--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブログ #497-498 初島

2006年07月16日 10:44

“何故か森林模様”のお部屋で目がさめると外は薄曇り
天気予報では“曇り時々雨”の予報だったこの日。前日は見事に外れてくれて、太陽が出ていたけれど今日は当っちゃうのかなぁ~・・・何となく厚い雲に覆われていて晴れる気配はなさそう。
雨が降らないことを祈りながら、出発!

今日は・・・・

初めてじゃないけど・・・・



バージンアイランド“初島”へ、久しぶりの遠征


熱海のショップに到着し、オーナーでガイドのBOSSにご挨拶

スタッフのガイドKNくんはすっかり○くなって、しかもロン毛(古。)
“どうしたの~!!!”って、姐ったら失礼よねぇ自分が来てなかっただけなのに^^ゞ

初島に行く度に顔を合わせ、ランチ時には何故か乾杯とか一緒にしてる風だったりするのに、ショップとしてお世話になるのは、本当に久しぶり
何となく勝手がわからず“社会科見学”のように大人しく回りの様子をうかがいながら、準備、準備。
常連とおぼしき♂さんが、「器材はここですよ~」なんて教えてくれる。
きゃっ、こういう扱い、何となく嬉しい(笑)


“人が多いなぁ~・・・”なんて思いながら先発隊として港へ。
切符OK、器材OK、おトイレOK!!まるで遠足

そして無事、船に乗り込む我ら。


っと、あれれ??BOSS達の姿がない・・・
そのうち、船は岸壁を離れ予定どおりに出発

また優しい常連♂さんが、「我らでのんびり行きましょうか~到着したらまたここに集合してくださいね~。船の中とかわかります?」なんて気を使ってくださる。きっと心中は「ひぃ~っ!スタッフどうしたの??」だったろうに

“まぁ、なるようになるか~”とO型チームの我らは、船の上で気持いい風を浴びながら、しばし加山雄三みたいな、石原裕次郎みたいな、タイタニックみたいな、、、気分を味わっていた(古過。)
なんとなく明るくなってきて、雨はまぬがれそうな・・・


出発して25分弱、初めてじゃないけど・・・(もういい?笑)バージンアイランド“初島”に到着

1年以上ぶりに会った漁師さんでお食事処もやってるMさん、姐の顔を見るなり、

「なんでこんな混んでる時に・・・・

もぉ、他に言う事ないんかっ!!テレ屋さんね(笑)
今日もスーパーランチ、期待してますよ


ショップごとに分かれているテーブルを確認し、我らのショップの場所に腰を下ろし・・・「さぁ、次の船は10:30頃だからねぇ・・・」なんて言ってた矢先、なんとBOSS達、颯爽と登場!!
格好いいっ!!VIPな感じよねぇ~なにやら。ステキーッ!!

#が、実は漁師さんの船をチャーターしておっかけて来たらしい
 果たして格好いいのか、その姿??鳥羽一郎?(笑)



497th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:10:44
Under the water:44min.
Under the water in my life:400h33m ←何気に400時間記念!
気温:--℃
水温(水底):18-22℃
Suite:6.5mm(大正解・陸地獄)
透明度:--m
透視度:3-10m


エントリーすると、最近アルミだと必ず起こる現象が・・・・またもや。
そう、何故だか沈めないんっす^^ゞ
沈んでしまえば問題ないので適性ウエイトではあると思うのだけど、既に「アルミかぁ~・・・沈めなかったらどうしよ~・・・」というトラウマで、きっと呼吸があがってるんじゃないかと思う。
それによって不安になったりはしないのだけど、逆に思わず笑ってしまう。

「きゃー、あたし、沈めない」って。笑っちゃうから、更に沈めない・・・

バディSさんにちょっとだけ手を引いてもらい、ロープにつかまるも安定しない・・・。

そうこうしつつ、ロープ伝いにちょっと進んだその矢先!!!

