--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #518-519 安良里

2006年10月07日 10:57

9月は半期決算で忙殺されていた
そんなサナカに頑張れるのは、「後で楽しいことがあるから」。これ、鉄則。
姐は目の前にニンジンぶらさげられたらものすごく力の出るタイプ(笑)

10月初旬の〆を片付けたら・・・ふふふ、ご褒美と言わんばかりの3連休!

「忙しい、忙しい・・・」と言いながらも、こんなシーズン真っ只中の連休、潜りに行かないわけにはいくまい!!と、伊豆で行きたいところを考えていた。
(連休なのに、伊豆?って声はこの際、無視っす 笑)

まずは・・・シーズン最後になるであろう「リベンジ神子元」、これ決定
リベンジ・・・と言えば、何故か今年はどーしても潜れていないあのポイント・・・「リベンジ雲見」、これまた決定
そしてもう一箇所は、もう随分と行ってなかった、安良里「黄金崎」に決定!

こうして、3連休は「プチ西伊豆サファリ」ってことに
下から攻めるか・・・上から攻めるか・・・は全く悩まずに決定。
そりゃーポイントの特徴からして、穏やかな黄金から段々とテンション(?)あげていくべし


が、この3連休前にまたしてもやってきた台風、16号
この台風、天気図を見ると沖縄~九州にやってきてそのまま中国の方に消えていく予定だった。ところが時を同じくして発生した低気圧・・・この低気圧がやっかい君だった

連休前の平日、毎日、毎日、天気予報を見ながら凹んでいった・・・仲良しガイドさんも水曜日あたりまで“まぁ、黄金は平気じゃないっすか?!でもナンなら東に(笑)”と言ってくれていたのに、金曜日には“いや~、これ東もヤバいかもっす”と弱気な返事

“で、でも、東がヤバいかもってことは西が○なのは決定かもっ・・・”と自分を奮い立たせて仕事をしていた金曜日、黄金のガイドSSくんから無情なメール。


「姐さん、台風が抜けて安心していたら、あいにく低気圧が猛烈に発達してますんで、明日日中は西の大風が吹き荒れそうです最悪クローズもあります・・・。こんな海況になって残念です


ひょえ~っ

姐が何したっていうのよぉぉ~っ!!!!

 

518th Dive
ポイント:黄金崎ビーチ
エントリー:ビーチ
EN:10:57
Under the water:60min.
Under the water in my life:419h37m
気温:--℃
水温(水底):23℃
Suite:5mm+フードベスト(△)
透明度:--m
透視度:--m



ってな訳で眠れない金曜日の夜を過ご・・・・すはずもなく爆睡し、目覚めてみると、なんと
そして、ガイドSSくんからも嬉しいメールが

「今のところは朝凪で風もなくベタ凪です!

いやーん、やっぱり、日ごろの行いよねぇ~!!!
姐ってば頑張ったもんね~っ!!!
↑得意の自画自賛、そして有頂天(笑)


さてさて、何故に、「黄金崎」かと言うと・・・会いたい人がいたのです それは柏島から流れ着いたガイドSSくん。

2005.7に初めて柏島に行った。
メールを書いて問い合わせることから始まったのだけど、見ず知らずの姐達に出発前から色々アドバイスをくれ、行ったら行ったで一緒には潜れなかったのだけど、全国区になりつつあるALABAMA師匠のTB話で盛り上がり、夜は栗焼酎でお付き合いいただき、“いつか伊豆で~!!”なんて言いつつ別れた。そして、何かをきっかけに柏島のショップのWebで辞めたことを知った姐は“もう会えないの?”と悲観に暮れていたところ・・・去年本当に伊豆に流れ着いてきていたらしく、当の本人、SSくんからOceanLineに書き込みがっ!!あの時の感動と言ったら!!

そして遂に念願かなって1年半ぶりのご対面だったのですぅ~!!!



