくと、何人かの人が同じように川をのぞいていた^^ゞ
結局、その一匹は、3回、でも、ものすごい勢いで飛んだっきり出てこなく・・・・姐も、急に恥ずかしくなって、そそくさと駅への階段を降りた^^;;;;


ボラなのかなぁ?!うん、ボラくらいの大きさはあったよ。
(いるわけ無いけど、鮎とか岩魚とかの川魚の大きさじゃー無かった!!)

予期せぬお魚との遭遇で、何となく得した気分になりました(笑)
スポンサーサイト

ダイブログ #418-419 富戸

2005年07月24日 15:04

418th Dive
ポイント:ヨコバマ
エントリー:ビーチ
EN:11:32
Under the water:57min.
Under the water in my life:330h48m
気温:--℃
水温(水底):23℃(一部19℃)
透明度:--m
透視度:7-10m

朝、前日の大騒ぎをほんの少しだけ反省させる頭痛を感じながら、姐御用達のショップへ移動^^
今日は久しぶりの富戸ということで楽しみ♪♪・・・と頑張ってテンションをあげてみる^^ゞ

台風の影響がやや出てき始めているにも拘らず、富戸は「夏の混雑」を少しだけ感じさせる雰囲気。でも、地震の後で台風の前・・・本当の夏まっさかりに比べたらやっぱり空いていたのかも。


エントリーしてすぐ感じた、うねり。
姐はもともと船酔い、波酔いをするので、少しでも「マズいかな」という時は「姐・アネロン(酔い止め薬)」を飲んでしまうのだけど、この日はうっかり忘れていた・・・

30分を越えた頃から、かなり不快な感じ( -_-)
「あがりたいな・・・」と思い始めていた。こう思っちゃうと、ダイビングは本当に楽しくない。
ストレスを感じるばかり。加えて、大きく揺れる海藻にも酔いそう・・・


そんな中でのイベントは「たこハンマー」!!
なんでもショップオーナーのスーパーガイドが言うことには、“たこ”は種類が見分けにくいのだけど、「たこが本気で怒った時」に出る模様の違いで識別が可能だそう。
その実験用(なのか?)のたこハンマーを持って、バディのひとりがエントリー。

誰もが「でもそんな上手くタコが出るわけないよな~」と思っていた。

が!!

これが出ちゃいました、結構入ってすぐですよ^^
もう「動物奇想天外か??」という感じで皆わくわく。
意気揚揚とたこハンマーを振りかざすバディ。

でも、「ちょっと待った」が入った(笑) 
どうやら、叩く場所にコツがあったようだけどそんな詳細は打合せしてなくて^^ゞ そうこうしているうちにタコ君は、パニックのポーズであっちへこっちへ逃げ回り始めたので、我々も大人しく退散。
ごめんね、タコ君。決して虐待するつもりじゃなかったの、ほんとよ・・・^^;;
ちょっと待った!!!



しばらく行くと砂地にコノハガニを発見。
皆でゆーらゆら揺れるコノハガニを見ていると、そこにサビハゼが。

っと思ったら、パクリ!!!皆が「あっっ!!!」と思ったけど、コノハガニが持ってた(?)木の葉(笑)をパクリとしたのかサビハゼは諦めて撤退。良かった、良かった^^
あ~、びっくりした!!



酔いながらも、ベニイザリの小さな♂とそれに大して巨大に見える♀を観察したり、アミ(-) vs アミ(・)のバトルを見たりしながらようやくExit。

ホッとしたのも束の間、ものすごーーーーく引いてるExit。それに加えてかなり揺れてた。
気分は悪いし、もうヘトヘト・・・・。久しぶりに上がるなりタンク下ろして弱気な姐。
あぁ、情けない・・・。でも、そんな事はどーでもいいくらいに気持ち悪かった( -_-)あぅっ

魚たちとの出逢い
・タコ(結果的には、スナダコ?)
・アオヤガラ(緑バージョン)
・イトタマガシラ
・シマアジ
・コノハガニ vs サビハゼ
・ダイナンウミヘビyg
・ゴンズイ玉
・オニハゼ
・シラス(大人になったらカタクチイワシ)
・サラサエビにクリーニングされるキタマクラ
・カンパチ

・ベニイザリ(大♀ 小♂)
2匹仲良く♪




419th Dive
ポイント:ヨコバマ
エントリー:ビーチ
EN:15:04
Under the water:58min.
Under the water in my life:331h46m
気温:--℃
水温(水底):24℃
透明度:--m
透視度:7-10m

温泉丸で暖を取り、お昼をしっかり食べて、アネロンもばっちり飲んで、姐復活*^^*インターバル、沢山取ってくれてありがとうm<_ _>m


2本目は、1本目に見に行ったけど穴を囲む人ばかりで全く姿を見せなかったネジリンボウ狙い^^v


まずはハナミノカサゴがゆーらゆら。っとちょっと離れたところに、ミノカサゴ。
ありそうでない、「ハナミノカサゴとミノカサゴ 夢の共演!」 (え、ある?? 笑)
ありそうでない?!そうでもない?(笑)

ハナミノカサゴとミノカサゴの見分け方は・・・・。
あの縞模様の黒い部分。ハナミノの黒い部分はかなり近づかない限り「うろこ」はわからずツルっとしたイメージ。それに対しミノカサゴの黒い部分には「うろこ」がくっきりだ。
・・・もちろん、スーパーガイドの受け売りです(^^;;;)


アオリイカの産卵礁に寄ると、産卵はしていなかったものの3匹のアオリイカが♪
姐的にはこんな間近で見たのは今年初。産卵をする気配はなかったのだけど、産卵礁に近寄っては離れ、近寄っては離れ・・・を繰り返してた。写真をとろうとしてた姐も、揺れの中、産卵礁に激突しそうになっては戻り、激突しそうになっては戻り・・・(笑)


そして、ネジリンボウエリアへ!!今度こそ!

