--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #453-455 石垣島

2005年12月10日 10:12

3日目の朝は少し早起き。
何故なら~・・・今日の夜は石垣市内のホテルに移動なのだ。なので、片付けして、お泊りセットも全部持って出発!

出かけに宿の・・お世話になった強面のお父さんと記念撮影
ハウジングに入れたカメラのせいで・・・皆がキラキラしてる でも、本当に皆キラキラの笑顔だったよね
キラキラ・・・


風は昨日よりおさまっているみたい?
さてさて、今日も潜り倒しましょう!!


と気合充分の1本目の最初に、ちょっとした「忘れ物大会」がっ!(笑)

まずはチーム・ヤニーズのSちゃん、「先行ってますぅ~」ってぷらぷら先に出発してしばらく・・・
ヤニーズの相方バディSさん「あれ?これ誰のロクハン?」・・・・Sちゃん、上着、忘れてます(笑)

「もうダメじゃんねーっ」

なんて言いながら後発隊がぶらぶら向う。途中で気付いて戻ってきたSちゃんと合流。
素晴らしいバディシステムね!なんて言いながら、歩く。

そして浜に着いて、小船で少し沖まで出るのに乗り込む時、チーム・モンキーズ・・・姐の相方Hちゃんが言った。

「カ、カメラ忘れたーっっ!!水槽にぃぃ!!!!」「えっ、え~っ!!!!」

バディ失格→姐。(笑)

スーパーガイドが走って取りに行くことに^^ゞ
すると先発隊、船に渡ったチームから声が聞こえた・・・

「ダイコン忘れましたーっ!!紺のジャンパーのポッケですぅぅぅ~!!!!」

○井姉弟の弟Nくん^^ゞ
スーパーガイドに大声で伝えると、林の向こうから「はぁぁい・・・・」と聞こえた。
頑張れ、スーパーガイドッ!


やれやれ・・なんて言ってると、チーム年の差カップルの若者(と言っても32。もういい?)が「フードがありませぇ~ん>_<」・・・・ それは、浜の途中に落ちてました。ホッ


そして、最後に皆で船に乗り込んでホッとしていると、我らとは別で1人できていた男性が言った。

「あ、カメラ・・・水没チェックのバケツの中だ・・・

と我々のそこまでの“しでかし”を知らないその方は申し訳なさそうに言った・・・今度は、現地ボートキャップ(兼ガイドさん)がまたまた、ショップへ。


いったいいつになったらボートが出せる??(笑)



453rd Dive
ポイント:米原 深干(プカピー)南
エントリー:ボート
EN:10:12
Under the water:57min.
Under the water in my life:362h07m
気温:--℃
水温(水底):23.4℃
Suite:5mm + フード(OK!)
透明度:--m
透視度:--m


1本目は昨日も珊瑚で大感動の米原へ。
ここは現地ガイドさんの一番好きなポイントだと言う。
姐も「プカピー」っていう名前に記憶があって・・・4年前にも潜っていたみたい!

クマノミ5種類制覇目標に次々とエントリー。
昨日と同じくらいの珊瑚、珊瑚、珊瑚!!!
珊瑚、珊瑚、珊瑚っ!


姐個人的には、“クマノミ”そのものに元々そう興味はないのだけど & 生意気にも“9月のセブでクマノミ三昧”してきた・・・お陰でようやくクマノミの識別も出来るようになったので(遅。)、海の中でもひとり「これはハナビラ」「これはザ・クマノミ・・・」と復習に意欲を燃やしていた。

ほとんど、姐大好きな“放置プレー”(=ガイドさんが見える範囲で好き勝手に遊ぶこと)だったので、バディと一緒にちまちま遊んだ♪

イソギンチャクエビのペアは・・・ちょっとだけ無理やりペアになってもらったりして♪
若干・・・やらせ^^ゞ(秘)


海底のガレ場の中に綺麗な紫色のイソギンチャクが。
皆が覗き込んでるのを少し離れて見ていて・・・皆がいなくなったので戻ってみてみると・・・
なんと、極小のクマノミが 可愛いっ!!!この小ささ、わかるかなぁ~・・・
どんなに小さいかわかるぅ??


