--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈リベンジツアー 陸編

2008年10月05日 18:30

2日目、ダイバーのみんなは朝5:30出発で早朝のナズマドへ。
さすがの姐も、前日に「ナズマド」と聞いていたので、スノーケルはやらないことにしていた。

あのナズマドでスノーケルして朝っぱらからどんだけ流されるんだろう・・・と思ったら、命が惜しい(笑)


姐は皆がガサゴソしている音を聞きつつ・・・・見送りしなくちゃ・・・と思いつつ・・・・


爆睡


ごめんね、みんな。


二度寝の気持ちよさを満喫し、皆が帰ってきた音で起床。
聞けば随分と流れていたらしい。
朝からみんな良く頑張りましたっ!!(他人事。笑)


ショップTちゃんの美味しい朝食をいただきながら、皆の写真を見たり、ログを付けたり・・・の~んびり。そして、みんなはお昼寝。姐もお昼寝(またかよ。)

いよいよ午後からプチ観光に出かけました~!


まずは腹ごしらえ。
明日葉うどんが美味しい「一休庵」へ。

こちら、「大名うどん」
Hachijo_0810 026

こちら、夏季限定「天たぬき冷うどん(だったかな?)」。ぷりっぷりのエビと山盛りの花かつおがいい感じ~。そして姐とバディHさんは、昼間っから生ビール!!最高


腹ごしらえもOK!ガソリンも満タン!
ってことで意気揚々と向ったのは、、、「民芸あき」(笑)お土産やさん。
買うもの買っておかないとね~
姐はくさや好きの姐パパのために「飛び魚のくさや」真空パックを買いました。
是非、姐のいない日に焼いてもらいたいと思う・・・

それから、デザートはやっぱりあれよねぇ!!と、中之郷にある「中田商店の明日葉ソフトクリーム」を食べに行く予定だったのだけど、時間がなさそう
残念、諦めました。


ソフトクリームを諦めてもこれは諦めなかったというそれは・・・

今日の最大の目的!!!



きょん。



「八丈島のきょん」っす。

姐は八丈歴7回め?だけど、まだ一度も見ていない・・・
八丈ヴァージンのTネェのリクエストもあって、みんなでいざ「八丈植物公園」へ。
Hachijo_0810 030


まずはビジターセンターできょん情報をGET!
Hachijo_0810 036


さぁ、いよいよ“きょん”へ・・・と思ったら、なんと諦めたはずの中田のソフトクリームが売っているではないの~っ!!!
おばちゃん、やるなぁ

ってことで、ソフトクリーム乾杯
Hachijo_0810 043


いい大人6人はソフトクリームと呼ぶにはちょっと硬い明日葉ソフトを食べながら、いざ“きょん”へ。


これが・・・“きょん”??。
思ったより、小さくてびっくり!!姐の中では鹿、奈良公園の鹿をイメージして
いたので、そのちょこりんとした姿がとっても可愛く見えました!!

キョンx2(微妙に昭和。)
Hachijo_0810 046


キョン♂
Hachijo_0810 045


楽しいプチ観光でございました~


帰りの飛行機も、明らかに筋肉痛であろう体の節々に痛みを感じながらも、特に大きな不調を感じることなく、帰って来れました。
Hachijo_0810 051


そして解散~!!!!ってなはずもなく、恒例の「反省会」へ(笑)
Hachijo_0810 052




気のおけない愉快な仲間達と、一年越しのリベンジ果たしに八丈へ
1泊2日と姐にとっては短かったけど、大充実の2日間でした

『さんす○、すずっ○、○あぼう、まん○つ、そして、さ○けん!!!!
最高のバディ達、ありがとね~(笑)  by ○っちん




======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「よかったね~!八丈!!」などと思ってくれたら・・・(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆


スポンサーサイト

八丈リベンジツアー 海編

2008年10月04日 20:00

行って来ました、約2年ぶりの八丈
というより、「行って来れました!」が正しいような(笑)

あの忘れることの出来ない去年の八丈行き・・・(遠い目)


月初で休みが取れない姐は、バディ4人+スーパーガイドEKちゃんの1日遅れで、さくっと土日1泊2日のスノーケル&温泉の旅でござんした!