「・・・・・いた~っっっっ!!!!」

姐、渾身の一枚です*^^*
顔を出してくれてありがとー♪


魚たちとの出逢い
・ハナミノカサゴ と ミノカサゴ 夢の共演
・タコ
・アオリイカ
・スジコウイカ
・タツノイトコ(脱○ン中・・・・)
・ヨウジウオ
・マメマクラ
・ホタテウミヘビ
・オニハゼとニシキテッポウエビ
・ダテハゼとニシキテッポウエビ
・ネジリンボウ

・ハオコゼのペア
ペアでいたんだけど・・・^^ゞ



=====
この日は、スーパーガイドのお誕生日プレゼントをサプライズで渡す計画があって(^_-)-☆
一緒に潜ったチームの皆でナイショでこっそり、Tシャツにサイン。
ほぼ一週間遅れだったものの、おめでとうの気持ちを♪

さすがに男3○才、ダンディーに、そしてウォモな感じでお祝いTシャツを着こなしてくれました(笑)めでたし、めでたしー☆☆

ダイブログ #416-417 北川

2005年07月23日 10:55

久しぶりの北川!
ここは、なんせショップからボートまでが近くて便利なのと、そのショップにあるクラブハウス(宿泊施設)が実はお気に入りで、かなり快適に過ごせるのだ。

・・・の割には本当に久しぶり^^ゞ

台風の進路にばかり気を取られていて、何故か週末のお天気を気にしてなかったのだけど(というか、正確にはピーカンだと勝手に思い込んでいた)、フタを開ければ薄曇&やや雨。
気温も“夏か?”と言うくらい低い。残念!
「いよいよ5mmかーっ!!」なんて思っていたのだけど、直前にヨンナナ(元ロクハン)に変更。
これ、大正解でしたー・・・。

海の方は一見台風の影響はなさそうな穏やかさ♪*^^*


416th Dive
ポイント:カジカキ
エントリー:ボート
EN:10:55
Under the water:48min.
Under the water in my life:329h04m
気温:--℃
水温(水底):22℃
透明度:15m
透視度:8-12m

エントリーすると透明度は、まぁ、こんなもんか^^;;な感じ(笑)
思ったより水は冷たくない(ヨンナナだし)。
でも・・・あれ?ちょっと流れてる???

沖に向って、砂地と根の境目を泳ごうとするのだけど、これが結構な流れ。
ちょーっと気を抜くと砂地の方に流される。
なぁーんとなく皆で流されながら、結局は砂地を宝捜ししながら泳いで・・・ってか、流され(笑)ていると、一匹のヒラタエイ。可愛い♪

っと・・・。
ここからが、いきなり今回の北川ダイブのメインイベントにっっ!!


ヒラタエイって何となく人に気付くと逃げていくもの・・な印象がある姐ですが、そのエイはあんまり逃げようとせず、むしろ我々と一緒に泳いでいる雰囲気。
「珍しいな・・」と思っていると、近くからまた一匹。今度はちょっと大きい。

「まぁ♪」

と思ったのも束の間、そのヒラタエイ(大・小)はいきなり我々の目の前で、体をすりよせたかと思うと砂地の砂を巻き上げるほどのからみ!!

「え”っ、何?何??」

と思いながら写真を撮る。が、それだけじゃ終わらなかった。

「いつもと何か違う!!!」

と即座に思った姐は咄嗟にカメラを動画モードにし、激写52秒!!
2匹のヒラタエイは、私達に囲まれていることも、もちろん、激写されていることもお構いなしでバトルを繰り広げた。そして、小さなエイが大きなエイのヒレに食いついたまま、折り重なって消えていった。
姐は相当追いかけていきたかったのだけど、流れがあるのとガイドさんが止まったので、もはやここまでと遠く消えていくエイを見送った。

その後にも色々見たのだけど、もう、このヒラタエイで頭がいっぱい!
いわゆる普通にいる魚の、突然のパフォーマンスにバディ一同驚きーッ!!!(笑)

さて、このエイ2匹。

上がってから、ショップオーナーにその映像を見せると、「こんなのオレも見たことないよー」と興奮気味に説明してくれたところによると、もしや・・・・とは思っていたが、R指定映像
オーナーは、ご丁寧に一時停止してちゃんと♂のお○ん○ん(2本ある)を教えてくれ、更には「ほら、この一瞬だよ、きっと!!」と♂♀な瞬間を教えてくれた(ピーッ ←何となくピー音)

もう一度映像を見ながら、

♀「あら、あなた、こんなところにいたのね」
♂「お!なんだお前か。うりゃうりゃ」
♀「いや~ん、皆が見てるじゃない (注:皆=我ら)」
♂「いやよ、いやよも好きのうちだろー。うひひ」
♀「あ~れ~・・・」

などと脂ぎったオヤジさながらの台詞をつけて盛り上がったりして^^ゞ
あ、もちろん、若いカップルいちゃいちゃ編っていうのもあったのよ(笑)

動画が載せられないのが本当に残念ですっっ!
#動揺して上手く撮れてないけど雰囲気だけ・・・^^;;
ものすごい「からみ」でした~


魚たちとの出逢い
・ミノカサゴ 妊婦
・ヒラタエイ ラブラブ(しつこく♀にせまる♂)
・ダルマガレイ
・サビハゼ群れ
・ハナアナゴ
・サメジマオトメウミウシx3
・ベニイザリウオ
・キンギョハナダイ
・スジコウイカ
・アカイシガニモドキ

・オニカサゴ
のそのそ歩いてました!


・ハナオトメウミウシ
2匹か?と思ったけど1匹♪



417th Dive
ポイント:カジカキ
エントリー:ボート
EN:14:00
Under the water:47min.
Under the water in my life:329h51m
気温:--℃
水温(水底):21℃
透明度:15m
透視度:8-12m

2本目は、1本目に流れがきつくて回れなかったネコザメBaby狙いコース♪
いましたいました、ネコザメちゃん。ほんとにちっちゃくて、まぁ、良く動く*^^*
触ったら、ぐちゃって壊れちゃいそうな・・・薄そうに見える体表。
いっちょ前にサメ風な、体をくねらす泳ぎ。
うぷぷ。なんだか可愛くて笑っちゃう。
おもちゃみたい!!


苦手系マツカサウオなんかを発見しつつ、最後は、美しい紫海子に感激。
姐はひとりでまた別の1固体を発見^^
ムラサキウミコチョウ、いつみても綺麗


そうそう、もう一つ何気に感動したのは、「中層を泳ぐゴンズイ群れ」!!
大きな根の上の方をなにやら固まって泳いでる魚が・・・「ん??」とわざわざ泳いでいって近づくと、ゴンズイじゃぁありませんか!!かなりビックリ(笑)


ヒラタエイといい、中層ゴンズイといい、普通種のビックリが沢山飛び出した大満足の北川ダイビングでした*^^*

魚たちとの出逢い
・ネコザメBaby
・ミドリイシの群生
・そのミドリイシに必死にくっついていたアオウミウシ
・中層を泳ぐゴンズイ
・ネンブツダイ
・ムラサキウミコチョウ
・アオサハギ
・マツカサウオ
・小アジの群れ


☆Night Dive in 北川☆
この日は雨で中止になったBBQの代わりに、「真夏の鍋」が企画されていました♪ダイビングを終え、シャワーを浴び、その鍋の前に北川観光協会が主催(?)の漁師さんによる納涼船に乗れるということで、バディ達と総勢6人でクルーズゥイングへ!!
その時、地震がー!!


