--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #414-415 沖ノ島

2005年07月17日 11:02

414th Dive
ポイント:ソトガシラ
エントリー:ボート
EN:11:02
Under the water:47min.
Under the water in my life:328h16m
気温:--℃
水温(水底):18.4℃
透明度:--m
透視度:8-15m

前の日宿泊していた柏島を朝7:00に予定どおり出発し、沖ノ島へ行くための船に乗るべく、集合場所の片島港前の民宿に向う♪お天気はやや曇り・・間もなく晴れそう!な感じ。いいねーいいねー。

到着すると、ショップのスタッフさんから、琴線に触れる質問が。

「えっと、潜り方はダイナミック派ですか?マクロですか?^^」

なんとタイムリーなっ!!

「あー・・・ダイナミック派なんですけどぉ!!!!あ、でもマクロならマクロでも、結構楽しめちゃいますぅ。」←言ってる

ガイドさんのメモには「ダイナミック。マクロOK」と書かれていた^^ゞ
なんでも台風5号の影響でうねりあり、透明度は期待できずとのこと。
「マクロかなぁ・・・^^ゞゞ」とガイドさん。弱気じゃーん!(笑)

船に器材を乗せ、いざ沖ノ島へ出発!
曇りのためにあんまり見えない。だんだんと姿を現すその島は思っていたよりも大きく、なんとなく伊豆大島のような感じ。
遠くにかすむ沖ノ島!


そして、やっぱり近づくにつれて波も高くなってきた。うーん・・・。
大迫力で迫ってきます♪



バディとガイドさんで4人のチーム。小ぢんまりでいいじゃない♪

1本目、クローズアップレンズ持っていくかなぁ~・・と一瞬思ったのだけど、「いやいや、ダイナミックポインツだからっ!!」と期待を込めて自分に言い聞かせ、レンズをつけずに入った。

うーん、透明度は微妙。
ちょっと海藻の切れ端が沢山浮いていて、浮遊物が多い感じ。

最初の出物は「ボロカサゴ」!!
これ、すごく綺麗だった!!紫色でデザイン(って言うの??)もそのシルエットも完璧!さぁ、写真撮るぞ!と思ったら、曇ってやがる・・・あぁ、シリカゲル様>_< 何だか幻想的な写真になっちゃいました。残念。
幻想的ぃ~・・・^^ゞ


高知県限定の「イナズマヒカリイシモチ」もGET!ウミシダの中で稲妻チック
に光っておりました(笑)

そしてブルーの綺麗な「ヒトデヤドリエビ」。これ、なんせレンズないのでちゃんと写真が撮れず、残念。でも、とっても綺麗だったのだ!!

・・・・もちろん、この辺りでは既に「今日はマクロだ」って事にも気付いておりました^^ゞあぁ、レンズーッッ!!! 思えば、ポケットに入れていきゃーいいのよね。まだ初心者なもんで(笑)

アオリイカのハッチアウトなんざ見ながらExit、なんだかんだで楽しい1本でした♪

魚たちとの出逢い
・ボロカサゴ(脱皮するんだってー)
・イナズマヒカリイシモチ(高知限定!)
・アオリイカハッチアウト
・ウミウサギガイ
・ミナミハコフグyg
・巨大オヤビッチャ
・モンハナシャコ
・ヒトデヤドリエビ


415th Dive
ポイント:トリノクビ(岩が鳥の首に見えるらしいけど・・・見えない!)
エントリー:ボート
EN:14:32
Under the water:53min.
Under the water in my life:329h09m
気温:--℃
水温(水底):19.4℃
透明度:--m
透視度:8-15m

2本目は、姐ももう覚悟を決めました。レンズ装着ですよ。
もう、上とか見ないからーっ!!!

入ってすぐに、ドリーの群れ。可愛い!
大きな根・・・・山?の回りを回る感じのルートで、珊瑚が綺麗。
流れもそれなりにあり、逆らって泳ぐのは結構大変でした。

ガラスハゼでもこんな大きなの?!という感じの「オオガラスハゼ」(まんまやん!)は、伊豆にはいないみたい。
大きいガラスハゼのオオガラスハゼ


名前がまだ無い?というオレンジ色のギンポは姐発見。こんな綺麗な色のは初めて♪
綺麗なオレンジでしょ♪美味しそう?!