そんな再会が待っている黄金に向う途中から、どんどんお天気は晴れていき、西伊豆の景色が見える頃にはピーカン、そしてまるで台風一過のような暑さ
いいねぇ、いいねぇ!!←更に、どんどん有頂天(笑)


やがて駐車場に到着。
ガイドSSくんと運命の再会・・・キャー・・・・ドキドキ


なぁ~んて浸ってる暇もなく、実は自力で西伊豆に行くっていう事に不慣れな我ら姐チーム、見事遅刻再会は、

「ごめんね~!!!!

で始まった(笑)
ロクハンの下だけ穿いて現れたSSくんは、日に焼けた腕が逞しく、でも柏島で会ったときと同じちょっと照れくさそうな優しい笑顔で迎えてくれた
前日までのすったもんだトークで盛りがった後は、いざ海へ。


黄金崎ビーチ
実は姐もものすごーーーーーーーーーーーーーく久しぶりだった。
「コガネでさー」の話は、あっちこっちのバディから聞くものの、なかなか行く機会に恵まれず。

んが、ある意味、衝撃的な面白さだった!!
誰も彼もの予測を外して、海は穏やか。そして、お天気が良かったので水中も明るく水色。かなり良い海況に恵まれて、色んなものとご対面!


エントリーすると明るい水色の海。
ちびっ子達がすごく沢山群れている
PA070071.jpg


チビイサキは、チビのくせにちゃんと縦縞が入っていて可愛い
そこにスズメダイygやら、クロホシイシモチやら、アジやら・・・が、ごちゃまぜになって合流。もうそれを見ているだけで、満足!って感じ(笑)

その群れをとおりぬけ、そして砂地に降り立つと・・・

いましたーっ!姐、初めての「ミジンベニハゼ」
PA070076.jpg


500本以上潜ってて初めてっつーのにも驚かれたが、姐的に驚いたのは・・・“缶じゃないやん!”ってこと。
姐のイメージでは、ミジンくんは皆、“空き缶”に住んでるイメージだったのでびっくり(笑)黄金崎のミジンくんは貝にお住まいでした


たっぷりミジンくんを見させてもらったあと、砂地を移動。
すると、ガイドSSくんがライトでなにやらを照らしている。

“ん?何、なに??

何をさしているかわからない・・・
すごい小さいもの?と焦点を合わせようとするも・・わからん。
と思っていたら、スレートに「カレイが中層を泳いでます!」と。

え~!???・・・・これには笑った(笑)
5~10cm位の小さいカレイ達が50枚位かな?、水底から30~50cmのところをヒラヒラ浮いてるの!!カレイにとっては中層でしょう!
「アラメカレイ」・・・うーん浮いてる感がわかりにくい写真で残念
でもこの中に10枚以上のカレイが泳いでます!!!
PA070084_edited.jpg


カレイが、あのカレイの泳ぎ方のまま、浮いて泳いでいるんだよ~想像してみて!!面白いでしょう??!
姐は、かなりツボでした!(笑)


奥のブロック(だったかな?)には、ナガサキスズメダイやコガネスズメダイ、そして、足元には、なーんとこんなちぃさな「ハナミノカサゴyg」
姐の潜水史の中で一番小さなハナミノでした!
PA070091.jpg


さらにいくと群れてる「ムレハタダイ」が。南国ですな~
PA070102.jpg



「ヒメテングハギ」はその名のとおりちょっとお姫様をきどった顔目のぱっちり具合が姫様~な感じ?
PA070112.jpg



そして、エグジットするなり姐は叫んだ。

「超楽しかったぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!

するとガイドSSくんは言った。

「あぁ、良かった!姐さんと伊豆潜るって何気に緊張でしたよぉ~」

何を何を!!(笑)
もう、すっかりガイドSSくんのガイディングと黄金崎の虜になった姐でしたっ


魚たちとの出逢い
・チビイサキyg大群
・マスダオコゼ(珍)
・ミジンベニハゼ(初)
・アラメガレイ(浮)
・ハナミノカサゴ超yg
・ナガサキスズメダイ
・コガネスズメダイ
・ハタタテダイyg群れ
・オグロクロユリハゼyg
・トビエイyg
・サンゴタツ(Sandタツ)
・ハナタツ
・アオヤガラ
・ヒフキヨウジ
・ヒメテングハギ
・ハナハゼ
・アジ
・アオリイカyg
・トラギス(ケンカ中)




インターバルは、小さなお風呂でまったり
すると一緒に潜ったバディ♀に声をかけられる・・・「姐さんですか?」・・・なんと!!