近づいたら・・・いたっ!*^^*


朝の一本に相応しい、癒しのダイビングでした♪

魚たちとの出逢い
・ハマクマノミ
・クマノミ
・ハナビラクマノミ
・セジロクマノミ
・イソギンチャクモエビ
・イソギンチャクエビ
・オシャレカクレエビ

・カクレクマノミ
カクレスギクマノミ(笑)


・トサカリュウグウウミウシ
フィッシュアイなトサカリュウグウ



454th Dive
ポイント:川平石崎マンタスクランブル
エントリー:ボート
EN:12:25
Under the water:52min.
Under the water in my life:362h59m
気温:--℃
水温(水底):23.1℃
Suite:5mm + フード(OK!)
透明度:--m
透視度:--m


昨日に引き続いて、マンタスクランボー!
この時期に2日続いて行けるなんざー、ものすごくラッキーらしい。
日頃の行いよねっ、ふふーん

今日は何艘か他のショップの船が停まっていた。こんな時はリンリンベルは禁止らしい。
そして今日は虫眼鏡を堂々と外してエントリー!


何とエントリーするとすぐ、1枚!!
透明度が若干落ちてる感じ・・・というより、日の光が足りないのかな?ちょっと暗くて写真はNG。
幸先いいんじゃない?!うふっ

ぐんぐん泳いでいくと、現地ガイドさんの泳ぐ足が早くなった!

何??

「カメ」です^^ さすが、「神の島 遥か国」・・・!
サザンのライブでこの曲が流れた時、映像には「亀」と「マンタ」が出てきてた・・・まさにっ!!

すごい大きな、でっぷりとした・・・・悠々と空に上っていくような感じで泳いでる。
リンリンは鳴らせないので、指を差しながら泳ぐ・・・泳ぐ・・・
皆、見えてるかなぁ・・?!(結果は50/50だったのです、残念っ)


そして人の泡柱がたつ根のところに・・・今日もいました、マンタ様。
海の神様は今日も・・・


最初は、先に潜っていた他のショップの人達の少し後ろから見る。
写真には前の人の泡が入っちゃう>_< そう考えると・・・昨日の貸切ってすごいラッキーだったのね。

やがて我々の順番が回ってきて根に・・・マンタに近づく。
そして1匹が・・・あれ?あれ??と思っていると姐の真上をとおり過ぎていった。
見とれちゃう美しさ・・・^^


こんな時、大抵姐はカメラを忘れる。ファインダーじゃなくて自分の眼で見ることに精一杯になっちゃうんだよね~・・・ 
「そ、そうだ、カメラ!」と思い出し、慌てて撮った写真がこれ。
かなりな海老ゾリだった、姐。
近い、近すぎぃぃ~!!!


くるんっ♪とダンスをしてるマンタも^^
くるんっ♪


溜息が出るような時間でした・・・

魚たちとの出逢い
・カメ
・マンタ



455th Dive
ポイント:米原 キャンプ場前
エントリー:ボート
EN:15:22
Under the water:42min.
Under the water in my life:363h41m
気温:--℃
水温(水底):23.4℃
Suite:5mm + フード(OK!)
透明度:--m
透視度:--m


最後の一本は、キャンプ場前・・・着いてみると、まんま、キャンプ場の前でしたー(笑)

あれ?2本で止めるって言ってた、良純がいるじゃぁあーりませんか!!
そうよそうよ、最後まで皆で潜ろうよぉ


準備をしていると船の後ろの方でガイドさんが別ショップのガイドさんと大きな声で話してる・・・
ん???クマ・・・なんとか??? クマノミ?!

ところが、なんと、それは~っ!!!