「あぁぁぁ!!!!昨日見たウミウシだぁぁ!!!!

写真を取ろうとしたけれど、なんせ安定していないし、水深はその時点で・・・2m位だっただろうか?片手でシャッターを押してみるけど、ウネリと自分の不安定具合で全くダメ。

「このままロープ放したら上がっちゃいそうだなぁ・・・

という不安がよぎり、諦める。
ここでジタバタしては一緒に潜ってるバディ達に申し訳ないなって。

2日も続けて会えるなんて、運命だわ、あのウミウシ。
だけど今日も・・・昨日と同じく

「あのウミウシ、なんていうんだろう・・・


ところで、この日、エントリーしてしばらくロープ伝いに行くのだけれど、
何とも水が綺麗!青い!!透明度がいいっ!!

姐がようやく落ち着いてきたころ、同じグループの♀に何かあったみたいで、
我らは待機しつつ、BOSSが引き返してなにやらやっていた

その間も、青い海の中層に流れてくるタカベやらキビナゴやらの群れにうっとり。空も明るくなってきて、久しぶりに綺麗な海だなぁ~なんて・・・・思っていた。

そういやー、ブリーフィングの時に「昨日は、下の方はかなり透明度がよかったらしいので、さっさと下に降りて砂地に行きましょう!」ってBOSSが言っていた。
そのとーり!!!綺麗ッ!!


・・・・と思っていたのはロープが終わるところまで。


かれこれ10分位経ち更に進んで、予定の砂地に降りると、

え・・・・何これ??


伊豆色どころか・・・茶色!!こんなことってあるのぉ~!????
はぐれないようにしなくちゃ、バディ、バディ・・・・

ま、最近はこの透明度にもすっかり慣れてる姐だけどさー・・・さっきの透明度と同じ海かよ?!って感じなのだ


BOSSが砂地に低くなって何かを指している。

「何?」

「もっと寄って来い!!」

「え・・・だって・・・・」

写真を撮ろうとしない姐に「もっと寄れ」と言う。

「だって・・・カワハギでしょぉ?何でぇ?・・・産卵とか???」

と思っていた姐。かなり近づいたところでその魚のあの●が見えた。

「マトウダイ」
16_Mato.jpg
Photo@Special Thanx to Buddy Su-sang♪


マトウダイを認識するまでにかなり近づかないとNGな透明度っすよ!!!

BOSSもきっと「なんだこりゃ!!聞いてた話と違うぞ!!」と思っていたに違いない。そのウサを晴らすようにマトウダイのそばにいたウツボをいじめていた(笑)


あっさりと進むのをやめ引き返すことに。正解です、BOSS(笑)

その後は、「ヒラタエイ」とか、「アオウミウシ」とか、群れ群れの「キビナゴ」とかを見ながら、透明度のいい浅瀬をゆっくりとエグジット。


不穏なカメラのxDカードは、ほぼ使っていない32MBに入替えてOKだったのだけど・・・




充電を忘れてました(なんて初歩的っ! 恥。)


魚たちとの出逢い
・ネンブツダイ
・キビナゴ大群
・タカベ
・マトウダイ
・ハナハゼ
・TKG(トウシマコケギンポ)

・ヒラタエイ ※シッポが丸くなってるのがヒラタエイ☆
この季節、エイが多いね♪
Photo@Spectial Thanx to Budey Su-sang♪

・ネコザメ卵
大きくなって出ておいでね~*^^*


・SKG(シズミイソコケギンポ)
TKGとSKGの違いは??^^ゞ



498th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:13:55
Under the water:45min.
Under the water in my life:401h18m
気温:--℃
水温(水底):19-22℃
Suite:6.5mm
透明度:--m
透視度:1-15m


2本目は、もうハナから「浅瀬で行きましょう!」ということに。
そりゃーそうだ
なんてったって、深く行けば行くほど「透明度が悪い」んだから(笑)