そして、その間にあの地震が起きたようです。
我々は海の上にいてまっっったく気づかず。
船をあがると船着場で「今地震があってねー、津波警報が出たけどすぐ解除になったよ~」と言われ、あんなニュースになるような地震だとは思わず、「よかったねー、さぁ、鍋、鍋♪♪」なんて悠長なことを言ってました・・・・。


鍋はオーナー秘伝の「ごま味噌ダレ」と「チゲ」の2種類。これ、どっちも本当に美味しかった!!!あまりの美味しさに皆、感激(涙)
お酒は進むし、卓球はやるし、三線ライブは始まるし・・・大宴会ですわ(笑)美味なるおもてなしに感動です、ありがとねー。


姐は・・・・はい、潰れました^^ゞ 楽しくてしょうがないときに発生する現象です(笑)皆はコンビニに買出しに行ったそうですが、知りません。何だか目の前をシュークリームがちらちらしていたけど、知りません^^ゞ

お気に入りのクラブハウスで快適な眠りについたのでしたー!!
(って記憶ないけど ^^;;;)

沖縄の空が浮かぶ声

2005年07月19日 23:30

姐が沖縄にはまったのとほぼ同時に出会った声がある。

「神谷千尋」かみやちひろ


あれは、2004.4に沖縄に行った時のこと。
東京に戻る前の晩、もう3軒目のバーだった。国際通りをちょっとはいったところに以前から気になっていたバーがあり、そこに寄った。

もう酔いと疲れでヘロヘロ~・・・な状態なのに、まだ沖縄気分を味わっていたくて頑張ってその店の階段を上った記憶がある。

お店の中は想像どおりで間接照明に照らされた沢山の泡盛の瓶と、シンプルな装飾。天井が高くて気持ちよかった。

カウンターに着いて、お奨めの泡盛をロックで頼み、一息ついたときその声は姐の中に飛び込んできた。
ともかく、綺麗な、清んだ・・・・それでいて意志のある力強さを感じる声と、沖縄のリズムが絶妙で、ちょっと驚いた。アルコール度数が上がりまくってる脳に、沖縄の青い空が浮かんだ。

とっさにカウンター内にいたマスターに「この人誰ですか?」と聞くとCDのケースを見せてくれ、そのお店のカードにその名前を酔った字でメモったのだ。
「神谷ちひろ」と書いてあるそのカードは、まだ大切に持っている。

ちーちゃんとの出会いは、その黒うさぎというバーだった。


翌日、迷わずCD屋さんに行き、その名前を伝えると「最近、ちょっと名前聞くようになりましたね~。人気ありますよ^^」ってCDを出してくれた。


東京で行われる彼女のライブは4回目。
この日は、表参道で初の単独ライブ!髪を茶色く染め、ちょっと雰囲気がかわった彼女は、否応なしにお姐さんに「まぁ、すっかり大人になって^^」と言わしめた(笑)
飲み物も缶ビールから、泡盛ロックに変わり、すっかり心地よい気分♪

ライブハウスも大きくなり、曲も映画の主題歌に取り上げられ、確実に彼女の夢を果たしているんだろうな。
この声をいつか、武道館とかで聞いてみたいと思う。

頑張って!


彼女の2枚目のアルバムタイトルは、ティンジャーラ。

「夢をつかまえに、ティンジャーラ(天河原)に今、羽ばたく・・・」


もし良かったら聴いてみてください。
姐のお奨めは、1枚目のアルバム、1曲目です^^
そうそう、7月の終わりに伊勢丹でやる「大沖縄展」でもチロッと歌うみたいです(姐は行けないけど・・・残念>_<)

1枚目アルバム「美童しまうた」


2枚目アルバム「ティンジャーラ」





ダイブログ #414-415 沖ノ島

2005年07月17日 11:02

414th Dive
ポイント:ソトガシラ
エントリー:ボート
EN:11:02
Under the water:47min.
Under the water in my life:328h16m
気温:--℃
水温(水底):18.4℃
透明度:--m
透視度:8-15m

前の日宿泊していた柏島を朝7:00に予定どおり出発し、沖ノ島へ行くための船に乗るべく、集合場所の片島港前の民宿に向う♪お天気はやや曇り・・間もなく晴れそう!な感じ。いいねーいいねー。

到着すると、ショップのスタッフさんから、琴線に触れる質問が。

「えっと、潜り方はダイナミック派ですか?マクロですか?^^」

なんとタイムリーなっ!!

「あー・・・ダイナミック派なんですけどぉ!!!!あ、でもマクロならマクロでも、結構楽しめちゃいますぅ。」←言ってる

ガイドさんのメモには「ダイナミック。マクロOK」と書かれていた^^ゞ
なんでも台風5号の影響でうねりあり、透明度は期待できずとのこと。
「マクロかなぁ・・・^^ゞゞ」とガイドさん。弱気じゃーん!(笑)

船に器材を乗せ、いざ沖ノ島へ出発!
曇りのためにあんまり見えない。だんだんと姿を現すその島は思っていたよりも大きく、なんとなく伊豆大島のような感じ。
遠くにかすむ沖ノ島!


そして、やっぱり近づくにつれて波も高くなってきた。うーん・・・。
大迫力で迫ってきます♪



バディとガイドさんで4人のチーム。小ぢんまりでいいじゃない♪

1本目、クローズアップレンズ持っていくかなぁ~・・と一瞬思ったのだけど、「いやいや、ダイナミックポインツだからっ!!」と期待を込めて自分に言い聞かせ、レンズをつけずに入った。

うーん、透明度は微妙。
ちょっと海藻の切れ端が沢山浮いていて、浮遊物が多い感じ。

最初の出物は「ボロカサゴ」!!
これ、すごく綺麗だった!!紫色でデザイン(って言うの??)もそのシルエットも完璧!さぁ、写真撮るぞ!と思ったら、曇ってやがる・・・あぁ、シリカゲル様>_< 何だか幻想的な写真になっちゃいました。残念。
幻想的ぃ~・・・^^ゞ


高知県限定の「イナズマヒカリイシモチ」もGET!ウミシダの中で稲妻チック
に光っておりました(笑)

そしてブルーの綺麗な「ヒトデヤドリエビ」。これ、なんせレンズないのでちゃんと写真が撮れず、残念。でも、とっても綺麗だったのだ!!

・・・・もちろん、この辺りでは既に「今日はマクロだ」って事にも気付いておりました^^ゞあぁ、レンズーッッ!!! 思えば、ポケットに入れていきゃーいいのよね。まだ初心者なもんで(笑)

アオリイカのハッチアウトなんざ見ながらExit、なんだかんだで楽しい1本でした♪

魚たちとの出逢い
・ボロカサゴ(脱皮するんだってー)
・イナズマヒカリイシモチ(高知限定!)
・アオリイカハッチアウト
・ウミウサギガイ
・ミナミハコフグyg
・巨大オヤビッチャ
・モンハナシャコ
・ヒトデヤドリエビ


415th Dive
ポイント:トリノクビ(岩が鳥の首に見えるらしいけど・・・見えない!)
エントリー:ボート
EN:14:32
Under the water:53min.
Under the water in my life:329h09m
気温:--℃
水温(水底):19.4℃
透明度:--m
透視度:8-15m

2本目は、姐ももう覚悟を決めました。レンズ装着ですよ。
もう、上とか見ないからーっ!!!