「クマドリイザリ」情報!!!!!きゃーっ、いるのかしら?!
もう、もちろん、それを目指していきましょうよっ


ってことで、その場所は若干深めということで水深キープで進んでいく。先に潜った同じショップの別グループがどうやら見つけた模様!!
わーい*^^*

はやる気を抑えて少し先の岩(?)へ。
「タテジマキンチャクダイ 高校1年生」が岩の隙間を行ったり来たり。
写真は無理ですぅ・・・

砂地のイソギンチャクにはクマノミとミツボシの幼稚園が(笑)
可愛い♪♪

そしていよいよ、我々の番・・・
いた、いたぁ~!!

「クマドリイザリウオ」☆
・・・・・ち・・・・ちっちぇーっっ!!!!
この可愛いの見て~^^


ふんばってる、ふんばってる!頑張れ*^^*
しっかりふんばる!僕、頑張る!!



そして「ハナミノカサゴyg(?)」との夢のコラボレーションッ!!
クマドリとハナミノのコラボッ!


クマドリちゃんに別れを告げて次の根でもガイドさんがなにやら見せていたのだけど・・・その時点で姐はダイコンが“止めときなさい”って感じだったので降りずに皆を眺めてました・・・。どうやら「ロボコン」だったらしい。あーっ、残念。

ボートから上がってもクマドリの話で盛り上がり!!

「もう、今年は見ちゃったから寒い伊豆でわざわざ見ることないよね~!!」→満場一致。
伊豆のスーパーガイドさんだけが、若干凹んでるように見えました(笑)

魚たちとの出逢い
・クマドリイザリ
・ハナミノカサゴ
・クマノミ
・ミツボシクロスズメ
・タテジマキンチャクダイ 高校生



☆Night Dive in 石垣/市内☆

ダイビングの後、間もなくしてものすごい豪雨に見舞われた・・・
すごい雨だった・・・ 島の天気は変わりやすい。

それぞれが、シャワーを浴びたり、送る器材を準備したりしている間に何となく雨も小降りになってきて、いざ市内へ!!さて、最後の夜だぜぇ~い!


まずはホテル「ルートイン石垣」にチェックイン。
とても綺麗で清潔感のある気持ちのよいホテルだった。
なんと、各自が「ツインルームのシングルユース」・・・最終日に一人部屋っていうのはありがたい^^
ゴージャス、ゴージャス!セレブ、セレブ!!(←単純。)


各自がちょっとだけ部屋でひと段落の後、まずは伊豆の“ゆんたく”のお母さん(石垣出身)の「石垣行くなら石垣牛食ってこい!」の指示に従い(笑)石垣牛の焼肉屋さん「八重福牧場」へ。
まさに石垣牛が放牧されている牧場の間の道をとおりお店にたどり着く。姐的にも久しぶりの焼肉だったので、嬉しっ!!
美味なる石垣牛~☆


お肉は本当に美味しかったぁ!!!オリオンが進む、進む♪♪・・・
石垣牛の「モォ~・・・・」という声を聞くと何となく「ドナドナ」を思い出して切ないよねぇ~・・・・とついさっきまで言っていたバディご一行、大満足のうちに、完食~・・・人間って怖い^^ゞ


このままホテルに・・・と思ったら、現地ガイドさんがドライブに連れて行ってくれた♪
小高い丘?山?をぐんぐん登ってく。

その間に、マフラーに穴が開いた(らしい?)ハプニングがあり、♂達がチェック、チェック!
昨日の怪しいオッサン事件といい、今回の♂達は頼りになるわ~
この足見てっ!!(笑)


登った頂上には・・・・石垣の夜景が広がっていた。
「わぁ~!!!!」皆が声をあげる。綺麗・・・・皆でしばし見とれる。
皆で見た夜景・・・


その夜景は、確かに六本木ヒルズから見るそれよりも(って見たことないけどー^^ゞ)優しい夜景だった。
林立するビルの夜景じゃなくて、家族が温まってる暖炉の灯りが漏れているような・・・そんな夜景だった。磨きぬかれたダイヤモンドじゃなくて、砂浜に落ちてたガラスの破片が反射してるような・・・そんな夜景だった。姐は、そういう夜景が好きだ