そして、姐、2本目は・・・

“カメラの電池交換しようにも、もう一個ってば本州に置いてきた

・・・っていう、なんともやる気なさげ~な状態

自称「ウミウシなんて撮らないっ!」のバディSさんに、昨日今日と運命的な逢瀬を続けているウミウシをもう一度だけ見つけられたら、撮ってもらう約束を取り付けて、エントリー

見つけられるのかなぁ・・・


ふふふ
そうです、ウミ探搭載の姐ですもの、もちろん見つけましたわーっ!!!
ようやくカメラに収まったぁ!!! そ・れ・はっ

「リュウモンイロウミウシ」
ようやくカメラに^^ゞ
Photo@超Special Thanx to 「ウミウシ学級 2年生」(←進級。)Buddy Su-sang♪


でもぉ・・・図鑑で見たら、「初夏から秋に普通に見られる」だって

・・・だってだって、姐には初めてだったんですものぉぉ~
プライドかなぐり捨ててまで撮ってもらったのに、ごめんね、バディSさん
この場を借りてお詫びするわ・・・でも意外にお上手だってば(笑)


うっかり深場にいくと透明度がた落ちな水中を、“ここまではセーフだろ~”
っていうギリギリの水深を保ちながら泳いでいく


初島、というと2年前の「チープブルー」を思い出す。
ともかくすごーーーい数の、水中が暗くなるくらいのキビナゴとそれに突っ込むブリ、ソウダカツオ。ダイバーは動く必要なんかなし!だった。

その時以上のキビナゴ&回遊魚バトルを姐は未だかつて見たことがない。


初島、ってそんな印象。
そして、今回も季節こそ早いけど、そんな初島を連想させるには充分な光景が
目の前で繰り広げられる。
回遊魚シーズンももうすぐね♪


キビナゴのシャワー、イサキの群れ、タカベが上から流れるように通り過ぎる。
しばし立ち止まって(泳ぎ止って?)キビナゴになったり、イサキになったり
してみる・・・なってるって!!(笑)


もう楽しくってしょうがない
わーとか、きゃーとか、いいながら大満喫!!
うっかり気を抜くと、あっちからこっちから、群れが登場。

久々大興奮の1本でしたー



もう一度、シーズン中に必ず来たい初島。

透明度のいい時に・・・

カメラばっちりにして・・・


魚たちとの出逢い
・ネンブツダイ
・タカベ
・イサキ
・アジ
・コブダイ
・トラウツボ
・ゴンズイ
・サクラダイ
・キンギョハナダイ
・ミナミハタンポyg群れ
・アオウミウシ
・ヒラメ
・メジナ
・リュウモンイロウミウシ
・サメジマオトメウミウシ

・ニジギンポ
ロープに出来た穴にちょこりん♪



2本潜った後は、本日のメイン(笑)
お食事処「大西」でランチでございますっ
生ビール飲んで、明日葉の天ぷらつまんで、鯵イカミックス丼でしめる、これ最高!
カメラのことも透明度のことも、全然気にしないっ
だって美味しいから(笑)



☆Night Dive in 熱海☆

ショップでログ付けを終えて、さて帰ろう!っていう時に賑やかなお祭りの音が聞こえてきた。
来宮神社の例大祭である「こがし祭」だそう。
せっかくなので、通りまで出て観に行ってきた
2番目が好きなんだっけ?(笑)


姐が住んでるところでは、こういう“山車”がでるお祭りは無いのでちょっとワクワク。
それぞれの山車は、とっても趣向を凝らしていて見ごたえがある。
よく見ると、山車に乗っているのは子供たち。小学生~中学生くらいかな?!
みんなお化粧して、お祭りのハッピを着て、とっても元気!
“やらされてる”のではなく“楽しんでる”感じが気持ちいい!
結構、盛大なお祭り!