出発の土曜日は秋晴れ ルンルン←昭和。
減圧症以来、約1年1ヶ月ぶりの飛行機搭乗ということもあって、体調を気にしながらの飛行機の旅だったけど、殆ど揺れることなく、あっさりと到着。
体調の変化も特になくて・・・ホッ


ショップは以前にもお世話になったところ。
スタッフの皆さんも覚えていてくれて、弾丸トーック!!!(笑)
久しぶりに会うのに、こうやって盛り上がれるのが、何よりも楽しいぃっ


そして、いよいよ海へ~

姐が加わるということで、ポイントは、スノーケルでも楽しめる“乙千代が浜”を選んでくれていた
Hachijo_0810 006

この“乙千代が浜(おっちょがはま)”は以前何度か行ったのだけど、いつも海況が悪くて、潜れたことがないままだったので、スノーケルでも超嬉しい

皆と一緒にエントリー。
ブリーフィングで“ここまでは姐さんも一緒に~”ってところまで皆の上を付いていく。
なにしろ、青い!!あったかいっっ!!!南国じゃーっ!!!

そうそう、これよ、これ。八丈ブルーと思う
Hachijo_0810 014


では、皆さまお待ちかねのNEWカメラで、スノーケラー渾身の一枚を(笑)
Hachijo_0810 007

普通写真ですんません。でも、スノーケラー目線っぽいでしょ?


そして、皆が洞窟に消えていったところを見送って、姐は一旦陸に戻った。
5mmウエットは大島に置いてあるので、今回はロクハンだった。
で、このロクハン・・・・

「暑すぎる~っっ!!!

そしてウエイトが

「軽すぎる~!!!

ひとりてんやわんやっすよ(笑)

上手いこと素潜れないのがストレスで、“ロクハン、ウエイト、黒いゴーグルに黒いスノーケル、白いゴムフィンでもっておNEWのコンデジ”の海女っぽいプロっぽいスノーケラーはガシガシと岸へ戻る。

っとそこに別のダイビングショップの人々が。。。きゃー、ちょっと恥ずかしい
とりあえずウエイトもろもろ置いて、浅瀬に行き、ロクハンの上を脱いだ。

「はぁ~ん、気持ちいいぃ~」(ヒデキ風)

シーガルのまま上がってきて・・・さて、どうすっか
どうみても、「ダイビングやる気道具一式」を持ってるのに、タンクだけない人ですよ、コレ(笑)
んが、瀬に腹は変えられぬ。ここは八丈、せっかく来たのにそんなダイバーの目を気にしてられっか!!と決心。
姐、ロクハンシーガルにウエイト巻いて、あれこれ持って海に再び!!もちろん、なるべくダイバーとは目をあわさないようにしていました(笑)

今度は逆側からエントリー。
タイワンカマスの群れ・・・かな?
Hachijo_0810 010

浅瀬から沖の方へと泳いでいった。
姐も思わずついていきそうになったけど、ここは八丈、潮の流れが結構速い。
うっかり黒潮に乗っちゃ大変!と諦める
Hachijo_0810 011

浅瀬には、チビッコウツボや~
Hachijo_0810 059

「何だろう、これ?」や~
Hachijo_0810 058

少し深場には、季節の風物詩、ツノダシが群れていました~
Hachijo_0810 060


ちょっと体が冷えてきたかな~ってころに皆もグットタイミングで上がってきた。

ほ~ら、姐のバディ達はそんな姿の姐を見ても、顔色ひとつ変えず普通に「お疲
れ~!そっちはどうだった?」ってなもんだいっ!ぷぷぷ、そうこなくっちゃ!