そこにあった滑り台でしばし子供に帰った後、ホテルに戻る人は戻り・・・・いざ「安里屋」へ~♪♪
三線 哀しぃ 安里屋♪

時間が遅かったせいもあってか、到着した時は数人だったのに、ライブに合せて店の中はみるみる地元の方々でいっぱいに。
最初は見るからに観光客の我々のために「島人ぬ宝~本格的バージョン~」や「安里屋ゆんた」を歌ってくれ、やがてどんどん“コア”な沖縄民謡になっていく。

カウンターに座っていた衣装も化粧も派手なオバァ(笑)は一見すると歌舞伎町っぽいのだけれど、踊り出したら、ものすごく上手。「あぁ、ここは本物の沖縄だ」って思う。飛び入りで歌い始めたオジィは「え?プロでしょ?」という上手さ。

姐達も誘われるがままに、踊る踊る!
気づいたら・・・姐はハチマキしてた(笑)
そして、地元のおじさんにどうやら気に入られたようなんだけど・・・会話が通じないっ!何言ってるかわからないっっ!!とりあえず、笑うしかない姐^^ゞ

ライブ終了と共にお店を出て、ホテルへ。
ここで、現地ガイド、Yちゃんとお別れ♪3日間、本当にありがとう*^^*
伊豆にきたらおもてなしするよぉ~ おいで、おいで~!!


部屋に戻って寝る・・・はずもなく、♂部屋でまた乾杯。
1人撃沈、また1人撃沈・・・・の中、最後まで頑張った姐っす^^v

いや~、楽しくて、長い長い一日。
最後の夜にふさわしい夜を満喫


翌日は、最初から勝手気ままな9人は、4つの飛行機に分かれ“流れ解散”で「神の島 遥か国」への旅を終えました

はぁ~・・・大満足

ビデオ撮影係 兼 添乗員さんとなってくれたショップのスーパーガイド様、現地でずっと面倒を見てくれたショップのYちゃん、ありがとう!
そして、一緒に過ごしたバディの皆々様、ありがとう!!
楽しかったっす~っっっ

地球はまるいぃ~♪


おわり♪
スポンサーサイト

ダイブログ #450-452 石垣島

2005年12月09日 10:15

朝、川平湾へ散歩に。
太陽が昇ってくる。朝日って気持ちいい!姐は夕日も好きだけど、朝日の方が好き。
何となく、今日一日いいことがありそうな・・・ありますようにと、前向きな気分になる^^
朝日とともに気分も上昇!


風は相変わらずびゅーびゅー・・・・
でも、どうやら北風じゃぁ、ないような・・・!?

どんな海が待ってる?!
果たして川平湾から出航できるのか?!&マンタは???!
景勝地 川平湾



450th Dive
ポイント:大崎ハナゴイリーフ
エントリー:ボート
EN:10:15
Under the water:42min.
Under the water in my life:359h30m
気温:--℃
水温(水底):23.8℃
Suite:5mm + フード(OK!でも、あがってから寒い)
透明度:--m
透視度:20-30m


1本目は、やっぱり川平方面は波が高く無理・・・という事で、大崎方面に。
潮が引いていたため、ボートまで浅瀬を歩くのだけど、まぁ、綺麗な海!!!
そして、足を入れると・・・普通に冷たいっ!!(笑)

とは言え、水温は23~24度とのこと。
気温も同じくらいあるのでそう感じるのね。


バックロールでエントリーすると、青い海が*^^*
きゃー、これこれ、綺麗!!・・・と、あれ?沈まない・(・・?)
久々に出したすっかり乾ききった姐の5mmジャージ、頑張れ!

ようやく沈めたぁ~♪と思ったら、あれ?曇ってる・・・(・・??)
バディMちゃん、秘密レシピの曇り止め、どうやら姐には効かず・・・>_<
スーパーガイドに合図を出し、一旦浮上、結局、“スーパーガイド液”のお世話に(笑)

そんなこんなで1本目はしょっぱなからハプニング。
“皆さん、お待たせ~♪”な感じで、スタート!!