「お祭りっちゃー、やっぱりね」という事で屋台まで散歩がてら行ってみよ・・・と軽く思ったのが大間違い。ものすごい人手で、生ビール&焼きソバにたどり着くまでに30分以上かかったんじゃないかなぁ?

それでも、サンビーチを見ながら生ビール片手に振り返る“海の日がらみの連休”は、特別な「フレンチ♪」→何故か「ガスト」→最後は「屋台の焼きそば」になったけど(笑)夏の気配が間違いなく感じられたステキな2日間でした♪


Buddy Su-sang♪初島での専属カメラマン、あざぁ~っすっ(違。)


======= FC2 ブログランキングに参加しています ^_-☆ =======

「カメラ、だめじゃーん」などと思ってくれたら・・・(って、ほんとダメだよ・・・)

↓↓チキッとお願いです ブログのログは、ダイビングのログだーっ(笑)
ありがとう♪励みになります^_-☆
スポンサーサイト

ダイブログ #401-402 初島

2005年06月05日 11:08

401st Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:11:08
Under the water:53min.
Under the water in my life:317h40m
気温:--℃
水温(水底):18.1℃
透明度:18m
透視度:10-12m

意外にも参加者の多かった日曜日(笑)
大西さんで朝ごはんのあと、1本目。島に宿泊していた我々チームが、多分一番遅いエントリー^^;;;

昨日よりお天気もよく、気温が高い分、ウエットチームには楽な感じ。

水中には光が差し込み、海藻や海草もすくすく育ってる^^
海の中は、もう明らかに初夏の様子♪
初夏の香りがしそうでしょ?

魚たちとの出逢い
・ネコザメ
・ジョーフィッシュ
・イシヨウジ
・特大あわび
・マメマクラ
・ミギマキyg
・小アジの群れ (みりんにしたら美味な大きさ!)
・キンギョハナダイ♂

・ムラサキウミコチョウ
実際、小さくて・・・^^;;


・アントクメがベッド(?)オハグロベラ婚姻色♂
見事に収まってました(笑)


402nd Dive
ポイント:イサキネ(初!!)
エントリー:13:33
EN:ビーチ(ゴロタから)
Under the water:49min.
Under the water in my life:318h29m
気温:--℃
水温(水底):18.4℃
透明度:18m
透視度:10-12m

ダイビングセンターから「イサキネでノコギリザメが出た!」という情報が入り、イサキネ行くか?!!のプチ会議。
①エントリーはゴロタ ②ノコギリ出なかったら何もいない可能性あり ③全員が3桁ダイバーとは言え人数多い・・・・
普段無口でいじられないとしゃべらないバディにガイドさんが聞いた。「行きたいでしょ?」「そりゃー、行きたいよ!!」
その一言で、「行くなら行くよねぇ・・・♪」「見てみた~い」・・・

「よっしゃ!行きますかっっ!」の一言で、「イサキネ・ノコギリサメに賭けてみるダイナミックダイバーチーム」と「どうしてもジョーフィッシュ!!チマチママクロチーム」に分かれた2本目。

初めてのイサキネのゴロタは思っていたほど大変ではなかったけど、凪だったからかな~。皆問題なくエントリー。

ローラー作戦とばかりに横に広がり18mあたりをキープして皆、下の砂地を目を凝らしながら泳いでいく。
姐はこういう瞬間が大好き。気持ちがひとつになる。
誰かより先に見つけてやる!とかそんな気持ちは・←これっぽっちもない。ただただ、1つの出会いを求めて皆で気持ちをひとつにする。ちょっと個人的に気になる生物がいても、それは我慢。今は気持ちを一つにするとき。そんな思いがしゃべれない水中で伝わってくる。

出た~~~~っ!!