フエヤッコがいるあたり、「南国ぅ~」を思わせる^^

大きなものと言えば、「ヘラヤガラ」!!ものすごく大きいのだ。
したから見上げた日にゃーそのシルエットたるや、何かの銃かなんかみたい。

自然に出来てるアーチ(本当に岩がくり抜かれてる)を抜けると、姐的苦手系のテングダイ群れ^^ゞ そうそう、四国あたりじゃー“群れ”とは「○○○s」と“s”がついたら群れだそうな(笑)ほんとかい!?

残念ながら台風のお陰で、期待していた大物との出会いは無かったけど、柏島とは大きさが全然違う沖ノ島の景観はダイナミックで、「ここに黒潮くるんだー・・・」と思うだけで血が騒ぐようなポイントでした。
テーブル珊瑚がぎっしり!!


そして、姐達はマクロ派ガイドさんに「いやー、沖ノ島来るのに虫眼鏡持ってるゲスト初めてです!!嬉しいなぁ~*^^*」と言わしめました(笑)

ちなみに。
マリンダイビング8月号に沖ノ島が特集されています。撮影は6月だったそうで、その頃は本当に青い青い海だったそう・・・。ぐすん。
でもね、また来るよ、絶対に♪♪

魚たちとの出逢い
・ゴカクガニ
・キンギョハナダイ群れ
・ナンヨウハギ群れ
・ヨスジフエダイ群れ
・テングダイ群れ
・アカエイ群れ
・オオガラスハゼ
・巨大ヘラヤガラ
・フエヤッコ
・イソギンチャクカクレエビ
・イソギンチャクモエビ
・名無しギンポ♪

・オルトマンワラエビ
伊豆のオルトマンと違・・・わないか?^^ゞ


・サビウツボ
この白い目が可愛い♪



☆Night Dive in 沖ノ島(宿毛)☆

沖ノ島から戻って、器材を片付け、最初に集合した民宿が当日のお宿。沖ノ島ではなく、四国本島の宿毛市、片島港近くに宿泊。お食事がなかなかのお奨めらしく、期待!
お部屋は2人で使うには充分な広さで、窓からは片島港がすぐ近くに見える^^
何となく旅情漂う雰囲気。予定どおりの四国ダイビングを終えて、「やれやれ・・・」な気分でまったりしているとお夕飯!噂どおりの美味しさに大満足!

それからバディとの二次会に買出しへ。宿毛市内に向う。
片島港でセルフタイマーで写真を撮ろうとすると、ウォーキングをしていたお母さん2人が「撮ってあげよか~?」と声をかけて下さった。2人ともすごくニコニコした笑顔で、とっても嬉しくなった^^

宿毛市内は、メインの通りに大きなショッピングセンターがあり、そこで二次会の肴とお土産を探す^^
讃岐うどんのダシとか、姫カツオの燻製(?)とかを買いつつ、昼間に一緒に潜ったバディお奨めの「ごっくん馬路村」という“ゆず&ハチミツ”のジュースを発見!!迷わずGETですぅ。 

部屋に戻り、ビールとつまみで大河ドラマ「義経」を見る。渋いっ、渋すぎる・・・私達!(笑)

さすがにかなりハードなスケジュールで飛ばしてきたため、2日目夜はぐったり。
早々にお布団に入ったのでした^^

朝、目覚めてカーテンを開けると、片島港に大きなフェリーが寄港していて、ちょっとビックリ!!「佐伯-宿毛」って書いてあった。九州からみたいだ。
姐的未踏の地、九州。なんかすごく遠くまで来ている気がした・・・(って実際遠いけど^^;)


翌日もいいお天気!ショップの人や一緒に潜った別チームの皆さんに見送られ、最終日は四国ドライブ。「四万十川」遊覧船に乗ったり、沈下橋を見、もちろん四万十川に足を入れてみる・・・という体験もしつつ、高知から愛媛・松山へ。
最後の清流、四万十川



愛媛が発着にもかかわらず、愛媛ネタが無いってーのも・・・と、殆ど無理やり道後温泉に寄り、本館滞在45分、内、お風呂につかること15分(だって真夏日なんだもーん)の体験をしてきました^^
老舗の温泉らしい風情


18:05発のJALのクラスJに乗り、空港で買ったビールとじゃこ天で乾杯。
怒涛の3日間を振り返りながら大満足の連休を終えたのでした~♪♪


四国は思っていたとおりに遠かったけど、それでも行く価値ありでしたよ*^^*
そういう意味では2泊3日じゃもったいない位だけど、「いつか・・・いつか・・・」なんて言ってる位なら、行った方がいい。

心からそう思った姐でした♪

PS: 
四万十川でまでマクロ写真な姐でした^^ゞ もう、どうにも止まらない!(笑)
ゴリという魚ですぅ~
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。