日が落ちると海が光る・・・綺麗
Hachijo_0810 015



そして、皆の3本目、姐の2本目は、“八重根”へ。

ここでは、イベントが2つ!!
1つはバディTネェの300本記念撮影(実は・・・302本だったらしいけど←言っちゃった!笑)
そして、皆がもう一度写真リベンジしたいというフリソデエビペア!!
このフリソデ、水深7mくらいにいると言う。「姐さんも行ってみますか??大丈夫っすよ!」と現地&スーパーガイドがニヤリ うーむ・・・み、見たい。

まずは、記念撮影!姐、頑張りました
「いつもより多くそっていますっ!!!」ってな感じで仲間入り
Hachijo_0810 061

が、もちろんスノーケラーなわけで
慌てて上がる姐・・・惜しくもフィンのみっっ(笑)
Hachijo_0810 019


無事、記念撮影を終えると次は、例のフリソデへ。。。

姐、頑張りました。水深Max7.3m! バディ達が待つ水中へ一目散、1本目はもうちょっとというところで息が続かず。。。

「どうする?おいで!!

という合図が。皆が姐の場所をあけて待っていてくれる。
よーっっし!!!姐、息を整えて、再びチャレンジ!!!

い、い、いたーっ!!!

フリソデェェェェ~!!!!!!!
Hachijo_0810 064
Special Thanx@八丈島植物公園

八丈に来た実感、しみじみ
そしてこのままフリソデと心中か?と思うギリギリで上昇。

そこからは皆を見送って、八重根港内で、遊んでいました。
姐水面から発見のミナミハコフグ!
Hachijo_0810 063


そしてこちらはコールマン・・・かな??
Hachijo_0810 062


最後にはまた皆に合流、現地ガイドSちゃんが「夕陽と姐さん」とスレートを書く。水面から顔を出すと夕陽、そして水中は少しオレンジ色。
キレー

思わず水面でポーズ。
みんなちゃんと撮ってくれてんのーっ?!(笑)
そんな夕陽はこちら!
Hachijo_0810 024

やがて、沈んでいきました。こういう景色を見ると「島にいるんだなぁ~」ってほんとに思うよね!
Hachijo_0810 025


夜は大吉丸で(イメージ)でした

ほどよい疲れと共に、バタンキュー
あぁ、これだから海は楽しい・・・・


つづく


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「おぉ~、スノーケルもいっちょまえ!!」などと思ってくれたら・・・
(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆

ダイブログ #513 八丈島

2006年09月11日 06:43

最終日、帰りの飛行機は4便だったけど、念のために早朝1本だけにしておこう!ということに♪

後1本だと言うならば・・・ そう見忘れているものがひとつっ


「八重根のアーチ!!」(誰のせい?)←もういいって(笑)


ってことで、最後の1本は八重根アーチリベンジに決定



513th Dive
ポイント:八重根
エントリー:ビーチ
EN:6:43
Under the water:57min.
Under the water in my life:414h38m
気温:--℃
水温(水底):29℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m


この1本は寄り道なしっ!(笑)
アーチには、「モンガラyg」が出ているという噂。むふふ、行かねば。

まずとりあえず、アーチまで行きましょうっ!!ということで、イトヒキアジを見つける間もなく、いざ向う。

 

 

が、八丈ガイドSちゃんがふっと止まった指先には、「フリソデエビ」(姐早くも2回目)
昨日、“底土”で見たものよりもやや大きめ。
ちゃんと写真に撮れました

さて、問題です。
「このフリソデエビ、何匹いるでしょう?」
20061027192934.jpg


ほら、ここにも!
20061027192428.jpg


実はもう一匹いますよ~、どこだかわかる?
全部で3匹が仲良く暮らしてた


っといけない、ここで夢中になり過ぎてはっ・・・

再び、泳ぐ、泳ぐ。
 


そして、無事、アーチに到着ぅ~
P9100107.jpg
Buddy's Photo♪


アーチを潜りながら見上げるブルーはとっても綺麗
P9110139.jpg
Buddy's Photo♪


アーチに着くと、皆で「モンガラyg」探しを初め・・・ふふふ
姐、見つけましたっ!

が、写真はこれで勘弁(笑)一応、証拠ってことで
とってもすばしっこくて、怯えている風だったので諦めました
「モンガラカワハギ」yg
20061027192953.jpg


何故かアーチに到達したことを自慢気にガッツポーズのスーパーガイドEKちゃん・・・
だーかーらーっ・・・・・・もう言わないわっありがとね、今日はおとなしくしていてくれて(笑)
20061027193011.jpg


アーチの周りでしばし“放置プレー”を楽しんだ後、アーチをくぐり大回りをして、いざ帰路へ。


バディセレブEが帰ってしまっていた今日は、全部で6人。

八丈ガイドSちゃんでしょぉ~

スーパーガイドEKちゃんでしょぉ~

バディSuさんでしょぉ~

バディSKちゃんでしょぉ~

バディ超mpでしょぉ~

で、姐・・・



っと、あれ??
あなた、バディじゃありませんから。
違いますからーっ!!!