入ってすぐに、ドリーの群れ。可愛い!
大きな根・・・・山?の回りを回る感じのルートで、珊瑚が綺麗。
流れもそれなりにあり、逆らって泳ぐのは結構大変でした。

ガラスハゼでもこんな大きなの?!という感じの「オオガラスハゼ」(まんまやん!)は、伊豆にはいないみたい。
大きいガラスハゼのオオガラスハゼ


名前がまだ無い?というオレンジ色のギンポは姐発見。こんな綺麗な色のは初めて♪
綺麗なオレンジでしょ♪美味しそう?!


フエヤッコがいるあたり、「南国ぅ~」を思わせる^^

大きなものと言えば、「ヘラヤガラ」!!ものすごく大きいのだ。
したから見上げた日にゃーそのシルエットたるや、何かの銃かなんかみたい。

自然に出来てるアーチ(本当に岩がくり抜かれてる)を抜けると、姐的苦手系のテングダイ群れ^^ゞ そうそう、四国あたりじゃー“群れ”とは「○○○s」と“s”がついたら群れだそうな(笑)ほんとかい!?

残念ながら台風のお陰で、期待していた大物との出会いは無かったけど、柏島とは大きさが全然違う沖ノ島の景観はダイナミックで、「ここに黒潮くるんだー・・・」と思うだけで血が騒ぐようなポイントでした。
テーブル珊瑚がぎっしり!!


そして、姐達はマクロ派ガイドさんに「いやー、沖ノ島来るのに虫眼鏡持ってるゲスト初めてです!!嬉しいなぁ~*^^*」と言わしめました(笑)

ちなみに。
マリンダイビング8月号に沖ノ島が特集されています。撮影は6月だったそうで、その頃は本当に青い青い海だったそう・・・。ぐすん。
でもね、また来るよ、絶対に♪♪

魚たちとの出逢い
・ゴカクガニ
・キンギョハナダイ群れ
・ナンヨウハギ群れ
・ヨスジフエダイ群れ
・テングダイ群れ
・アカエイ群れ
・オオガラスハゼ
・巨大ヘラヤガラ
・フエヤッコ
・イソギンチャクカクレエビ
・イソギンチャクモエビ
・名無しギンポ♪

・オルトマンワラエビ
伊豆のオルトマンと違・・・わないか?^^ゞ


・サビウツボ
この白い目が可愛い♪



☆Night Dive in 沖ノ島(宿毛)☆

沖ノ島から戻って、器材を片付け、最初に集合した民宿が当日のお宿。沖ノ島ではなく、四国本島の宿毛市、片島港近くに宿泊。お食事がなかなかのお奨めらしく、期待!
お部屋は2人で使うには充分な広さで、窓からは片島港がすぐ近くに見える^^
何となく旅情漂う雰囲気。予定どおりの四国ダイビングを終えて、「やれやれ・・・」な気分でまったりしているとお夕飯!噂どおりの美味しさに大満足!

それからバディとの二次会に買出しへ。宿毛市内に向う。
片島港でセルフタイマーで写真を撮ろうとすると、ウォーキングをしていたお母さん2人が「撮ってあげよか~?」と声をかけて下さった。2人ともすごくニコニコした笑顔で、とっても嬉しくなった^^

宿毛市内は、メインの通りに大きなショッピングセンターがあり、そこで二次会の肴とお土産を探す^^
讃岐うどんのダシとか、姫カツオの燻製(?)とかを買いつつ、昼間に一緒に潜ったバディお奨めの「ごっくん馬路村」という“ゆず&ハチミツ”のジュースを発見!!迷わずGETですぅ。 

部屋に戻り、ビールとつまみで大河ドラマ「義経」を見る。渋いっ、渋すぎる・・・私達!(笑)

さすがにかなりハードなスケジュールで飛ばしてきたため、2日目夜はぐったり。
早々にお布団に入ったのでした^^

朝、目覚めてカーテンを開けると、片島港に大きなフェリーが寄港していて、ちょっとビックリ!!「佐伯-宿毛」って書いてあった。九州からみたいだ。
姐的未踏の地、九州。なんかすごく遠くまで来ている気がした・・・(って実際遠いけど^^;)


翌日もいいお天気!ショップの人や一緒に潜った別チームの皆さんに見送られ、最終日は四国ドライブ。「四万十川」遊覧船に乗ったり、沈下橋を見、もちろん四万十川に足を入れてみる・・・という体験もしつつ、高知から愛媛・松山へ。
最後の清流、四万十川



愛媛が発着にもかかわらず、愛媛ネタが無いってーのも・・・と、殆ど無理やり道後温泉に寄り、本館滞在45分、内、お風呂につかること15分(だって真夏日なんだもーん)の体験をしてきました^^
老舗の温泉らしい風情


18:05発のJALのクラスJに乗り、空港で買ったビールとじゃこ天で乾杯。
怒涛の3日間を振り返りながら大満足の連休を終えたのでした~♪♪


四国は思っていたとおりに遠かったけど、それでも行く価値ありでしたよ*^^*
そういう意味では2泊3日じゃもったいない位だけど、「いつか・・・いつか・・・」なんて言ってる位なら、行った方がいい。

心からそう思った姐でした♪

PS: 
四万十川でまでマクロ写真な姐でした^^ゞ もう、どうにも止まらない!(笑)
ゴリという魚ですぅ~

ダイブログ #412-413 柏島

2005年07月16日 14:18

初めての四国上陸、そして、噂のマクロ天国・柏島!

レンタカーをGETし、1曲目は「波乗りジョニー」じゃなく「太陽は罪な奴」大音量にて、松山空港からはほぼ予定どおりの9:30に、いざ出発!!
初めての四国、初めての松山!!



・・・・「ん?え”~っっ!!!!!」

ナビの到着時刻は、15:30を指してる・・・。

「うっそ・・・。」


なんせ、3本目に合流させてもらうには、13:30のブリーフィングに間に合わなくてはならない。同じ日本とはいえ、未知の土地で2時間も短縮できるのかいっ!!!?

もちろん姐が運転。
飛ばす、飛ばす・・・^^ゞ
途中、ナビにはまだ出来てないことになってる有料道路なんかもあり、一般道では四国には多い印象の軽自動車なんかを、4-5台位は追い抜いて、なんとか13:05に到着!!ホッ♪

「伊豆でならしたこのドライビングテクをなめるなかれ!ふふんっ」
(って誰に向って言ってるんだ?笑) 


とは言え、お昼も食べられず、&コンビニも見つからず、腹ペコで到着してしまったのだけど、ショップではキャンセルがでたとかでお弁当が2つありました。
まずはここで大感激。美味しかったぁ・・・・ ありがとうございました!!