実は、前日、“潜れるか潜れないか・・・そもそも行けるのか、行けないのか”と悶々としていたとき、mixiで「明日のことは明日考えることにしました!」と豪快な書き込みをしている方がいた。
姐はそのコメントに勇気付けられ、見知らぬその方に「そうですよね~!姐もそうしますぅ!!!」とお返事をしていたのだ

その方がご一緒した、バディSzさん
「あのコメントに勇気付けられましたよぉ~」と盛り上がったりして!

ステキな出会いがまたひとつ うふっ



519th Dive
ポイント:黄金崎ビーチ
エントリー:ビーチ
EN:13:53
Under the water:61min.
Under the water in my life:420h38m
気温:--℃
水温(水底):23℃
Suite:5mm+フードベスト
透明度:--m
透視度:--m


2本目は、“カミソリウオ”と“ハダカハオコゼ”を狙いつつ、まったりマクロで~ということに
姐ってばうっかり「ウミウシはいないの~?」なんて聞いちゃったりして、ガイドSSくんのウミウシ魂に火をつけてしまった(多分。 笑)

エントリーすると、またまた沢山のちびっ子の群れ
飽きないぃ~・・・と思いつつ、今回の目的地を目指す
PA070122.jpg



途中「ミヤコウミウシ」を指すガイドSSくん。
このミヤコ、実は先週の明鐘で大量発生中・・・により、軽くスルー。
ガイドSSくんが「あ、スルーっすか」という顔をする(笑)

そして、その後だった・・・さすがっ!!
“ミヤコがダメならこれでどーだーっ!”と言わんばかりに見せてくれたのが、姐が超見たかった「トゲトゲウミウシ」わーい
このツブツブ感、ぷにょぷにょ感がたまりません
PA070130.jpg


同じ岩には「トド・ラケモサ」と「ミレニアムマツカサ」が産卵中←絶対覚えられない系だね。
ウミウシの産卵真っ只中、初めて見ました~

「トド・ラケモサ」産卵中
PA070134.jpg


「ミレニアムマツカサ」これまた産卵中!
PA070133.jpg


ついでに「サキシマミノ」実寸4mm!←どさくさ(笑)
PA070137.jpg



しばしウミウシを堪能(姐だけか??)した後、狙っていた「ハダカハオコゼ」を。伊豆でハダカハオコゼってかなりすごいことよねぇ??
PA070127.jpg


ピンクの「イバラタツ」はなんだかとってもゴージャス
PA070123.jpg



“ミナッパコ”は小4位の子が穴の奥でひっそりと・・・
6月生まれの“ミツボシクロスズメ”はすくすくと・・・
それぞれ立派に育っているご様子


最後には、エントリー前に聞いていた“ウミタナゴ♂のストーキング”を目撃(笑)このウミタナゴストーキング、見た人にはわかる・・・こんな感じ。

「おいおい、ネエちゃん、俺とお茶でもどうだい?」
「いやですっ」
「そんなこと言わずにどーだい?ベイベー」
「やめてっ、いやだって言ってるでしょ!」
「そんな、俺のどこが気に入らないんだい、ハニー?」
「なにもかも、全てよっ!つきまとわないでっ!!」

・・・・と昭和な感じで振られてるウミタナゴ♂はちょっとかわいそうだったけど、あまりのしつこさにウミタナゴ♀の気持ちもわからなくもない
ウミタナゴの世界でも切ないドラマが繰り広げられていた(に違いない。)
それを見ているニンゲンの♂3人、♀2人・・・ それぞれの思いはいかに?(笑)


2本目もきっちり一時間、大満喫でございました~

#あ、“カミソリウオ”には触れませぬ・・・(笑)