もしかしてー、ずっと一緒に泳ぐあなたはバディセレブE!!!!???
20061027193108.jpg




ずっとついてくる「ハマフエフキ」は間違いなくセレブだっっ!!(笑)
もう、可愛いやつめ


皆が「モンジャウミウウシ」に夢中になっている時、八丈ガイドSちゃんが姐だけに見えるようにスレートを見せる。

「キレイですね

「えっ、いやん、そんな・・・ ストレートねっもぉっ

と若いSちゃんの直球な告白(?)にドキッとしたのも束の間、その指示棒の先には美しい「オオナガレカンザシ」が。
・・・あ、そ、それね、それ
20061027193131.jpg


頭を掻くと八丈ガイドSちゃんが笑う。
ありがとうね、と心から思う。楽しい八丈の海だったよ
姐の好きなタイプのガイディングをしてくれるガイドさんでした


今回の八丈の海は、本当に良かったと思う
大物にはあたらなかったけど、2日目、3日目と海が良くなった。
“これぞ八丈ブルー”を堪能した3日間7本、どれもこれも印象に残るダイビングでございましたーっ


魚たちとの出逢い
・フリソデエビ
・アオウミガメ
・イッテンチョウチョウウオ
・アカハチハゼ
・モンガラカワハギyg
・タテヒダイボ
・オオナガレカンザシ
・キビナゴ

・ミナミハコフグyg
20061027193021.jpg


・モンジャウミウシ
20061027193118.jpg



午後からは観光へ

まずは腹ごしらえに“明日葉うどん”
20061027193448.jpg


そして、裏見ヶ滝温泉へ。
ここは、水着で入れる混浴
20061027193457.jpg


外からは見えない・・・・
20061027193503.jpg


けど、お風呂はとてもいいお湯加減で滝を見ながらまったり。
うーん、たまりません


お風呂で火照った体は、明日葉アイスでクールダウン
はい、乾杯!
20061027193511.jpg



八丈ならではの玉石垣のあるふるさと村周辺をお散歩
この玉石垣、荒波にもまれて丸く角のとれた石だけで積み上げられた玉石による石垣のことだそうな。キレイにもまれたこと・・・
20061027193529.jpg



お土産屋さん『民芸あき』によって少しだけお買い物♪
姐はいつもの八丈とんがらし醤油を買いました
P1100031.jpg


完璧なタイムスケジュールでプチ観光をこなし、いざ空港へ。
ショップの紅一点お料理上手なTちゃんが代表してお見送りに来てくれました
20061030123501.jpg





“夏の潜水 in どっかの島”の話が出たときに『八丈!!絶対、いいからーっ!』と豪語し、半ば強制的に超割チケットまで自ら手配した姐(笑)
そして、姐史上初の『大寝坊』で始まった八丈。
振り返ってみれば、すべてのツジツマがあって大満足!!!

頑張ってくれたタクシーのおじさん、ありがとう
2便のキャンセル1席、ありがとう
エロ旗持って迎えてくれたショップオーナー、ありがとう
笑顔がステキな八丈エロシSちゃん、毎日朝っぱらから、ありがとう
美味しいご飯と毎日笑顔で送ってくれたTちゃん、ありがとう


そして、スーパーガイドEKちゃん、何もかも許すっ(笑)ありがとう
P9090016.jpg
Buddy's Photo♪

そしてそして、今回も一緒に潜って食べて呑んで笑ってくれたバディの皆々さまっ、あざぁぁぁ~っっっす!
20061027193520.jpg



八丈ログ・完
20061027193635.jpg



(・・・がこのままでは終わらなかった ↓Check!)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「八丈最高、伝わってきたよ~」と思ってくれたそこのバディ!!
↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
[ 続きを読む ]