生きた心地を取り戻し、さぁ、何とか13:30のブリーフィングに予定どおり参加して、いざ、海へ!*^^* 
マクロレンズも装着オッケーッッ(笑)


412th Dive
ポイント:サルガウド
エントリー:ボート
EN:14:18
Under the water:56min.
Under the water in my life:326h28m
気温:31℃
水温(水底):22℃
透明度:--m
透視度:5-8m

水、温かい!全然、冷たさ感じませぬ。水面は24度位あったでしょう。

潜行するも・・・・え?底が見えない・・・。
透明度、悪かったですね~・・・しかも茶色ってました( -_-)

でもでも、それはしょうがないっす。そんな事もあるっす!
気を取り直して、いざ、フィッシュウォッチング!!!
初めてのクローズアップレンズ撮影だっ!!^^v


最初の衝撃は

「オイランヨウジの子供?子供?わぁ、すごい!!!
こんなの簡単に見つかっちゃうんだ^^」

写真パチリ♪バディを呼んで、2人で「わぁ~」とマスク越しにニンマリ。
感激するも・・・^^ゞ


・・・・・と思ったら、あれ?ここにも?あれ?あれ????
沢山いる!! しかも~・・・・・ それは、

「ハシナガウバウオ」と言うらしい^^ゞ


そんな(独り)ワクワクもありながら、姐、初めての「アケボノ」か♪と期待の場所も残念ながら隠れてしまって出てこず・・・>_<

かわりにこのポイントでは話題になっていた「ニシキフウライウオ」探しに大成功!!
正直「ニシキフウライねぇ・・・」と思っていたのだけど(2年位前、伊豆にわんさかいたよね?!)、柏島のニシキは何だかゴージャス!!
ゴージャスな“錦”フウライ!


タカベなんかも見つつ、さぁ、Exit・・・とガイドさんの合図に、バディを振り向くと・・・。どうやら耳がおかしいらしい。
そう、リバースブロックになってしまった模様。

即座にガイドさんに伝え、ガイドさんがバディをゆっくりと誘導。
姐はずっと近くに寄り添いながら、バディのエアなんかを気にしつつ・・・・
無事、生還^^ ほっ。

魚たちとの出逢い
・タカベ
・ハシナガウバウオ
・ニシキフウライウオ
・タテジマキンチャクダイyg(中学生)
・ミナミハコフグ兄弟(小学校低学年&幼稚園)
・アブラヤッコ
・ダンダラダテハゼ

・マツバカエルウオ
可愛いでしょぉ?^^


413th Dive
ポイント:竜の浜(ドラゴンビーチ 改め ビーチ オブ ドラゴン)
エントリー:ボート
EN:16:45
Under the water:61min.
Under the water in my life:327h29m
気温:31℃
水温(水底):24℃
透明度:--m
透視度:10-15m

2本目は「透明度が良ければ沖縄みたいだよ」という砂地が広がるポイント♪
砂地好きの姐は結構わくわく。

入ってすぐに「ウミテング」。伊豆で見るより大きい。伊豆だったら「巨大ウミテング」って言われるんだろうな^^

ゆっくりまったり砂地を進んでいく。砂地には「ミナミホテテウミヘビ」やら「○○○ウミヘビ」(←忘れた^^;;)なんかがひそかに顔を出していて、可愛い。

と行くと、砂地に黄色い点々が広がってるところがある。
タタミ二畳分位の範囲に、点々・・・って。
皆で近づくと、動いてるっ!!!!
何々???
砂地に、ところどころこの軍団が・・・


姐は、タコの子供?イカの子供??なんて思って、触ってみたり。
でも、墨吐かないし・・・(ってか、イカな訳ないだろー、砂地に^^ゞ)
何でしょう、これ???

途中では、不思議な物体・・・どうやら、ウミウシみたい。
とうもろこしの食べかすかと思った(笑)
何ウミウシかなぁ??


初めての「タカクラタツ」や黒地にブルーの縞々顔で穴から顔を出してる「カモハラギンポ」は、柏島では定番らしい。

砂地からゴロタ、ゴロタから珊瑚エリアを回ってExit。
大満足の60分でした~♪♪

シコロサンゴな海・・・
こんな景観があちらこちらに・・


魚たちとの出逢い
・ウミテング
・カモハラギンポ
・ツマジロオコゼyg
・イソギンチャクエビ(巨大)
・ガンガゼエビ
・ダルマオコゼ
・カンパチyg群れ(←今回の四国で最初で最後の回遊魚^^ゞ)

・タカクラタツ
クローズアップレンズでクローズアップ!!!


・アカホシカクレエビ(これも巨大)
すごく大きいのだ!




☆Night Dive in 柏島☆
ショップのクラブハウスに宿泊する姐達は、潜り終わってシャワーですっきり、クラブハウスの綺麗な食堂で手作りの美味しいご飯をいただいた。
朝4:00に起床してから、17時間位しか経過していないのが嘘のよう。
なんて充実した一日なんだろう・・・ものすごく疲れているはずなのに、不思議と眠さも疲れも感じない。
東京から何度も通っているバディや、福岡からフェリーで通ってるバディの話を沢山聞いて、「柏島の奥深さ」にますます興味深々!!

ご飯が終わると、ショップで2次会☆待ってましたっ!!(笑)
ゲストのビデオを見たり、図鑑を見ながらゆっくりログ付けなんかをしつつ、ビール&高知じゃぁ有名な「ダバダ火振」という栗焼酎をロックで頂く♪
これ、本当に飲みやすくて美味しかったぁぁぁ!!!*^^*
バディの1人がお誕生日だと言う♪皆で乾杯^^

さて、さっきの謎の生物。
これです、これ!動くんだよ~!!


ショップのオーナー曰く「アメフラシの子供だよ」って!!!!
えーーーーーーっっ!!!!!!!アメフラシと言えば、千葉の海で「アメフラシのHな○P」で一躍姐的気になる生物になった、あのアメフラシ!?
色付き中華ソバ卵までは見たことあるけど、その子供ーーーっっっ!!!????