魚たちとの出逢い
・ミヤコ
・ソラスズメ
・イサキyg
・イバラダツ
・ハダカハオコゼ
・トゲトゲウミウシ(珍)
・トド・ラケモサ(産卵中)
・ミレニアムマツカサ(産卵中)
・セスジミノ 4mm(実寸)
・ミナミハコフグ 中2
・イソギンチャクエビ
・メガネハギ
・ミツボシクロスズメ(6月生まれ)
・セボシウミタケハゼyg
・メガネスズメダイ
・オヤビッチャ
・イチモンスズメダイ
・オビアナハゼ デート中
・ウミタナゴ♂ ストーカー中



「潜れるだけありがたいと思わなくちゃ・・・」と謙虚に挑んだ黄金崎。
が予想に反して充実

黄金崎、面白いっ!バディ達が通う意味がわかりました
姐もちょっとハマりそうっす


ガイドSSくーん、ありがとうね!!また行くよ~!!!
君は立派な伊豆人(いずんちゅ)になってすっかり溶け込んでいたよぉ~(笑)

======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ステキな再会っすね~」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

スポンサーサイト

ダイブログ #474-475 浮島

2006年04月29日 15:34

世間では、29日から7日までゴールデンな人もいるらしい今年のGW!
姐は残念ながらカレンダーどおり ぐすん

でも、「何よぉ~!!姐だってゴールデンしてやるっ!」と誰に?何に?対して挑戦的なのか全くわからないけど(笑)気持ちはすっかりGW突入で、28日会社からそのまま東京発18:06ひかりに乗った。
さぁ~、はじまるわ~(っつーか、勝手に始めたわ~)ゴールデンウィークッ


あっと言う間、ではビールも飲まず、19:30には伊豆入り
お迎えはガイドEKちゃんとバディCZ。そう、先日の夢の続きなメンバー!
いつもありがとねーっ

3人でお寿司をTakeOutして、早速、愛しの生ビサーバーちゃんにご挨拶♪
「3週間も寂しい思いをさせてごめんね~」(笑)
生ビールとお寿司でひとしきり盛り上がった後・・・・

実は実は、今夜のメインが待っていた!
2人が以前から“姐さんを連れて行きたい泡盛バーがある”と言ってくれていたそのお店へ~
姐は勝手に「泡盛バーin伊豆」は“カウンター6席とテーブル席が2つ”と何故か思い込んでいた(何故だ?)

が。

連れて行ってくれたそのお店は、とってもステキッ!
落ち着く感じで、とても伊豆とは思えない(失礼?)もう・・・一発で気に入ってしまったわ
幻の泡盛・・・「泡波」をロックで2杯ほど頂き、気分もすっかりゴールデン(笑)

EK&CZ~、連れて行ってくれてホントにありがとう


そうこうしているうちに、明日からの「第一回ゴールデン合コン誕生日ダイブ」(今、命名。笑)のメンバーのうち、前泊組のバディSEがお店に到着。それを機にホテルへ移動

「明日大丈夫っすよねぇ~っ」とやや不安げなガイドEKと別れるとまもなく、US出張帰りのバディSさんが合流♪“お帰りぃ~”と熱くハグをし(たような気がする・・・が、やや記憶薄 汗)、とりあえずは3人でお風呂に行く。
上がってまもなく、この夜最後のバディYGちゃんが合流!
「お仕事、お疲れちゃーん
♂2人、♀2人で乾杯さ!

うっかり盛り上がって・・・気づけば3:30
いけねっ、寝なくちゃ!本番は明日からだったーっ(笑)



474th Dive
ポイント:水上トンネル&トップガン
エントリー:ビーチ
EN:12:41
Under the water:60min.(途中休憩5分)
Under the water in my life:380h46m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm(快適)
透明度:--m
透視度:--m

朝目覚めると・・・・・・はい、やや頭が痛かったですぅ。反省。
そろそろ学習しましょうねぇ~>自分。


ショップに行くと、“本日の主役”お誕生日なバディMPと“本日がイントラ最終認定式”のニセイントラモドキバディ(笑)SGちゃんが到着してた
男女6人揃ったら・・・そりゃー、合コンでしょっ
(♂♀の数が同じだったら、何でも合コンと言う姐。)

今日のポイントは、主役バディMPのたっての希望で、西伊豆のウミウシしかいない(らしい?)「浮島」に決まっていた。
準備も早々に済ませ、いざ出発。

ある意味濃いぃ合コンメンバー。♀はあのセブで2日で8本、時間にして12本分を潜り倒した「バディSEとラッキーガールズ」平均年齢“四捨五入したら40歳”な歳に対して、♂は平均年齢30.6歳!!