ダイブログ #511-512 八丈島

2006年09月10日 13:36

八重根でスーパーショーを堪能した我らは、一旦ショップに戻って、ランチ

姐は燦々と太陽が降り注ぐ・・・というよりは、刺すような太陽光線の元、テラスでお弁当を食した
「しかし、暑いねぇ~!!」なんて言いながら。
9月10日、八丈はまだまだ常夏

バディセレブEはこの日の最終で帰るため、このランチでお別れ
スーパーガイドEKちゃんは急にショップオーナーの顔に戻り(笑)セレブを送るために一旦我らとは別行動に。

ところで、この2泊3日の八丈では、7本潜る予定だった。
その計画は、3+3+1。
が、ご存知のとおりの有様だった姐は、初日に2本しか潜れなかった
とは言え、6本に諦めるつもりもなく、中日に4本潜らないと元とれない~っ!!!という状況。
“割り勘負けは絶対にしない”というポリシーの姐、元は取らなくちゃ(笑)

そして、“姐だけ4本なんて!!”というバディも参戦、この中日は皆元気に4本行っちゃったのであーる


午後からの2本は、姐初めての「そこどこぉ?」な“底土”・・・(あれ?だめ???
そして、〆は少し波も収まってきた“ナズマド再び”となりました


511th Dive
ポイント:底土
エントリー:ビーチ
EN:13:36
Under the water:60min.
Under the water in my life:412h44m
気温:--℃
水温(水底):29℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m


底土港自体はもちろん見たこともあるし知っていた。
でも、どこからエントリーかは知らなかった。

ガイドの八丈エロシSちゃんが満面の笑顔で言う。

「あの桟橋を歩いていった先からエントリーです


・・・・見てるだけで疲れる距離だった。
エントリーする前から上がってきて大変だろうなーと思う・・・
サイパンのグロットに比べればっ!”と自分を励まし、いざエントリー口へ

桟橋からは沢山の子供達が飛び込み合戦をやっていた
まだまだ夏だねぇ


エントリー口は浅く水が綺麗なのがわかる。

ここ“底土”では、少しのんびり、まったり、チマチマ行きましょう、という事になっていた。
そして、姐お初の「フリソデエビ」が見られるという

エントリーしてしばらく行くと、八丈エロシSちゃんがスレートに書いた。

「今、この範囲にフリソデがいます。さぁ、どこでしょう?

皆で探す・・・
えーっ!!!どこだぁ?どこだぁ????

「超mpさんが一番近いです

(以下、イメージ)

「えーっ、mpどこよ、どこ?探すのよーっ!!!」
「いやーん、姐さん、mpはウミウシしか探せないんだってばーっ」
「なに言ってるの、小さいってことでは一緒でしょーっ!」
「って、探してるフリして、あたしはウミウシ探しちゃお
「mp~、見つかったぁ???」


やがて、4人で見つけられない我らに業を煮やしたガイドSちゃんが、カウントダウンを始め・・・・・

ブブーッ!!タイムアウト


そして、mpの足元を指差すと、そこに・・・
「フリソデエビ」わーい、初めて
写真で見てたのと同じだったっ!(笑)



フリソデエビの写真を皆が順番に撮っている間に、ガイドSちゃんが何やら砂地を指差している。
そこに「キンチャクガニ」 こんなにはっきり、ゆっくり見られたのは初めてかも
何を応援してるのかな?^^



そんな「キンチャクガニ」に夢中になっていると、バディSKちゃんが何やら発見!
姐2回目の「モンハナシャコ」、しかも・・・特大サイズ
大きすぎて、グロい しかも、その色ゆえに美味しそうでもない(笑)
伊勢エビクラスのモンハナ・・・美味しいのかなぁ?



更に進んでいくと、“底土アーチ”が
アーチの中にはチョウチョウウオ達が群れている...