正直、「柏島まできてよかった・・・」と思った姐でした(笑)

「・・・・でも、アメフラシがいないんだよなぁ・・・」とつぶやいたガイドさんの一言も聞き逃さなかったけどね(^_-)-☆


一緒に飲んだショップオーナーやガイドさん達、どんどん高知弁?土佐弁?になってくる^^
「柏島○▼&%”#☆後浜*$#”◆☆!?」・・・・どうやら、柏島に来て後浜潜ってないなんてもったいないぞ!?みたいな事を言ってるみたい(笑)
聞き飽きた標準語じゃなくて、この言葉が聞きたかった♪
すごくすごく、嬉しかった*^^*
東京で生活すること、柏島で生活すること・・・「結局、隣の芝は青く見えるっていうことなんだろうね・・・」なんてそれぞれの生活をちょっとだけ振り返ったりして。昼間のボートキャプテンとは違った一面♪

↓昼間のボートキャプテン兼ガイド兼漁師さん(?)のカメラ目線(笑)
パチリ☆



開け放ったベランダの向こうに、さっき潜った海が見える。
お星さまはベランダが明るいせいか沢山は見えないけど、街灯が少ない夜の静けさの中に水面が月明かりで明るく照らされていた。アケボノもクダゴンベも見られなかったけど、そんなことはどうでもよくなっていた。1日じゃ、2本じゃ、本当にもったいない場所だった、柏島。また、絶対に来くるぞ~と焼酎片手にベランダでまったり誓った姐でした^^


最初のお弁当に始まって、かなり強引なスケジュールだったにも拘らず、メールで交通の便から何から相談に乗ってくれたり、アドバイスしてくれたり、ショップの皆さんには本当にお世話になりました!ありがとうございましたm<_ _>m
=====

*Dive調査* 3泊4日でご招待!なら♪

2005年07月15日 23:50

相変わらず、ひっそりとひとり眺めていたDiver調査ですが(笑)第二回目、15日までだったので、結果発表です。

第2回目は、(当時)サイパン帰りの姐の興味・・・「3泊4日でご招待ならっ!!?」でした。

結果は・・・・

「沖縄  4

で、一番!!僅差は、サイパンの3、そして投票したのは○○○○○ねっ!と
誰だかわかっちゃってる(ってヤラセじゃないよ)、伊豆の1で終了でしたー。

沖縄かぁ~♪♪しばらく行ってない・・・・(涙)

いただいたコメントは、残念ながら文字化けしちゃって読めません。
ごめんなさい。


実際、招待だったら文句も言わず、どこへでもっ!!っていう感じよね*^^*
ダイバーで、且つお買い物好きな人ならGuamかな~なんて思ってたけど、そうでもないのかな?
#って、まぁ、総数8で結論出すのも何よね(笑)

あぁ、今だったら、旬な「四国」も入れたのにぃ~・・・(当時は思いもよらなかった・・・すんません、四国の皆様m<_ _>m)


地味な調査ではありますが^^ゞ、まだ、姐的には飽きてないので、続けます、このDiver調査!!お付き合い&参加ください♪
(※誰が入れたかはわからないようになってます)

そして、第三回目は、姐的旬な話題・・・・
実際、どっちが多いの? 豪快ドリフトダイナミック派 vs チマチマ癒されマクロ派(笑)

姐がどっちに一票かはナイショだよ~!!!自称だから、自称!!
(一番には入れられんな  -_-..)

さて、いよいよ、四国♪

2005年07月15日 23:30

「きゃーっ、台風!!!」なんて言っていたにもかかわらず、連休は晴れ*^^* 
今週初めまでは水温低い情報もありヨンナナ(元ロクハン)で行こうかと思っていたけど、水温も20~24℃ありそうだし、何より陸が30℃になりそうっていうことで、やっぱり今年初、国内5mmで行くことに♪

松山空港からのレンタカー用にCDを持っていこう☆
太陽が出ていたら、一曲目は「波乗りジョニー」に決まりだっ!!
いや~っっっ、夏だね^^ (←若干先走り)


初めての海、初めての土地は、その期待と同じくらい緊張する。
海はどんなだろう?というのと同じく、その海に迎え入れてもらえるのかなって。そして、その海をホームにしている同じダイバーの皆さんに。どのポイントにも、そのポイントを愛する人がいるものだ。

例えば、伊豆の海。
沖縄から初めて来た人が「やっぱり透明度悪いし、こんなもんだよね~」なんて言ったら許せない。
年に40本程度の姐でさえ「1本や2本潜っただけで何がわかるの?」と言いたくなるだろう。

たった1日やそこらでその海を知った気になったら、もったいない。
それに、そもそも1日やそこらでその海を知ることなんて絶対にあり得ないのだ。だからこそ潜り続ける♪



・・・何が書きたいんだかわからなくなってきた!!
緊張してきたのだ~(笑)


ともかく!!!!
限られた時間、見るもの感じるもの全てを吸収することには欲張りでいこう!

四国の人たち、海、お魚よ、待っててね~^^/~~~
おっと、司牡丹も待っててね~(笑)


PS:姐が買ったのは、正確には「マクロレンズ」じゃなくて「クローズアップレンズ」って言うんだって!(←相変わらず、無知^^;;)

ニモ、いつかは年間12万匹 (人間用)

2005年07月14日 12:45

ファインディング・ニモ」以来、カクレクマノミの乱獲が話題になっていたのをご存知のダイバーは多いはず。

実際に沖縄では、「あそこにあったイソギンチャクと一緒にいなくなってた T_T」なんて話も耳にした。

「ニモ」ブームが過ぎ去った後、結局最後まで飼えずに死なせてしまったり、海に戻すも“ここじゃ生きられないよっ!”っていうところだったり。
「ニモ」にとってみれば、突然話題にされ、いきなり連れて行かれ、捨てられ・・・散々だったよね。


今日、こんなニュースを見つけた。

「ニモ」大量養殖に成功

まだ、ニモか・・・今度は養殖って!!!?(怒)
ん??うっかり↑の題名に「キッ」となったが、よく見ると

「野生魚の乱獲防止に一歩」

というのが付いていた、ちゃんと。

うーん・・・・(怒弱)

『養殖』という行為そのものについては、反対じゃない。
私たちが口に運ぶ食料の多くは、その「養殖もの」だと思うし、人類が生きていくために天然ものだけを食べていたら、とっくに生態系は壊れているだろう。

記事を確認すると、養殖魚を流通させ海にいるニモの乱獲を防ぎたい、ということのよう。


海に生きる生物を守るために、人間が楽しむ用の生物を自分達の手で作り上げる。


そのうち、我々ダイバーが楽しむ用の魚なんてものが作られたりしないよう、海に生きる生物達と共存していく心がけを怠っちゃいけないと思った。


#で、その岡山理科大専門学校には「アクアリウム科」というのがあるらしい。驚き・・・

うふっ・・・・

2005年07月14日 00:57

マクロレンズ、本日到着!
間に合っちゃった♪

うふっ♪♪


で、マクロレンズでどうやってジンベエ撮るの~??!!(笑)

・・・・・マジ?!