ノコギリーーーーーッッ!!!!!
ヨウジ でした-_-(笑)

そんなことも楽しい思い出のひとつ。
お魚との出会いもなかなか難しいものだ。
だからまた海に行きたくなる、海に来る♪♪

最後には何故か「どうしてもジョーフィッシュ!!チーム」とチマチマ一緒に写真を撮ってるという・・・結果マクロな一本でしたっ(笑)

魚たちとの出逢い
・ヒラタエイ
・カレイ
・ノコギリ!!!!ヨウジ
・シビレエイ
・ヘビギンポ

・ジョーフィッシュ
キョロキョロキョロキョロ・・・


・コノハガニ
赤い海藻に擬態中!


・アライソコケギンポ
ダイナミックダイバー、姐発見!!

ダイブログ #399-400 初島

2005年06月04日 10:50

399th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:10:50
Under the water:50min.
Under the water in my life:315h58m
気温:--℃
水温(水底):17.9℃
透明度:18m
透視度:15m

自ら仕切る姐、400本記念の消化ダイブ(笑)
と思ったら♪
参加してくれたバディが、1年のワーホリでAustraliaから帰ってきた!!ということで、そのバディの「お帰りなさいダイブ♪♪」ということに☆
姐は“ぐーぱー”でそのバディとは違うグループ(>_<)
でも、皆で「お帰りなさい記念」写真をパチリ☆
伊豆へようこそ、お帰りぃぃ~*^^*(主役不在です 笑)

魚たちとの出逢い
・ネコザメ
・スジコウイカ
・ヤマドリ
・小アジ群れ
・カニノテ(海藻)
・クロスジウミウシ
・シロウミウシx3
・サラサウミウシ
・ゴンズイ玉
・ヒロウミウシ
・クマノミ 頑張れ♪

・オルトマンワラエビ
トサカの中でこっそり♪


☆☆400th Dive☆☆
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:12:53
Under the water:49min.
Under the water in my life:316h47m
気温:--℃
水温(水底):17.9℃
透明度:18m
透視度:15m

お陰さまで・・・・『400本』!!!!
1本目の後、バディお母さんからの贈り物のジュゥースゥイー・パイナポーを食べた後、いざ本番!!
ショップのスタッフ力作の旗に大感激。
使用前・・・ってことで(笑)記念撮影の後、めでたく400本の海へ~。
使用前、綺麗な旗*^^*


姐が初めて「ダイビングって楽しい!」と思わせてくれたのも初島だった。そう思わせてくれた人達との出会いも初島だった。
初島は本当に思い出が沢山ある^^ 凪いだ海に入る前、色々な思い出がちょっとだけよぎった。

17人での記念撮影は、大騒ぎ(笑)
愛しの佳祐さんフラッグを広げ始めたら、なにやらトロピカルな魚が・・・「なぬ?!400本?」と垂れ幕つけたチョウチョウウオもどき魚が泳いでくる!!渡された黄色い花に囲まれた黒い布を広げたら「姐ッ!!」とウミウシに囲まれた姐の文字(笑)
海の中でもてんやわんや!!*^^*
佳祐さんとのラブラブ写真のはずだったのに、姐も「顔がはまってる・・・ていうよりは出すぎだろ???」と思いながら、精一杯の笑顔。
どうでしょう??
首長すぎ?顔出すぎ??^^;;;;


皆と握手したりハグしたり・・・・この写真撮影大会だけで、10分は費やしたと思います。皆、ありがとう*^^*

それから2グループに分かれ、姐的「400本にふさわしい出物!」・・・『泳ぐネコザメ』!サメだったのね~、ネコちゃん。ちょっと感動。

沖縄では見たことあるけど伊豆では初めての「ムラサキウミコチョウ」に不覚にも感動したりして♪

そうこうしてるうち・・・ジョーフィッシュエリアへ。
ガイドさんが呼ぶ。「ジョーかっ?!」と思ったら・・・・

カメ?!目が合ったっっ!!!
こっち見てる、見てるっ!!

ありがとう~(涙)感動の400本旗がぁぁぁ!!!!