この1本目の目玉は、「黄色いジョーフィッシュ」!!
何日か前まで“すごい強気で小生意気なヤツ”がいたらしいのだけど、今は不在に。それを探そう!って事で、いかにもジョーフィッシュいそう・・・・な海底を皆でキョロキョロ。

途中、ガイドさんが中層を指差して、ダッシュ!
どうやら「マダラトビエイ」がいたらしいのだけど、姐は確認できず(涙)


そして、ついに
例のジョーフィッシュじゃなく、小さくて臆病な可愛らしいジョーちゃんをガイドさんが発見!
だけど・・・恥かしがって写真は撮らせてもらえず。
もうちょっと出てきて~!^^ゞ



若干深場ではあったので、ジョー発見からは水深をあげて根の回りを。
・・・とそこに、“イラ”の顔をした巨大な魚が!
いや、本当に・・・伊豆でよく見る“イラ”のあの凹凸のないのっぺりした顔でアオブダイ位の大きさのお魚が通りました。図鑑で見ると「クロシロベラ(だったかな?)」だそうです。
“イラ”を知ってるダイバーだったら、絶対、「え・・・・・えぇっ~っ!!!」と必ず振り返ります!(笑)


最後は、ボートの下で安全停止を兼ねたフリータイム。
姐は最初のハプニングでエアを消費していて、珍しく一番にエグジット。
見事、久々にエア10で使い切りました♪


魚たちとの出逢い
・黄色いジョーフィッシュ
・クマノミ
・ミツボシクロスズメ大群
・セナキルリスズメ
・ハタタテハゼ
・タレクチベラyg
・マクブー(←これが、“イラ”顔のお魚!)
・アカナマコ(美味らしい!)

・サツマカサゴ
どこでしょう?難易度高し!


・ニチリンダテハゼ
最初はどこにいるのか見つけられなくて^^ゞ


・ミゾレウミウシ
沖縄では普通種・・・ミゾレちゃん



451st Dive
ポイント:米原Wリーフ 西
エントリー:ボート
EN:14:18
Under the water:57min.
Under the water in my life:360h27m
気温:--℃
水温(水底):23.5℃
Suite:5mm + フード(OK!)
透明度:--m
透視度:20-30m


一度ショップに戻ってランチの後の2本目。

な・ん・とっ

川平方面、何とか行けそう!!とのことで、川平湾からボートを出してくれるという。ステキ!!

だけどー・・・・
まだ波が高く、目的地はマンタスクランブルではなく、枝珊瑚で有名な米原ということに。

ここで、最後の9人目と合流。会うなり「石原良純に似てるって言われません?」by 姐・・・→回り大賛成!
ってことで、その後は“良純”と呼ばれることとなるバディHさん!
その、バディHさんは何度か石垣に来ていて、マンタスクランブルよりもこの米原に潜りたかったらしい!良かったね~、良純(笑)


姐はこの“米原”エリアが珊瑚で有名・・な位は知っていたけれど、これほどまでとは・・・。
枝珊瑚の絨毯っす。
陸で言うならば「針のむしろ」とでも言う感じ?(笑)
裸足だったら足を降ろせる場所がない・・・・完璧、中性浮力じゃないとダメ!!
見てください、この枝珊瑚!見事っ!!