もちろんそんなメンバーの車中の話題は“キョン2(←昭和的表記。)と亀梨くんはアリかナシか”に始まって、“新庄 vs 原監督 生まれ変わるなら?付き合うなら?”や、“キムタクの「急」 に女は弱い説”や、“生まれ変わるなら小西真奈美”等々、男と女の悲喜交々で盛り上がった(っつーか、単なる芸能ネタ??)

そうこうしているうちに、浮島に到着。途中の雨も止んでいい感じ
姐の頭痛も大丈夫そう


春の日の大潮だったこの日。
いや、まじ、笑っちゃうくらい引いてる・・・

「エントリーしたら集合ですぅ!」って・・・・水深50cmじゃエントリー出来ないですからーっ(笑)
“別に立って歩けばいいんじゃん?”っていう水深のところを、あえて泳いで集合するダイバー達
そりゃー、ダイバーですから、我ら。

無理やり潜行して水深1.5m位のところで集合。
幅2m位、奥行き10m位のところがウミウシパラダイスらしい。
皆、ベテランばっかりなのに何だか水中でてんやわんや、ごちゃごちゃな感じ。可愛いっ(笑)

ようやく整列してパラダイスなところに進んでいく。


っと、まず最初に・・・あの“ニセイントラモドキ”と皆に言われていたバディSGちゃんが、ガッツポーズ!!!
近づいていくと得意気に指差していたその先にはっっ

「アオウミウシ」(笑)
これでようやく、イントラーッ(笑)


実はバディSGちゃん、イントラである。だのにぃ~、前に潜ったとき「ウミウシっすかー?!ま、アオ位なら余裕っすよねぇ」と豪語していながら1匹も見つけられず「アオも見つけられないイントラ」と烙印を押されていた。
そのリベンジング!!!大成功っっ!!やったね

まぁ、その後は・・・・ログに書くにもさぁ~・・・・
ただひたすら皆、岩に張り付いてウミウシ探し。
写真撮影な訳っす。

「アカエラミノウミウシ」
レア!と思ったら結構いたりして^^ゞ


巨大「アゴヒロウミウシ」
きょ、巨大!でか過ぎるぅ~!!


「スゥイートジェリーミドリガイ」
海藻にピンが合ってます^^ゞ



でもってぇ~、狭いっっ!
フィンを動かせば誰かを蹴って謝ってるか、謝ろうと思って振り返ったら岩かのどちらか^^ゞ
写真撮影にも飽きてきた姐


するとそれを見つけたガイドさんEK、姐とバディSさんに「あっち行きますよ~」の合図。
付いていくと、ガイドさん、「群れ群れっ!!」と指差している・・・・その先にはミナミハタンポの群れ。
「そうかい、そうかい、ありがとよー」なんて苦笑いしてると、ふっと「あれ?頭出てない???
すぐ下の岩に膝を突いて頭をあげると・・・・


「外じゃん!!」

ダイビング人生初の“途中休憩”(笑)

↑両脇の感じから、どのくらい引いてたかわかるかな~??


もう大笑い ダイビング中に休憩っす。
パラオのシャンデリアケーブっすよ、まるで(?)

バディSさんと岩の上に立ってレギュもマスクも外してご歓談。
合コン的には“バッくれてる2人??”ってやつ?(笑)
ガイドEKちゃんも顔をあげて大笑い。ついでに「ダイビング中の休憩」記念撮影なんてしてもらったりして。
漁師の夫婦、休憩中(笑)


必死でウミウシを探していたらしいバディMPがふっと顔をあげた

姐「もう飽きたよっ!休憩ぃ~!!」
MP「何言っちゃってるんすかーっっ!!!」

とMPはすぐさま海中に戻っていった。さすが、参りました

しゃぁ~ない戻るか・・・と再度エントリー。
バディSさんのダイコンはログを2本目でカウントしたらしい(笑)