またまたガイドさんが呼ぶ。

「ついにジョーかっ!!!」

「????」

なんと!!!CHANELのバック?!!!????
キラキラ光るCHANEL(風)バックの中から、巨大アネヨンヒャクウミウシと真っ赤なレイが・・・・
宝物、いっぱい!てんやわんやです(笑)


もう楽しくて、楽しくて、楽しくて~っっ!!!!!
な400本目ダイビングでした☆

海の中ではジーンと目頭が熱くなったりしていたのだけど、Exitしてマスクとフードを取ったとたん、姐は大声上げて笑っていました!

「楽しかったぁぁぁぁ!!!」

って*^^* 最高のバディに囲まれ、幸せいっぱい400本でした♪

魚たちとの出逢い
・キビナゴ川
・泳ぐネコザメ
・クモヒトデ
・ムラサキウミコチョウ x3

#367-368 初島

2004年10月24日 12:10

(log:366) 367th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:10:13
Under the water:42min.
Under the water in my life:289h25m
気温:--℃
水温(水底):22℃
透明度:8m
透視度:6-10m

今日もまた、DEEP-BLUEな海でした。
ブリは全然びびらずに近づいてきて、こっちがドキドキだよぉ・・

魚たちとの出逢い
・キビナゴ
・ブリ
・カンパチ
・ジョーフィッシュx2(姐発見^^v)
・ソウダカツオ


(log:367) 368th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:12:10
Under the water:53min.
Under the water in my life:290h18m
気温:--℃
水温(水底):21℃
透明度:8m
透視度:6-10m


魚たちとの出逢い
・キビナゴ
・ブリ
他DEEP-BLUEなメンバー・・



**2005の姐**

・・・・もう、この初島は思い出しても、あの興奮がよみがえってくる!!ものすごかったんだからーっっ!!!!
水の色は伊豆。水温も伊豆。
でもでも、あのスペクタクルなショーとも言える回遊魚の乱舞。
びっくりよ。

初島にはログで見てもらえるように、何度か行ってるんだけど、正直、豪華エクシブな気分と、美味しい食事を堪能することが第一目的で、海はまぁ・・・ね~・・・・っていう事が多かったの。

もう前言撤回、反省!!

やっぱり、これだからやめられない。
同じポイントでも、同じ日でも、同じ海ってないのよねぇ。
人生だわ、これ。

#365-366 初島

2004年10月23日 11:45

(log:364) 365th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:11:45
Under the water:49min.
Under the water in my life:287h57m
気温:--℃
水温(水底):22℃
透明度:8m
透視度:6-12m

ちょっとーーーーっっ!!!!!!!!!!
もう、すごい海だよ、これ!!!(大興奮っ!)
ものすごい、本当に真っ黒な雲のようなキビナゴの大群にカンパチの大群がつっこみ、キビナゴが割れたと思えば、ブリが通り過ぎる。
上空ではソウダカツオがピュンピュンッ!!!!

こんな海、本当に初めて・・・・ 大興奮っ!
こんな時に限って、カメラがないんだもんなぁぁぁ・・くーっ>_<

魚たちとの出逢い
・キビナゴ 300,000,000匹くらい
・カンパチ
・ツムブリ
・ソウダカツオ
・ジョーフィッシュ


(log:365) 366th Dive
ポイント:フタツネ
エントリー:ビーチ
EN:14:15
Under the water:46min.
Under the water in my life:288h43m
気温:--℃
水温(水底):22℃
透明度:15m
透視度:6-12m

キビナゴ、カンパチ、ブリ、ソウダカツオは2本目も健在っ。
もうDEEP-BLUE顔負けよ、ほんと。

夜は誕生日が近いバディ&姐のために、「ドンペリ」持参で乾杯☆☆ ゴージャスな島の夜は更けていったのでした~*^^*

魚たちとの出逢い
・アオリイカyg
・ゴンズイ玉
・キビナゴ
・ソウダカツオ
・イソギンチャクエビ
・ツマジロモンガラ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。