姐に“沖縄に来たんだなぁ♪”と感じさせてくれるお魚のひとつ、「テングハギ」も2匹?と思ったら、5匹の群れ(←5匹以上は群れ・・よね?)!!写真は何とか2枚だけー。
この色使いが常夏チック


のんびり泳いでいくと、「フタスジギンポ」が穴からキョロキョロしてる。

その先では石垣ならでは、「石垣蛙魚」(←イシガキカエルウオ・・・本当かよ?!)
目元のピンクがおしゃれ~な感じ!
ちょっとおすましね^^


のんびりまったり癒しのダイビング。
と思いきや、最後にはこれまた定番「クマザサハナムロ」がその流線型の体を格好よく光らせて流れてく。
油がのっていい感じ(笑)


綺麗な珊瑚礁を優雅に潜った感じの一本でした*^^*


魚たちとの出逢い
・イナセギンポ
・テングカワハギ
・ヒトスジギンポ
・ガラスハゼ
・イシガキカエルウオ
・ツノダシ
・イボウミウシ
・ハナミノカサゴ
・クマザサハナムロ



452nd Dive
ポイント:川平石崎マンタスクランブル
エントリー:ボート
EN:16:01
Under the water:43min.
Under the water in my life:361h10m
気温:--℃
水温(水底):23.0℃
Suite:5mm + フード(OK!)
透明度:--m
透視度:20-30m


2本目が終わって、オプションの3本目に行くことに決まった時、

「次はマンタですか?」

とは誰も聞かなかった。朝からマンタスクランブルに行けるかどうか・・・という状況だったし、皆の中にも「それはしょうがない・・・12月だし・・・明日もあるし・・・」という思いが多分あって、最後の1本っていう時に思い切って聞く人はいなかった。

だけど、その時、ガイドさんは言ってくれた。

「次、マンタ、行けそうですね!行きましょう!!」

キャーッ、嬉しいっ!!明日はわからないもの、行けるうちに行きましょうっっ(本音。)



ということで、ついに、念願の、桑田さんが歌う「神の国 遥か島」♪楽園のマンタスクランブル come to me♪へ来た、来たっ!!来たよぉ~!!!



我ら9人+現地ガイドさん+アシストガイドさんの計11人。他に停泊してるボートはない!やった!!

いつもつけてる虫眼鏡、「これいらないかなぁ?」にスーパーガイドの「一応、付けてきましょうよっ」の弱気な提案(笑)マンタを見たことがないというバディCZとNくんの姉弟が、どうか見られますように・・・と願いを込めて、次々とエントリー。

「透明度があまりよくないので、固まって行きます、Gメン禁止です!!」の指示に従い、ごっちゃり固まりながらも、そこはベテランダイバーの集団(ぽく)ほどよい間隔キープで進む。

少しいくと「マダラトビエイ」が優雅に横切っていった。姐はしっかり目で追いつつも「ごめんね~、今日は君じゃないのよ・・・・」と後姿を見送る。


こんな時、姐は大抵、ガイドさんのすぐ後ろを陣取っていく。
アシストに入ったガイドさんが我々集団から少し離れ、マンタが居そうな根を探してくれている(風)。気になる・・・

そして間もなく、先頭のガイドさんが指を差したその先・・・・

Manta Ray


悠々とその翼をひろげて、マンタが舞っていました。

先頭にいた姐は、振り返ってリンリンベルと共に「いたよぉ~っっ!!!!」の合図を皆に。
皆のフィンが速くなる^^ 早く、早く、CZとNくーん、いたよぉ~!!

あれはヨットか?ポセイドンかぁ・・・(笑)


マンタが舞うその根は、時間が遅かったこともあって、我々チームで貸切!!
5枚ほどいたマンタはやがて3枚に。この3枚がしばらくその根にいてくれた。

マンタフラワー



なんだろう・・・「わぁ~!!」でもなく「すっごーい!!!」でもなく、どちらかと言えば言葉が出ないような感動。溜息が出るような美しさ・・・。

マンタは今年の2月にパラオでチラ見したけれど、こんなに近くでゆっくり見たのは、前回の石垣以来、4年ぶり。何だか、とっても感動だった。
当時はただ「マンタだーっ!!」っていう興奮だけで終わったような記憶だけど、今回、この大きな海の中で神々しいまでのマンタを見ていると、海を、自然を、彼らを・・・ずっと守っていかなくちゃいけないよなぁ~と改めて思う。
彼らが気持ちよく、いつまでもこうして舞っていられるように、人間は海に入れてもらっているっていう事を絶対に忘れちゃいけないって思う。

夕方の光を背に大きな翼を広げるマンタは、やっぱり海の神様みたいに見えた
「神の島」の神様・・・かもね



ところで、最初に見た「マダラトビエイ」・・・あれは、マンタのチビッコだったんだって!
あーん、もっとちゃんと見とくんだったーっ >_<


魚たちとの出逢い
・マンタ!
・マンタ!!
・マンタ!!!