さて、ここで問題です
「ウォーリーを探せ!!その①」(←やや古。?)
あっ、1匹だけあの子が・・・^_-☆



見上げるとあまりにも綺麗で思わず写真を・・・撮ってる姐
すごーくキレイだった・・・太陽の光が差し込む海♪
Buddy's Photo♪


マクロありーの、アーチありーの、盛り沢山な底土。
帰りの桟橋は確かに疲れちゃうけど、それでも行く価値ありのポイントでした


魚たちとの出逢い
・フリソデエビ
・キンチャクガニ
・モンハナシャコ
・レンテンヤッコ
・チョウチョウウオ
・ユウゼン
・アカヒメジ
・ミカドBaby
・ナンヨウカイワリ

・イロブダイyg(底土バージョン)
子供のうちは可愛いね(笑)


・ミカドウミウシ10cm(実寸)-姐お初♪
これが30cmにもなるという噂のスパニッシュダンサー!!




512th Dive
ポイント:ナズマド
エントリー:ビーチ
EN:16:04
Under the water:57min.
Under the water in my life:413h41m
気温:--℃
水温(水底):26℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m


2日目最後は、4本目だっつーのにナズマドへ
朝の流れっぷりは随分とおさまっている様子。

そして、八丈エロシSちゃんがここでも言った。

「ハンマー、狙っちゃいます???

ナズマド!!!ハンマー!!!出そう、出そう!!
ってことで、満場一致で狙いに行くことに!


・・・だのに

ダイナミックだからとスイッチを切っていたはずの姐のウミ探(注:ウミウシ探知機)、久しぶりに反応してしまった。
色艶やかな「アデヤカミノウミウシ」
艶やかなのですよ~、その名のとおり!



てへっ


この頃になると「アオウミガメ」はもはや普通種。
さて、ここで問題です。
「ウォーリーを探せ!!その②」(←ベタ?)
どこにいるかわかる?わかる??



ハンマー待ちの根、先端でしばらくすると、八丈エロシSちゃんが姐にスレートを見せた

「匂いますか?
「・・・全く匂わないでも何か出るんじゃない?」
「待ちましょうか
「ねーねー、沖に探しに行っちゃダメなの?
「無理です
「はーい

って筆談の後、しばらく中層を皆で見回しながら待つ、待つ、待つ・・・・


そして・・・・・・・・待ちくたびれ(笑)


いさぎよく撤収

根から離れ青い中層をほどよい流れに乗って移動・・・気持ちよかったな
「ヤッコエイ」が優雅に泳いでいく。
八丈でのエイはこの1枚でしたー。



そうそう、すっかり普通種なんて言っちゃって、ユウゼンの写真もちゃんと撮ってなかったわ
ってことでパチリ 
「ユウゼン」知る人ぞ知る、八丈固有種。
このボディはきっと、ノックしたら“コンコン”って音がするんじゃないかと見るたびに思う(笑)
多分、ボディはアルミ製(笑)



途中、ワモンダコのかなーりな挿○シーンをガッツリ目撃したりしつつ、ゴロタエリアに戻り、後はの~んびり。

チラリと見えた青い陰・・・は姐発見の「タテキン 中学2年生」
タテキンygは姐の中では“八丈”っていうイメージ。
現在、思春期真っ只中(笑)
Buddy's Photo♪


エグジット近くには海綿に化けた・・・にしては派手な「イロイザリ」
ちょっと目立ち過ぎよん♪



そして頭上にはものすごい数のキビナゴ。
“いけない、いけない・・・”とは思いながら、一度やってみたかった「キビナゴにものすごい勢いでツッコむ!!」っていうのをやってみる。
キビナゴ以外に何も見えない銀色の壁の向こうからバディが現れる感じ。
キャー、楽しいっ!(ごめんね、キビナゴーナ・・・)
ツッコんだはずが囲まれる幸せ・・*^^*
Buddy's Photo♪


大物はいなかったけど、期待を裏切らないナズマド、最高っす!
八丈小島に上る朝日に始まったこの日はまた、八丈小島に沈む夕日に終わったのでしたーっ
20061027184523.jpg


魚たちとの出逢い
・アデヤカミノ
・アオウミガメ
・ユウゼン
・コイボペア
・ワモンダコ(♂♀)
・ヤッコエイ
・カモハラギンポ
・ソリタエイロウミウシ
・イロイザリ
・タテキン 中2



ちゃちゃっとショップに一旦戻り、いざ温泉へ
その温泉へ行く途中に夕日が綺麗に見える橋“逢坂橋”がある
そこに降り立った姐、そして三十路越えバディ達、♂♀総勢5名。