2005年07月12日 15:42

そして、12日15:40・・・確認。

た、台風5号発生です・・・・

誰の仕業っ!!!(怒)

このままお願い、左へ行って~っっ(号泣)

求む!!柏島&沖ノ島情報♪♪

2005年07月12日 13:01

今週末は言わずと知れた連休です♪

うふっ

姐、初めての「し・こ・く」ですの~(*^^*)(*^^*)(*^^*)
行くのも、潜るのも初めて♪


『柏島』・・・・某ダイビング雑誌で特集が組まれても「ふぅ~ん・・・行くことないんだろうなぁ」とペラペラッとページをめくって過ぎていた姐。
とは言え、名前くらいは知っていた。


この連休にバースディチケットが使えるバディ(バースディチケットの略じゃないよ←寒)から「連休どうするぅ~??」と連絡があったのは、5月14日頃。「沖縄?石垣??」などと言いつつ、毎年、見事に玉砕していたので、

「じゃぁ、思い切って、普段行きそうもない南紀とか四国とか行ってみちゃう?」

と思いつきで始まったこの計画^^ゞ

とは言え、パラパラッで通り過ぎてたポイントだけに情報が~っっ!!
チケット・・・往きの予約は明日じゃーん!!!!

関西系バディに相談するも「2泊3日で行くのはバカじゃ」とまで言われつつ、いざとなったらキャンセルでも・・・と「とりあえず四国だから」と言って取れたチケットは「松山空港」・・・

「それって何県??四国の上?下?
ってか、柏島は何県?地図の左下でしょう?」


それからが大変でした。
人間、チケットが取れちゃうと何が何でも行きたくなるもので、
柏島の何件かのショップに「右も左もわからないんですぅ。松山空港着なんですけど、どうしたら潜れますか?」的初心者メールを送りつけ、親切な四国人の心に目頭熱くしつつ、何となく「行けそう?」となった頃・・・

「姐さん、柏島ってマクロ天国って知ってる?姐さん、ダイナミック派でしょ?」(当時。)

とのアドバイス。

そ~~なんだぁぁ~っっっ!!(驚)

見たら書いてあるじゃないですか、どの雑誌にも。
「マクロ天国 柏島!!」って( -_-)

そのバディの、ほとんど指示にしたがい、慌てて「沖ノ島」を予約(←黒潮ぶちあたるダイナミックポインツッッ!!!)
ひとまずホッとしてる間に、あと4日となりました☆


そんなこんなの「四国潜水ツアー」♪
今週3連休で行ってきます。
どぉ?心配じゃない?こんな姐たち・・・・(笑)^^ゞ

どんな情報でもいいっす、柏島&沖ノ島経験ある人、何か教えて下さ~い。
姐の目標は「ピグミー」「ハナヒゲウツボ(青いやつ)」「アケボノハゼ」です(・・・マクロばっかりなのは気のせい?) 
あっ、「ニタリ」もっ♪♪♪

ブログのログはダイビングの“LOG"だ!!

2005年07月10日 16:48

今週末はおとなしく家の仕事なんざを片付けています。


で、前から思っていた姐的モヤモヤ・・・

ブログ(WebLog)が出来た

姐「WebでLogねぇ・・・」

ブログが一般市民権を得てきた

あちこちでb"Log"という言葉を目にし、耳にする

姐「Logなんて前からつけてるけど?」

Blogが、ネット上ではにわかに盛り上がってきて、HowTo本まで出てきた

姐「だからーっ、ダイバーなんて昔っからやってるのよ、Log・・・」


例えば、以前は
「○○○本潜っててね」なんてノンダイバーに言うと
「何本目って数えてるんですかぁ?」「そう、ログっていうのをつけるの」
「へぇ、すごいですね!」
なんて言われてたのに、最近じゃぁ、

「あ、ブログみたいなもんですか?」・・・・・ぉぃ( -_-+)
口の聞き方に気をつけたまえ。こっちが先じゃっ!

何となく、ブログ、ブログと一般人が言い始めると共に、ちょっと我々ワールドに踏み込まれているような気がするのは姐だけでしょうか?(・・でしょうね^^ゞ)


という割には、ダイブログはまだまだ少ないんですよね~。
ダイバーはアウトドアに海を求める人種なので、インドアちっくにパソコンみたいな文明の利器(っていうのももう古いが-_-ll)が苦手な人が多いのかしら??なんて思ってみたり(笑)
でも、同じ海でもサーフブログはすごく多い。うーん、悔しいっ(←珍しく負けん気)


というモロモロの思いを込めてってことで。

ランキングに殴りこみかけます(笑)あ、軽く(^^ゞ←やっぱり小心)
いくつかのランキングサイトに登録してみましたよ♪
いつか、スポーツジャンルの一位になって、「ダイバー専用ダイブログサイト」をどっかに作ってもらいたいと思います!!

みんなどこで・・・??

2005年07月08日 18:41

 ダイナミックダイバー(しつこい?)が書くウミウシ話にことのほか反応が多く、とっても嬉しく思ってる姐♪(笑)

 
 時を同じくして(?)ノンダイバーの人達とも

「最近、海行ってます?」
「うん。6月末頃サイパンに行ったでしょう。で、一番、最近は千葉で潜ったよ。」
「千葉とかでも潜れるんですか~。何が見られるんです?」
「・・・・うーん。。。ウミウシってわかる?」
「あぁ、ナメクジの綺麗なやつですよね?!わかります、わかります」

なんて会話や、
ブログやってるって言うと、見たい♪と言ってくれるので、紹介したりすると、

「見ました~!!ウミウシってあんなに綺麗なんですね!捕食とかすごい!!!」

なんて。
そんなことが最近ちょっと続いたのだ。


で。
ふと、姐は気付いた。

「え”?!皆どこでウミウシのこと知ったの????!!!!!!」

だってだって、姐はダイビングを始めてからだよ。
しかも最初の頃は「ウミウシ」って単語が耳に入っても「・・・なんだろ?」位にしか思ってなく、やれアオリイカだのアジ群れだのカンパチだのに夢中で(つまり見てわかりやすい系)、ウミウシの存在を知ったのは結構後だったと思う。(うっかり興味を持っちゃったのは、2005年5月の千葉だし・・・)

ウミウシって一般常識??
学校で習う??そうだっけ?????
あれ?姐ってば、またやっちゃってる??^^ゞ


ウミウシを知ってるノンダイバーを思わず尊敬してしまう姐です。


そして今日、ダイナミックダイバーは、○ク○レンズを発注してしまいました・・・・(ポソッ)

ダイブログ #410-411 明鐘

2005年07月03日 10:11

410th Dive
ポイント:オニギリ山
エントリー:ビーチ
EN:10:11
Under the water:55min.
Under the water in my life:324h34m
気温:--℃
水温(水底):17℃
透明度:15m
透視度:6-10m

5月にはじめて行った東京湾の最東京よりのポイント(千葉・明鐘)にまたまた行って来た♪
前回、沢山のウミウシを見せてもらったので、その話をしたら「行きたい、行きたい!!!!」というバディ2人を連れて、総勢6人での“千葉ウミウシ会(仮称)”!!