エントリーすると、バディMPが興奮気味に姐を呼ぶ。
うんうん、これは姐も見たかったぁ~

「ゴマフビロード」
1本目一番印象深いゴマフちゃん♪


それからトップガンと呼ばれる1人しか通れない穴(?)を通り広い場所に出る。
そこで水深5m位かな~。だけど、さっきまで“浮かないように”潜っていたクセが付いてて、気づくと“這いつくばって”潜ってた(笑)

砂地では「クロヘリアメフラシ」が仲良さそうに寄り添っている(ようにセッティング)
ラブラブ~♪♪♪(え・・無理にじゃないって!!笑)



そして、バディMPのお誕生日セレモニー♪
皆で写真を撮って、握手して

おめでとぉ~!!!
休憩ありーの、お誕生日セレモニーありーの・・・だけど、ウミウシだけーの1本目でした(笑)


ウミウシたちとの出逢い
・サラサ
・アオ
・オトメ
・アカエラミノ
・シロ
・ヒロ
・スイートジェリーミドリガイ
・ダイダイ
・ゴマフビロード
・クロヘリアメフラシ
魚たちとの出逢い
・ダイナンギンポ
・マダコ
・ミナミハタンポ
・ケヤリ


475th Dive
ポイント:ドラゴンホール
エントリー:ビーチ
EN:15:34
Under the water:69min.
Under the water in my life:381h55m
気温:--℃
水温(水底):18℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:--m

ランチを取った後は、“もっと泳ぎたいぃ~!!魚見たいぃぃ~!!!”っていう「動く組」と“もっとゆっくりウミウシぃ~”っていう「動かない組」に分かれることに

もっちろん、ダイナミックダイバーの姐は「動く、動く」チームっす!

エントリーすると、透明度は悪くない!
海藻たっぷりだけど、お魚もいる!(笑)

が、やっぱり・・・・ウミウシ目(?)になってるんだろうなー。
探してないのに、ウミウシが目に付いてしまうっ!!

バディSEが発見してくれた「ダイダイウミウシ」はとってもキレイだった♪
この模様・・・見てっ!美しいぃ!


おちゃめな「ムカデミノ」はフレッドペリーなパフォーマンスまでしてくれた(笑)
フレッドペリーっすよ、知ってる???


「ちょっと、いや~ん そんなぁ」な状態のクロヘリアメフラシ、そしてそのクロヘリアメフラシ“ザ・産卵中”も目撃!
ど、どうなっちゃってるんでしょー「クロフリアメフラシ」(R18指定)
もう、あれもんのこれもんの!!!(下ネタ禁止です)


名前募集中!な、とっても綺麗な“貝”
開いてびっくり!!この模様・・・


そして、なんだかんだと泳ぎながらもウミウシ三昧な2本目も後半・・・帰り道。
突然現れたキビナゴに囲まれた
何だかすごーく新鮮な気持ち。素直に「お魚だ、お魚だっ!」って思ってた・・・ちょっとした興奮

いよいよ最後・・・もう1.5mか?っていう水深のエグジット間際に、ボラク(ーダー)に遭遇

あぁ~ん、「ウミウシもいいけど魚もね♪」な気分を残した2本目!
でもでも、色んな意味で楽しい、不思議なダイビングが出来た浮島ダイブでしたーっ

ウミウシたちとの出逢い
・ダイダイ
・ムカデミノ
・ユビノウハナガサ
・アオ
・オトメ
実は、大漁??なオトメちゃん♪

・ニシキ
他のウミウシに比べると「巨大」!

・サガミミノ
この透明感・・・羨ましいっ(笑)

魚たちとの出逢い
・キビナゴ
・ボラ


☆Night Dive “お誕生日会”☆

夜、ショップに到着してからは、バディMPのお誕生日会
(&バディSGちゃんの“本物のイントラ”認定式

今夜は木曜日から仕込んでくれてたという“おでんパーティ
夜はまだ若干冷え込む伊豆では最高でした~
静岡名物“黒はんぺん”入り、スペシャルおでんっ!