あまりの綺麗さにうっとり・・・っと思ったら、あの飛行機はーっっ!!!!
まさしくバディセレブEの乗った飛行機じゃないのぉ~
ってことで、皆で手を振る
(が、きっと爆睡に違いない 笑)
「楽しかったね~、セレブゥ~」^^/~~~



バディセレブEの飛行機とその爆音が消えた頃、空はオレンジ色に染まり始めた。

何だかちょっと・・・“青春”
背中に哀愁・・・?!(笑)


そして何だかちょっと・・・“あいのり”(笑)
大人の「あいのり」いかがでしょぉ?



一瞬、水平線が真っ赤な火を噴いたように輝き、そして太陽は沈んでいった
うーん・・・溜息。すごいなぁ、地球。すごいなぁ、太陽。すごいなぁ、海。
人間なんてちっぽけだぁ~・・・と誰もが思った瞬間だった
八丈島はすごく太陽に近い島だと思う・・・



温泉で小奇麗になったそんな我らの夕食は・・・



☆Night Dive in BIENTOS Garden☆

ショップのお庭でBBQ!
お刺身も沢山!島唐辛子をちょっとだけ潰したお醤油で食べるのが八丈式
辛いもの好きな姐にはたまらんっ

BBQ定番のお肉、お魚、お野菜だけじゃなくて・・・なんとショップの紅一点Tちゃんが作る“カルボナーラ”の美味しかったこと!!

星空を眺めながら、ビール片手に夜は更けて行きました~



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「八丈行ってみたくなってきた!」そこのバディ!!
↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆


ダイブログ #510 八丈島

2006年09月10日 10:32

1本目のナズマドを終えてのんびりした後、潮も早くなりそうだし、帰ってしまうセレブもスノーケリングが出来るポイントは・・・ということで、八丈エロシことガイドSちゃんが選んでくれたのは“八重根”

八重根も姐の好きなポイントのひとつ

“入ったところに電柱みたいのなかったっけ?”

八丈“よく覚えてますねぇ でも、随分、変わってしまってると思いますよぉ”


一度潜ったことがあるポイントを、覚えられるようになったのは何本目位からだったんだろう
ガイディングなんて今でも、とてもとても出来ないけれど、それでもポイントによっては中の景観を思い出すことが出来る
始めた頃は、ポイント名を覚えるだけで精一杯だったけどな

なんて、自分の成長を少しだけ微笑ましく思ったりして



510th Dive
ポイント:八重根
エントリー:ビーチ
EN:10:32
Under the water:57min.
Under the water in my life:411h44m
気温:--℃
水温(水底):28℃
Suite:5mm
透明度:--m
透視度:--m


八丈ガイドSちゃんが

八丈「八重根にはすごい大きなアーチがあって、朝は特に綺麗なんです。是非、言って見ましょうね!

と言った。

バディセレブEを除く我ら、バディ♂2人とバディ♀2人(含む姐)と、そして伊豆のスーパーガイドEKちゃんの5人は、「はーい」と元気いっぱいに返事をし、アーチに向って、いざエントリー!!

これまた、キビナゴがすごいのっ!
八重根港というだけあってエントリー口が漁港(?)な感じなのだけど、外洋に出る手前のその港内(?)に“ぎっしり”ってくらいのキビナゴ。
姐は、「ずっとここでキビナゴ見ててもいいわ」っていうくらいに感激していた(けど、やっぱり外洋に泳いでいくんだけどー 笑)


入るとカマスと思しき群れが少し遠くに見える。
カマス群れ発見!


八丈ガイドのSちゃんのスレートには「タイワンカマス」
伊豆ガイドのEKちゃんのスレートには「バラクーダ」

さて、正解は?(笑)


このあたりで既にEKちゃんのテンションは上がっていたに違いない

“いいのよ、EKちゃん、今回はガイドじゃないのだから(ないのか?笑)”と姐は心の中で思っていた・・・


外洋に出たかどうか?!というあたりで、八丈エロシSちゃんが「イトヒキアジ!」とスレートに書いて水面を指差した!!!

「おぉ~っ!!!国内で見るのは初めてじゃーっ!!!!