☆Night Dive in 石垣島/川平☆

今日のお夕飯は・・・・川平公園茶屋(民宿がお店もやっている)では有名な“八重山そば”!!前の日におそばの話をしたら「じゃ、明日のお夕飯に出してあげよね」と言ってくれたのです。
嬉しいっ!!きっと、だいたいはメニューも決めていただろうに、9人分ものお夕飯をリクエストに答えてくれて・・・感激でした。そのお夕飯がこれ!
どうだー、美味しそうでしょ?!


八重山そば・・・絶品☆
全部食べてしまうのがもったいないくらい*^^* そして、「ゴーヤチャンプル」でしょ、やっぱり。
今日撮ってくれたビデオ・・・米原の枝珊瑚、マンタの舞いを見ながらまた感動。
あまりの嬉しさとご飯の美味しさに、昨日は1杯で我慢したオリオン生、2杯目いっちゃいました(笑)

民宿のお父さん、お母さんも「こんな綺麗な海は久しぶりだよ、良かったね~」と我らの運のよさに感心しきり。
美味しいご飯をありがとうございました!!
お父さんとお母さん♪



ご飯を食べた後は、昨日に引き続き・・・川平に2件しかない飲み屋のもうひとつへ。
これで川平の飲み屋制覇ですっ(笑)若干、無理やりな感じのクリスマスデコレーションで迎えてくれた、このアジアンテイストいっぱいの「PULAU」は、インドネシア語で“島”という意味だそう。
石垣のクリスマスはこんなです^^


お店は小さいながらもシャレた感じで、TVモニターからは水中の映像が。
今日の感動と明日への期待が高まる、高まる!!泡盛もすすむ、すすむ!!(笑)

 何の話しからか、今日のバディを変更しよう、という話になって、新しいバディチームが出来上がり♪
「チーム・モンキーズ(申年・・・25っすよ、25)」♀x♀
「チーム・○井姉弟(まんま)」♀x♂
「チーム・年の差カップル(今流行り)」♂x♀
「チーム・シングルス(だった?今付けた 笑)」♂x♀
 
明日はさて、一緒にどんな海を見ようか


気分よく民宿へ戻る途中・・・・ちょっとした事件が。
一番若いバディMちゃん(と言っても32。しつこい?)の後ろを怪しいオッサンが付いてくる。
♀女子5人は怖くなってさっさと民宿の中へ。
さっきまで一緒に笑ってた♂4人は、そこは男子!!我ら女子に「早く帰って」なんて言いながら、オッサンをやっつけてくれた!!!キャー、ステキッ
どうやらそのオッサン、「お前らのやってることは犯罪だ!」と言ってたらしい・・・お前だろ

あんなに綺麗な海のそばの、静かな川平のちょっとした出来事。
♀女子ばかりだったら・・・と思うと、ちょっと怖かったな。


気分を切り替え民宿に入ると・・・なんと、ホタルが宿の中を飛んでる
トイレにも(笑) 電気を消してみると、お尻をピカピカ光らせたホタルが・・・綺麗。
すごいなぁ・・・どんなイルミネーションより綺麗だよ、なんて思う。


あっと言う間に1日が終わり、明日はダイビング最終日(早っ)
また、マンタスクランブルに行けるといいなぁ~・・・・なんて思いながら眠りに落ちていきました~
(↑ダイナミックダイバーに戻りつつある姐。)

#121-122 石垣島

2001年10月10日 10:40

121st Dive
ポイント:マジックマッシュ
エントリー:ボート
EN:20:40
Under the water:52min.
Under the water in my life:89h01m
気温:--℃
水温(水底):27℃
透明度:--m
透視度:--m