まずは6:00にバディが迎えに来るっつーのに、6:00の「着いたよ・・・」の電話で起きるっつー失態をして朝が始まった(-_-)
あーびっくり。何とか集合の海ほたるに15分遅れの7:15に到着♪♪

そこから房総のバディのお家を経由して、8:45頃にはショップに到着。順調じゃぁないですか!!*^^*(ホッ)


ダイナミックダイバーの姐としては・・・
前回のことのほか楽しかった思い出に戸惑いながらも(^^ゞ)、今回のテーマは「ウミウシ」。今までに見たことのないウミウシを沢山見よう!!ということで♪


一本目は、オニギリ山。エントリーしてすぐに事件。
今日一番ウミウシを楽しみにしていたバディのカメラがトラブッてシャッターが押せない!!
もうマスクを通して見える表情は「超泣けてくるー」「超ショックー」「もう上がってカメラ直したいー(T_T)」・・・・バディとして今何をすべきか。

姐のカメラを貸してあげました♪♪
だって、ダイナミックダイバーだから、あたし。
ウミウシ撮らなくても全然平気ぃぃ♪♪
ダイナミックダイバーだからっっ。

と言う事で、綺麗な写真を沢山とってくれました!!
ちなみに、「マトウダイの子供」というかなりワクワクな被写体にバディは無反応( -_-)。。。 
出来た写真もピンボケ。全く撮る気なし。

唯一、今日、姐が後悔した一瞬でした(笑)

魚たちとの出逢い
・マトウダイyg
・キイロウミコチョウウミウシ
・ツルガチゴミノウミウシ
・サクラミノウミウシ
・ヨゾラミドリガイ
・ミツイラメリウミウシ

・コガネミノウミウシ
黄色いふさふさが可愛い!


・ハナガサクラゲ
見てるときは・・・大きいウミウシだと思ってました^^;;


・キイボキヌハダウミウシ(肉食)がアオウミウシを捕食!!
あっ、食べられちゃう!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
どんどんどんどん飲み込まれるぅぅ~>_<


*above photos are taken by makop☆ 


411th Dive
ポイント:カブト岩 先端
エントリー:ビーチ
EN:12:39
Under the water:58min.
Under the water in my life:325h32m
気温:--℃
水温(水底):17℃
透明度:15m
透視度:6-10m

1本目は結構泳いだということで、2本目は近くでまったりダイビング♪
ダイナミックダイバーの姐も2本目はカメラを持って。
姐はまだ今年、アオリイカを見ていない。アオリが出るときは出る!っていうことで、楽しみにしていたんだけど、結果はNG。残念(涙)

んにしても。

あぁ・・・どうしよう・・・・ウミウシ・・・。
た、楽しい・・・・。
ダイナミックダイバーなのにぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!

そろそろ認めちゃおうっかなぁ・・・いや、でもっっ・・・・
ブツブツ・・・・

まずは、マクロレンズを買ってみようか^^;;

魚たちとの出逢い
・ムカデミノウミウシ
・シラユキモドキウミウシ(姐は見ていない-_-;;)
・キイロイボウミウシ
・マダコ
・ハナショウジョウウミウシ
・アオサハギ妊婦
・コガネミノウミウシ
・ネコジタウミウシ
・クロイシモチ

・オトメミドリガイ
ちっちゃいけど可愛い!


・サラサウミウシ
明鐘では雑種扱い(笑)



・クロシタナシウミウシ(珍) 
(ヒロシサトシ?タケシマサシ??笑)
暖かい地域にいるらしい?!


・ミスガイ(目、わかるかな??)
綺麗に撮れた!^^



=====
冗談はさておき。

海には、本当に色んな楽しみ方あるんだなぁ~と思う*^^*
このポイントは、確かに透明度は良くないし、中層になにかが出るかも!というあのワクワク感はない。

でも、小さなウミウシ達が精一杯の自己主張をしてその体を飾り(実際は飾りじゃないけど・・)、あの広大な海の中で生命を営んでいる姿は、やっぱり感動するものがある。
どんな魚よりも、どんな回遊魚よりも、主張をもって生きている生命体な感じがする。
奇抜な色のウミウシほど、凛とした姿に見える。

ちょっとハマってみようか。
人間素直が一番だ(笑)


もちろんダイナミックダイバーは撤回しない。
欲張りに・・・両刀使いでいきますわよっ!!!(^_-)-☆

*Diver調査* ムレハタ対決!

2005年07月01日 13:06

ひっそりとメニューの中に組み込んで、ひとり眺めていたDiver調査の結果発表をしたいと思いま~す(パチパチ☆)

・・・ひとり遊びじゃないよね?あれ、そう?(笑)

と言いつつ、本当は、この“投票システム”というのを使ってみたかったのが一番の理由だったりするんだけど^^ゞ


で、記念すべき?!第一回は、以前、富戸のショップでもやった(参照#282-283 富戸)ことがある「ムレハタタテダイ vs ハタタテハゼ」でした。

結果は・・・・

「ムレハタタテダイ  vs ハタタテハゼ 

で、今回“も”ハタタテハゼの勝ちでした~♪♪♪
(ちなみに姐は↑↑↑↑↑派ですぅっっ)

いただいたコメントは、

■群れてる“ムレハタタテダイ”^^
・ムレハタタテダイ一番!!
・ハタタテハゼ

■“ハタタテハゼ”の親子^^
・あの生意気な目つきがたまらない!
・ペアでいることが多いので。。いつか自分もそんな人生送りたいので・・
・myfavoritefish
・若し、親子で居るところが見えるのなら

です。ん?ムレハタタテダイに「ハタタテハゼ」っていう人混ざってる?!ナイス!!(笑)


姐は、ハタタテハゼのあのホバリングの図がとても好き。
最近は小さな・・・小指くらいのちびちゃんと親子?家族でいることも多く、本当に見ていて飽きない♪
そして、あのツンッとした小憎らしい目つきがまた「はいはい、頑張って頑張って^^」と微笑んで見てしまう・・・。

ムレハタタテダイももちろん伊豆では季節の風物詩だし、沢山のムレを見ても、ムレ・・・なのに一人ぼっちのを見ても、何となく気になる存在だったりはする(笑)

そうそう、ムレハタタテダイと、ツノダシの区別がつくようになった時、ちょっとダイバーとして大人になった気がしませんでしたか?(^_-)-☆ 姐だけ??


ということで、テーマは思いつき&何の下心もなく、投票システムに飽きるまで or 誰も投票してくれなくなるまで、半月変更くらいで地味ぃ~に続けていきますので、ちょっと見てくれたついでにでも「チキッ」と直感で投票してみてくださると嬉しいです♪

#もちろん、これ聞いてみて・・っていうの、こっそり募集してます!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。