と一生懸命見上げるも差し込む光と、本魚(注:本人と同義語)自らのメタリックボディのせいで見えるような見えないような・・・

チラリと見えたり、見失ったり・・・ジラしやがって(笑)


皆が「イトヒキアジ」に焦点を合わせようと見上げていると、その視界に入ってくる黒いボディ!!
魚にしてはデカい!!



おぉ~っ!!!・・・・あれは、我らがスーパーガイドEKちゃん!!!
バディ超mpのカメラを奪い、イトヒキに向って泳ぐ泳ぐ!!

その光景を呆然と見守っているバディ超mpの後姿が可愛かった(笑)
遠くを見つめる超mp・・・
Buddy's Photo♪


しばらくは、イトヒキアジ vs スーパーガイドEKちゃんのショーを見ていた。
あんなに自由奔放に泳ぐEKちゃんを未だかつて見たことがあっただろうか
とっても微笑ましい光景


そんな伊豆スーパーガイドEKちゃん撮影の「イトヒキ」
素晴らしいっ!
Super Guide's Photo♪

vs

とりあえず撮ってみた姐のイトヒキ
何となく映ってる?^^ゞ



さすが、魂こもってます(笑)


ふと振り返ると八丈ガイドSちゃんが「行きましょう」の合図。
“そうそう、アーチに行かないと♪♪ガイドじゃないからほっておこ”とあっさりEKちゃんから向き直って、今度はガイドSちゃんの後姿を追う


「キリンミノカサゴyg」は南国を思わせる姐の好きなお魚のひとつ
星条旗みたい♪


Sちゃんが指差す「アカハチハゼ」は沖縄で見るのよりもずっと小さくて可愛らしい


すると、伊豆スーパーガイドEKちゃんが「おいで、おいで」をしている。「なんだろ~」と思っていくと・・・

「チビクマノミ」&「ミツボシの群れ」・・・ これには笑った(笑)
そりゃー伊豆ガイドさんからすれば、9月初旬にミツボシいれば感激でしょう。それって、いつものクセですか?でも、ここ“伊豆”じゃないですからーっ(笑)

でもでもー、何気に可愛い「チビクマノミ」
偶然の産物です^^ゞ



ふと横を見ると見たことない「カニ」が珊瑚の間から顔を出してる♪
こっちのがよっぽど興味深い(ごめん、EKちゃん・・笑)その時は気づかなかったのだけど、写真に撮って見てみると・・・
「アカホシサンゴガニ なにやら食事中」 激写!
これまた偶然の産物^^ゞ



やがて気づくと、“あれ?もしかしてもう帰り道・・・

そう、アーチを見ずにエグジットに向っていた我ら!!


それって・・・・

「・・・誰のせいですか?」(爆)


あがるなり「ちょっとーっ!!アーチ見てないじゃーん!!!!」のクレームは、もちろん八丈Sちゃんではなく、伊豆スーパーガイドへ(笑)
一緒にエグジットしたバディセレブEに事の顛末を報告


だけど、だけど、誰も本気で怒ってなんかいない
寒い日も透明度の悪い日も、そうやって海を楽しむことを、姐たちに今まで教えてくれたのは、スーパーガイドのEKちゃんだから・・・

一番楽しそうにしてるEKちゃんを見て、本当はみんな嬉しかったよ


#これくらいのフォローでいいっすか?>スーパーガイドEKちゃん!?(笑)


魚たちとの出逢い
・タイワンカマス
・イトヒキアジ
・キリンミノカサゴ
・ハタタテハゼ
・アカホシサンゴガニ
・サンゴモエビ
・ミナミハコフグ yg
・アカハチハゼ
・モヨウモンガラドオシ
・卵を守るオヤビッチャ

・イロブダイyg
今年お初のイロブダイ♪


・キビナゴになってる姐&バディ超mp
どうよ、どうよー?!
Buddy's Photo♪

・それを水面から見守るバディセレブE
優雅な優雅な・・・ツバメウオyg?笑



======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「イトヒキよく頑張った!(誰が?笑)」などと思ってくれたら・・・(思った時だけでいいです、ほんとっ! 弱気。)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。