魚たちとの出逢い
・アカククリ
・アカヒゲカクレエビ
・ハダカハオコゼ
・ガーデンイール
・ガラスハゼ
・ワニゴチ
・ハナゴイ
・オジサン
・ヒフキアイゴ
・フエヤッコ
・アジアコショウダイ



122nd Dive
ポイント:ミノカサゴ宮殿
エントリー:ボート
EN:14:12
Under the water:47min.
Under the water in my life:89h48m
気温:--℃
水温(水底):28℃
透明度:--m
透視度:--m

今日、またやっちゃいました^^;;
ウエイト4kg、勝手に潜行していきました-_-
仲間の1人が拾ってくれて、バディが着けてくれました・・・。
浮上の時は、シンクロナイズドダイビング~なんて言って回っていたら、エアがなくなてしまい、助けてもらいました^^;;;;;
皆、ありがとぉぉぉ~、大好きよっ♪

魚たちとの出逢い
・ハナミノカサゴ
・ムチカラマツエビ
・ハナゴイ
・カクレクマノミ
・ヨスジフエダイ
・ハタタテハゼ
・ウミウシカクレエビ
・ヤマブキスズメダイ
・ヒレフリサンカクハゼ

#118-120 石垣島

2001年10月09日 10:14

118th Dive
ポイント:荒川ヨスジの根
エントリー:ボート
EN:10:14
Under the water:47min.
Under the water in my life:86h27m
気温:--℃
水温(水底):28℃
透明度:--m
透視度:25m

大好きな砂地でのぉぉ~~んびり^^

魚たちとの出逢い
・ヨスジフエダイ
・ガーデンイール
・クロガシラウミヘビ(が上へ上へ昇っていった!)
・メガネゴンベ
・ヤッコエイ



119th Dive
ポイント:川平石崎マンタスクランブル
エントリー:ボート
EN:12:17
Under the water:55min.
Under the water in my life:87h22m
気温:--℃
水温(水底):28℃
透明度:--m
透視度:--m

頭の上をマンタが通っていきました・・・。
すごーーーーい!!!

魚たちとの出逢い
・マンタッ!



120th Dive
ポイント:川平石崎マンタスクランブル
エントリー:ボート
EN:16:02
Under the water:47min.
Under the water in my life:88h09m
気温:--℃
水温(水底):28℃
透明度:--m
透視度:--m

マンタのチュ~!!
三枚のマンタが踊る踊る!

魚たちとの出逢い
・マンタ
・カメ
・カマスの群れ

#116-117 石垣島

2001年10月08日 11:55

116th Dive
ポイント:米原深平南
エントリー:ボート
EN:11:55
Under the water:51min.
Under the water in my life:84h48m
気温:--℃
水温(水底):28℃
透明度:--m
透視度:--m

台風20号もどこへやら、超お天気!!
初めての石垣は、感動的なお天気!
海も綺麗で、景色はパラオみたい・・・
楽すぅい~4日間の始まり始まりぃぃぃ♪♪

魚たちとの出逢い
・コブシメ
・ハタタテハゼ
・クロユリハゼ
・サザナミヤッコ
・ゴマモンガラ(危険らしい)
・ニシキヤッコ
・ウメイロモドキの群れ
・モンガラカワハギ
・ヒフキアイゴ
・ヒレナガハギ
・オヤビッチャの群れ



117th Dive
ポイント:川平石崎マンタスクランブル
エントリー:ボート
EN:15:22
Under the water:52min.
Under the water in my life:85h40m
気温:--℃
水温(水底):28℃
透明度:--m
透視度:40m

かの有名なマンタスクランブル♪
期待どおりのマンタ、マンタ、マンタ、マーンーターーーーーーーー!!!!!

魚たちとの出逢い
・マンタ
・イシガキカエルウオ
・ミヤコテングハギ
・コバンザメ
・カメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。