姐からのプレゼントは「MPと愉快なアオ達」
作ったはいいけど、どうしたもんかと^^ゞ


またまたビールの後に泡盛飲みながら三線を爪弾いてしまった姐でございました^^ゞ

第一回ゴールデン合コン誕生日ダイブ前半戦は何とも充実のうちに終了~

明日も潜るぞーっ(多分)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「ウミウシ、お腹いっぱーいっ」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

#241-242 安良里

2003年07月26日 12:37

(log:240) 241st Dive
ポイント:黄金崎ビーチ
エントリー:ビーチ
EN:12:37
Under the water:53min.
Under the water in my life:189h27m
気温:--℃
水温(水底):22℃
透明度:--m
透視度:8m

海の中の姐は、柴田理恵に似てるっつー噂あり。

魚たちとの出逢い
・クロイシモチ
・セレベスゴチ
・クロホシイシモチyg群れ
・サツマカサゴ
・セイテンビラメ
・ダルマガレイ
・スズメダイ(壁)
・ハナナゼ
・セミホウボウ
・イソギンチャクモエビ
・イソカサゴ
・ベラギンポ
・アイゴ
・チャガラ

・コウライトラギス
20050421162212s.jpg


(log:241) 242nd Dive
ポイント:黄金崎ビーチ
エントリー:ビーチ
EN:15:02
Under the water:57min.
Under the water in my life:190h24m
気温:--℃
水温(水底):22℃
透明度:--m
透視度:8m


魚たちとの出逢い
・ガンガゼエビ
・ウミテング
・ヒレナガネジリンボウ
・大家族
(ハナハゼx2、ネジリンボウx1、ダテハゼx2、鉄砲エビx2)
・ハナミノカサゴ(=ゴージャス、うろこなし、腹シマ)
・ミノカサゴ(=しましまにうろこ、腹白、角なし)
・カザリイソギンチャクエビ
・マダイ
・ニシキツバメガイ
・ソメンヤドカリとベニヒモイソギンチャク

#77-78 安良里

2001年05月03日 12:06

77th Dive
ポイント:黄金崎ビーチ
エントリー:ボート
EN:12:06
Under the water:46min.
Under the water in my life:54h17m
気温:14℃
水温(水底):16℃
透明度:18m
透視度:12m

憧れのロクハンデビューの日~~~
潜る前は、いつもの様にドキドキだったけど、潜ってみたら・・・
「超~ッッ楽すぅい~!!!!!」
全然寒くないし、お魚もいっぱい、透明度もまずまずで西伊豆まで行った甲斐がありました♪♪
バンザイ、ロクハン!!

魚たちとの出逢い
・コモンウミウシ
・ヒラメ
・ボラ
・ネジリンボウ
・サギフエ
・スジコウイカ
・マイワシの群れ
・チャガラ
・マダイ
・アイゴ



78th Dive
ポイント:黄金崎ビーチ
エントリー:ビーチ
EN:14:30
Under the water:46min.
Under the water in my life:56h03m
気温:--℃
水温(水底):17℃
透明度:15m
透視度:10-12m

2本目は少し落ち着いてたし、潜行もばっちりんこ♪
お魚に夢中になっていたら、どーやら周りは怒っていたらしい^^;;;へへへ・・・
でも楽しかったからいいや(笑)


魚たちとの出逢い
・タイワンガザミ
・コチ
・ウミウシ
・へんな虫
・ボラ
・ヒメギンポ
・クロダイ
・サルパ

#49-50 妻良

1999年08月21日 09:33

49th Dive
ポイント:平島
エントリー:ボート
EN:09:33
EX:10:06
Under the water:33min.
Under the water in my life:31h14m
気温:27℃
水温(水底):20.4℃
透明度:-m
透視度:5m




魚たちとの出逢い
・クマノミ
・タカノハダイ
・キンギョハナダイ
・ネンブツダイ



50th Dive
ポイント:平島
エントリー:ボート
EN:11:50
EX:12:23
Under the water:33min.
Under the water in my life:31h47m
気温:-℃
水温(水底):20.9℃
透明度:--m
透視度:--m




魚たちとの出逢い
・イシダイ
・ニザダイ
・カワハギ
・ブダイ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。